身内が亡くなった人にかける言葉 メール。 身内が亡くなった方へ出すメール文章

関係によって変化する亡くなった時に掛ける言葉の意味と例文を解説

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

職場の同僚の親が亡くなった。 忌引き休暇も終わってもうすぐ同僚が出社するけど、その時私はどうやって同僚に声を掛ければいいんだろう・・・。 (同僚さんの親の)ご冥福をお祈り申し上げます。 忌引き後に出勤する同僚に、まず第一声何て声を掛ければいいのか・・・分からないですよね。 おめでたい事ならまだしも、身内の人が亡くなった人にかける言葉なんて・・・だからといって何事もなかった様に振る舞うべきなのかも、考えちゃいますよね。 今回は、そんな貴方に伝える「同僚の親が亡くなった時にかける言葉」に関する話です。 同僚の親が亡くなった時、かける言葉はどう言えばいいの? 職場に復帰した同僚に、あえて肉親の死について触れない事はしなくてもいいのでは?って思うかもしれません。 人の死ですし、「あんまり触れない方が本人の為にもなるかも」と、腫れ物に触るような扱いって、案外空気?雰囲気で分かっちゃう物ですよね~。 むしろ、親が亡くなってからあなたの同僚さんは、お通夜・葬式の準備に行政の手続きに毎日を過ごして、心身ともにくったくたかと思います。 そんな中で、「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらいの言葉をかけてもいいのではないでしょうか? 私も実際に母方の祖父が亡くなって、喪主の母は行政の手続きをしていました。 どんな手続きかというと、死亡届提出や銀行の預金の名義を変更など・・・。 (お年が)まだ若いのに・・・残念でしたね そんなの家族が一番分かっているし、一番辛い思いをしている同僚さんに言えたもんじゃないかなと思います。 若かろうが、年を取っていようが家族を失っていますからね。 赤の他人の貴方がいうセリフではないのかなと思います。 こう考えてみると、故人についてどうこうよりも、残された家族や同僚さん自身についての労いの言葉がいいのかな~と思います。 同僚さんにお悔やみの言葉を言うのもありだけど、「ねぎらいの言葉」や「励ましの言葉」も伝えるといいのかなと思います。 同僚さんの身内が死去されて葬儀が終わった後とはいえ、労いや励ましの言葉選びは難しいかもしれません。

次の

お悔やみの言葉をメールで送るときのマナー|お供え、お悔やみの供花特集

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

父親が亡くなった会社の人にかける言葉とは 人生、生きていると色んな場面に遭遇すると思います。 その一つの場面が、知り合いの父親が亡くなった時だと思いますが、そんな時、友人としてどんな言葉をかけることができるでしょうか。 まず、相手の状況を考えてみたいと思います。 葬儀を終えて、疲れている状態にいると思います。 そんな時にどんな言葉をかけてあげたら良いでしょうか。 代表的な言葉は、「この度はご愁傷さまです」になりますが、この言葉がすんなりと出てこない人もいると思います。 また、言い方にも気をつけなくてはいけませんよね。 言い方によっては、相手が大変な状況な時に、素っ気ない印象を与えてしまう可能性がありますから。 「お悔やみ申し上げます」この一言が相手の心を慰める事ができると思います。 精神的にも辛い状況の時には、このような一言が相手の心を癒やす事ができると思います。 また、「大変でしたね」という一言もこの状況に適しています。 友人の父親が亡くなったと聞いた時にかける言葉の例 友達の父親が亡くなった時、「お悔やみ申し上げます」であったり、「大変だったね」という言葉が、相手の心を癒やす、かける言葉にふさわしいことを上記ではみてきました。 次に、ここでは、より詳しく、友達の父親が亡くなった時にかける言葉の例についてみていきたいと思います。 例として、電話でお悔やみの言葉をかける時ですが、 「大変でしたね。 あなたが辛い時に力になって挙げられなくて、ごめんなさいね。 何かあれば、言って下さいね」 「突然の訃報を聞いて、言葉も見つかりません。 お悔やみ申し上げます。 私にできることがあったら、遠慮なくいってね。 」 「大変だね。 辛い時に連絡をくれてありがとう。 急な事だけど、あなたは体調は大丈夫なの?」 「急な時に連絡をくれてありがとう。 何か手伝えることはある?あるんだったら、遠慮なくいってね。 力になるよ。 」 友達の父親が亡くなったお通夜でかける言葉は友達の心情に寄り添って 友人の父親が亡くなった時に、具体的にどんな言葉をかけたら良いのか、具体例を上記ではみてきました。 次に、場所が通夜となると、どんな言葉を父親を亡くした友人にかけたら良いのか、友達の心情に寄り添った言葉を紹介していきたいと思います。 言葉としてはですが、「大変だったね」「辛かったね」「手伝いが必要な時は、いつでも声をかけてね」「寂しくなったら、いつでも連絡してね。 」「体には気をつけてね」そのような言葉が、あなたの友人の心を癒やすことができると思います。 そして、どうしたら、軽い言葉に聞こえないのか、そのコツですが、言葉をいう「姿勢」にあると思います。 言葉の雰囲気であったり、態度で相手にどれだけ親身になって言っているのか、伝わります。 あなたの気持ちが上手く、あなたの友人に伝わっていく、その姿勢が大切になってくるんですね。 友達の親が亡くなった時にかける言葉やメールの例文を紹介します あなたの友達の父親が亡くなった時、通夜では、どんな言葉をかけたらあなたの友達の心に寄り添っていることになるのか、その言葉であったり、言葉をかける「姿勢」について先程はみてきました。 次に、その友達にかける言葉ですが、それがメールになる場合、どんな言葉が考えられるのか、その例文をここで紹介していきたいと思います。 場合によっては、通夜などに参加することができない方もいると思います。 そういった場合ですが、メールや手紙であなたの気持ちを伝えることができますよね。 どういった文章がこういった場合、適切なのでしょうか。 ここで見ていきましょう。 「大変だったね。 体は大丈夫ですか?これから色々な事で忙しくなると思うけど、くれぐれも体には気をつけてね。 何かできることがあったら、いつでもいってね」 「この度は、ご愁傷さまでした。 大変な時に連絡をくれてありがとう。 何かできることがあったら、遠慮なくいってね。 落ち着いたら連絡を下さい。 」 親族が亡くなった時にかける言葉で注意したい事と香典の相場 友人の父親が亡くなった時、メールや手紙で連絡する時はどういった文章が適切なのか、先程は学んできました。 最後に、親族が亡くなった時に、書ける言葉で注意したい事と、気になる香典の相場についてみていきたいと思います。 何気に、そういう時って言葉遣いが難しくなってきます。 例えばですが、「死ぬ、死去」という言葉は使わずに「ご逝去」「ご永眠」を使います。 「生きている時」は「元気な時、生前」を使います。 「死」「迷う」「浮かばれない」という言葉は使わないようにしましょう。 香典の相場ですが、4と9は避けたい数字なので、4000円と9000円は避けましょう。 奇数で始まる数字が良い金額になります。 3000円• 5000円• 10000円 のような金額が、香典の相場なようです。

次の

お悔やみの言葉 友人》親/父/メール/ライン/母/夫/祖母/手紙/子供/義父/祖父

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メールにしてしまいました。 もし、私でお手伝いできることがあったら連絡してください。 」と返信をしてくれました。 それでよろしいかと思いますよ。 少しでも早く、お悔やみの言葉だけでも伝えて差し上げたい-というご質問者さまのお気持ちは伝わっていると思います。 私の友人の中には、「あら、ごしゅうしょうさま。 」というメールを送ってきた人もいます(文面の軽さに、なんて非常識…と感じました。 「ご愁傷様」は本当にひらがなだったんです)。 それに比べれば、「ご冥福をお祈りします」は、立派なお悔やみの言葉だと思います。 そんな時に届いたメールを見て、こんな人が気にかけてくれているんだ-と思うこともありますよ。 それが慰めになります。 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メ... A ベストアンサー No. 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。 訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が 不自然な気がします。 お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。 訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、 「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に なってしまうんです。 だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を 着ていくものなんです。 それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で 不自然な事だと思いませんか? >私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか? そんな事ないと思います。 あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで あるのはごもっともな事です。 一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか 言えると思いますが、 お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、 当然の事なんですよ。 何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの お力になってあげられるように努力する事です。 >「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・ 「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの 心の支えになると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家... A ベストアンサー 同僚って一緒に働いている方ですよね。 その方の親が亡くなったら通夜か葬式両方かせめて片方はでますよ。 もちろん父上と面識がなくてもです。 田舎でその地域の人間の顔が全てわかるって地域でもなければ、その方が普通です。 院長は御花を贈ったのですね。 それ以外にも香典を準備されていると思いますよ。 お通夜のときに持っていかれるでしょう。 御花はそれまでに間に合うように手配するもの、通夜葬式の会場を聞いたら早々にその会場に連絡して手配するものですから。 そして香典の額ですが、同僚であれば3000~5000円、上司は1万円・・・香典に関しては多く包みすぎるのもよくないとか。 そしてまとめておくるのは、例えば隣の課の人の親が亡くなった場合とかですね。 まとめて1万円で包みます。 常に顔を合わせて一緒に働いている同僚の親であれば、個々で包み全員でどちらかに参列されるものでしょう。 通夜や葬儀の時間治療院をしているのであれば、どちらかに交互でいくとか、通夜の終わったあとに行くとかいずれにしても、行ける距離であれば同僚の親の通夜葬式には普通参列します。 行かない場合があるとしたら、電車で3時間以上かかるとか飛行機で行かないと行けない様な遠方である場合ですね。 それでも上司か誰か一人代表でいったりする場合もあるくらいです。 もちろん、父上に面識がなくてもです。 同僚って一緒に働いている方ですよね。 その方の親が亡くなったら通夜か葬式両方かせめて片方はでますよ。 もちろん父上と面識がなくてもです。 田舎でその地域の人間の顔が全てわかるって地域でもなければ、その方が普通です。 院長は御花を贈ったのですね。 それ以外にも香典を準備されていると思いますよ。 お通夜のときに持っていかれるでしょう。 御花はそれまでに間に合うように手配するもの、通夜葬式の会場を聞いたら早々にその会場に連絡して手配するものですから。 そして香典の額ですが、同僚... A ベストアンサー 随分昔の話ですが私の友人のお父様が亡くなりました。 私もそのお父様には良くしていただいていたりして、病院にお見舞いも行っていたので……お葬式にも参列しました。 ただ、私はその友人に声をかけられませんでした。 なんて声をかけていいか、わからなかったんです。 どうしたらいいかわからなくて、私なら放っておいて欲しいって思うかな……とか思って、近づけずにいました。 別の友人は、その子に声をかけていましたが私はできませんでした。 友人も落ち着いて普通に話せるようになった頃、言われました。 「あの時、そばに来て欲しかった」と。 別の友人が声をかけてくれたのは本当に嬉しかったと。 私はその時にようやく後悔しました。 「なんて言葉をかけていいかわからない」から声をかけない……なんて、私が友人から逃げてるのと同じことだったんですよね……。 友人を逆に傷つけてしまうのが怖くて、逃げてたんですよね。 声はかけてあげられなくても、そばにいてあげることくらいできたし、そばにいてあげれば友人が泣き出しそうなとき胸を貸すことも出来たはずなのに。 とっても不安定な時だから、色んな感情の波があって、落ち着いているときもあればフラフラと泣き崩れそうなときもあると思うんです。 そういう時、そばにいてあげたら支えてあげることが出来ますよね。 私は今度同じようなことがあったら、黙ってそばについていてあげようって思いました。 そうしていたら逆に、一人にしてほしそうにしてたら離れることだって出来ますもの。 今は、あなた自身がしっかりとした柱になって、彼が倒れそうなとき寄りかかれる位置についていてあげるのが一番良いんじゃないかなって思います。 相手は男性なのであなたに寄りかかるかどうかわかりませんけど、そばにいてくれるだけで違うと思いますよ。 特に大切な彼女ならなおさら。 美味しい料理を振舞ってあげたり、ただ黙ってそばにいてあげたり……今はそれだけで充分じゃないでしょうか。 何かして欲しいことがあったら、きっと何か向こうから言ってきますよ。 残念ながら誰だって親の死に目には合わなければいけないものです。 だからこそ、必ず乗り越えられるものなんです。 中学生のときにお父様をなくした友人でさえ、乗り越えて今では強く生きていますよ。 大人の彼が乗り越えられないはずありません。 そう思って、あまり過保護にならずにそばで見守ってあげてください。 随分昔の話ですが私の友人のお父様が亡くなりました。 私もそのお父様には良くしていただいていたりして、病院にお見舞いも行っていたので……お葬式にも参列しました。 ただ、私はその友人に声をかけられませんでした。 なんて声をかけていいか、わからなかったんです。 どうしたらいいかわからなくて、私なら放っておいて欲しいって思うかな……とか思って、近づけずにいました。 別の友人は、その子に声をかけていましたが私はできませんでした。 友人も落ち着いて普通に話せるようになった頃... A ベストアンサー しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身にしみると言うか、ありがとうって思うと思う。 でも、すぐに元気にはなれないし、メールをもらっても、なんて返して良いか、相手も言葉に困るかもしれないなあって気がします。 「誰かの心を慰められるような大げさなことはできない」そういう謙虚な気持ちでいるほうが、相手の重荷にならずに済むかもしれません。 こういうときって、余計な心配をさせないこともやさしさかもしれないなあって思います。 「あなたはつらいかもしれないけど、私はつらくないからいくらでも私のことを頼っていいし、元気になるまで私のことは気にしないで大丈夫だよ」って感じのメールになればいいんじゃないかなって思いました。 メールを送って返事が来なくても気にしないでいてあげてください。 彼が元気になったときに「本当はすごく心配だったんだよ。 どういう言葉をかけたらいいのかわからなくって。 でも、元気になってくれて良かった」って話してみると、彼もあなたのやさしさに感謝すると思います。 その頃には気持ちの整理もできているだろうから、いろんなことも話せる状態だと思うので、それまでは少し控えめな連絡がいいかもしれません。 しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身...

次の