田舎押領使一家。 尼子騒兵衛 (あまこそうべえ)とは【ピクシブ百科事典】

兵庫文学館

田舎押領使一家

概要 [編集 ] 伊豆工藤氏はその名の通りを本拠にしていたが、奥州工藤氏の祖とされている工藤景任はに移り住み、同国を本拠としており、に臣従した玄孫の工藤景光も当初はのと行動している。 源頼朝による5年()のの際、工藤景光・父子は一家を挙げて従軍しそれぞれ軍功をたて、同文治5年(1189年)9月12日に工藤行光に対してに所領を給されその地に代官を置いた。 また、工藤景光の長男・行光を祖とする鎌倉 厨川工藤氏の末裔と称する諸士が岩手郡に広がり、戦国期まで各地に 蟠踞 ( ばんきょ )していた。 伊豆工藤氏の子孫は全国に展開し、の長子・は伊豆を出て奥州に下向、祐時の次男・祐先は三戸の名久井館に居住し、 葛巻工藤氏の祖となったともあり [ 要出典]、 その子孫と伝えられる 八戸工藤氏は [ 要出典]、に北条氏被官として、のやへに任じられた。 工藤氏は鎌倉幕府滅亡に際しては、幕府側と朝廷方に一族が分裂して多くは幕府方に付いて衰退したが、八戸郷の工藤孫四郎・孫次郎経光のようにいったん朝廷方につきながら日和見をしたために所領を没収された者もいる。 には岩手郡の工藤光家も元年()にに反旗を翻し、南部信長に討たれている。 そうした中で、の朝廷方としての活躍は目覚ましく、その勲功の賞として・・・などの所領を得て、これらは女加伊寺(南部信政妻)を通じて後に南部氏に伝領された。 系図 [編集 ]? また行光の弟・三郎資光も岩手郡に住み、その子孫がに分住したとあり、以降に従って三戸郡坂牛村に住し坂牛氏の祖となった。 (『奥南落穂集』) 南北朝の争乱の際に方につき、に討たれて地頭職を停止され、近郊10か村を領知するに至り厨川氏を称した。 、厨川(栗谷川)氏は南北朝期以後も有力氏族との婚姻を重ね、最終的には南部家の家臣に組み込まれていった。 まで領していた北上川西岸のが居館であったが、20年 「」にされた。 系図 [編集 ] この節には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年5月)• 今野慶信、「藤原南家武智麿四男乙麻呂流鎌倉御家人の系図」、; ; 編 『中世武家系図の史料論』上巻 高志書院、2007年。 978-4-86215-029-5。 岩手県編纂『岩手県史』第2巻 中世篇 上 、杜陵印刷、1961年3月25日。 岩手県編纂『岩手県史』第3巻 中世篇 下 、杜陵印刷、1961年10月20日。 、 『姓氏家系大辞典』第2巻、、監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2194-2195頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典』3 岩手県、、1985年3月8日。 4-04-001030-2。 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会『岩手県姓氏歴史人物大辞典』第3巻、〈角川日本姓氏歴史人物大辞典〉、1998年5月18日。 4-04-002030-8。 浪岡町史編集委員会編 『浪岡町史』第1巻 、2000年3月15日。 松岡孝一『青森県百科事典』、1981年3月1日。 4885610001。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

長門岡部家の歴史

田舎押領使一家

長門岡部家の歴史 長門岡部家の歴史 長門岡部家は山口県にある800年近く続く武家の旧家です。 当家は武蔵から長門に下向した一族の直系の子孫です。 そんな当家の歴史をご紹介いたします。 この文書は複数の資料を確かめてほぼ間違いないと思われるものを掲載した。 そのため古文書などを直接見たわけではないことをお断りしておく。 写真はネットに上がっているものではなく全て筆者が現地に行って撮影したものである。 (写真をクリックすると大きな写真が表示されます) 岡部姓を名乗る武家の流れは五つほどあると言われているが当家の発祥の地は武蔵国榛沢郡岡部村(現埼玉県深谷市岡部)である。 岡部家は小野氏の家系であり猪俣忠綱が平安時代後期、最初にこの地に領地を構えて後に岡部姓を名乗ったことに始まる。 なぜ武蔵国発祥なのかというと地方貴族であった上州小野氏が武蔵国児玉郡猪俣に居を最初に構えそこから分家して榛沢郡岡部に移住したことが理由である。 小野氏は歴史の教科書で知られる遣隋使節の小野妹子の系統で、文化人として有名な小野篁の孫は百人一首にも出てくる女流歌人小野小町と伝えられている。 小野氏を遡ると直系の天皇の先祖としては第五代天皇孝昭天皇(紀元前506~前413?)まで行き着く。 孝昭天皇は古事記や日本書紀に記される伝説の人物である。 武士は9世紀ごろに登場したと言われているが、律令体制が破綻したが藤原氏の専制政治により小野氏のような貴族は生活が成り立たなくなった。 そこで地方豪族となり、特に関東では治安が悪いため武士化した。 平安末期には出自を同じにする武家同士が互いを区別するため領地名にちなんだ姓を名乗るようになる。 つまりその地名を名乗ることで領主権を主張していた。 なお藤原氏でもポストが限られたため都に戻っても良い職にありつけるという保証はなかった。 良い例が駿河国岡部村の岡部氏がそうである。 武官と武士の違いとは何かというと、武官は「官人として武装しており、律令官制の中で訓練を受けた常勤の公務員的存在」であるのに対して、武士は「10世紀頃に成立した新式の武芸を家芸とし、武装を朝廷や国衙から公認された『下級貴族』、『下級官人』、『有力者の家人』からなる人々」であって、律令官制の訓練機構で律令制式の武芸を身につけた者ではなかった。 小野氏は明らかに武官の家系であり、源氏と平氏は武士である。 実際小野永見は征夷副将軍であり、小野春風などは武官としていくつかの乱を平定している。 武官も武士も同じ武人である。 武人としての歴史は小野氏のほうが源氏や平氏より長いのである。 (但し武士の成り立ちについては諸説あることをお断りする) 関東は武士団発祥の地である。 源氏・平氏ともに皇族の子孫だが、中央での活躍の場はなく、受領(ずりょう-国司として赴任する)などの官位をもって東国(坂東)に下向し、私墾田を開発し徐々に実力を蓄積していった。 平安後期に平将門の乱が起こり、将門は同じ武士団の藤原秀郷や同族の平貞盛の連合軍に敗れた。 これにより、武士の地位は向上し、秀郷・貞盛をはじめとした平氏一門が関東に根付いた。 源氏も八幡太郎義家以後、着々と東国に地盤を築いていった。 結果、関東地方には坂東八平氏、関東八家、武蔵七党らの有力武士団がひしめき、源頼朝をもりたてて鎌倉幕府の創設に尽力した。 こうして坂東武士は主力氏族に浮上したこれら諸氏は日本全国に所領を得て、現地に庶流を赴任させた。 岡部家が属する猪俣党は武蔵七党に含まれ、長門岡部家もそうした庶流の一つであった。 なお当家では火災などで家伝が失われたため最近まで駿河国岡部村の岡部氏の子孫であるという言い伝えが信じられていたが、それは筆者が調べた範囲では間違いであるように思われる。 確かに駿河国の岡部氏は後に和泉国岸和田藩主となったが、家紋を見れば明らかで武蔵国の岡部家では丸に跳ね十文字や十萬、万字などが使われており、駿河国藤原流岡部氏の左三巴紋とは全く異なる。 十万または十萬という家紋は小野流猪俣氏及び猪俣党固有のものである。 戦国時代、讃岐国や近江国などの国守となっているので長門岡部家は相当の地位を持っていたが、鎌倉時代より左(右)衛門尉の官職を代々受け継いでいたようである。 また隆景などは従五位下の官位を持っていた。 従五位下は中小武家としてはかなり高い官位である。 ただしその当時官位は朝廷に寄付をすれば得ることができたという説もあり、事実岡部家君主の大内義隆は朝廷の権威に傾倒するあまりに多大な寄付をすることでより高い地位を得ようとし、一度は天皇の許可を得てすぐ後に取り消されている。 更に熱心な働きかけや金を積んだか定かではないが、その後義隆は従二位という高い官位を得ることに成功しており、北条氏の執権でさえ従四位であったことと比較し大変異例のことであったと言われている。 朝廷は武家が台頭してから力が衰えていたので武家から金をもらっていたことは間違いないようだが、安易に官位を安売りしなかったという説の方が有力である。 官位というのは天皇が直接叙位するという大きな権威であって、もらいたいと思っても簡単にもらえるものではないのである。 特に昔は出自が重んじられた。 岡部家の場合は小野氏の末裔だから官位を拝命するのに十分な資格があった。 左衛門尉(さえもんのじょう、または、うえもんのじょう)とは平安時代、都にあった左右衛門府に詰めて天皇の警護をする武官のことで貴族で構成されたエリート集団であった。 鎌倉時代以降に左右衛門府が形骸化した後も、武家によく付けられた官職で基本的には従六位の官位を持つ。 左衛門尉が従五位に叙されると左衛門大夫と呼ばれる。 次に示す系図だが諸説あることをお断りする。 ・一般に猪俣党は小野孝泰-小野時資-猪俣時範となっているが筆者独自の調査により上州小野氏出自とした ・忠澄の字は六弥太と書いてある資料が散見されるが、小野氏系図に倣って六野太と表記する ・景澄は景経と記載している系図もあり ・景澄は忠澄の子と記載している系図もあり。 筆者は年代的に考えて、景澄は忠澄の孫と判断した。 ・昔は基本的に長男には名前に景をつけるようになっていて必ずしも全員に景はついていない(現在は男子全員に付ける)。 男子が生まれなかったなどの理由で景のついていない者が養子となり家督を相続する場合があったようだ。 ・位牌に記載されている者が系図にない場合がある。 ・現当主は筆者の叔父である ・隆景と景久が同年代の人物と判断し、景繁は武景の弟とした 奈良県御所市三室にある伝、孝昭天皇陵。 鳥居はかなり最近に建てられたようだ。 大阪府南河内郡太子町山田地区にある小野妹子陵。 このような古墳に近年石垣を作って稜墓として祀られている。 ここは太子町という地名の通り聖徳太子陵のあるところでほかに天皇陵も多数ある。 妹子以外にもっと大陸の事情に詳しい者がいたそうで、妹子はそういった人を押しのけて聖徳太子に重用されたと言われている。 そのため聖徳太子に取り入ったと言う人もいるが、実力のある者を登用するため冠位制度を作った聖徳太子が実力のない者を重用するはずがない。 妹子は冠位十二階のうち最も高位の大徳冠の冠位を授けられている。 妹子が敏達天皇の孫であるという系図が多く出ているが間違いとされている。 妹子の妹が敏達天皇の夫人となっている系図の方が正しいとされている。 陵の中にこのような慰霊塔が立っている。 ・ 東京都町田市小野路町にある町田小野神社の沿革書きには972年頃小野篁七代の孫小野孝泰が武蔵国司として赴任し祭神を小野篁としてこの神社を建設したと書いてある。 ・ 町田市史に町田小野神社に関する以下の記述あり。 式内小野明神を当地に勧請したのもそのためだろう。 式内小野明神は多摩市一宮にある武蔵一宮と称した小野神社と思われる。 小野明神は有力豪族の氏神であったと思われ、「名勝図会」に小野路の小野神社は武蔵野守小野孝泰が先祖の霊をここに祀ったもので、その後小野氏の子孫横山党の人々により当社の祀奠が行われたが、建保・建歴の乱(1210年代)で横山党が大半断絶し当社も衰えた。 ・町田風土記に以下の記述あり 小野路の神社:元慶8年(884)創建の小野神社には、熊野 2 ・日吉 3 ・菅原・諏訪・八幡浅間・子ノ神・稲荷 3 の13社が明治年間に合祀されている。 ・町田小野神社は神仏分離に際して祭神を天下春命として神奈川県に提出したが、明治40年東京都知事に誤謬だとして小野篁に訂正願いを出している。 ・町田小野神社に伝わっている話として、能「横山」(観阿弥あるいは世阿弥の作とされる)のシテである鎌倉幕府の御家人は、最終的に小野路の地を所領として与えられる、という話がある。 横山というのは横山党と何か関係があるのか? ・東京都八王子市横山町にある八幡八雲神社の沿革書きには武蔵守小野考泰が延長二年(924年)に建設した神社で天慶三年(940)小野義孝が武蔵権守に任ぜられて任期が満ちてからこの地に居住し姓を横山に改め当地を開拓し横山と呼んだ、これが八王子の始まりである、と書かれている。 ・東京都多摩市に小野神社がある。 創建時期や誰が作ったかは不明。 この神社のある場所を昔は一宮と言い、一宮から府中にかけて小野郷と言った。 東京都府中市にも小野神社があり、この神社は多摩川の水害のため多摩小野神社から分祀した神社と言われている。 祭神は天押帯日子命である。 天押帯日子命は古事記に記載の孝昭天皇の皇子である。 近江の小野神社(恐らく妹子が建設した神社)の祭神は日本書紀に記された孝昭天皇の皇子で天足彦国押人命となっている。 ・小野考泰は小野氏の系図に出てくること以外文献に登場しない。 ・延喜18年(918)時点での武蔵守は高向(小野)利春。 ・高向利春は元は小野氏の出身で高向氏へ養子に出た人物と言われている。 ・延喜19年(919)、前権介の源仕(みなもとの つこう)が官物の横領・国府の襲撃を働き、高向利春を攻めようとした(扶桑略記)。 その後、武蔵国では暫く国守が着任せず、中央から興世王が天慶元年(938)権守に着任している。 その説が本当なら小野考泰は国守に赴任していないことになる。 ・承平元年(931)11月7日付け太政官符にて、小野牧を勅使牧(朝廷御用達牧場)にして小野諸興を別当武蔵権介にし、毎年40頭の貢馬をさせることにした(政事要略)。 小野牧は全国でも屈指の牧場で1000頭もの馬を持っていたと考えられており、朝廷に献上する馬以外に武家にも馬を卸していたはずで、大変な資金力を持っていたはずである。 武蔵国の勅使牧の現地責任者のみ別当と称している。 武蔵国が非常に重要な馬の産地として位置づけられていた。 ・大日本史(徳川光圀著)の国郡司表に武蔵権介として天慶二年(939)小野諸興の名前が見える。 その次の武蔵介は天元三年(980)藤原正忠。 武蔵守は藤原利仁が延喜?年、藤原善方が承平六年(937)、藤原斯生が武蔵守を安和2年(969)に任命されている。 その次の武蔵守は菅原幹正の正歴四年(994)。 国司の任期は四年であるからこの国郡司表は任命されている国司すべてを網羅しているわけではない。 ・大日本史の国郡司表には小野氏の系図には載っていない小野某の名前を散見される。 ・承平・天慶の乱の後、天慶3年(940)に乱の平定の功により藤原秀郷が武蔵守となっている。 藤原秀郷は下野国守兼横領使でもあった。 藤原秀郷はその時点でかなりの高齢であったとされている。 ・平将門の起こした承平・天慶の乱(938頃)に際して小野諸興が武蔵権介兼横領使(警察官僚)に任命されている。 ・小野諸興は武蔵権介になる前は散位(官職がなく官位のみ持つ)であった。 官位は不明。 ・小野牧は小野諸興が開発したと言われている。 ・小野牧は多摩郡のどこかにあったと言われている。 ・小野牧は当初、陽成天皇(貞観10年(869)- 天暦3年(949))の私牧であった。 ・小野牧の別当は小野考泰という説もある。 ・小野義考は小野諸興の子である説と小野考泰の子である説、両方ある。 ・小野諸興の弟永興が駒牽の儀という朝廷の儀式に出ている記録がある ・小野諸興は土着の豪族であるという説と、都から来た小野妹子の子孫の説両方ある。 ・小野考泰が972年に武蔵国司として赴任しているならば小野諸興の生きていた時代と合わない。 ・国司の職はめまぐるしく変わっており任期が一年の場合も少なくない。 ・9世紀以降の武蔵国は各郡ごとに検非違使が置かれるほどに治安が乱れていた。 9世紀以前も群盗が群れており武蔵が武士発祥の地である理由になっている。 ・小野義考も小野牧の別当になっている。 ・小野義考=小野諸興という説がある。 ・小野孝泰は小野諸興の子という説がある。 ・小野時資の時代に既に猪俣野兵を名乗り児玉郡猪俣に住んだという説がある。 ・小野義考の子、横山資考も1008年小野牧の別当に任ぜられている。 ・鎌倉時代、横山党の武家の収入源は牧場であった。 ・武蔵七党の系図は室町時代ごろに作られたと言われている。 ・埼玉苗字辞典(茂木和平著)は岡部氏や猪俣氏について以下のような説を唱えている。 小野姓安保氏、上野国緑野郡小野郷中村(藤岡市大字中)の出身である小野氏一族は出稼衆(戦を生業とする集団)なり。 武蔵国に移住して、安保郷に小野姓安保氏を興し、猪俣村に小野姓猪俣氏を興す。 また、児玉党及び成田氏等の名跡を継承す。 猪俣党を小野姓横山党の分家としたのは誤りで、上野国の小野姓が正しい。 阿保山真光寺縁起(賀美郡大御堂村吉祥院所蔵)に「小野篁之御末、上野国小野里に御在居、小野吉真卿(安保実光?)之孫氏旭公・武勇之徳之在り武家に御下り当国は申及ばず、近国之御地頭迄成り為し被り、阿保郷に御在居之時、真光寺を御祈願所に遊ばせ被り候、七堂伽藍御建立成し被る。 是時より御家名を阿保と御改め成り被候。 鐘も三つ御掛け、則鐘之銘に武蔵国賀美郡阿保山真光寺吉祥院大檀那小野氏旭・嘉禄元年 1225 五月と之有り候、是より阿保氏御子孫数多に成せ被候。 猪俣小平六・渋屋金王・勅使川原丹七・長浜六郎・皆是丹氏也」小野篁後裔説は附会(ふかい-こじつけること)にて、上野国小野郷出身者が猪俣党の祖となった伝承があったのであろう。 岡部氏の本名 猪俣党岡部氏は在名にて、苗字にあらず。 榛沢郡岡部村周辺に岡部氏は現存無し。 足立郡岡部氏の本名は中田氏なり。 清重の子では無く、後裔のことである。 白石氏族小菅氏系図に「白石播磨守宗清(那賀郡白石城居、天正十一年卒)」とあり。 白石村(美里町)に白石氏五戸現存す。 当所伝承に岡部六郎行忠は白石村白石氏出身説があったのであろう。 また、榛沢郡岡部村の岡部氏は本名滝沢氏なり。 古老の伝に、滝沢氏は比企郡小川町方面より、岡部六弥太忠澄妻となった畠山重忠妹の付き人として来住したと云う。 比企郡上古寺村(小川町)に古代以来連綿と鍛冶を職とする滝沢氏一族あり。 同村に畠山重忠の一族と称す鍛冶師小久保氏が存す。 忠澄夫人の畠山氏妹とは小久保氏の娘であり、忠澄は岡部村へ来住した鍛冶師統領滝沢氏が本名なり。 矢島村明暦二年検地帳に「分附主・岡戸五右衛門」が第一位の大地主として記載されている。 分附地主は中世土豪の末裔で、矢島村の領主であった鍛冶師岡部五右衛門である。 他に分附主の名は見えず。 岡部村の現当主滝沢弥平家は代々五右衛門を襲名し、澄の字を通字としている。 同家の旧屋敷は十七国道の南側に広大な屋敷があったが、江戸中期頃に没落して岡部藩に仕へ、現在地へ移転す。 滝沢、小久保、秩父、畠山条参照。 家紋は九曜を使う。 また、上岡部村の旧家柿沢氏も岡部氏の末裔と伝え、本名であった。 西国の岡部氏 武蔵武士(渡辺世祐・八代国治著)に「忠澄の子三郎広澄、五郎兵衛景澄、忠季三子あり。 広澄は頼朝の命により大友左近将監能直に従い豊後に赴く。 これ九州に於ける岡部氏の祖なり。 景澄は承久二年に長門美祢郡岩永を領し、世々長門の豪族となり、其後、実景、景定、定澄等連綿相嗣ぎ大内氏に従いしが、後に毛利氏に仕えぬ」とあり。 岡部氏は大分県宇佐郡安心院町十二戸、西国東郡真玉町十三戸、東国東郡国東町十四戸、速見郡日出町十一戸、南海部郡鶴見町十三戸存す。 当地方発祥の氏にて、武蔵岡部氏は無関係であろう。 ・阿保山真光寺の表の沿革書きには治承四年 1180 安保刑部丞実光が再興、嘉禄三年 1227 上州小野氏が洪鐘三箇を寄進と書いてある。 ・安保実光は承久三年 1221 宇治橋の合戦で討死している。 ・加沢記(加沢平次左衛門著)に上州小野氏が小野妹子の末裔であることを示す次のような記述がある。 由良氏は、新田源氏の血を引く正統な末裔である。 将軍・尊氏は新田義貞を越前で討ち取った後、義貞の子らを執拗に追討した。 子たちは逃げ切ることができず、将軍義詮の時代に討ち取られてしまった。 ところで、義貞の子・義興には子どもが一人いたのだが、越後に捨て置かれたままで、結局は出家して僧になったという。 敏達天皇の末裔(小野妹子末裔)に、上州小野で地頭をしている小野某という者がいた。 応永(1394年)の頃、かの出家僧が托鉢の旅に出て、上州・小野家を訪れた。 この僧を、小野家でやっかいになっている者が見て驚いた。 この者は以前、越後で僧が出家する前に付き従っていたのだが、僧を見るなり号泣。 「越後で付き従っていた若様にそっくりだ。 戦乱の世だからといって、このような姿になるとは考えられないが…と話をよくよく聞いてみると、かの僧は真実を語り始めた。 この事実を当主の小野氏に伝えると、小野氏は僧を手厚くもてなし、僧をやめさせ、小野氏を継がせることになった。 家は栄え、もともとの新田姓に戻ろうとしたのだが、いまは足利氏の天下なので、ほとぼりが冷めてからとしばらく小野氏を名乗っていた。 同じ頃、上州の岩松源氏がいたのだが、こちらは昔の姓である新田氏に戻り、新田武蔵守と名乗るようになっていた。 それならばと小野氏も岩松氏に習い、鎌倉の将軍に自らの由緒を申し立て、本来の新田氏を名乗りたいと願い出た。 しかし、それは叶わなかった。 それで由良氏を名乗ることにした。 天正の頃まで、由良新六郎新田金山の居城に住まい、弟の新五郎は館林の城に住まわっていた。 小田原殿 鎌倉の将軍か も、由良兄弟には気を配るようになっていた。 ・新田義興の子は不明ということになっている。 ・由良氏は猪俣党の一派と言われている。 新田貞氏が養子に入ったとする伝承がある。 享徳三年(1455)の「享徳の乱」で活躍した横瀬国繁は小野国繁を名乗り、連歌集の作者として「当家代々小野篁十有九代の後胤、横瀬信濃守国繁」とみえている。 室町期までは小野姓を称し、源姓新田氏を称するようになったのは戦国時代以後のことであった。 ・安保氏は宣化天皇の後裔を語っており、小野氏の名前は出ていない。 ・町田小野神社が由緒書きで言っている小野孝泰が天禄年間に創建したという説は誤りか後年にでっち上げられた可能性がある。 ・小野義考が武蔵権守と言っている時点で八幡八雲神社が言っていることはおかしいと考えるのが自然である。 ・940年藤原秀郷が武蔵守となっている説はかなり正しく小野義考が940年に武蔵権守になっているとする八幡八雲神社の言っていることは誤りである可能性が高い。 また、小野考泰が924年武蔵守という説もそのとき武蔵国は乱れていたので誤りの可能性が大きい。 ・多摩市の小野神社の成り立ちから考えて少なくとも小野考泰が武蔵に来る前から多摩郡に小野姓の豪族がいた可能性が高い。 ・小野牧のような大規模な牧場を都からやってきた一役人がいきなり建設できるとは考えにくく、またその管理も馬の飼育の深い知識と経験がないと難しいと考えられ、また地元の地形に詳しくないとできない。 小野牧を建設したのは小野諸興(またはその一族)で、諸興は小野考泰より前から武蔵国にいた豪族と考えられる。 小野諸興が別当になっている記録がはっきり残っているので小野牧の別当が小野考泰という説は正しくない。 ・小野諸興の一族が朝廷の儀式に出ているところを見るとそれなりの家柄でないと呼ばれないと考える。 ・陽成天皇が私牧とはいえ大事な牧場の運営を血筋の知れない者に任せることは考えにくい。 ・通常押領使は武力を有した在地の有力者が任命される。 つまり父や祖父の代からの力が必要であると思われるため少なくとも小野諸興は小野考泰より前から武蔵国にいたと考えられる。 ・小野諸興は官位を持っており、小野神社の祭神も近江の小野神社と一致しているので小野妹子の子孫の説が濃厚である。 ・高向(小野)利春も小野諸興の一族の可能性がある。 ・小野義考は八王子市横山町に居住し横山姓を名乗ったことを考えると八幡八雲神社が八王子市横山町にあることから義考に関係した神社である可能性が高い。 小野考泰が国府に関係のない八王子市横山町に神社を建設したというのは可能性が低い。 ・小野義考はその豊富な資金力で横山党の武家を名乗り八幡八雲神社を建設した可能性のほうが高い。 また馬に精通し馬術に長けていたため武家になったとも考えられる。 ・小野牧は東京都八王子市に近い場所にあった可能性が高い。 そうすると小野諸興は八王子市または多摩市近辺に住んでいた可能性が高い。 ・小野義考が八王子市横山に住んでおり小野諸興も八王子市に住んでいて、小野考泰が972年に武蔵国司になったとすれば、小野義考は小野考泰の子というのは考えにくく、義考は諸興の子の方が可能性が高い。 そうすると義考が小野牧の別当の職を受け継いだことも理解しやすい。 ・猪俣時資が横山義孝の弟であれば牧場を経営するはずである。 なぜ国府から遠く離れた武蔵の辺境の猪俣に住んだ理由が希薄である。 猪俣時資も小野氏の系図にしか出てこない謎の人物である。 また時資は武蔵介という系図が見られるがそれを根拠とする資料が見当たらない。 ・小野義考=小野諸興という説は可能性がなくはない。 ・横山党と猪俣党の武将のどちらも源氏側についているが平家物語に一緒に行動している記述は見られないことから同族ではなかった(あるいは近い親戚ではなかった)のが真相ではないか?例えば猪俣小平六範綱は親戚の人見四郎や岡部六野太忠澄らと一緒に行動している記述がある。 ・猪俣時範が野五郎、横山資考が野別當といった字を名乗っていること考えると猪俣党と横山党との関連性がある。 ・横山党の武家の家紋に卍が使われており、萬または万の字を使う岡部家との関連性がある。 ・岡部を名乗る武家の五家の中で小野氏と関連のありそうな武家は武州岡部氏のみである。 当家の16世紀の当主は本名が小野であると言っているが、小野氏のような必ずしも上級でない貴族の名前を語ってもあまり利益にならないので仮冒の可能性が低い。 仮冒するなら阿保氏のように天皇後裔を称したりする方が利益になるであろう。 ・写真は神奈川にある猪狩氏の家紋であるが遠く離れた西国の当家の家紋とそっくりである。 これは偶然の一致ではありえない。 埼玉苗字辞典では猪狩氏のことを触れていないが、武家としての猪狩氏の資料は筆者が調べた範囲では存在せず、続家紋でたどるあなたの家系という書籍には猪狩氏は武蔵国出身の春日氏小野姓(小野妹子後裔)であると書いてある。 筆者は猪俣氏が後世に改名して猪狩になったと推測する。 現在猪俣を名乗る家は十万の家紋を使っていないので武蔵七党の猪俣氏とは赤の他人であろう。 埼玉名字辞典によれば西国武家の当家は武州岡部氏とは関係ないであろう、とのことであるが、当家が猪俣氏と同じ家紋を使っていることから少なくとも当家は猪俣氏の分家である可能性が高い。 また、当家の祖の景澄は六野太忠澄の子(あるいは孫)と言われておりそれは正しい可能性が高い。 それと同時に六野太忠澄の本名が滝沢というのは正しくなく、小野が正しい。 猪俣小平六も同列である。 長州に岡部という地名の土地はなく当家が岡部を名乗るのは当家が別の土地から移住してきたからである可能性が高い。 家紋でたどるあなたの家系という書籍によれば岡部家の定紋は丸に十文字、十万、万字、替え紋が九曜と書かれている。 猪俣氏から継承したからであろう。 丸に十文字は鎌倉幕府ができたときに頼朝から授けられたものである。 だから岡部家は基本的に猪俣氏からの分家なので本当の岡部家のオリジナルの家紋は当家のものである可能性が高い。 出稼ぎ衆は赤の他人の集まりであるから同族意識や家の概念はないため家紋を持とうとはしないはずである。 一方平安末期の武士の多くは家紋を持っていなかったが猪俣氏と岡部家は持っていた。 貴族は家紋を持つ習慣がすでにあり、猪俣氏は貴族の後裔である可能性が高く真光寺縁起に書いてあることは正しい可能性が高い。 これは筆者の推測に過ぎないが最後に残った岡部家の者が移住する際、滝沢氏に功労などがあり、土地を譲り、在名岡部を名乗ることを許し、家紋は岡部家の替え紋の九曜を与えたのではないか?滝沢氏が六野太直系の家なら、家紋は十か十万のはずであるので六野太と滝沢氏との血縁関係はないか、男系の子孫ではないと推測される。 岡部家と滝沢氏との詳しい関係は筆者には資料不足でわからない。 滝沢氏が岡部藩に召し抱えられる際、滝沢氏は正直に自分は武士ではなく鍛冶師であると申告したため足軽という身分で召し抱えられたのではないだろうか。 また、滝沢氏は五右衛門を名乗ったということであるが、岡部家の人間ははそもそも官位を持って右衛門尉などの官職を得ることがあるので右衛門尉岡部五右衛門では少々変である。 右衛門自体は官職を得られない人物が名乗ったので、滝沢氏は六野太の子孫ではないので五右衛門と名乗ったのであろう。 ・小野氏系図には忠澄の字は六野太と書くがあまりこの書き方をする人は少ない。 一方、六弥太と書かれることが一般的のようであるが、野と弥は同義語であるので間違えて伝わった可能性がある。 六弥太と書くのは正しくなく六野太(小野の野)が正しい。 琵琶法師による口伝によって伝えられてきた平家物語を初めて本にした者が六弥太と間違えて書いてもおかしくないと考える。 ・埼玉名字辞典の岡部の項に山口県豊浦郡豊北町に岡部氏十八個あり、の記述がある。 この一族は大寧寺の変で殉じた当時の当主、岡部隆景直系の子孫に間違いなく、当家の親戚である。 当家の一族は山口県に数件住んでいるだけで後は所在不明である。 ・武蔵国司の子が国府である東京都府中市から遠く離れた猪俣に住むとは考えにくく、猪俣は上州に近いから、猪俣党が上州小野氏の出であるのが事実なら理解しやすい。 ・猪俣党が武蔵国司の末裔としたのは上州小野氏の系図が不明だから、あるいは横山党とのつながりがあるようにしたい何らかの理由があったと考える。 小野孝泰は横山党と猪俣党を結びつけるための後世にでっち上げられた人物の可能性がある。 ・小野時資は武蔵介と書いてある系図を目にするが武蔵介だったことを裏付ける資料が見られない。 時資はすでに猪俣に住んでいたという説があるので時資は上州小野氏の家系か、小野隆泰同様でっち上げられた人物の可能性がある。 小野義孝とは兄弟ではない可能性がある。 ・猪俣党が上州小野氏出なのを曲げて小野孝泰の末裔とした可能性があるのと同様、横山党は小野諸興だと何か都合が悪いから小野孝泰の末裔としたのではないか?しかしどちらにしても小野妹子の子孫に間違いはないのである。 ・上州小野氏は途中で別の姓に変えたのでかなり古くにその名が消えたと考えられる。 ・加沢記に書いてあることは新田義興の子は不明とされていること、由良氏が猪俣党の一派とされていることを裏付けていることから、かなり信憑性が高い。 ・加沢記に書いてあることは武家が出自を偽証している証拠を示している。 ・上州小野氏や小野諸興が土着豪族であるという説に関しては、それは恐らく違うと筆者は考える。 代々貴族の家柄でないと官位がないはずである。 埼玉県児玉郡上里町にある阿保山真光寺吉祥院の由緒書 これは猪俣小平六範綱の墓である。 岡部家は猪俣氏より分家した。 岡部六野太忠澄とは近い親戚関係にあり同時期に活躍した武将。 範綱もまた源氏の家臣であった。 この二つの五輪塔の一つが小平六範綱の墓とされている。 平家物語によれば猪俣小平六範綱と岡部六野太忠澄は一緒に行動していた記録が至る所に見える。 猪俣と岡部が近い場所柄にあることから岡部家が新しい土地を求めて開拓していった様子が伺える。 また小平六、六郎大夫、小野太、六野太といった感じの字を名乗っていることも猪俣一門の特徴である。 小平六範綱は平盛俊を討ち取るなどの戦果を挙げた。 本物の小平六の墓かどうかは疑わしいのだが小平六の名は平家物語に度々出てくる人物なのでそういう理由で子孫に祀られてきたのであろう。 忠綱の孫、岡部六野太忠澄(生年不詳 没年承元元年(1207))は保元の乱、平治の乱で活躍した後、君主である源頼朝(一の谷の合戦では義経)に従軍し、一の谷合戦(治承8年2月7日(1184年3月20日))で敵の将、平忠度を討つ武勲を挙げた。 この戦いは平家物語にも記され有名である。 忠澄は文治五年(1189年)の奥州合戦にも参加し戦功を挙げている。 六野太忠澄は平忠度の持っていた五箇所の知行(荘園)を恩賞として与えられる。 荘園の場所に関しては伊勢、因幡、能登がわかっているがその他は不明である。 畿内以西は平氏が勢力を持っていた土地で平氏没落とともに恩賞として与えられたことが多かった。 荘園の広さは様々であるが、能登国の知行は2000石と言われている。 以下平家物語の一の谷合戦の一部を抜粋する。 三十騎の平忠度の兵は須磨の海岸を東に駆け抜けた。 そこに六騎の源氏武者が現れその一人が 「やあ待ち給え。 良き御大将と見奉るに名乗りも合わせ給わず、見苦しき逃げ惑いは何事ぞ。 これは九郎義経の旗本にて、武蔵国の岡部六野太忠澄と申す、東国きっての豪の者なり。 お相手に不足はあるまじ。 返せ返せ」 と、怒鳴った。 平忠度は 「いや味方ぞ。 我も東国武者の一人」 と偽った。 しかし六野太忠澄は装いの見事さ、そして歯には鉄をはめており、源氏武者にそういう風俗はなく平家の大将と見極めた。 「先を取れ、押っ取り囲め」 と忠度は忠澄の手に落ちた。 最後に忠澄との一騎打ちになった。 しかし忠度は剛力で忠澄は上から組み敷かれてしまい刃先が忠澄の首に迫る。 そこに忠澄の郎党の助太刀が入った。 忠度は利き腕を斬られ、観念した忠度は砂上に座ると振り向いて 「敵の男、首を打て」 と催促し西へ向かって念仏を唱え始めた。 「御名は? 」 と忠澄が側へ迫って訊くと 「即仏、無色、名などはもうない」 その一言の声の、なんともきれいで静かな容子であったことよと、当の岡部六野太忠澄は戦語というと生涯よく人に言ったものであった。 死骸の箙(えびら)から歌反古(うたほご)らしいものも出た。 陣中の詠草らしくその中に ゆき暮れて木のしたかげを宿とせば花やこよひのあるじならまし という一首が見えたので「それよ、薩摩守忠度という故入道殿の腹違いの御弟にて幼少を熊野に追い育ち給いたる平家隋一のゆかしき大将なれ」と、すぐ全軍に知れわたり、岡部の功名も人々にうらやましがられた。 その当時の戦争の様子がよく分かると思う。 忠澄は平忠度が念仏を唱え終わるまで首をはねるのを待ったという。 忠澄が忠度を討ち取ったことを告げると敵味方の全軍が涙した。 そのとき平忠度の郎党は数で上回っていたが、諸国から寄せ集めた借り武者ばかりで劣勢と見るや、すぐ主を見捨てしまったそうである。 その時点で勝負は決していたのではないだろうか。 江戸時代には武家の身分の名前として旗本というものがあるがその語源がここに出ている。 忠澄が郎党に助太刀させたのは卑怯だと言う人もいる。 しかし平忠度の郎党がいれば郎党同士の戦いもあったのではないだろうか? 主が危なくなったので忠澄の郎党は助太刀した。 昔とはいえそれが戦争だったのではないかと筆者は思う。 須磨の海岸とは現在の神戸市長田区付近と明石市の二つの説がある。 この昔と変わらないであろう長田港近くに注ぐ新湊川の河口付近から撮っている。 神戸市長田区腕塚町という地名がありここに平忠度の腕を葬った腕塚と首や胴を葬った胴塚がある。 地元の人に手厚く祀られている。 これは腕塚。 筆者が訪れたときは地元の中年女性が熱心に手を合わせていた。 これは胴塚。 これは明石の腕塚 これは明石の胴塚。 明石と神戸の墓に共通しているのは腕と胴が別の場所に埋葬されていること。 もしかするとそういった伝承があって忠度が討たれた時代よりかなり後になって墓が作られたのかもしれない。 所詮戦争に負けた者なので遺骸を埋めてもらっただけでも良い扱いだったのであろう。 だから埋められた場所も埋めた人にしか正確にわからない可能性が高い。 埼玉県深谷市岡部にある岡部家の菩提寺である普済寺(忠澄が建立した寺)。 寺には特徴的な跳ね十文字の家紋が掲げられている。 この家紋は源頼朝が授けた家紋で薩摩の島津氏の家紋に似ていると思われるが最初は岡部家と全く同じ家紋だった。 島津氏は他家にも同じ家紋があることを嫌い、家紋を変えたとのこと。 これは岡部家廟である。 廟自体は新しいもので猪俣氏のものと比べるとかなり立派である。 お骨は岡部町の教育委員会が保存しているという。 六野太忠澄の墓 これが夫人の玉の井のものである。 玉の井は畠山重忠の妹と伝えられている。 この五輪塔には梵字が彫られている。 これは忠澄の父、六郎行忠の墓である 岡部家の館は普済寺の隣接地域と考えられ、規模は東西約226m、南北約218mの台形状だったと推定されている。 この辺が館跡。 現在その面影はない。 今も田園地帯が広がる。 普済寺の裏付近に岡部家の邸宅があったとされている。 今はもうないが数十年前まで堀の跡があったという。 清心寺(埼玉県深谷市)にある平忠度の供養墓。 この辺は岡部原と言い岡部家の所領で最も景色の良い場所で近くに見晴町という地名があるほどである。 そこに平忠度の遺髪を納め五輪塔を建てた。 この五輪塔は慶安2年(1649年)に、清心寺が建てられたときに移築された。 忠澄は さざなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな と詠んだ文武両道に秀でた平忠度を斬ってしまったことを後に悔やみこのような供養墓を建てた。 平忠度は藤原俊成に師事し和歌を学んだという。 六野太忠澄は保元物語にもその名がみえる。 六野太忠澄は病死ということになっているが、神奈川県葉山町に猪俣小平六範綱と六野太忠澄の墓があると聞き現地に行ってみた。 鎌倉初期に建てられた凝灰岩製の五輪塔で、鎌倉地区でも珍しいもので、葉山町文化財第一号となっている。 左側の五輪塔が六野太のものである。 鎌倉中期以降はこの種の石材には安山岩(伊豆石)が使われている。 遺骨は江戸時代に武蔵国に返されたとも言われている。 現在も地元の人々で墓前祭が行われている。 墓はよく整備されている。 平忠度が地元の人々の間に手厚く祀られているのと同じではないだろうか。 次のような言い伝えになっている。 一の谷の合戦では、猪俣小平六範綱は平盛俊に組伏せられたが、もし助けてくれるならば、鎌倉殿(頼朝)に取り入って命を助けるともちかけ、怯んだ隙に親戚の人見四郎と共に首を挙げたと言われている。 一の谷の戦い後、忠澄と範綱は頼朝から武勲一の筆に加えられたのだが、どうもその討取り方がまともでなかったので、悔いて郷里武蔵にも帰れず、悶々の日々をこの葉山で過ごした。 かなりのノイローゼに陥っていたのか二人はある日戦友である横須賀矢部の三浦義澄を尋ねるべく出発したが、なにを思ったか、葉山上山口入生田いりうだの下山川の畔から飛込み自殺をしてしまった。 それは建久3年(1192)11月のことであった。 村人はねんごろに武具と共に埋葬した。 にわかに信じがたい話だが、横須賀市の調査結果ではこの墓は葉山市上山口町に住んだ山口氏のものであるという説もある。 しかし清心寺の平忠度の慰霊塔は後の調査結果で忠澄の死後約100年後に建てられたとされているのと、建久3年という年代が正確な点、深谷の忠澄の墓は別人のものとする説もあり、この言い伝えは無視できない。 忠澄は一の谷合戦の5年後、奥州合戦にも参加しており、なぜ奥州合戦の前に自害しなかったのか疑問はある。 六野太忠澄の孫の五郎兵衛・景澄は承久二年(1220年)長門国美禰郡岩永(現山口県美祢市秋吉町岩永)の地頭職として幕府から補任(ぼにん)された。 但し承久三年という説もある。 承久三年は承久の乱で幕府が朝廷に勝利し西国の朝廷の多くの所領を没収した。 そのため関東の御家人が地頭として承久三年に多数西国の地頭として任命されているようである。 まさにこの岡部景澄が長門岡部家の先祖である。 しかしながら景澄は長門と豊後の領地を併領しており、実際には本貫地の武蔵に居住していた。 元寇の際に子孫をそれぞれに下向させたと言われている。 なお武蔵国に残った一族は鎌倉~室町時代にかけて大きな戦争に参加した記録がなく徳川家康に仕え関が原の戦いに参加した武勲で千五百石の旗本となった。 長門岡部家の領地の大きさは想像するほかないのだが城や神社の管理、朝廷への寄付金や武家として体面を保てるだけのそれなりの収入があったとしか言いようがない。 筆者の伯父の話では当家は明治時代から景一の時代まで厚狭郡吉部村に住んでいたという。 現在は何もない田舎なのだが、なぜ吉部村に住んだか考えると、縁も縁もないところに住むはずがないので、江戸時代以前に当家の先祖が住んでいたのではないかと考えられるのである。 そうすると岩永村と吉部村は少なくとも長門岡部家の領地であったと考えられる。 岩永村と吉部村は隣村同士である。 山口県美祢市岩永堀之内の長門岡部家の城跡。 堀の内バス停から臨むことが出来る。 現在はその面影は全くない。 この小高い山は向山と呼ばれこの上に城があった。 城は別名向山城とも言う。 恐らく城と言っても小さかったと思われ、領地を見渡すためのものだったと思われる。 堀之内という地名は日本全国にありその名の通り居住する館跡が向山のふもとにありその堀があったためである。 岡部城の近くにあり、岡部家が庇護した岩永八幡宮。 岡部家はこの神社の氏子となり代々氏神とした。 神社は度重なる火災で焼けたがその都度岡部家が再建している。 昔は現在の場所よりもっと岡部城に近い場所にあったと言われている。 神社は森を切り開いたところにあり境内は広く荘厳な雰囲気である。 整備が行き届いており地元の人々に厚く祀られているようである。 岩永八幡宮の沿革書き。 隆景で岡部家は滅亡とされているがこの神社の沿革書きには興景の孫の元景の名前が見える。 ただ、元景の名前は系図に出てこない。 系図には隆景の兄弟の名は見えないが隆景に兄弟がいるのであろう。 また岡部家が小野姓を名乗っていたことがあったとも書かれている。 岡部はあくまで在名であるので本名を名乗ったのであろう。 長門岡部家の名前が史上に現れるのは南北朝時代(1336年~1392年)である。 この頃の長門岡部家は御家人として長門探題北条時直の配下に属していた。 元弘三年(1333年)正月に発せられた南朝追討の関東御教書によって時直は周防、長門両国に兵を率いて登場したが、備後の海で村上義弘にさえぎられた。 そこで転じて伊予の南朝方土井・得能の両氏を討つため再度伊予に侵入したが平井城を攻めて大敗した。 この合戦で長門側約120名が戦死したがその中に岡部小六・孫六など四名がおり、岡部一族が従軍したことがわかる。 もともと長門には厚東・豊田の二大豪族があって、厚東氏が長門の覇権を掌握したが豊田氏は厚東氏と決戦することなく周防の大内氏と結託した。 この時、岡部家は建武二年(1335)足利尊氏が謀反を起こしてからは厚東氏に従い、厚東氏が滅んでからは大内氏に従った。 当家には家伝が乏しく僅かに岡部の名を次の古文書より見ることができる。 ・応永十四年(1407)大内盛見署藩氷上山興隆寺恵本一切経勧進帳に百疋五百文沙汰分・未進五百文 岡部左衛門大夫貞景とある。 ・文明十八年(1486)多々良亀童丸(大内義興)が十歳の時、氷上山上宮御社参之目録中に御共衆十人の中に岡部十郎武景の名がある。 ・永正十六年(1519)高嶺両大神宮御鎮座御伝記中の神明御勧請についての御社壇御建立の作事方種々調等の条に御倉奉行岡部十郎興景ほか二人の名が見える。 ・享緑三年(1530)周防国佐波郡松カ﨑天満宮宮司士師武光家伝書中に岡部勘左衛門尉興景とある。 ・天文十五年(1546)興景がその子隆景に与えた家督相続状に興景の父、隠岐守武景とあり、親子とも大内義興、義隆に仕えたものと思われる。 ・天文十一年(1542)一月十一日大内義隆の出雲計略に従っていることが隆景の文献の初登場である。 この時すでに右衛門尉に任官していたことがわかっている。 同十五年家督を受け同十九年に従五位下に叙せられた。 岡部右衛門大夫小野隆景とあるのは岩永八幡宮の棟札に隆景の父興景を小野興景と記しているのと同列である。 また、今山多聞寺奉賀帳中に岡部近江権守隆景と見える。 従五位というと大国の国守になれる官位なので相当高い官位である。 従って隆景は大国の近江権守となっている。 西国の小京都とも言われる山口。 大内氏は一時安芸国から筑前国まで傘下に収め強大な力を誇った。 大内氏は百済の聖王の末裔とされそのため出自が皇室との縁がない。 そのため朝廷の権威に傾倒し、大内義隆は公家のような生活をしたがために大寧寺の変が起こってしまったと考えられる。 写真は大内氏が建立した瑠璃光寺(山口県山口市)にある国宝五重塔。 大寧寺の変についてはをご参照ください。 この事件により隆景が相続した家督を景久に譲ることになった。 岡部隆景は次のように詠んだ。 時世 露とのみ消えゆくけふの名残りには ただ吹き送る松風の音 これが山口県長門市、大寧寺にある大内義隆とともに殉じた家臣の墓である。 岡部隆景の墓は右側の奥から二番目である。 墓石自体は割と新しく後年になって作られた。 当家には歴代の家督を継いだ人物を含めた位牌が存在している。 また、家伝・その他の家宝などは数度の萩の大火で失われてほとんど残っていない。 言い伝えでは毛利の殿様に甲冑を貸したことがあるという話が当家に残っている。 家督を継ぐはずだった隆景の子は大寧寺の変の後、長門国豊浦郡矢玉浦に母とともに蟄居し、民間にあってどこにも任官していない。 つまり武家ではなくなっているのである。 その子孫はどうやって生計を立てていたのか不明であるが帰農した可能性が高いと考える。 山口屋という商人の養子に出た者も少なくとも二名いる。 なお、江戸時代の農民は武家出身であれば苗字と帯刀を許されていたそうである。 資料によれば隆景と並んで大内氏の家臣であった景繁の一家が毛利氏の家臣となっており、当家に伝わる位牌のリストと書物に記載されている系図(毛利氏が家臣に命じて提出させた系図を集めた萩藩譜録より出てきたもの)と照らし合わせて、当家は隆景の子孫ではなく、その親戚である景繁の子孫であることはほぼ間違いない。 景繁の父母は誰なのか不明であり、少なくともわかっているのは、景繁は大内氏の家臣であったこと、妻が村上帯刀の娘であるということだけである。 位牌の最初に右ヱ門太夫隆景と、隆景が当家の先祖のように書かれているが、それは真実ではない。 隆景と景繁の一族・景久は同世代の人物で年代的に考えると景繁は武景の弟であると推測される。 また名前に景の文字を入れるのは必ずしも男子全員に付けられてはいなく家督を相続する者か、それに準ずる者にしかつけられていない。 そのため景繁は長門岡部家直系の人物であると思われる。 当家には本家のあった岩永村の隣の吉部村に先祖が住んでいたという伝承があり、実際明治から筆者の祖父の時代まで吉部に住んでいた。 恐らく大内氏から吉部の領地をもらったか統治を任されていたのではないかと推測する。 戦国時代、戦争に負けた家は大内氏や豊臣氏のように家は取り潰し、領地没収の上、その家族も家を再興されないよう皆殺しにされることが多かった。 長門岡部家もその危機にあった。 しかし隆景の妻子は逃げて無事であった。 隆景の二人の子はまだ幼かった。 恐らく隆景は長門岡部家を存続させるため、吉部には敵の追っ手が来ないだろうと判断し秘密裏に吉部の長の景久に家督を移譲し家の持ち物を吉部に退避したのではないか?また、残された本家の人々も吉部に移り隠匿生活を送ったと筆者は想像している。 そのため一般的に長門岡部家は滅亡したことになっているが、当家が家を現在も存続させているため滅亡していないことになる。 萩藩諸家系譜(岡部忠夫著)によれば景繁は長門岡部家の一族であろうとは書いているが、岡部忠夫氏は景繁が本当に長門岡部家の一族かは定かではないと考えているようだ。 ここでは詳しく言えないが、景久が長門岡部家の家督を継いだ証拠となるものが当家に伝わっており、当家は間違いなく長門岡部家の子孫である。 それは門外不出のため、その存在を私たち子孫除いて誰も知る由もない。 つまり岡部忠夫氏はそれが当家に伝わっていることを知らないので景繁の一族が長門岡部家の一族ということを断言できないのである。 景久に続いて家督を継いだ景信は毛利輝元公によって萩藩に召し抱えられたと判明している。 景信はどうやって毛利氏に召し抱えられたのか定かではないが、恐らくうまく毛利輝元公に説得したに違いない。 一般には長門岡部家は滅亡したことになっているが、実際には滅亡を免れていることになる。 しかしながら萩藩譜録の時に岡部家が提出した系図は真実を毛利氏に報告しているようだが景繁の父は誰なのかわからないことになっている。 これは少々不審に感じることであり、長門岡部家とは関係がないことにしているようにも感じる。 もしかすると世間では長門岡部家は滅亡したことになっているから景久が長門岡部家の家督を継いだということを毛利氏にも秘密にしていた可能性がある。 その理由として長門岡部家が続いているということになれば隆景の子孫に危害が及ぶ可能性があるからである。 景久と景信はそれぞれ但馬守、淡路守の官職を賜っている。 恐らく左衛門尉の称号も持っていたと考えられる。 隆景は中小武家としては近江権守、右衛門大夫、従五位の身分の高い官職を持っていたため恐らくはその子孫であることを朝廷に主張して賜ったのであろう。 景久と景信が官職を持っていたために毛利氏に信用された可能性もある。 隆景の子景胤以降は名前に景の一文字をつけていない。 長門岡部家とはもう関係がないという意思表示であろう。 また、重岡と姓を変えたのも同様の理由と考えられる。 埼玉名字辞典によれば、現在下関市豊北町には岡部姓を称する十八戸ほどの家があるようだ。 恐らくそれらの家は隆景直系の子孫であり、明治時代頃に姓を重岡から岡部に戻したのであろう。 また、重岡のままでいる家もあるようで、もしかすると自分の先祖が武士であったということを知らない人もいるかもしれない。 当家の言い伝えによれば弓矢の師範として萩藩に任官している。 萩藩諸家系譜によれば当家の禄高は160石であった。 言い伝えでは4000石と言われていたが言い伝えというのがいかにいい加減なものか思い知られる。 萩藩に仕えた猪俣党岡部一族は数家あったらしいが、そのうちの一つが宝蔵院流槍術の師範をしていたとの記載がある。 弓矢か槍かどちらが正しいかは定かではない。 当家は大組として召し抱えられ、藩主毛利氏の直属の家臣で藩内門閥士族である。 馬乗を許された広義の上級家臣で中士上等。 8組あり、2組が交代で江戸藩邸を、その他の6組は萩城の警護を担当する。 禄高が160石であっても大組は上級家臣であり、それなりの家柄でないと大組として取り立てられることはないであろう。 ちなみに200石の知行取りの侍は、百姓付きの土地を領地として与えれ、その年貢を得る者で年貢米は三つ五分物成渡し(知行高の35パーセント)が実収なので70石が手元に入る。 これは1俵に3斗5升で換算して200俵であり、百俵30両で換算すると60両である。 1両8万円で480万円。 だから160石というと現在で言えば中堅官吏と言えそうである。 小規模の藩だと100石の家老もいたようだ。 恐らく食べるのには困らなかったが慎ましい生活をしていたと思われる。 武家としての体面を保てる収入である。 何れにしても正当に家督を継いで武家として存在したのは当家のほうだから当家が長門岡部家直系であることは言うまでもない。 隆景の子孫は当家の遠い親戚で別家の重岡氏である(少し悲しいが)。 また、景定の時代に分かれたようであるが九州に下向した一族がおり、そのうちの一家である宗隆という人物が萩藩300石の大組家臣となっている。 恐らく萩藩の家臣で岡部姓を名乗る家はほぼ猪俣党の一族と思ってよいであろう。 言い伝えによれば岡部家は萩の堀内の水車筋というところに住んでいたが、ここは上級武士が住んでいたところだと言われている。 水車筋は現在の萩建設会館と萩商工高校の間の筋で当時この地域に、蝋を作る水車があったことから、この筋は水車筋と呼ばれるようになった。 400年以上門外不出でしたがこの度当主の許可が下りましたので公開いたします。 この画は大寧寺の変に於いて隆景公が出陣する際に描かれたものと聞いております。 また、上に書かれている文字を筆者は読めません。 参考文献 インターネット上の各サイト 武蔵武士(上)成迫政則著 国司補任 宮崎康充著 大日本史 徳川光圀著 萩藩諸家計譜 岡部忠夫著 岡部一族 日本家系家紋研究所著 続群書類従 小野氏系図 埼玉苗字辞典 茂木和平著 家紋でたどるあなたの家系、続家紋でたどるあなたの家系 続群書類従完成会.

次の

長門岡部家の歴史

田舎押領使一家

概要 伊豆工藤氏はその名の通りを本拠にしていたが、奥州工藤氏の祖とされているはに移り住み、同国を本拠としており、に臣従した玄孫のも当初はのと行動している。 源頼朝による5年()のの際、工藤景光・父子は一家を挙げて従軍しそれぞれ軍功をたて、同文治5年(1189年)9月12日に工藤行光に対してに所領を給されその地に代官を置いた。 また、工藤景光の長男・行光を祖とする鎌倉 厨川工藤氏の末裔と称する諸士が岩手郡に広がり、戦国期まで各地に 蟠踞 ( ばんきょ )していた。 伊豆工藤氏の子孫は全国に展開し、の長子・は伊豆を出て奥州に下向、祐時の次男・は三戸の名久井館に居住し、 葛巻工藤氏の祖となったともあり [ ]、 その子孫と伝えられる 八戸工藤氏は [ ]、に北条氏被官として、のやへに任じられた。 工藤氏は鎌倉幕府滅亡に際しては、幕府側と朝廷方に一族が分裂して多くは幕府方に付いて衰退したが、八戸郷の・のようにいったん朝廷方につきながら日和見をしたために所領を没収された者もいる。 には岩手郡のも元年()にに反旗を翻し、に討たれている。 そうした中で、の朝廷方としての活躍は目覚ましく、その勲功の賞として・・・などの所領を得て、これらは女加伊寺(南部信政妻)を通じて後に南部氏に伝領された。 また行光の弟・も岩手郡に住み、その子孫がに分住したとあり、以降に従って三戸郡坂牛村に住しの祖となった。 (『奥南落穂集』) 南北朝の争乱の際に方につき、に討たれて地頭職を停止され、近郊10か村を領知するに至り厨川氏を称した。 、厨川(栗谷川)氏は南北朝期以後も有力氏族との婚姻を重ね、最終的には南部家の家臣に組み込まれていった。 まで領していた北上川西岸のが居館であったが、20年 「」にされた。 系図 この節にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2017年5月)• 今野慶信 「藤原南家武智麿四男乙麻呂流鎌倉御家人の系図」、; ; 編 『中世武家系図の史料論』 上巻 高志書院、2007年。 岩手県編纂『岩手県史』第2巻 中世篇 上 、杜陵印刷、1961年3月25日。 岩手県編纂『岩手県史』第3巻 中世篇 下 、杜陵印刷、1961年10月20日。 『姓氏家系大辞典』 第2巻、、監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2194-2195頁。 国立国会図書館デジタルコレクション。 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典』3 岩手県、、1985年3月8日。 「角川日本姓氏歴史人物大辞典」編纂委員会『岩手県姓氏歴史人物大辞典』第3巻、〈角川日本姓氏歴史人物大辞典〉、1998年5月18日。 浪岡町史編集委員会編 『浪岡町史』 第1巻 、2000年3月15日。 松岡孝一『青森県百科事典』、1981年3月1日。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の