アイルランド 国旗。 アイルランド王国

アイルランドの国章

アイルランド 国旗

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 終始(のち)とのの下にあったが、事実的にはイングランド王による自称であった。 しかし以降は実効支配下に置かれたとなった。 、イングランド王が、形式的にはの決議に基づき、それまでの称号であった(Lord of Ireland)に代えてアイルランド王(King of Ireland)を自称したのが始まりとされている。 これは、の宗主権(名目上のものではあったが)の否定と統治権の正当性の新たな根拠の確立、そしてアイルランドの支配体制の抜本的な改革の意思表示といえるものであった。 ただし、これはイングランド側からの一方的な宣言で、当時アイルランドを実際に支配していた有力諸侯たちはこれをすぐ認めたわけではない。 しかし両国の勢力格差は歴然で、以後イングランドからの入植と支配の強化が進み、アイルランドはイングランドの化していった。 アイルランドがイングランドの勢力下に完全に置かれたのは(1649年 - 1660年)、のによる以後で、さらにののアイルランド遠征によって一応の完結となったのである。 ヘンリー8世以前にも(王の弟)などを称する人物はいたが、ヘンリー8世以後は歴代のイングランド王(のちに王)がアイルランド王の称号を兼ねることとなった。 の時代、の制定を経て、翌にと合同して が成立し、アイルランド王国は消滅した。 歴代君主 [ ]• (兼イングランド王)• (兼イングランド王)• (兼イングランド女王)• (兼イングランド女王)• (兼イングランド王、スコットランド王)• (兼イングランド王、スコットランド王)• (イングランド、スコットランドおよびアイルランドの護国卿)• (イングランド、スコットランドおよびアイルランドの護国卿)• 復興ステュアート朝• (兼イングランド王、スコットランド王)• (兼イングランド王、スコットランド王)• (兼イングランド女王、スコットランド女王)• (兼イングランド王、スコットランド王、公、)• (兼グレートブリテン王、)• (兼グレートブリテン王、ハノーファー選帝侯)•

次の

アイルランド王国

アイルランド 国旗

三色旗は2:3が多いので、1:2というのは珍しい縦横比率と言えるでしょう。 因みに、この縦横比率はイングランドの国旗の縦横比率と同じでもあります。 次にアイルランド国旗の配色について説明します。 左から緑・白・オレンジとなっています。 緑色はカトリック教徒と先住民族であるケルト人といったアイルランド 特有の古来からの伝統要素を表しています。 白色は緑色とオレンジ色の結びつきをと友愛を表しています。 オレンジ色はプロテスタントとアングロサクソン系といった 古来からの伝統であるケルト人等と対をなす新興要素を表しています。 また、オレンジ色はオランダのオラニエ公ウィレムとその信奉者 に基づくものです。 この三色旗のデザインは、19世紀当時の独立運動の影響が表れています。 フランスの三色旗を参考にしたと言われています。 フランスの国旗制定は1794年なのでアイルランドの国旗制定の 1937年まで大分間があるように見えますが(視えますよね?) デザインそのものは1848年にされていたのでフランス国旗の制定と アイルランド国旗のデザインの決定の間の期間は割と最近(?)なんですよ。 ケルト人はヨーロッパ大陸に住んでいました。 紀元前、フランスのあたりにケルト人は沢山住んでいたんですよ。 共和制ローマのカエサルもフランス(当時はガリアと呼ばれていた)に 元から住んでいた人達をガリア人と呼んでいましたが、彼等もケルト人でした。 で、カエサルはブリテンにも渡るのですがそこに居たのもケルト人でした。 なんかややこしいですがとりあえずそもそもケルト人はヨーロッパ大陸に居たって事です。 という説もあるんですが最近は大陸のケルトとブリテン諸島のケルトは別だったのでは? という説も出てきています(おい) もぅどっちが正しいのか解りません(笑) 5世紀頃、聖パトリックによりキリスト教が布教される。 何故この話を書くのかと言いますと、イングランドの国旗にある アイルランドを表す旗が聖パトリックの旗だからです。 聖パトリックはアイルランドの守護聖人なのです。 8世紀頃からヴァイキングの侵攻が始まる。 ヴァイキングとの戦いが続き… 1171年、アイルランドの諸侯がイングランド王ヘンリー2世の支配下に入る。 1541年、イングランド王ヘンリー8世がアイルランド王を名乗るが アイルランドの諸侯はこれを認めずヘンリー8世と対立する事に。 また、この時、イングランドからの入植者が増える。 その後、清教徒革命などの動乱をへて1652年、オリバー・クロムウェルによる アイルランド侵略が行われ、イングランドの植民地とされてしまいます。 当時のクロムウェルのカトリック弾圧により多くのアイルランド人が処刑されたり 亡命したとの事です。 1801年、イングランドとアイルランドが合併する。 これは事実上アイルランドがイングランドに併合された事を意味しました。 イングランド国旗はこの年に制定されています。 なのでイングランド国旗にはアイルランドの聖パトリックの旗の意匠が 採用されているのです。 1848年、フランスの二月革命に影響を受け、 現在の国旗の原型となる三色旗を作成。 しかし、1919年まで公式に使用する事は禁じられていました。 1919年、アイルランド独立戦争が行われる。 この時に独立戦争の旗印としてアイルランド国旗は掲げられた…のでしょう(推測) 1921年、アイルランド独立戦争終結 1922年、アイルランド自由国が成立。 これはアイルランドはイングランドの自治領に過ぎませんでした。 また、北アイルランド6州はイングランドのものでした。 同年、アイルランド内戦が起きます。 1931年、ウェストミンスター憲章が成立する事で、イングランドと対等な 主権国家として認められます。 しかし、余程イングランドが嫌いだったのか英霊連邦からの 離脱を行う動きは止まりませんでした。 1937年、アイルランド憲法を施行。 この時国旗も正式に制定されました。 国名をアイルランドと改名、共和制へと移行しました。 1949年、念願かないイギリス連邦を離脱しました。 ここで完全な共和制へと移行。 1998年、ベルファスト合意が行われる。 これはイングランドとアイルランドが和平するという合意でした。 国民投票によって北アイルランド6州の領有権がイングランドへ こうしてアイルランドは自治独立を勝ち取ったのですが… 結局北アイルランド6州は国民投票によってイングランドへ戻ってしまったのは… 皮肉というかなんというか…ですね。 アイルランド国旗の旧い版 アイルランド国旗が正式に制定されるまで、アイルランドでは 緑色の地に金色の竪琴を配置した旗が使われていました。 この旗は「グリーン・フラッグ」もしくは「オニールのハープ」 と呼ばれていました。 今の国旗に愛称がないのにどーゆーことなんでしょうね(笑) アイルランドの意味 先住民であるケルト人は元々この地を「ニール」と 呼んでいたのを12世紀にやってきた英国人が英語で 「アイル」に変換し、そこに土地を表す「ランド」をくっつけたのが アイルランド、とのことです。 アイルランド語での正式名称はエァル、との事です。 因みに日本語での当て字は愛蘭で愛と略すとか…。 エァルからエールと呼ぶ事もあるようです。 アイルランド国旗どうでしたか? 個人的にはアイルランド旧旗の方がお洒落な気もするんですが… 駄目なんですかね。 というか旧旗にはあって今の旗には愛称が無いとかどーゆーことなの(笑) この待遇の差…何と言う事か… しかし割とつい最近北アイルランドが割譲されていたんですね。 いや~全然知りませんでした…恥ずかしい…。 しかし住民投票で割譲されてしまうとは… 独立運動って何だったのか…とちょっと寂しい気持ちにもなりますが… イングランドと上手く行く事を祈ります…。

次の

似た国旗、違う国

アイルランド 国旗

コートジボアールの国旗 アイルランドは古くケルト人の国でしたが、12世紀にイングランドに征服され、1800年にはついに併合されて、イギリスの1姉妹地方になりました。 しかし、この後、独立闘争が繰り返され、1848年、フランスの二月革命に刺激を受けた革命委員会は、若い指導者トマス・フランシス・メガーがパリから持ち帰ったこの三色旗を国旗にすると発表、この旗がフランスの三色旗と並んで掲げられたりしました。 また一般には、緑の地にアイルランドのハープを描いた旗も用いられていました。 第一次世界大戦直前の1916年に起こった大反乱の時には、再びこの三色旗が大々的に用いられ、1921年、北部6州を除く26州がイギリスの自治領になり、1932年にはイギリス連邦内の共和国になりましたが、第2次世界大戦後の1949年に連邦を離脱して、単独の共和国になったのです。 緑はこの国の古い要素を、オレンジは新しい要素を、白は両者の結合と友愛を表わし、旧教徒と新教徒の融合、異なった種類の人々の融合を象徴しています。 他方、この国旗と間違えてしまいそうなのが、コートジボアール。 この呼び方はこの国の公用語であるフランス語の表記ですが、英語ではアイボリーコースト、象牙海岸という意味の国名です。 象牙がこのあたりからたくさん輸出されたことからそう呼ばれるようになったのです。 もっとも今では、ワシントン条約で、象牙の取引は厳しく制限されています。 ワシントン条約というのは、正式には「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」というのですが、1973年、アメリカの首都ワシントンで採択されたことから簡単に「ワシントン条約」といわれているものです。 この条約は、国際取引によって生存を脅かされているか、または、絶滅してしまう恐れのある野生動植物を保護することを目的とした条約で、1980年に加盟した日本をはじめ世界の約170カ国が加盟しています。 それはさておき、コートジボアールの国旗は独立直前の1959年に採用されました。 オレンジ色は北部のサバンナ地方の草原、国民の明朗性、繁栄を表わし、白は清純さと平和、国民の団結を、緑は将来への希望と豊かな原始林を表わしているものです。 また、3色が一体となって、結合、秩序、そして労働によるダイナミックな若さを表現していると説明されています。 つまり2つの国の国旗は確かにフランス三色旗の影響を受けていますが、それ以上の共通性はないということです。 国際赤十字バングラデシュ・ベトナム各駐在代表、末次一郎事務所長、難民を助ける会副会長、長野冬季五輪組織委式典担当顧問、埼玉県立大教授などを経て、現在は上記団体の代表者のほか、評論家、拓殖大学客員教授、NGO難民を助ける会特別顧問、協力隊を育てる会参与、Japan Echo(国連公用語での発信事業)理事など多方面で活躍している。

次の