ほうれん草 味噌汁 レシピ。 大根とほうれん草の人気レシピ!簡単味噌汁や副菜におすすめの煮物も!

大根とほうれん草の人気レシピ!簡単味噌汁や副菜におすすめの煮物も!

ほうれん草 味噌汁 レシピ

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の準備 上にも書いた通り、 ほうれん草を直煮してみそ汁にするときは、卵と組み合わせるのがおすすめです。 ほうれん草は、乾いた根っこを切り落としてから、左手でほうれん草の中ほどをつかみ、右手で持った包丁で切り込みを細かく入れます。 このときほうれん草を持っている左手に注意しながら、1~2㎝の深さで茎の太さよりも細かくなるようにすると、後から水洗いしたときに土が落ちやすいです。 また、に詳しく紹介しているので参考にしてみてください。 ほうれん草は長さを3~4等分にします。 それから 人数分の卵はそっとだし汁に入れやすくするため、小さな器に一つずつ割っておきます。 ほうれん草と落とし卵のみそ汁のレシピ/作り方 鍋にだしを入れて中火にかけ、沸いたら火を弱め、 ほうれん草の軸の部分を入れてさっと火を通します• 軸の部分が色鮮やかになれば、火を弱めて味噌を溶き入れます。 味噌を溶いて、再沸騰したら鍋肌にそっと卵を一つずつ落とします。 コトコトと卵に火を通す時間は2~3分です。 落とし卵を作っている間に、ほうれん草の葉の部分を加え、箸などで上下を返して卵をつぶさないよう注意しつつ、火を通します。 卵を入れて2~3分経って、卵白がしっかり固まっていることを確認したら、お玉ですくい取り、椀に盛り付けて完成です。

次の

ほうれん草のお味噌汁を作る時、生のまま煮る?それとも下茹でする?

ほうれん草 味噌汁 レシピ

ほうれん草と落とし卵のみそ汁の準備 上にも書いた通り、 ほうれん草を直煮してみそ汁にするときは、卵と組み合わせるのがおすすめです。 ほうれん草は、乾いた根っこを切り落としてから、左手でほうれん草の中ほどをつかみ、右手で持った包丁で切り込みを細かく入れます。 このときほうれん草を持っている左手に注意しながら、1~2㎝の深さで茎の太さよりも細かくなるようにすると、後から水洗いしたときに土が落ちやすいです。 また、に詳しく紹介しているので参考にしてみてください。 ほうれん草は長さを3~4等分にします。 それから 人数分の卵はそっとだし汁に入れやすくするため、小さな器に一つずつ割っておきます。 ほうれん草と落とし卵のみそ汁のレシピ/作り方 鍋にだしを入れて中火にかけ、沸いたら火を弱め、 ほうれん草の軸の部分を入れてさっと火を通します• 軸の部分が色鮮やかになれば、火を弱めて味噌を溶き入れます。 味噌を溶いて、再沸騰したら鍋肌にそっと卵を一つずつ落とします。 コトコトと卵に火を通す時間は2~3分です。 落とし卵を作っている間に、ほうれん草の葉の部分を加え、箸などで上下を返して卵をつぶさないよう注意しつつ、火を通します。 卵を入れて2~3分経って、卵白がしっかり固まっていることを確認したら、お玉ですくい取り、椀に盛り付けて完成です。

次の

ほうれん草とお麩のお味噌汁のレシピ/作り方

ほうれん草 味噌汁 レシピ

和えものなどに下ゆでしておいたほうれん草をお味噌汁に。 お麩とわかめ、しめじと組み合わせた慌ただしい朝にサッとできるお味噌汁です。 わが家の「忙しいときにラクチンほうれん草のゆで方」です。 ほうれん草はざく切りにしてしっかり水洗いします。 鍋にお湯を沸かし小さじ1の塩を加えます。 ほうれん草をドバっと入れて菜箸で混ぜながら全部をお湯につかるようにします。 30秒~1分経ったらざるにあげて水洗いして熱をとります。 しっかり絞ったらあとは和え物やお味噌汁などに使っています。 たくさんほうれん草があるときは冷凍保存もでしています。 いつものお味噌汁にゆでておいた、あるいは冷凍ほうれん草を加えるといつもとちょっと違うお味噌汁になります。 定番のお味噌汁からいつもとちょっと違うお味噌汁まで、具だくさんでからだにおいしいお味噌汁はいかがですか? 毎日食べるから楽しみたいお味噌汁。 「今日のお味噌汁」では飽きがこないよう具の組み合わせや野菜の切り方を工夫して楽しんでいるわが家のお味噌汁をご紹介しています。 今日のお味噌汁、明日のお味噌汁にお役に立てれば嬉しいです。 ほうれん草とお麩のお味噌汁の材料(4人分)• 麩 - 適量• 乾燥わかめ - 3g• だし汁 - 700ccくらい• 味噌 - 大さじ3くらい ほうれん草とお麩のお味噌汁の作り方• ほうれん草をゆでてしっかり絞っておきます。 しめじの石づきを切り落とし食べやすい大きさにほぐします。 鍋にだし汁を沸かし、しめじと麩、乾燥わかめを加えます。 しめじがしんなりしたらほうれん草を加え火を止め味噌を溶き入れて完成です。 冷凍ほうれん草をそのまま加えたときはすぐに火を止めず溶けて温まるのを待ってから火を止め、味噌を溶き入れてください。

次の