すだち 季節。 すだちの効果と効能がすごい!取り入れたい栄養や使い方・保存や旬まで一挙大公開!

すだち 酢橘 スダチ | 香酸柑橘 品種の特徴 食べ方 選び方

すだち 季節

Contents• すだちの剪定 収穫時期 カボスとの違い 遠くからなので見えにくいですが、これはすだちです。 すだちはとげがあります。 それも結構するどいとげ。 カミキリがいました^^。 最近見かけなくなりました。 スダチは強い木なので、またどんどん伸びるので結構思いきって選定します。 こんな感じ。 柑橘系の木は中はあまり間引かなくてもある程度で大丈夫。 すだちの剪定時期は7月ごろです。 すだちの収穫時期は8月中旬から10月くらいです。 花が咲くのは5月ごろ。 すだちは果物か野菜かというと果物です。 昔は酢として使われていたようです。 すだちはミカンの仲間で、ゆずの親戚と言われているようです。 時期的に、サンマにかけて食べるとおいしいですね。 うどんの薬味やお吸い物にも便利。 ちなみにですがよく似ているものに、カボスがあります。 大きな違いは大きさ。 すだちはゴルフボールくらいの大きさ、かぼすはテニスボールくらいあります。 味はだいたい同じ感じでしょうか。 こんな感じ。。。 たくさんとれたので、お客さんに持っていきなさいといただきました。 こんなにあります。 食べきれないので、いつものおばあちゃんにおすそ分けしました。 レモンの剪定 収穫時期 レモンの木を選定します。 ちょっと見えづらいけど、かなり伸びちゃっています。 レモンの木の剪定は、つんつん伸びている枝をおとして混んだ枝を間引いて風通しを良くして中まで陽があたるようにします。 そうすると害虫の発生が抑えられます。 本当はレモンの剪定時期は3月です。 これはグリーンレモンという種類。 グリーンレモンの収穫時期は10月です。 みづらいけど、さっぱりしました。 やはり食べきれないからといただいたので、これも少しずつおすそ分け。 当然無農薬ですからありがたいです。 植木の剪定は慣れれば、またポイントを守れば自分でもできます。 柑橘類は育つのを見るのも楽しみですね。 時期がきて、花が咲き、小さな実をつけて少しずつ大きくなっていきます。 そろそろだなあって、季節とともに感じます。 植木の剪定は、時期とやり方がわかればいいんです。 鳴り物というのは種類によっても違いますが、花が咲き、実がなって収穫して、その後少しして剪定するというのが一般的ですが、だいたい収穫した時に剪定しても、まあ大丈夫です。 小さな木は繊細ですから、切りすぎや時期を間違わないようにしましょう。

次の

すだちの旬を知ろう!|良好倶楽部

すだち 季節

さわやかな酸味とすがすがしい香りが食欲をそそり、遠くは万葉の昔から愛用されている柑橘類です。 すだちは『ゆず』の偶発果実といわれていて、今から300年ほど前の書物には『リマン』という名前ですだちの記録が残されているようです。 本格的に栽培されるようになったのは、昭和30年以降で、主要生産地である徳島県では耐寒性が強いすだちの栽培を、一部地域を除いてほぼ県下全地域で行っています。 すだちは二つに切ってぎゅっと絞って料理にかけたり、果皮の部分を擦って風味を楽しんだり、薄く切って彩りをそえたりお吸い物・お味噌汁・土瓶蒸しに香りを添えたり生のままでいろいろ使える果実です。 特に刺身や焼き魚との相性がよく、またマツタケとは味を引き立てる名コンビといえるでしょう。 果肉・果汁には、ビタミンCが豊富で「リモネン」という成分が醸し出す香味は、心気を整える効果がありクエン酸、果糖が豊富に含まれ、胃腸を刺激して消化吸収を助けます。 クエン酸には、利尿作用、浄血作用があり、疲労の原因となる物質を取り除き、細胞の新陳代謝を活発にします。 すだちの皮には、ビタミンAが豊富で他にもたんぱく質、資質、糖質、線維、灰分など多種類の栄養素が多く含まれています。 カリウムもレモンの2. 5倍含まれ、体内の塩分を排出させる効果もあります。 保存方法 すだちの保存方法はとても簡単で、ビニール袋等に5個ぐらいの単位で入れていきます。 その時に極力空気に触れさせず密閉状態にして冷蔵庫などで保存すると日持ちされます。 ですが、一応生のまま保存するため早めに使うのが大切です。 時間がたつと皮が黄色くなり品質には問題ありませんがこうなった時には早めに使用し食べるのが大切です。 食べごろの選び方 すだちは主に和食がメインに使われる事が多いですがたまに洋食などに利用されていて年中売られていたあり、店頭等で並べられている事があります。 ハウスで栽培や畑などでも栽培できるため、ハウス産のすだちは香りが強く割った時に実の色が濃く風味もまろやかで、露地すだちは割ると色が薄く香りや風味が最も強くなっている事から汁物として多く使われる事があり、すだちを選ぶ時のポイントは皮にツヤや張りがあるのは勿論、緑が綺麗で鮮やかになっていてむらがないのを選び、持った時に少し重く形がしっかりとしてあるものを選びます。 そうする事で美味しく香りが良いすだちが食べられます。

次の

スダチ

すだち 季節

果物図鑑• すだちの特徴 「すだち」は徳島県の特産で、松茸の土瓶蒸しや焼き魚などの風味付けに利用される柑橘です。 果皮はかためで濃い緑色をしていて、サイズは20~40gくらいと小ぶり。 上品で風味のよい香りを持ち、酸味が強いのが特徴です。 すだちの来歴は不明ですが、ゆずの近縁種と考えられていて、徳島県では古くから利用されていました。 小野嵐山の「大和本草批正」(1780年)では、「リマン」という柑橘の解説において「阿州方言スダチと云う」と記されています。 ただし、このリマンが現在のすだちと同じものなのかどうかはわかりません。 1960年代以降、すだちは生産量が増えて全国的に消費されるようになりました。 ちなみに「すだち」という名前は「すたちばな(酢橘)」が縮まったものとされています。 すだちは露地栽培とハウス栽培のものがあり、年間を通して流通していますが、風味がよいのは9~10月頃に収穫される露地栽培のものとされます。 初期に収穫したものは一部貯蔵されて3月頃まで出回り、春から夏にかけてはハウスものが流通します。 なお、すだちは「かぼす」と似ていますが、かぼすは大分県の特産でサイズが80~120gと大きめの香酸柑橘です。 すだちの選び方(見分け方) 果皮全体が濃い緑色でツヤと張りがあり、持ったときに重みを感じるものを選びましょう。 軽いものは果汁が少なく、果皮にしわが寄ったものは鮮度が落ちています。 露地栽培されたものは果皮が厚めでかたいですが、香りと風味はよく、ハウスものは皮がやや薄めで比較的酸味がまろやかです。 すだちの食べ方 果汁をしぼってサンマなどの焼き魚や松茸料理にかけると、料理の味が引き立ちます。 また、ハチミツや砂糖を加えて水で薄めてジュースにしたり、お酒に入れてさわやかな味を楽しむこともできます。 ほかにもポン酢やドレッシングに利用したり、うどんや冷製パスタにサッとかけたり、ジャム(マーマレード)にするなど用途はさまざまです。 また、すだちの皮はすり下ろせば薬味にもなります。 唐辛子とまぜれば「ゆず胡椒」ならぬ「すだち胡椒」のできあがりです。 すだちの種類 すだちは店頭では「すだち」としか表記されませんが、いくつもの系統があり、サイズや種の有無、枝のトゲの多さなどに違いがあります。 トゲが短く玉揃いのよい「徳島1号」や、トゲが小さく少なめで果汁が豊富な「本田系」、種なしの「徳島3X1号(愛称:ニューすだち)」などがあります。 徳島3X1号は徳島県果樹試験場県が育成した品種で、2004年(平成16年)に品種登録されています。 すだちの栄養 すだちの香りはリモネンなどの成分によるもので、精神をリラックスさせたり食欲を増進させる効果があるといわれています。 また果皮に含まれる「スダチチン」という成分には脂質の代謝を改善する効果があるそうです。 酸味のもとであるクエン酸は疲労回復に作用します。 すだちの旬(出回り時期) 露地ものは8月下旬から10月頃が収穫シーズンで、貯蔵されたものが3月頃まで出回ります。 ハウスものは3月中旬から8月中旬頃に収穫されます。

次の