ギャラドス 育成 論。 技範囲を活かすビックリ特殊型ギャラドスさん! ガラルで輝く対戦シリーズ:ギャラドス編【ポケモン剣盾/ソードシールド】

バスラオ(青)育成論 : ギャラドス+シザリガー÷2=バスラオ 〜物理ダイマアタッカー〜|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ギャラドス 育成 論

はじめに 皆さんこんにちは第4世代縛りのむぎです。 突然ですが環境最強の先制技ってなんだと思いますか? 使用数トップ2に刺さるかげうち?環境トップクラスのカビゴンが安全に着地しちゃいますね。 優先度の高い不意打ち?神速?こいつらも無効化出来るポケモンがいます。 そう、 こおりのつぶてです。 今回はそのこおりのつぶてを最高火力で打てるマンムーを使って行きたいと思います。 基本的な用語を省略しています。 ダメージ計算はアプリポケマネを使用しています。 採用理由 環境トップにいるやにタイプ一致弱点の先制技を高火力で打ち、中途半端に耐えているポケモンを掃除する「掃除屋」として採用します。 性格 火力が欲しいので意地っ張り確定です。 努力値 Aぶっぱ、Sは最速抜き、余りをBに振ってようきのアイアンヘッドを最大乱数以外耐えます。 特性 熱い脂肪で、いかくがいやなら鈍感でもいいですがマンムーを倒せる技がふえます。 道具 火力が欲しいのでハチマキ、技をうちわけたいのなら球。 技構成• こおりのつぶて 今回のコンセプトです。 等倍相手でも半分ちかく削る火力を持ちます。 いくらハチマキとはいえワンパンは無理です。 ダメージ計算 H4 ドラパルト 87. じならし 皮の残ってるミミッキュやタスキドリュウズを主に打ちます。 地震と選択ですが、じならしでも十分な火力がでます。 弱保ギルガルドを意識するなら地震です。 ダメージ計算 H4 ミミッキュ 77. ばかぢから 最速バンギラス抜きにした理由です。 これが弱点なら大抵56せます。 弱保ダイマックスも高乱数でワンパンです H252B4 ダイマバンギラス 99. ロックブラスト 今作の飛行タイプは氷が等倍になるポケモンがいるので岩技採用。 その他つららばりやアイアンヘッドなどと選択。 B4 ギャラドス 34. その他の技候補 主にロックブラストの枠を変えます。 つらら落とし タイプ一致高火力ハチマキのつらら落としはハンパねぇ わんぱく HB252 カバルドン 72. 8〜112. つららばり つらら落としと選択。 命中安定ならこっち。 H4ダイマ ドラパルト 27. 3〜32. じしん じならしと選択。 こいつより遅いポケモンに つまり最速以下 H252B4 ギルガルド 125. アイアンヘッド フェアリーへの打点。 最後に ここまでご閲覧ありがとうございます。 何か質問や指摘がありましたら 暖かくご指摘をお願いします。 もう一度言います。 暖かくです。 豆腐メンタルなので。 130族鉢巻の火力でこおりのつぶてを打たれたらたまったもんじゃありませんね。 せっかく鉢巻きを持たせるならつららおとしの採用はどうでしょうか?マンムーは一応見た目からはわからないS 80族なので使う場面も多いのではないでしょうか?また、フェアリーを狩れるアイへなどまだまだ技候補はありそうですね。 つらら落としももちろんありです!その他のわざを候補として追記しておきますね。 バレパンも確かにトップに刺さる先制技ですね。 今後カプ族やランドロス、ガブリアスが復活してくると考えればバレパンやつぶての採用価値はグングン上がっていきますね。 はやくアプデが待ち遠しいです。 マンムーの新たな可能性に期待してます。 星5下さい。 願望 ういろ検定1級様 コメントありがとうございます。 ステロ撒きは組み合わせたいですね、相性補完的にナットレイなどがいいでしょうか。 またそれに合わせるエースとしてギャラドスやリザードンをオススメします。 格闘が一環しないように リザードンやギャラドスはナットレイと相性補完が良く、この三体ならばゴースト、悪、飛行いがい誰かで半減以下で受けれますので。 飛行はマンムーで56せます。 参考になれば嬉しいです。 マンムー使いたかったけどタスキはルカリオに持たせてるしなあ…と思っていたのでありがたく参考にさせていただきます。 シンオウパ使ってて微妙に火力が足りないポケモンが多かったので掃除役としてのマンムーは使ってみたいと思える内容でした。 マニューラの育成論の方も育成論も面白い内容でよかったと思います。 マニューラとこのマンムーは実践でもかなり強かったので使えると思います! ゴンベも割と使えたんですけどめっちゃ低評価 第4世代の育成論結構難しいんですよね……。 キッスやロトムはめぼしい型出ちゃってますし、 風船ルカリオとかも考えたんですけど結局タスキでいいですし。 マイナー系はほぼ弱いです。 先制技で乱1は流石にやばいww弱点とはいえあまりの高火力にこの育成論を読んだ時はビビりましたよ。 ところで、技候補に こらえるはどうでしょう? 先制技を持っているから、1度堪えて返しのこおりのつぶてで倒すみたいな……実際の用途としては、トリルなり天候、フィールド等のターン稼ぎになることが多いと思いますが、どうでしょう? ご返答お願いします。 心内評価5!ありがとうございます! ドラグナー様 コメントありがとうございます。 こらえる採用ということはチイラの実採用でしょうか。 万が一のダイウォールや技の内訳が出来つつ同じ火力になるのはいいですね。 ただ問題点としてこのマンムーより速い先制技もちに弱くなり、また技範囲が狭まる点は「掃除屋」としての役割が弱くなるので本論での採用は見送らせていただきます。 ただ考え方自体は素晴らしいと思うのでパーティと相談して技構成を決めて頂ければ幸いです。

次の

【育成論】自信過剰きのみ持ちギャラドス【ポケモン剣盾】

ギャラドス 育成 論

物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 主力技。 命中が不安定のため、たきのぼりの方が無難か。 メガシンカするなら主力技として使える。 水技と相性が良い。 素早さに振ってないならこちらを優先。 第4世代わざマシン限定。 かたやぶりで浮遊を無効にできるため、相性が良い。 特に水ロトムに当たるのは嬉しい。 ファイアローやリザードンキラーになれる。 タイプ一致でかつ草対策として使える。 草タイプには飛び上がるのを見て逃げられるが、交代をさせられる。 ドラゴン対策。 また、等倍でもたきのぼりやかみくだくと同じ威力。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 特殊型の主力技。 なみのりでは威力が低すぎる。 ガブリアスに接触したくないなら。 ナットレイ、メガハッサム対策。 エアームドは無振り下降補正だと3発かかるため無理。 変化技 タイプ 命中 備考 是非ともほしい積み技。 耐久が高いので、積む暇はけっこうある。 耐久、害悪ポケモン対策として優秀。 耐久型として使うときの妨害技として。 交代読みや、おにび透かしに 唯一の回復技。 耐久型対策。 死に際に使い、ゴツゴツメットの接触回数を増やす。 メガシンカすることで、耐久が大きく上がるためほぼ確実に積める。 積んだ後はひたすら攻撃しよう。 技のバリエーションはかなり豊富なため、攻撃技で困ることはない。 カバルドンやクレセリアはそれぞれ「たきのぼり」・「かみくだく」が抜群なため困らないが、ポリゴン2やエアームドは厳しい。 「ちょうはつ」があるとかなり楽になる。 メガシンカ後はタイプ相性がかなり変わるため、メガシンカをしないという考えを対戦中も常に頭に入れておこう。 特に、草・格闘タイプと戦う時はメガシンカしないほうが良い。 サポート型 特性:いかく 性格:ずぶとい 努力値:H252・B244・ADS4 持ち物:ゴツゴツメットorたべのこし 技 技1:でんじは 技2:ちょうはつ 技3:こおりのキバ 技4:たきのぼり 相性の良いポケモン 、、 「いかく」・「でんじは」を巻き、鈍足アタッカーのサポートをする型。 主にメガクチートのサポートとして使用する。 「でんじは」が効かない地面タイプには水や氷技で対応できる。 「ちょうはつ」もあるため積みの起点にされずらい。 また、「とびはねる」でターンを稼いでる間に「うずしお」のダメージも入るため非常に相性が良い。 さらに「ちょうはつ」をすることで、飛んでいる間に積まれるのを阻止することができる。 「うずしお」は固定ダメージなため、攻撃ではなく耐久に振ってもよい動きをする。

次の

【育成論】自信過剰きのみ持ちギャラドス【ポケモン剣盾】

ギャラドス 育成 論

「かたやぶり」による一部ストッパーの貫通 💦 特性「かたやぶり」により、「化けの皮()、天然(ヌオー)、呼び水()、ふゆう(水)、頑丈()」などを無視して攻撃することができる。 特に、積みアタッカーが軒並み苦汁をなめることになる の化けの皮を貫通できる点は他の積みアタッカーにはない強み。 龍舞しても、マンダの舞なしすてみに遠く及ばない火力しかでないという悲惨さ。 最速にしても準速100族ラインに及ばず、スカーフアタッカーに対して軒並み上を取られる。 上で挙げた2つの側面から、は積みアタッカーとしては 抜き性能がそれほど高くないが、利点で挙げた高い行動保障で 広い範囲に積みを遂行できる点が魅力のである。 「タイプ一致Z」による高火力の押し付け• 誘って倒せるのでeasywin要素が強く、かつ「タイプ一致Z」による高火力も保障されているので、対面性能が高く幅広い範囲に仕事ができる。 130族あたりを抜きたいのであれば陽気。 @1は低速耐久を潰せる挑発やみがわりが多い。 以下、調整案。 サイクル参加をさせやすく、サイクルと抜きエースの両立ができる。 また、混乱実による回復で殴り合いにも強く、レのような遂行の遅く再生手段のない耐久には殴り勝てる。 クッションメインの用途であれば、腕白。 @1は、木の実を能動的に発動できるみがわりが多め。 腕白の場合は、電磁波や毒採用が多い。 クッション性能を重視するのであれば、腕白HB。 以下、調整案。 が苦手な炎地面勢にはギャラの後出しが効く。 カバギャラの並びは水が辛いので、水に強いを一緒に採用したい。 ナットで削りつつ、ステロを撒きギャラの一貫を狙う動きもできる。

次の