ビアンカ 遺体 写真。 SNSで人気の17歳少女が殺害される!!血だらけの遺体とともに自撮りした写真を犯人が公開

美しさこそが最大の権力であった時代の華々しいミューズ、ビアンカ・ジャガー

ビアンカ 遺体 写真

'70年代のセレブカップル、ビアンカ・ジャガーとミック・ジャガー ミック・ジャガーとの結婚 1971年5月12日、ローリングストーンズのミック・ ジャガーと結婚。サントロペのタウンホールでの挙式では、 新郎新婦ともイヴ・サンローランのスーツをまとい、ビアンカの素肌の上に着たタキシードジャケットとマキシのファッションが話題を呼んだ。 付き添ったのは、フランスの映画監督ロジェ・ヴァディム。 ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーブ、ジェーン・ フォンダと名だたる美女を恋人や妻にした、当代きっての「ドンファン」 だ。 そして、ビアンカの友人でアラン・ドロンの妻であり、 すでに離婚していたナタリー・ドロン。 結婚式を彩った人物の名前だけでも、' 70年代の初期の気分が盛り上がってくる。 自由で大胆で、 恐い物知らず。 美しさこそが最大の権力であった時代。 愛こそ全てを凌駕する若者の時代であった。 ビアンカ・ジャガーのファッション スーパースターのミック・ ジャガーの最初の結婚の相手として語られることが多いビアンカだ が、彼女は'60年代にすでにニューヨークでは雲の上の人、 セレブリティ中のセレブリティとして知られていた。 いわゆるジェットセッターで、 ニューヨークとパリを往来する生活であったが、「なにもしないでスターになった唯一の人間」 と自分自身を形容していたほどだ(『ヴォーグの60年間』 平凡社)。 セルジュ・ルタンスの白っぽいメイクアップを施し、身支度に何時間もかけ、美しい姿で遅い時間に華々しく登場することでも有名であった。 ビアンカ・ジャガーのファッション ビアンカは、ファッションセンスでも群を抜いていた。 装飾過剰なヒッピーシックにさっさと別れを告げミニマルで機能的、かつエレガントなニューヨークファッションをいち早く身にまとい 、デザイナー達のミューズとなった。ビアンカをとびきり輝かせた舞台となったのは、当時、ニューヨークで最高にスノッブなナイトクラブ「スタジオ54」だ。 アンディ・ウォーホール(上写真右)を始め、デヴィッド・ボウイやミック・ ジャガー、ライザ・ミネリなどのスターアーティストをはじめ、 ニューヨークファッションの旗手カルバン・クライン、 ホルストン等が夜な夜な集い、ビアンカは、 彼らのドレスを着こなし、女王のように華やかな輪の中心にいた。 そもそも、この退廃的快楽の殿堂「スタジオ54」の雰囲気は、ビアンカの誕生日パーティで、 そのイメージが決定付けられたと言ってもよい。 「 白馬にまたがった彼女が、 雲つくような黒人の大男によってダンスフロアを引き回された。 男は身体を覆うきらびやかな金色の装飾片以外は何もまとってい なかった。それ以後、 同じような華麗さとファンタジーの突拍子もない組み合わせがある 限りは、何をしても良かった」(『カポーティ』ジェラルド・ クラーク著 文藝春秋)。 アートとポップ、俗悪と貴族趣味が交差し、 混迷を極めながらモダンに変容する'70年代のニューヨークのサブ カルチャーシーン。 まさに存在するだけでそれをリードしていたのが、ビアンカその人であった。 すごい美人というわけではないが、 辺りを払う意志的で個性的な顔立ちは、 モデルや女優と言った容貌が命の女性達とは、ひと味異なる誇り高い バックグラウンドを感じさせた。 ビアンカ・ジャガーのバックグラウンドと、今 ニカラグアの名門一族に生まれ、その後フランス屈指のエリート養成学校「グランゼコール」のひとつ、パリ政治学院を卒業。 ついでながら、単なるお嬢様のパリ遊学とは異なる選択であったことを強調しておこう。パリ政治学院は、フランソワ・ミッテラン、ジャック・シラクを始め著名な政治家を輩出した、ハーバードやオックスフォード並みに世界的評価が高い大学である。 彼女を有名にした社交界とは無縁に映るキャリアだが、洗練された会話やウィットに富んだ仕草と天衣無縫な'70年代的行 動が合わさって、どれほどビアンカが、周りを魅了したことかは、 容易に想像できる。 中南米のエキゾチズム、高学歴、由緒ある家柄、華やかさとはうらはらの謎めいた私生活、ひと癖ある美貌。 人気ロックアーティストと結婚したにもかかわらず、ビアンカはいわゆるグルーピーではなかった。 ドラッグやアルコールに溺れることなく、 自分のやるべき途を見いだしたのだ。 1987年、ザ・ウールマーク・カンパニー婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。 退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。 朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。 女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。 毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。

次の

17歳のインフルエンサーが首を切られて死亡、容疑者の恋人が遺体をSNSに投稿 (2019年7月16日)

ビアンカ 遺体 写真

- 2019年 5月月7日午後4時52分PDT ビアンカは、SNSを通じて知り合い、2ヵ月ほど恋人関係にあったという21歳のブランドン・アンドリュー・クラークによって彼の車の中で首を切られて殺害された。 Confirmed—Utica police indentify East Utica homicide victim is 17-year-old Bianca Devins of Utica. Her alleged killer is 21-year-old Brandon Andrew Clark of Bridgeport. Police say the two met on social media, and had a relationship. ビアンカの殺害を供述するとともに、自傷行為を匂わせる発言をしたそうで、通報を受けて警察が駆けつけると、ブランドンは車の側で横たわった状態のままナイフで自分の首を刺し始めたという。 また、ブランドンはビアンカの遺体と自撮り写真を撮っていたそうで、ビアンカ殺害後、警察に通報する前に、インスタグラムのストーリーに「ごめんなさい、ビアンカ」というコメントを添えて、血だらけの遺体を投稿していたと同メディアは報じている。 事件発生の前日、ビアンカとブランドンはニコール・ドールアンガンガーというカナダ出身のシンガーソングライターのコンサートを一緒に鑑賞したと米Rolling Stoneが報じている。 ブランドンは、ビアンカを殺害する前にもインスタグラムのストーリーを投稿しており、車の運転中に撮られたと思われる写真に、「地獄がやってきた。 これは償いだよね?」とコメントしていた。 現在、病院で治療を受けているブランドンは、第2級殺人の罪に問われている。 (フロントロウ編集部) あわせて読みたい•

次の

17歳の美少女殺人事件、法廷に提出されなかった残虐すぎる「新証拠」

ビアンカ 遺体 写真

日本空港123便墜落事故で、坂本九さんは無くなりました… 飛行機事故ということ で遺体も大変な状況だったそうです。 ということで今回は坂本九さんの亡くなった原因の飛行機事故について調べてみました。 123便墜落事故 坂本九さんが亡くなられたのは1985年の8月11日に起こった日本空港123便墜落事故。 日本航空123便墜落事故は、1985年8月12日、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46が、 墜落した事故。 ボーイング社の不適切な修理が原因とされる後部圧力隔壁の破損によって、垂直尾翼と補助動力装置が破損し油圧操縦システムも全喪失。 その結果、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根に墜落。 乗員乗客合わせて524名中、520名が死亡しました。 単独機が起こした事故としては、史上最悪の事故でした… 坂本九さんはまだ若く 43 歳で亡くなられました。 日本空港123便墜落事故が起こったのは11日でしたが、坂本九さんの遺体が発見されたのは3日後の 14日。 事故が発生した日は夏休みの時期であり、お盆の前日であったため、123便には、出張帰りのビジネスマンなど、帰省客や観光客が多く搭乗していました。 さらに、最終便1本前であるにもかかわらず、123便はほぼ満席の状態でした。 生存者は4名 この飛行機事故では4名の生存者がいました。 客室後部の座席に座っていた女性4名は奇跡的に生還できましたが、その他の者は即死もしくはそれに近い状況で、坂本九さんも亡くなられたひとりです。 坂本九さんはこの日、大阪府にある友人の選挙応援として翌13日に行われる事務所開きに駆けつける途中、日本航空123便墜落事故に遭遇し帰らぬ人となってしまいました。 坂本九さんは本来、国内移動には日本航空 JAL ではなく必ず全日空 ANA を使っていたそう。 しかし、当日は全日空便が満席で、飛行機やホテルなどを手配した招待側がチケットを確保できず、仕方なく確保したのが日本航空123便でした。 たまたま乗り合わせた飛行機がこんな事故を起こすとは… 坂本九の遺体 飛行機事故の後坂本九さんの奥様が遺体の確認をしたそう。 その時の遺体の坂本九の遺体の状況というのがあまりにも悲惨でした… 事故が凄まじく、坂本九さんの確認は歯が一致したことで確認されました。 おそらく見分けがつかないほど遺体は損傷していたのでしょう… 坂本さんは、ボストンバッグを機内に持ち込んでおり、墜落現場で発見され、その中に録音機能付きのウォークマンが入っていました。 家族は遺言が残っていないかと期待したそうですが、「We are the world」が入っていただけで、遺言らしきものは何も録音されていませんでした… 遺体の画像はもちろん残されていません。

次の