坂田 おさむ。 神崎ゆう子・坂田おさむ どんな色がすき 歌詞&動画視聴

神崎ゆう子・坂田おさむ どんな色がすき 歌詞&動画視聴

坂田 おさむ

スポンサーリンク こんにちは。 キローコです。 キローコには3歳になる息子がいるのですが、 毎朝「おかあさんといっしょ」を観るのが日課です(^^) 先日、いつものように観ていると、 おさむお兄さんと名乗る方が出演していました。 pocoapoco. candypop. 知らなくて申し訳ないくらいです。。。 うたのおにいさんになる前は 1975年に「宿屋の飯盛」のメンバーとしてデビュー。 ソロデビューは1977年「BYE BYE東京」の曲でした。 omiyagerecords. 年齢について! 坂田おさむさんは 65歳でしたね! 同い年の有名人としては、 草刈正雄さん、 水谷豊さん、 三浦友和さんなどがいらっしゃいます。 比べて見ると、失礼ながら坂田おさむさんのほうが ちょっとかわいさがありますね(^^) スポンサーリンク 元うたのおにいさんだから おさむお兄さんって呼ばれていたのか。 65歳だからって 「うたのおじさん」とはさすがに呼べないよね。 夢の国のミッキーみたいなものなのかな。 オネエ疑惑を調査! 坂田おさむおにいさんがオネエ疑惑で賑わったのは、 2010年頃からのようですね。 ネットでオネエっぽくないかと話題になっていたようです。 オネエっぽい写真を探してみました。 首の角度がちょっとね・・・。 webry. html ・・・とまあ、かなり仕草がしなやかでいらっしゃいました(^^;) 小さな子相手だと仕草もかわいくなっちゃうのかな。 いやいや、だいすけお兄さんなんかはこういうしなやかさは感じないんだけどな。 坂田おさむさんも若い頃は男らしかったんですよ。 hatenablog. snowrecords. snowrecords. 歌手と女優をなさっているんですって。 キローコが思うに、 オネエじゃなくって オネエキャラなんじゃないかなと。 尾木ママと同じグループ(勝手にw) [ad co-3] 代表曲は? 坂田おさむさんは、シンガーソングライターなので、 作詞作曲も手掛けています 主な代表曲は にじのむこうに どんな色が好き 公園にいきましょう ヤッホ・ホー ありがとうの花 などなど おかあさんといっしょを観ている人なら誰もが知っている曲ばっかりですね! キローコはビックリしてしまいました。 もうオネエとか言ってごめんなさいです。 坂田おさむさんは、おかあさんといっしょのレジェンドだったんですねぇ。 これからおかあさんといっしょの歌を聴くときは、 作詞作曲にも注目してみていこうと思いました。 最後までおつきあいありがとうございます。 スポンサーリンク リアルタイム 人気記事• こんにちは。 キローコです。 徹子の部屋に田淵幸一さんと八田有加さん夫妻が登場しますね。 奥様の八田... 878件のビュー 投稿者:• こんにちは。 kiroです。 kiroは女酒場放浪記で静かに酒を嗜む姿が大好きなのですが、 公式プロフィ... 375件のビュー 投稿者:• 「女性アナウンサー30歳定年説」というのがありますが、それを覆しているアナウンサーがいます。 それがテレ... 330件のビュー 投稿者:• 現在、大きな話題になっているアンジャッシュ:渡部建さんの不倫問題。 渡部建さんの妻:佐々木希さんに同情の... 256件のビュー 投稿者:• 現在、新型コロナウィルスの影響で私たちの生活にも大きな影響が出ています。 その新型コロナウィルス報道のテ... 177件のビュー 投稿者:• 人気俳優への登竜門として注目を浴びる集英社のメンズファッション誌「メンズノンノ」の専属モデル。 2019... 130件のビュー 投稿者:• プロフィール 生年月日 1996年8月29日(22歳) 出生地 兵庫県神戸市 身長 155 cm... 119件のビュー 投稿者:• 最近、テレビなどでコメンテーターとして活躍している山口真由さん。 実は元財務官僚の弁護士という凄い肩書の... 116件のビュー 投稿者:• こんにちは。 キローコです。 モデルの新井貴子さんが情熱大陸に出演されますね。 大学生までスポーツ一... 113件のビュー 投稿者:• いないいないばぁ 歴代のおねえさん 初代 かなちゃん(田原加奈子、1996-98年度) 2代 りなちゃん(... 111件のビュー 投稿者:.

次の

坂田おさむが作詞・作曲をした歌は名曲揃い!実はおかあさんといっしょでは超スゴイ人だった!

坂田 おさむ

この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年4月) 、バンド「宿屋の飯盛」のメンバーとしてデビュー。 本名の坂田栄一としてギターを担当した。 同年にアルバム「飛んでみたのさ」をリリース。 、 坂田修として「BYE BYE東京」を発表し、ソロシンガーとしてデビュー。 にはとユニット「フォークマン・ブラザーズ」を結成し、活動していた。 に作詞家の遠藤幸三の紹介で、の向けテレビ番組『』の番組プロデューサーに曲を売り込んだ際、プロデューサーとのやり取りをきっかけに番組への楽曲提供を勧められ、娘のイメージから作詞・作曲した「はるのかぜ」など計3曲が同番組に採用された。 最初の楽曲採用から半年後、再度自分の曲を売り込みに訪れた際に『おかあさんといっしょ』の選考オーディションへの参加を勧められ、実際にオーディションを受けた結果採用され、4月に7代目「うたのおにいさん」に就任。 3月まで8年間出演した。 後述の通り出演中にも、番組に複数の楽曲を提供している。 番組で共演したは最初の2年間は第15代目の、最後の6年間は第16代目の。 共演したは最初の2年間は第8代目の、最後の6年間は第9代目の。 共演したは初代の。 また、に出演していたとも共演していた。 同番組卒業後もNHKの子供番組を中心にTV出演しており、コンサート、舞台などで幅広く活躍。 番組で6年間共演した神崎ゆう子とは、番組卒業後も度々各地でコンサートを開き、2014年からは毎年5月5日にで放送されるのパーソナリティを務め、公開放送パートや番組終盤でおかあさんといっしょで歌われた曲を披露している。 その他、『おかあさんといっしょ』の人形劇を冠したイベントツアーには、開始当初から参加している。 また、夏休みや冬休み時期に放送される特別編成版の『おかあさんといっしょ』にもゲストとして出演することが多い。 うたのおにいさんになるきっかけとなった曲「はるのかぜ」をはじめ、『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさん時代から現在まで「坂田修」名義(2010年ごろからは、歌手活動と同じく坂田おさむ名義を主に使用。 更に2017年頃からは坂田修一名義も使用している )で子供番組を中心に多数の曲を提供しており、1986年以降のに限定しても2019年7月時点で29曲(作詞のみ、作曲のみの楽曲を含む と、同コーナーの最多楽曲提供者となっており、今も番組内外で歌い継がれる曲となったものもあるほか、小学校用の音楽教科書に採用された曲もある。 には制作、系列で放送された『』でアラエッサ役のとして出演。 にNHK『』で歌唱した(作詞・作曲も本人)「」は大きな反響を呼んだ。 2004年6月時点でシングルと『みんなのうた』のベスト盤の合計で1万1000枚を売り 、CD付き絵本は初版1万5000部が約2か月でほぼ完売する などヒットしている。 には、『ねむいいぬ』で再び『みんなのうた』で歌っている。 娘の坂田めぐみもタレントとして活躍しており、CDやステージ、テレビなどでたびたび父娘共演をしている。 父娘共演の多くはめぐみが20歳を過ぎた2002年以降であるが、坂田がうたのおにいさんだった時にも共演歴がある。 正式に出演者としてクレジットされた例としては1990年春のおかあさんといっしょファミリーコンサートで、この時は親子であることは伏せた形での共演であった。 また、坂田の自著エッセイ『オーロラを見たよ』では、1985年、坂田がうたのおにいさんに就任して間もない時期に、以前応募していたおかあさんといっしょの収録に当時3歳だっためぐみが当選し、「うたのおにいさんと一般参加者の子供」という思わぬ形で親子共演したエピソードが記されている。 うたのおにいさんが在任中に自身の子供と共演したのは2020年現在も坂田のみである。 はるのかぜ(おかあさんといっしょ)• わっしょい(おかあさんといっしょ)(1987年10月の歌)• みんなでクリスマス(おかあさんといっしょ)(1989年12月の歌)• かあさんカラス(おかあさんといっしょ)(1991年9月の歌)• どんな色が好き(おかあさんといっしょ)(1992年6月の歌)• つめ・かみ・みみ太郎(おかあさんといっしょ)(1992年9月の歌)• ぼくらのロコモーション(おかあさんといっしょ)(1993年5月の歌)• 元気のキホン(おかあさんといっしょ)(1993年10月の歌)• にじのむこうに(おかあさんといっしょ)(1996年4月の歌)• 公園にいきましょう(おかあさんといっしょ) (1997年6月の歌)• あしたははれる(おかあさんといっしょ)(1999年3月の歌)• シアワセ(おかあさんといっしょ)(1999年9月の歌)• 夢のパレード(おかあさんといっしょ)(2000年10月の歌)• タンポポ団に入ろう!! (おかあさんといっしょ)(2003年5月の歌)• 風のおはなし(おかあさんといっしょ)(2004年5月の歌)• トンでもトン吉(おかあさんといっしょ)(2004年10月の歌)• しろいともだち(おかあさんといっしょ)(2006年2月・3月の歌)• 夢の中のダンス(おかあさんといっしょ)(2007年9月の歌)• 君に会えたから(おかあさんといっしょ)(2008年3月の歌)• ありがとうの花(おかあさんといっしょ)(2009年9月の歌)• 地球ぴょんぴょん(おかあさんといっしょ)(2014年2月の歌)• メダルあげます(おかあさんといっしょ)(2015年11月の歌)• やくそくハーイ!(おかあさんといっしょ)(2017年2月の歌)• やさしいうた(おかあさんといっしょ)(2018年9月の歌)• どんどんゴロゴロ(おかあさんといっしょ)• 君の話のはじまり(おかあさんといっしょ)• ハイ!ハイ!HIGH!(みんなの広場だ! ダメ ダメ ダ~メ!()• ダンシング・メイト(、みんなの広場だ! わんパーク)• みんな あつまれ! ざっくぅ たいそう()• ちゃんと食べよう体操(Qoo)• ママの結婚()• ママとおはなし(おかあさんといっしょ)• 星ひとつ(おかあさんといっしょ)(1993年2月・3月の歌)• どっこいしょ(おかあさんといっしょ)(1997年12月の歌)• マカポカヒラリン(おかあさんといっしょ)(1998年3月の歌)• キッチンオーケストラ(おかあさんといっしょ)(2011年5月の歌)• みんなだれかがすきになる(おかあさんといっしょ)(2012年2月・3月の歌)• ワン・ツー・スリー(おかあさんといっしょ)(2019年7月の歌)• ねむいいぬ(みんなのうた) 歌唱 [ ]• げきそうマシン大集合!! (イメージソング)• おとうさんの電車 うたの科学館シリーズ のりものの歌〜ハイスピードエクスプレス〜• ヤマハ音楽教室教材 グループレッスン おんがくなかよし教材 旧おんがくなかよし2,6ヶ月用 CD,VHS,DVD 歌唱• ヤマハ音楽教室教材 みゅーじっくらんどCD 歌唱 著作 [ ]• 「どんないろがすき うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、、1993年4月• 「ピアノがひきたい うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、、1993年4月• 「つめかみみみたろう うたのおにいさんの絵本」(絵:ロコ・まえだ)、小学館、、1993年4月• 「オーロラを見たよ」、河出書房新社、、1993年12月• 「親子でよかったしょ」、河出書房新社、、1995年4月• 「ママの結婚 NHKみんなのうた」(坂田修名義、絵:、コンパクトディスク付属)、アスコム、、2004年4月 出演 [ ]• (1985年4月 - 1993年4月 以後も不定期にゲスト出演)• 1992年度、1993年度はレギュラー出演。 1994年度から2004年度までは定期的にゲスト出演• 2013年12月22日(ゲスト出演)• 2015年1月4日(ゲスト出演)• 2015年4月 - 2017年3月(準レギュラー出演)• 2017年4月9日(ゲスト出演)• 2017年5月21日(ゲスト出演)• 2017年9月3日(ゲスト出演)• 2017年10月22日(ゲスト出演)• 2018年4月8日(ゲスト出演) ファミリーコンサート・スペシャルステージ [ ] 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 1988年 坂田おさむ、、、、 、、 1989年 坂田おさむ、、、、 、、 、、、 、、、 、、、 、、、 、、 、、 坂田おさむ、、、 、、 、、 、、 1990年 坂田おさむ、、、 、、 、、、 坂田おさむ、、、、 、、 、 、、 、、 、、 1991年 坂田おさむ、、、、 、、 坂田おさむ、、、 、、 1992年 坂田おさむ、、、、 、、 、、、 坂田おさむ、、、 、、、 、、 1993年 坂田おさむ、 、、、 、、、 、、 、、 、、、 坂田おさむ、、、、 1994年 、、、 、、、 坂田おさむ、、、、 、、 1999年 、、、 、、、、 、 坂田おさむ、 、、 、、、 、、 、、 、、、 、、、 、、、、 、、 坂田おさむ、、、 2002年 坂田おさむ、、、 、、、、 、、、、 2005年 、、、 、、、 、、 坂田おさむ、 、 2009年 、、、 、、 、、 、、、 、 坂田おさむ、、、 、(初日のみ) 、 、 、、 2012年 、、、 、、 、、、 坂田おさむ、、、、 2015年 、、、 、、、 、、 坂田おさむ、 2019年 おかあさんといっしょ 60周年念コンサート ~ふしぎな汽車でいこう!~ 、、、 、、 、 坂田おさむ、 、 、、 、、 、、、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 白鳳女子短期大学. 2014年12月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年12月27日閲覧。 坂田おさむ『オーロラを見たよ』河出書房新社、1993年、 [ ]。。 なお、坂田本人は自身の公式ブログの2018年9月11日投稿記事にて、実際の名義使用状況について詳述しており、『坂田修』名義がデビューから1999年、『坂田おさむ』名義は1999年から2016年としているが、契約の関係上『坂田修』と『坂田おさむ』名義が並行して使われている期間があるとしている。 関連項目 [ ]• - 坂田修時代のサポートバンド「ブラウンシュガー」リーダー。 などのプロデューサー。 外部リンク [ ]• 先代: 第7代:4月1日-4月5日 次代:• 初代;(1971年11月3日 - 1977年3月8日)• 2代目;(1976年4月12日 - 1979年3月17日)• 3代目;(1977年4月11日 - 1979年3月17日)• 4代目;(1979年4月2日 - 1981年4月3日)• 5代目;(1981年4月6日 - 1983年4月2日)• 6代目;(1981年4月6日 - 1985年3月30日)• 7代目;(1985年4月1日 - 1993年4月5日)• 8代目;(1993年4月5日 - 1999年4月3日)• 9代目;(1999年4月5日 - 2003年4月5日)• 10代目;(2003年4月7日 - 2008年3月28日)• 11代目;(2008年3月31日 - 2017年4月1日)• 12代目;(2017年4月3日 -.

次の

7代目うたのおにいさんの坂田おさむさんが整形?!現在の姿とは…

坂田 おさむ

おかあさんといっしょが大好きな皆さんは、 坂田おさむさんという方を知っていますか? この坂田おさむさんは、おかあさんといっしょの 7代目うたのおにいさんでもあります。 坂田おさむさんがおかあさんといっしょのうたのおにいさんをやっていた時期は、1985年4月から1993年3月の8年間です。 「私の時代はうたのおにいさんはおさむお兄さんだった!」という人もいれば、「誰?知らない」という人もいるでしょう。 (ちなみに私は完全にその後の8代目けんたろうお兄さん(速水けんたろう)世代だったので、おさむお兄さんは全く世代ではないし知りませんでした) ですがこの坂田おさむさんって方、実は おかあさんといっしょにおいてとってもすごい人だったのです! そんな坂田おさむさんについて詳しくご紹介します。 坂田おさむさんとは?泣ける歌詞を書くおかあさんといっしょのすごい人 「坂田おさむさんは本当にスゴイ人!」と聞くと、まずは何がすごいのかよりも坂田おさむさんの顔が気になりますよね。 坂田さんの画像を引用させていただくと、こんな方です。 画像引用: 坂田おさむさんは本名は「坂田 榮一(さかた えいいち)」さんですが、作詞・作曲活動では 「坂田修」や「坂田修一」(どちらも読みは「さかたおさむ」)で活動しています。 坂田おさむさんは、おかあさんといっしょの7代目うたのおにいさんでしたが、その前はソロシンガーとして活躍をしていました。 ソロシンガー時代に、知人におかあさんといっしょの当時の番組プロデューサーを紹介してもらい、自身で作詞作曲した曲を持ち込みに行ったそうです。 この時のプロデューサーとのやり取りをきっかけに番組への楽曲提供を勧められ、坂田さんの娘さんのイメージから作詞・作曲した「はるのかぜ」など3曲が、おかあさんといっしょに採用されました。 また、最初の楽曲持ち込みから半年後に再度自分の曲を売り込みに訪れた際に、そのおかあさんといっしょのうたのおにいさん選考オーディションへの参加を当時のスタッフに勧められました。 そのオーディションに採用されたことで、 おかあさんといっしょの7代目うたのおにいさんに抜擢したのです。 おかあさんといっしょの多くの名曲を作っているのは実は坂田おさむさん おかあさんといっしょので歌われている曲を見ると、歌のタイトルの下に作詞もしくは作曲のところに「坂田おさむ」「坂田修」「坂田修一」と書いてある歌が多いのをご存知でしょうか? そう、それは7代目うたのおにいさんの坂田おさむさんです。 (「坂田おさむ」「坂田修」「坂田修一」と3パターンありますが、全て坂田おさむさん1人です) 「今まで気づかなかった」と思う方もいるかもしれませんが、私は子供とおかあさんといっしょを食い入るように毎日見ているし、DVDも何枚か持っていれば、テレビで放送されるファミリーコンサートは必ず録画をするので、何度も何度も「坂田おさむ」という名前が画面に出てくるたびに「またこの人が作った曲だ」と思っていました。 そこで坂田おさむさんが気になってどんな人かを調べたところ、坂田おさむさんは うたのおにいさんを卒業後も作詞作曲活動はしていて、引き続きおかあさんといっしょに楽曲提供をしています。 そして坂田おさむさんについて調べた時に、「私の時代から歌われてきたあの名曲たちを作ってきたのは坂田おさむさんだった!」ということが発覚しました!!! 坂田おさむさんが作詞作曲した曲とは? おかあさんといっしょを今子供と一緒に見ていると「これ幼稚園くらいの時みんなで歌ってたな~」とか「今でもこの曲おかあさんといっしょで歌われてるんだー。 だってめちゃくちゃいい曲だもんね」と思うような曲が出てきます。 そう思う曲こそが、実は多くが坂田おさむさんが作った曲だったりします。 坂田おさむさんが作詞作曲した曲一覧 下記の歌が坂田おさむさんが作詞作曲してきた名曲たちです。 (おかあさんといっしょに楽曲提供・歌われているもののみ掲載) ・ ・どんな色が好き ・ ・ ・公園にいきましょう ・シアワセ ・ヤッホ・ホー ・はるのかぜ ・ぼくらのロコモーション ・君の話のはじまり ・わっしょい ・どんどんゴロゴロ ・元気のキホン ・すてきな言葉 ・夢のパレード ・夢の中のダンス ・みんなでクリスマス ・つめ・かみ・みみ太郎 ・しろいともだち ・タンポポ団に入ろう!! ・トンでもトン吉 ・君に会えたから ・地球ぴょんぴょん ・ ・やくそくハーイ! ・やさしいうた ・ママとおはなし ・星ひとつ ・どっこいしょ ・マカポカヒラリン ・ ・みんなだれかがすきになる おかあさんといっしょだけでもこんなにも坂田おさむさんのが作った曲があるのです。 すごすぎませんか? また、おかあさんといっしょ以外でも CMや他の番組にも楽曲提供はしているので、この数以上に坂田おさむさんが作った曲は存在しています。 これ私が小さい頃(30年近く前)からおかあさんといっしょでも歌われていましたし、私の幼稚園でも歌っていました。 これも私が小さい頃から歌われてきた曲でしたが、先日子供と近くの幼稚園の行事に参加したら、そこに通っている園児たちがこの「にじのむこうに」を歌って歓迎してくれました。 未だに幼稚園でも取り入れられている曲ということに驚きました。 これも私が小さい頃から歌われていた曲です。 ザ・名曲ですね。 お別れっぽい卒業感満載の歌詞で、すっごくいい曲で、たくみお姉さんが歌っているところを見るとこっちまでウルウルします・・・ (たくみお姉さんのラストファミリーコンサートが収録されているDVDはです) 他にもこんな曲がおかあさんといっしょで歌われている 他にも、 「」「やくそくハーイ!」「」「みんなだれかがすきになる」「ありがとうの花」「すてきな言葉」などの曲も、今でもおかあさんといっしょのスタジオでの収録や、ファミリーコンサートで歌われていますよね。 楽曲提供した時間は経っていても、未だにこれだけの曲がおかあさんといっしょ、また子供達から歌われているのは、 坂田おさむさんが作った曲は本当に名曲ばかりだからです。 改めて、坂田おさむさんすごい・・・ ちなみに坂田おさむさんの娘さんも作詞・作曲をする歌手 上で「坂田さんの娘さんのイメージから作詞・作曲したのが『はるのかぜ』」と書きましたが、その坂田おさむさんの娘さんも、実は作詞作曲をしておかあさんといっしょに楽曲提供をしています! 娘さんの名前は 坂田めぐみさんです。 お父様の坂田おさむさんと同様「坂田めぐみ」以外でも「坂田めぐ美」「さかたオノ子」という名前でも活動していて、現在は童謡歌手としても活躍しています。 おかあさんといっしょで歌われる曲のタイトル下の作詞・作曲に「坂田めぐみ」と書いてあれば、坂田おさむさんの娘さんです。 また、坂田おさむさん親子が一緒に作詞作曲した曲も、おかあさんといっしょで歌われています。 最近でいうと2019年7月のおかあさんといっしょの月のうたのは作詞が坂田めぐみさん、作曲が坂田修一さん(坂田おさむさん)の親子で作った曲です。 また、おかあさんといっしょの2018年の夏のスペシャルコンサートでも歌われた「エイエイオー!」という曲も、坂田おさむさん・めぐみさんが作詞作曲をした曲です。 ママも子供も坂田おさむさんに育てられたと言っても過言じゃない 坂田おさむさんが作詞・作曲をし、おかあさんといっしょに楽曲提供をした曲の数は本当に多いですし、中には「知ってる!これ超有名だよね!」とママ友とも盛り上がるくらいの名曲がたくさんあります。 私がおかあさんといっしょを見ていた時から歌われていた名曲たちを、今自分の子供が歌って踊っている姿を見るととても感慨深くなります・・・(涙 それもこれも、 私もうちの子供も坂田おさむさんに育てていただいたと言っても過言じゃないです。 そして坂田おさむさんが作ってきた名曲たちは、今後もずっとおかあさんといっしょで歌われていくでしょう。 「もしかすると自分の孫の世代も坂田おさむさんの曲を歌う日が来るのか?」と思うと今から楽しみです。

次の