フェルナンド サントス 人選。 【ウイニングイレブンアプリ2020】世界一参考にならないフェルナンドサントスの人選解説!|ウイイレアプリ2020初心者のための攻略サイト

フェルナンドサントス監督の人選徹底解説!今作高火力使用率NO.1監督!レート1400以上目指して!【ウイイレアプリ2020】

フェルナンド サントス 人選

ブログをご覧頂きありがとうございます。 【ウイイレ2019】今作最強オススメ監督 フェルナンドサントスを徹底研究して勝率上げる【ウイイレアプリ】 ウイイレ今作最強の監督として有名なフェルナンドサントス。 ただ、今現在(2019年6月)でも、対戦相手の使用率は依然として、高く、2回に1回の割合で対戦することになっています。 (サブ戦術も含めて) このフェルナンド・サントスを攻略していくことが、レートを上げていくことへの近道だと考えております。 徹底研究して行きたいと思います。 フェルナンド・サントス監督の特徴 ガンガン運動会 フェルナンド・サントス監督といえば、ウイニングイレブン2019では、最強の部類にはいってくる監督です。 とにかく、 全員が走りまくって、前へ前へとプレスをかけまくってくる戦術スタイルです。 攻撃においても、 空いているスペースがあれば走りまくってどんどん選手が出てきます。 それが本当に強いです。 また、2トップですので、 1トップに比べても攻撃のバリエーションが豊富な上に、その後ろに控えて、 どんどん飛び出してくるOMFもかなり強いです。 そして、そこを抑えたとしても、サイドハーフが並行して配置されているので、 サイドからの崩しも有効的な攻め手として持っています。 超ハイプレスの守備 フェルナンド・サントス監督の守備といえば、超ハイプレスです。 クロップ監督のゲーゲンプレスとはまた違った感覚でのプレスを掛けてきます。 攻撃時に距離感をとっていた選手が、守備にはぐっと距離を縮めて、高いコンパクトネスを保ちつつボールに寄せてきます。 もたもたと、ボールキープをしてしまうとすぐにボールを取られてしまいます。 フェルナンド・サントス監督を攻略する フェルナンド・サントスから点をとるには 攻略ポイントは2つあります。 相手のサイドバックの裏を取る• ワンタッチパスを確実につなぐ この2点です。 一つずつ説明します。 相手のサイドバックの裏を取る フェルナンド・サントス監督は、 ディフェンスラインが高く、ディフェンスラインの裏に弱点があります。 さらには、 サイドバックの裏が空くことがおおく、味方のサイドアタッカーに多くの攻撃機会が生まれます。 相手はワンボランチ(DMFがひとり)ですので、1回目の攻撃が手詰まっても、味方のセンターハーフの選手でしっかりボールを繋いで、相手のディフェンスラインの裏を狙っていきます。 ムービングを使うと効果的で、すこしボールを持つのが苦しくても、またボールの出しどころがなくなっても、 割と大雑把に相手のディフェンスラインの裏に大きくボールを蹴っても、ビックチャンスになることが多々あります。 単純な攻撃ですが、実は、相手からしたら結構苦しいので、何度も何度もしつこく繰り返していけば、2回位は決定機が訪れます。 ただし、毎回そればかりすると、さすがに効果はありません。 ワンタッチパスを確実につなぐ フェルナンド・サントス監督の守備は、前述しましたが超ハイプレスを掛けてくる守備です。 ただし、フェルナンド・サントスの攻撃時には相手選手同士の距離感が遠く、守備時にコンパクトにぐっと距離を縮めてくるという動きです。 この守備の仕方は、相手にしてみれば、 ドリブルでコネコネかわされるよりも、ワンタッチパスで的確に繋がれる方が苦しいのです。 こちらとしては、ボールを持ったらとにかく慌てずに、できるだけ少ないボールタッチで味方につないであげましょう。 カウンターの場面でも、前ばかりにつなごうとせずに、ボールロストしないことを最優先にして、横にも時には後ろの味方にも確実にボールをつないでいくことを心がけます。 それを繰り返せば、必ずフリーでチャンスの味方や、裏に大きなスペースが生まれます。 フェルナンド・サントスを無失点に抑える フェルナンド・サントス監督の攻撃といえば、カウンターロングパスで選手がどんどん前に走り込んできます。 多くのプレイヤーはフェルナンド・サントス監督のディフェンシブ戦術を使用しています。 いきなり、手法的な説明をします。 味方の守備は、4バックで編成します。 そして、 コンセプトアレンジで、相手の両サイドハーフに「ハードマーク」を設定しましょう。 このときに、マーク設定というのがありますので、 味方の中盤のサイド側にポジショニングしている選手で、相手の両サイドハーフをマークさせます。 当然ながら、 中央の守備が手薄にはなるのですが、確率からみても、サイドの攻撃を無効化させたほうが、フェルナンド・サントス側からすれば苦しいです。 あとは、 守備の基本ですが、できるだけDMF,もしくは、サイドバックの選手を使ってパスコースを切っていくことに集中します。 そうすれば、 勝手にAIがボールカットしてくれます。 フェルナンド・サントス対策にオススメな選手 キリアン・ムバッペ そもそも、必ずスカッドに入れておきたい選手ではあります。 特に、フェルナンド・サントス相手だと、スピードと決定力の備わっている選手が必要です。 相手のディフェンスラインの裏をとって、チャンスを作りたいので、この選手は必須です。 ピエール オーバメヤング 上述のとおり、スピードがあって、決定力の高い選手が理想です。 なかでも、オーバメヤングのスピードは圧倒的で、上背もあるので非常に強いです。 そして、「チェイシング」のスキルをもっています。 フェルナンド・サントスでは、長いパスをつなぐことを防ぐために、モーションの大きいキックをする場面がありますが、ボールロストしてからも、しっかり追い込んで奪い返しチャンスを作ってくれます。 エデン・アザール エデン・アザールは、フェルナンド・サントスを崩していくのに有効的なスキル、「ワンタッチパス」を保有しています。 また、彼もスピードがあって決定力も高いです。 ルカ・モドリッチ ルカ・モドリッチも、フェルナンド・サントスを崩していくのに有効的なスキル、「ワンタッチパス」を保有しています。 パス能力、ボールキープ力も高く、さばききれないボールが回ってきてもしっかりキープすることができるのも重宝します。 ディフェンス能力も高いのでとても強い選手です。 エンゴロ・カンテ この選手も、必ずスカッドに入れておきたい選手ではあります。 フェルナンド・サントス相手では、必ず走って守れる選手が必要です。 カンテも、「ワンタッチパス」のスキルを保有しています。 カゼミーロ カゼミーロも、しっかり戻って守備をしてくれる選手です。 「ワンタッチパス」のスキルを保有しています。 フィジカルも強く、頼れる選手です。 フェルナンド・サントス監督の詳細 監督 フェルナンド・サントス 国籍・地域 ポルトガル 在籍情報 ポルトガル 適応力 84 マネージメント能力(初期値) 655 オフェンシブ戦術 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 10 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 9 コンパクトネス 9 ディフェンシブ戦術 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ロングパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング フォーメーション重視 サポート距離 10 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 10 コンパクトネス 10 長文を最後までお読みいただきありがとうございました。 監督選びの参考にしていただければ幸いです。 tukigo.

次の

【ウイニングイレブンアプリ2020】世界一参考にならないフェルナンドサントスの人選解説!|ウイイレアプリ2020初心者のための攻略サイト

フェルナンド サントス 人選

ネイマール・メッシ・ジヤシュ・フェキール・エジル・エリクセンなど DMFも大事!プレースタイル【アンカー】を起用しよう ダイヤモンド型の442(4132)は守備時が少し手薄になるのがデメリットになります。 特に真ん中の数が少なく、カウンターをくらう際は DMFが大黒柱のような存在に。 フェルナンドサントスで試合をする際は、ここのDMFの動きが失点率につながるといっても過言ではありません。 そこで私のおすすめは、DMFのプレースタイルは【アンカー】持ちの選手を配置すること。 選手のプレースタイルは選手詳細画面(年齢や身長、レベル上限など)から調べることができます。 DMFにはアンカーやハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップなどのプレースタイルの選手が存在します。 DMFのプレースタイルについて詳しく アンカーは攻撃時も出来るだけ低い位置を取り、守備に重心をおくタイプのDMF。 シュートを打つ機会がほとんどないので、決定力が低くてもOK。 日本だと長谷部選手的な役割のことをアンカーと呼びます。 今作のDMFはアンカー持ちが優秀ですね ハードプレスはボールを持っている相手選手に対して、激しくボールを奪いにいくタイプのDMF。 有名選手でいうとカゼミーロや山口蛍選手など ボックストゥボックスは守備時は味方のペナルティエリアまで守備をして、攻撃時は相手のペナルティエリアまで攻撃するぐらいピッチを動き回るタイプの選手。 ボックストゥボックスは今作の仕様上、スタミナ90は最低でも欲しいところ。 有名選手でいうとビダルなど。 ビルドアップは味方DFからの組み立てに協力するタイプのDMF。 前作ウイイレ2018ではヴェッラッティがビルドアップでしたが、今作の黒玉MFではビルドアップ持ちは存在しません。 コンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をDMFつけよう フェルナンドサントスの場合は守備が手薄になりやすいので、DMFにはコンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をつけるのがおすすめ。 コンセプトアレンジはゲームプランにて、試合前・試合中ともに設定可能です。 ディフェンシブをつけると、どのプレースタイルでも守備に重点を置いてくれるので守備が固くなります。 ハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップでもディフェンシブをつけることで、攻撃時にあまり上がらないようになります。 ただ、アンカー持ちが1番適任です 攻撃的サイドバックは守備が手薄になるのでちょっと使いづらい サイドバックにもDMF同様、様々なプレースタイルがあります。 その中でも結構多いタイプが攻撃的サイドバック。 長友選手やマルセロのような、攻撃時に積極的に攻撃参加するタイプが攻撃的サイドバックになります。 フェルナンドサントスの場合、攻撃的サイドバックは結構使いづらいです。 あくまで個人的な意見なので、正解とは限りません.

次の

フェルナンドサントス監督を攻略して勝率上げる方法を徹底研究【ウイイレアプリ】【ウイイレ2019】

フェルナンド サントス 人選

ネイマール・メッシ・ジヤシュ・フェキール・エジル・エリクセンなど DMFも大事!プレースタイル【アンカー】を起用しよう ダイヤモンド型の442(4132)は守備時が少し手薄になるのがデメリットになります。 特に真ん中の数が少なく、カウンターをくらう際は DMFが大黒柱のような存在に。 フェルナンドサントスで試合をする際は、ここのDMFの動きが失点率につながるといっても過言ではありません。 そこで私のおすすめは、DMFのプレースタイルは【アンカー】持ちの選手を配置すること。 選手のプレースタイルは選手詳細画面(年齢や身長、レベル上限など)から調べることができます。 DMFにはアンカーやハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップなどのプレースタイルの選手が存在します。 DMFのプレースタイルについて詳しく アンカーは攻撃時も出来るだけ低い位置を取り、守備に重心をおくタイプのDMF。 シュートを打つ機会がほとんどないので、決定力が低くてもOK。 日本だと長谷部選手的な役割のことをアンカーと呼びます。 今作のDMFはアンカー持ちが優秀ですね ハードプレスはボールを持っている相手選手に対して、激しくボールを奪いにいくタイプのDMF。 有名選手でいうとカゼミーロや山口蛍選手など ボックストゥボックスは守備時は味方のペナルティエリアまで守備をして、攻撃時は相手のペナルティエリアまで攻撃するぐらいピッチを動き回るタイプの選手。 ボックストゥボックスは今作の仕様上、スタミナ90は最低でも欲しいところ。 有名選手でいうとビダルなど。 ビルドアップは味方DFからの組み立てに協力するタイプのDMF。 前作ウイイレ2018ではヴェッラッティがビルドアップでしたが、今作の黒玉MFではビルドアップ持ちは存在しません。 コンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をDMFつけよう フェルナンドサントスの場合は守備が手薄になりやすいので、DMFにはコンセプトアレンジ【ディフェンシブ】をつけるのがおすすめ。 コンセプトアレンジはゲームプランにて、試合前・試合中ともに設定可能です。 ディフェンシブをつけると、どのプレースタイルでも守備に重点を置いてくれるので守備が固くなります。 ハードプレス、ボックストゥボックス、ビルドアップでもディフェンシブをつけることで、攻撃時にあまり上がらないようになります。 ただ、アンカー持ちが1番適任です 攻撃的サイドバックは守備が手薄になるのでちょっと使いづらい サイドバックにもDMF同様、様々なプレースタイルがあります。 その中でも結構多いタイプが攻撃的サイドバック。 長友選手やマルセロのような、攻撃時に積極的に攻撃参加するタイプが攻撃的サイドバックになります。 フェルナンドサントスの場合、攻撃的サイドバックは結構使いづらいです。 あくまで個人的な意見なので、正解とは限りません.

次の