爆 サイ 秋田。 マンサイ堂秋田店

マンサイ堂秋田店

爆 サイ 秋田

Cについて 脳に長期間 浴びせた場合 電磁波の類と推測 だと心理や視覚聴覚、感覚、しいては「思考」にどの様な効果をもたらす事になるだろうか。 情報誌、テレビでも警鐘していたが人体に与える悪影響の幾つかは 私が体験した内容と一致するものであった。 体験例だとまるで静電気を脳に受けた様な感覚、また不快な感覚からストレスが併発したり、不眠、幻聴、記憶した映像 共に断片的ではあるが が唐突にフラッシュバックした事もあった。 また、永く浴びた所為なのか皮膚が荒れ急速に老けた様にも観れる。 これは私より若い人でも数十人以上、過去に目撃している。 当然 感情にも影響がある様で不快な感覚を受けると不機嫌な心情となる事も。 印象なのは人為的な浴びせを「止めても」これらが「癖」になってしまう事だろう。 しかも集中して「浴びせる」事が人為的に出来たなら、どのタイミングでもこの状態 状況を作り出せるという事だ。 また瞬間的、継続的に「強く」浴びせた場合、直後に止めた後でも余韻が残る。 例えば皮膚をつねって離しても感覚がしばらく残る様に。 そんな状態で外部の声や音に触れると受ける感覚も通常より敏感になりやすいという感想だ。 浴びせる行為をやめれば自然治癒もするレベルだろうが快復する途中で浴びせる、つまり「止める. 浴びせる」を繰り返す事で癖や後遺症に発展すると思われる。 この方法だと周りに発覚し辛い事にも注視。 前述の記載 A〜C を前提として もしこれらの症例をカモフラージュとして利用出来たならどうだろう。 映画ロード・オブ・ザ リングの登場キャラクターの中に「ゴラム」という名の人物がいるが、一人にもかかわらず会話の様に自分自信に接している、 これも外的刺激もしくは内的 ストレス等 影響による「病気」だが これすらカモフラージュとして当人、第三者をも誤認させる事が可能ならばどうだろう。 Bの記述内容から推測ではあるが日常にある会話 音 映像等を「記録」する事が出来ると考えている。 そして記録出来るなら 当然それらを「編集」する事も可能だろう。 そして記録編集した内容を都合の良い相手に流す事も可能だと推測出来る。 後遺症、症例等が発病した後なら外部から記録したものか内面の病気によるものなのか判断し辛くなる 但し、外的「記録」による言葉、映像も断片的且つ瞬間的 映像に関しては特に であると推測する。 言葉に限定して客観視しても 日常における人の会話、症例による幻聴、機器 おそらく を用いた記録による言葉、これらが三重に進行している状況を想像してみれば内訳で区別するのは困難である事は容易に想像出来る。 前提全てをカモフラージュとして人為的に機器を用い、浴びせる事により刺激を与えているとするなら、それらを誤認せず見極められる人間が何人いるだろうか。 私は専門家では無いが携帯の末端から末端へどうやって「声」を届けているか、ワイヤレスのテレビにどうやって「映像」を届けているのか、しいては声や映像を「認識」するのは耳や目ではなく「脳」であるという事。

次の

[B!] 秋田風俗・お店掲示板|爆サイ.com東北版

爆 サイ 秋田

Cについて 脳に長期間 浴びせた場合 電磁波の類と推測 だと心理や視覚聴覚、感覚、しいては「思考」にどの様な効果をもたらす事になるだろうか。 情報誌、テレビでも警鐘していたが人体に与える悪影響の幾つかは 私が体験した内容と一致するものであった。 体験例だとまるで静電気を脳に受けた様な感覚、また不快な感覚からストレスが併発したり、不眠、幻聴、記憶した映像 共に断片的ではあるが が唐突にフラッシュバックした事もあった。 また、永く浴びた所為なのか皮膚が荒れ急速に老けた様にも観れる。 これは私より若い人でも数十人以上、過去に目撃している。 当然 感情にも影響がある様で不快な感覚を受けると不機嫌な心情となる事も。 印象なのは人為的な浴びせを「止めても」これらが「癖」になってしまう事だろう。 しかも集中して「浴びせる」事が人為的に出来たなら、どのタイミングでもこの状態 状況を作り出せるという事だ。 また瞬間的、継続的に「強く」浴びせた場合、直後に止めた後でも余韻が残る。 例えば皮膚をつねって離しても感覚がしばらく残る様に。 そんな状態で外部の声や音に触れると受ける感覚も通常より敏感になりやすいという感想だ。 浴びせる行為をやめれば自然治癒もするレベルだろうが快復する途中で浴びせる、つまり「止める. 浴びせる」を繰り返す事で癖や後遺症に発展すると思われる。 この方法だと周りに発覚し辛い事にも注視。 前述の記載 A〜C を前提として もしこれらの症例をカモフラージュとして利用出来たならどうだろう。 映画ロード・オブ・ザ リングの登場キャラクターの中に「ゴラム」という名の人物がいるが、一人にもかかわらず会話の様に自分自信に接している、 これも外的刺激もしくは内的 ストレス等 影響による「病気」だが これすらカモフラージュとして当人、第三者をも誤認させる事が可能ならばどうだろう。 Bの記述内容から推測ではあるが日常にある会話 音 映像等を「記録」する事が出来ると考えている。 そして記録出来るなら 当然それらを「編集」する事も可能だろう。 そして記録編集した内容を都合の良い相手に流す事も可能だと推測出来る。 後遺症、症例等が発病した後なら外部から記録したものか内面の病気によるものなのか判断し辛くなる 但し、外的「記録」による言葉、映像も断片的且つ瞬間的 映像に関しては特に であると推測する。 言葉に限定して客観視しても 日常における人の会話、症例による幻聴、機器 おそらく を用いた記録による言葉、これらが三重に進行している状況を想像してみれば内訳で区別するのは困難である事は容易に想像出来る。 前提全てをカモフラージュとして人為的に機器を用い、浴びせる事により刺激を与えているとするなら、それらを誤認せず見極められる人間が何人いるだろうか。 私は専門家では無いが携帯の末端から末端へどうやって「声」を届けているか、ワイヤレスのテレビにどうやって「映像」を届けているのか、しいては声や映像を「認識」するのは耳や目ではなく「脳」であるという事。

次の

暴サイの基地害について

爆 サイ 秋田

Cについて 脳に長期間 浴びせた場合 電磁波の類と推測 だと心理や視覚聴覚、感覚、しいては「思考」にどの様な効果をもたらす事になるだろうか。 情報誌、テレビでも警鐘していたが人体に与える悪影響の幾つかは 私が体験した内容と一致するものであった。 体験例だとまるで静電気を脳に受けた様な感覚、また不快な感覚からストレスが併発したり、不眠、幻聴、記憶した映像 共に断片的ではあるが が唐突にフラッシュバックした事もあった。 また、永く浴びた所為なのか皮膚が荒れ急速に老けた様にも観れる。 これは私より若い人でも数十人以上、過去に目撃している。 当然 感情にも影響がある様で不快な感覚を受けると不機嫌な心情となる事も。 印象なのは人為的な浴びせを「止めても」これらが「癖」になってしまう事だろう。 しかも集中して「浴びせる」事が人為的に出来たなら、どのタイミングでもこの状態 状況を作り出せるという事だ。 また瞬間的、継続的に「強く」浴びせた場合、直後に止めた後でも余韻が残る。 例えば皮膚をつねって離しても感覚がしばらく残る様に。 そんな状態で外部の声や音に触れると受ける感覚も通常より敏感になりやすいという感想だ。 浴びせる行為をやめれば自然治癒もするレベルだろうが快復する途中で浴びせる、つまり「止める. 浴びせる」を繰り返す事で癖や後遺症に発展すると思われる。 この方法だと周りに発覚し辛い事にも注視。 前述の記載 A〜C を前提として もしこれらの症例をカモフラージュとして利用出来たならどうだろう。 映画ロード・オブ・ザ リングの登場キャラクターの中に「ゴラム」という名の人物がいるが、一人にもかかわらず会話の様に自分自信に接している、 これも外的刺激もしくは内的 ストレス等 影響による「病気」だが これすらカモフラージュとして当人、第三者をも誤認させる事が可能ならばどうだろう。 Bの記述内容から推測ではあるが日常にある会話 音 映像等を「記録」する事が出来ると考えている。 そして記録出来るなら 当然それらを「編集」する事も可能だろう。 そして記録編集した内容を都合の良い相手に流す事も可能だと推測出来る。 後遺症、症例等が発病した後なら外部から記録したものか内面の病気によるものなのか判断し辛くなる 但し、外的「記録」による言葉、映像も断片的且つ瞬間的 映像に関しては特に であると推測する。 言葉に限定して客観視しても 日常における人の会話、症例による幻聴、機器 おそらく を用いた記録による言葉、これらが三重に進行している状況を想像してみれば内訳で区別するのは困難である事は容易に想像出来る。 前提全てをカモフラージュとして人為的に機器を用い、浴びせる事により刺激を与えているとするなら、それらを誤認せず見極められる人間が何人いるだろうか。 私は専門家では無いが携帯の末端から末端へどうやって「声」を届けているか、ワイヤレスのテレビにどうやって「映像」を届けているのか、しいては声や映像を「認識」するのは耳や目ではなく「脳」であるという事。

次の