リッチ メニュー デザイン。 リッチメニューの画像作成はこうやる!|ワタシヨロコブスタイル

【公式】リッチメニューの活用法│作成から設定方法まで解説

リッチ メニュー デザイン

この記事では、リッチメニューについてご説明いたします。 このページの一番最後に、約600アカウントのLINE公式アカウントに登録して、各社が作っているリッチメニューの事例を集めました。 よければそちらのページもご覧ください。 リッチメニューとは、トーク内の画面下部に表示される固定のメニューのことです。 分割されたリンク付きの画像を貼り合わせて構成されており、画像をタップすると、外部サイトへの誘導や、事前に設定したキーワードの送信が可能になります。 通常のテキストと比較して視認性に優れており、複数の導線を用意できるなどのメリットがあります。 LINE は、2019年4月より「LINE公式アカウント」という名前に変更になりました。 現在は、LINE とLINE公式アカウントの二つが共存しております。 2020年の2月からは、LINE公式カウントに強制的に移行されます。 そのため、本記事では、LINE公式カウントでのリッチメニューについて説明しております。 また、来店予約やLINEでコンタクト受け取りなど、日常的に使用する商品だからこそ簡単にさくっと購入してもらえるような工夫がされています。 はじめに、LINE公式アカウントにログインして、左側のメニューから 「リッチメニュー」を選択します。 ログイン後は、右側の 「作成」を選択すると、新たなリッチメニューが作れます。 「作成」を選択後、様々な設定メニューがありますので、ひとつずつ説明していきます。 表示設定 表示設定は5つの項目から構成されています。 タイトル タイトルはユーザーに表示されません。 管理用として利用します。 複数のリッチメニューが作れるので、ナンバリングやカテゴリなど管理しやすいタイトルを入れましょう。 ステータス ステータスはリッチメニューの表示のオンとオフの切りかえができます。 リッチメニューを複数つくってもユーザーに表示できるのはひとつのメニューだけです。 表示期間 リッチメニューの表示期間を設定できます。 ステータスでオンにするリッチメニューは、表示期間を設定する必要があります。 メニューバーのテキスト メニューバーとは、リッチメニューの下部に設置されるボタンのことです。 デフォルトの状態では「チェック」というテキストになっていますが、好みの内容に変更可能です。 メニューのデフォルト表示 メニューのデフォルト表示を「表示する」と設定しておくと、トーク画面を開いたときにリッチメニューがすでに表示された状態になります。 「表示しない」と設定すると、ユーザーがメニューバーをタップしてからリッチメニューが表示されます。 コンテンツ設定 表示設定を済ませたら、コンテンツ設定に移ります。 コンテンツ設定では、リッチメニューに表示する内容を具体的に決めていきます。 まずは「テンプレートを選択」から好みのテンプレートを選びます。 試しに、「大」の下段、真ん中のテンプレートを選んでみます。 アクション欄が2区画分表示されます。 「タイプ」では、「リンク」「クーポン」「テキスト」「ショップカード」「設定しない」のいずれかをプルダウンメニューから選んでください。 リンク(HPやYouTube、各種SNSなどのリンクに飛ばします)• クーポン(作成したクーポンの表示。 テキスト(指定エリアにテキスト入力します。 ショップカード(LINE公式アカウント専用のポイントカードを作成します。 設定しない(デザインとしてあえて空白にしない場合に使用します。 ) 「背景画像をアップロード」は、任意の画像をアップロードしてリッチメニューの背景に設定できます。 テンプレートのサイズに応じて、あらかじめ画像の準備が必要です。 なお、アップロードできるのは以下のサイズです。 「デザインガイド」を選択すると、リッチメニュー用の画像ガイドがダウンロードできます。 ダウンロードしたデータには、「Compact」(「小」サイズ用)と「Large」(「大」サイズ用)のファイルがあります。 フォルダ内の「Medium」サイズが一般的な端末向けです。 ユーザーの多くはスマートフォンでリッチメニューを開くことが想定されます。 「画像を作成」では、テンプレートにあわせた画像が簡単に作成できるようになりました。 「イメージメーカー」と呼ばれ、 仕上がりをプレビューで確認しながら進めることが可能です。 以上で、リッチメニューの作成は完了です。 リッチメニューには何を表示すればよい? リッチメニューは、最大で6分割のメニューを作ることができます。 どんなメニューを入れるとよいのか? 様々なお店や会社のリッチメニューを調査してみました。 販売している商品や提供しているサービス、お店の戦略によって何を選ぶかは変わってくると思いますが、下記のようなメニューを入れてみてはいかがでしょうか? リッチメニューは常に固定しておきたいリンク先や情報を載せるとよいです。 ホームページにリンクしたり、メニューを押すと自動応答メッセージが表示されて、アクションを促すといったことも可能です。 <お得情報> ・クーポン ・お得情報 ・新商品 ・特集 ・お知らせ ・イベント情報 <申込・質問・相談> ・相談 ・よくあるご質問 ・お問い合わせ ・資料請求 ・申込 ・予約 ・見積もり ・電話をする ・メニュー、料金表 ・マニュアル <採用> ・採用情報 ・スタッフ募集 <SNSやメディア> ・Facebook ・Instagram ・Twitter ・Youtube ・公式サイト ・ブログ <お店情報> ・店舗案内、アクセス ・地図 ・ショップカード ・会員ページ ・会員証 ・お客様登録 お客様情報変更 <検索> ・商品を探す ・物件を探す ・店舗検索 <その他> ・アンケート ・診断 リッチメニューの課題 今回ご紹介したリッチメニューは、視覚的にアピールすることができるので、自然とメッセージを送った友だちの反応率が上げることができます。 友だちに対して、特別なメッセージやプレゼントを送ったり、問い合わせ対応や他のSNSに誘導するなど、色々な使い方ができるのがリッチメニューです。 リッチメニューはこういったことができるのですが、 ただし既存のリッチメニューには課題があります。 それは! 設定すると 「友達登録している方全員に同じリッチメニューが表示される」ということです。 リッチメニューを使っていると、こんなことができたらいいなと思ってきます。 それは、 ・すでにお客さんになっている方には、別のリッチメニューを表示させたい ・新規のお客さんと、既存のお客さんとで表示させるリッチメニューを変更したい ・イベント参加者だけには別のリッチメニューを表示させたい ・LINEで何かアクションをした人だけリッチメニューを表示させたい ・何かアクションが終わった人にはリッチメニューを消したい など、 リッチメニューでもう少し応用ができたらいいなと思いませんか? これができれば、 リッチメニューを使ってもっと売上を上げたり、リピート客を増やしたりすることができます。 それを実現するのが、LステップというLINE公式アカウント(旧:LINE )に連動することができるツールです。 このツールを導入すれば、もっといろいろなリッチメニューの使い方ができ、売り上げや集客アップができますし、LINE登録しているお友達にいろいろな企画を楽しんでもらうことができます。 割引クーポンや、シークレット特典などにも応用ができますし、お客さんのレベルに応じた表示にして、ロイヤルカスタマーを育てることもできます。 こういったリッチメニュー応用が使えるのは、Lステップのスタンダートプランです。 Lステップには、まだまだいろいろな機能があります。 グループ分け配信やアンケートフォーム機能、ステップ配信など。 様々な機能がありますので、LINE公式アカウントを使っている方はぜひチェックしてみてください!.

次の

LINEのリッチメニューやリッチメッセージのpxピクセル画像をパワーポイントで作る方法 » LINE公式アカウント使い方から運用サポート集客・販促活用支援

リッチ メニュー デザイン

おなじみのサービスLINE ですが、1月14日より、LINE公式アカウントへ強制サービス移行が始まりました。 LINE のサービス統合の紹介ページ|LINE for Business LINE公式アカウントでは、今までできなかったことができるようになったり、プランもわかりやすくなり、ビジネスツールとしてさらに頼もしい存在になりましたね! 月額顧問を担当させていただいているお客様などで、無料のプランを今までご利用の方でも、様々な使い方でアプローチできることから、楽しみにお待ちいただいていました。 1月14日からの強制移行のアカウンスを受け、月額顧問のお客様はすべて公式アカウントへ移管完了しました。 「サービス移行後の料金プラン」 LINE のサービス統合の紹介ページ|LINE for Business もくじ• 料金プランの主な変更点• プレミアムIDの初年度料金を値下げ• タイムライン投稿を全てのプランで無制限で利用可能に• これまで有料プランでの利用に限られていた機能を全てのプランで利用可能に• Message API 「Reply API」 「Push API」 を全てのプランで利用可能に• メッセージ配信を配信通数に応じた従量課金制に• リッチメッセージ• リッチメニュー• リッチビデオメッセージ• 動画メッセージ• 音声メッセージ• クーポン機能• チャット(1:1トーク)• アカウントページ• LINEショップカード なかでも私が楽しみに注目していたものが「リッチメニュー」です。 LINEをお使いの方は1度は見たことがあると思います。 トーク画面で主要なメニューに直接飛ぶことが出来て、ところどころに散らばっているサービスやページ、各SNSのまとめにとても便利です。 以前は 月額費用:5,500円(税込)を払う「ベーシックプラン」以上でないと使えなかった機能です。 使わなければもったいないですね! テンプレートの種類は、大7種類・小5種類の計12種類 LINE Official Accountより テンプレートの種類は、大 Large 7種類・小 Compact 5種類の計12種類になっています。 テンプレート png は、 のホーム>リッチメニュー>作成>コンテンツ設定の「デザインガイド」より一式ダウンロードすることが可能です。 ダウンロードファイルの中には、Large、Medium、Smallがあり、それぞれ表示サイズの2倍、3倍のサイズが入っています。 これは何かというと、Retina display対応になります。 リンク URLを指定しリンクする• クーポン• テキスト• ショップカード• 設定しない リッチメニューデザイン集 前置きが長くなりましたが、さて、リッチメニューが何であるか、サイズもそれぞれわかったところで、デザインはどうしよう?となりますよね。 参考にしたいリッチメニューを数種類集めてみました。 そのほかURLリンクや、LINE GIFTと上手に連携しています。 左下の新規登録・ID連携の箇所はマイページへリンクしているようです。 uniqlo. 右下の「MembersCard会員カード」ではポイントカードとLINEアカウントを連携したあとのマイページへ飛びます。 カッチリ分割したタイル状のデザインもいいですが、見せ方としてこれも面白いですね! GU コカ・コーラ SHOPLIST titivate ローソン メッセージ機能は従量課金に。 リッチメニューを効果的に使おう! 今回の移行で、機能は色々使えるようになりましたが、メッセージ配信においては従量課金制になりました。 多くのフォロワーさんを持つ方にとっては、コストが気になるところです。 そのため、常時置いておける「リッチメニュー」や自動応答「応答メッセージ」での会話形式のナビゲートで、効果的に導線を付けつつ、 また、無制限に投稿できるタイムラインを有効に活用することをおすすめしています。 デザイン・運営等のご相談を承っております。 お気軽にご連絡くださいね!.

次の

【決定版】好反応を叩き出す!リッチメニュー活用デザイン&作り方マニュアル

リッチ メニュー デザイン

リッチコンテンツデザインの制作 お請けします! LINEといえば、若年層を中心に爆発的な人気を誇るツールの1つです。 メッセージのやりとりが容易にでき、いまや電話やメールをしのぐインフラの1つとなりつつあります。 基本的には、友人同士がつながってやり取りをするためのものですが、個人と企業・店舗がつながることも可能です。 そのため、利用者の増加に伴い、LINEをマーケティングの1つとして活用する企業やお店も増えてきています。 ソーシャルメディアを利用したマーケティングが必須となっている時代。 そこにおいて、FacebookやTwitterを上回るユーザー数を誇るLINEを利用しない手はありません。 しかしながら、LINEはスマートフォンで利用することを基にしているため、表示できる画像の大きさなどに制限があり、サイズが限られることでパソコンや紙媒体に比べ、表示できる情報も限られてきます。 商品や店舗について、いかに魅力的に、簡潔に、ダイレクトに伝えるか。 ここにLINEを使ったマーケティングの難しさがあります。 それを誰でも簡単に使えるようにしたものが、リッチメッセージとリッチメニューです。 効果的に利用することで、今まで以上の結果につながるハズです。 あれこれと広告費にお金をついやしても、なかなか成果が出ないとお悩みではないですか? 最も身近なメッセージツールとして定着しつつあるLINEを利用して、顧客獲得を目指しましょう! リッチメッセージとは 画像やテキスト情報を1つの吹き出しにまとめ、リンクつきの画像として配信できる機能のことです。 LINE@の有料プラン(ベーシックプラン、プロプラン)をご購入の方のみ利用可能です。 通常でも画像を送ることはできますが、リンクを埋め込むことが出来ないため、別でURLを記載する必要が出てきます。 そうすると、受け取った側はメッセージを読んだ後にそのサイトに行くかどうかを判断してからリンクをタップするという導線になるので、あまり興味のないものや内容が分かりにくかったりすると、スルーされてしまうかもしれません。 その点リッチメッセージは、画像と情報を1つの画面にまとめているため、LINEの画面上で見ると非常にインパクトがあって簡潔でわかりやすく、文章でリンクを送る場合に比べて、お客様の視覚にストレートに訴えることができます。 リッチメッセージのメリット• 直接リンクで飛ばせる• 画像で見せるため訴求力がある• テキストリンクに比べて反応がいい 配信事例 2017年10月スタート! リッチメニューが利用可能に リッチメニューとは LINEのトークルームの下の方に固定された状態で表示されるメニューのことです。 リンクが設定された画像で構成されていて、タップすることで外部のサイトへ誘導することができます。 常にトークルームに表示されているため、非常に視認性に優れているうえに、複数のリンクを設定することができるなど、メリットは盛りだくさん! これまでは、公式アカウントや一部のLINE@のみしか利用できなかった機能ですが、ベーシックプラン以上のLINE@アカウントでも利用できるようになりました。 また、リッチメニューでは画像だけでなく、動画や音声も送信することができます。 動画の再生後にアクションボタンが表示され、そこから目的のページへ移動できます。 画像では伝えることが難しかった臨場感などをダイレクトに伝えることができるため、これまで以上にお客様に魅力を訴えることが可能になります。 リッチメニューのメリット• メニューが固定されることによって、よりクリックしやすくなる• 音声や動画を送ることで、臨場感にあふれた広告を送信することができる リッチメッセージとリッチメニュー。 どちらも積極的に利用していきたいですね! 配信事例 料金プラン リッチメッセージとリッチメニューでは、エリアを分割するテンプレートが異なります。 また、全体的なサイズの違いもあるので、送信内容によってお選び頂けます。 お使いのLINE@アカウントへの設定などもオプションでご用意いたしております。 ご不明なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の