コロナ 予言 者。 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

コロナ流行を「10年前から予言」と噂される小説の中身

コロナ 予言 者

未来人がコロナウイルスを予言? 未来人がコロナウイルスを予言した!このうわさが止まないのは原因がありました。 実際にネット上の掲示板に書き込みがあり、コロナウイルスを予言したかと思われる言葉がズラッとあったようです。 どのような予言をこれまでしてきたかも掲載しておきます。 未来人の2062年から来た男とは? きっかけは投稿サイトの「2ちゃんねる」皆さんご存じのネット上最大の掲示板です。 投稿サイトに【2062年に来た男】という名前で2010年以降から日本、そして世界の動き、経済について投稿をし始めました。 これまで投稿サイトには未来人だとか予言者という人物が投稿をする時もありましたが、この【2062年から来た男】の投稿は非常に リアリティ、そして明確、最後には的中していると注目されています。 少し怖いくらいですね。 その予言とはどんなものがあるか気になりますよね。 ただ、2062年から調査の為に来たただの男だ。 現代では欠かせなくなったソーシャルネットワークサービスの「ツイッター」2年前から【2062年から来た男】が予言したと言われている。 実際ハッカーの仕業ではないと証明もされこちらの投稿者が【2062年から来た男】と同一人物だということも判明されたみたいです。 これまでも数々の事を予言した真相をもっと知りたい方はこちら これまでの予言の中でも コロナウイルスを思わせる予言が話題になっている様子です。 未来人がコロナウイルスを予言したのか? 現在私たちの暮らしを脅かしているコロナウイルス 【2062年から来た男】はそれを思わせることをすでに予言していたそうです。 2062年から来た男 ウイルスのパンデミックを予言? この書き込みをした【2062年から来た男】は今を思わせる内容と考えられそうです。 恐らく ウィルスのパンデミックが原因なのではないでしょうか。 「ウイルスで人類は滅びる」ともよく言われますが、あまりにもリアリティある書き込みに恐怖感を覚えますね。 世界的に広まり続けているコロナウイルスですが2024年にまた大事件が起きるのであれば、これ以上のことが起こると思うと恐ろしくて仕方ないですね。 この予言を信じるか信じないかはあなた次第ですが、話題となっているのでこんな事実があったのかと思っていただければ良いかと思います。 未来人が2062年から来たのは本当かフェイクか 未来から来たと言われている【2062年から来た男】 本当に未来から来たのか?フェイクではないか?なんだか胡散臭いと思う方もいるはずです。 ですがこれまでの予言をみると信じがたいようで信じることをせざる負えない気もしますね。 未来人2062年から来た男を名乗るフェイクは存在する 注意したいことが世の中にはなりすましをする人物もいるということです。 同じ予言者を名乗って適当に予言をしている人物もいます。 2062年から来たと思わせる発言が多数 今からそんな遠くもない2024年の予言を以下に掲載しておきます。 移民は増えない。 なぜなら、2024年に大事件が発生する。 2030年代に予定されている第三次世界大戦なんかも情報あればよろしく。 第三次世界大戦は2030年ではない。 もっと早いぞ。 続いて、2024年の大事件がきっかけとなり日本が大きく変わる。 2020年代後半。 ・251ページで 『エイズウィルスの遺伝子操作研究で得た発見により、2025年に先立って新たな一連の問題が発生する。 』と述べ、 ・196ページでは 『遺伝子レベルでの生殖機能上の問題が、2035年までに人類存亡の危機に発展する。 』と言っているんだ。 なぜなら、2024年に大事件が発生する。 マクモニーグルの予言と【2062年から来た男】の予言が一致していてびっくりますね。 人口問題でも男性がかなり少なってくるのは、たばこが原因でウイルスに抵抗力がなくなるからではないかという声もありました。 未来人2062年から来た男にネットの反響 これ今の状況をぴったり出してる。 10年前に2062年から来た男がの2chに残したとされるスレッド。 信じるか信じないかは。。。 ですね。 リアルで起きてから思い出したんだけど前に2chのオカルトかどこかで書き込まれた2062年から来た男っていたじゃん?南海トラフのこととか言ってなかったっけ? — もちもち白もち🦊 クズなー🌸 motimotisiromot いままた2062年から来た男の予言ってヤツ見てみたけど、面白半分で見てみたとはいえ興味深い部分があるよね、やっぱり。 — とも hyamgsk4200tmhk コロナウイルスの感染がどんどん拡大している今、更に【2062年から来た男】は注目されているようです。 意味深な予言をするからどうしても興味をもってしまいますよね。 本当に第三次世界大戦が始まるのなら、今後、2062年から来た男の言う事を信じざるを得ないでしょう。 再び原子力によるダメージ。 魚が食べられなくなる。 人間瞬殺生物の発見。 海からバケモノ登場。 その最中で私はインドの株を購入。 — 伝説のおタツ tatsuhikokimura 2062年から来た男の書き込みをまとめたサイトにあった2062氏の直接の言及以外の事を以前ツイートでホントに当たるのかなぁ?という事でツイートしていたがほとんどハズレたな。 次の元号も令和になったし、2018年12月に南海トラフ地震もなかったしな。 — 勇者けんた bravekenta.

次の

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

コロナ 予言 者

葬儀は新聞の1面を飾り、国立「ババ・ヴァンガ・ミュージアム」が建てられた。 的中した予言は、第2次世界大戦の始まりと結果、共産主義国家の誕生と東欧の共産主義国家の崩壊、冷戦の終わり、米国同時多発テロなど。 最後の予言は、5079年の「人類が現在の宇宙から別の宇宙に行くため、世界が終了する」で締めくくられている。 ババが新型コロナに言及したのは亡くなる数年前。 面会したブルガリアの体操指導者ネシュカ・ステファノバ・ロベバ氏(73)は、SNSで「亡くなる数年前、彼女と会ったとき、『ネシュカ、コロナが私たちの至るところにある』と話していました。 その時は、その言葉が何を意味していたのか分かりませんでした」と記している。 コロナはブルガリアで「保護者」となるそうだ。 ロベバ氏は「『コロナ』はロシアの保護下にあることを意味します。 またロシアと関係の深い中国も指しており、中国から新型コロナウイルスが発生し、世界で猛威を振るうことを『至るところにある』と表現したのでは」。 オカルト研究家の山口敏太郎氏は「ババは亡くなって20年以上たってもブルガリア国民から絶大な人気を誇っています。 言ってみれば、ブルガリアの宜保愛子のような存在。 必要以上に恐れる必要はありません」と指摘している。

次の

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

コロナ 予言 者

「 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しないだろう」 2008年に出版された「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」という書籍の中に、現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのことを予言したと思われる個所がみつかり世界中で話題になっている。 す、すげ~!! というわけでこの記事では、彼女の新型コロナウイルスについての予言や、この書籍に記載されたその他の予言も紹介したい。 In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe, attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all known treatents. Almost more baffling than the illness itself will be the fact that it will suddenly vanish as quickly as it arrived, attack again ten years later, and then disappear completely. 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しない。 病気そのものよりも不可解なのは、それは突如として表れ、同じように突如として消え失せてしまうだろう。 そうして10年後、再び流行し、そして完全に消えさる。 これは2008年に出版された「End of days」の中の新型コロナウイルスに関して言及していると思われる部分。 2020年。 肺炎と似た疾患。 治療が困難。 すべてが現状を正確にいい当てているような気がする!! この予言が正しいとすれば、新型コロナウイルスは近い未来、ある日突然収束に向かうのだろうか。 もしシルビアさんがホンモノの予言者なら、ほかにどんな予言をしていたのか? どんな未来を見ていたのか? 気になるところ。 というわけで、予言者シルビア・ブラウンが著書で語ったその他の予言がこちら。 2020年代後半までにドーム型の都市が建設され、最終的には裕福な人たちだけがそこに住む。 未来の建物=ドーム型。 だれもが考えそうな近未来像だ。 でも、このまま地球の気候変動が加速して人が住みにくい環境になったら、都市をまるごとドームで囲って気温や湿度を管理するってのも合理的な気がする。 地球の気候を変動させるのは無理でも、ドームの中の気候を自由にコントロールするのはできそうだしね。 シルビアさんの予言は当たるのか?? シルビア・ブラウンさんは予言の内容と同じくらいブッ飛んだ人だったらしい。 いろんなトークショーにゲストとして参加して、ブッとんだ予言を披露!! その予言がまったく当たらなかったので、評判も非常に悪かったとか。 重い精神疾患を患っていたという話もある。 2020年の肺炎と似た疾患についての予言も、2003年頃に世界中で流行したSARSにインスパイアされたものだとも考えられる。 彼女は生前に何千もの適当な予言を残しているが、そのうちのひとつが偶然、現実と似通っていた。 真相はそんなところだろう。 結局シルビアさんは、予言の結果を見ることなく2013年に亡くなっている。 シルビアさんはホンモノの予言者なのか? もしそうだとしたら、アトランティス大陸やレムリア大陸が浮上したり、隕石が降ってきたり、少子化が進んだり、いろいろ大変そう。 でもまあ…恐らただのデタラメだろう、きっと。 もしホンモノの予言者なら、新型コロナウイルスの治療法についても予言しておいて欲しかったものですね。

次の