はとことは。 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いは?家系図で見る親族の呼び名

ハドコピくんの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

はとことは

家系図を辿れ!?「はとこ」とは? まず、自分から見てどこのポジションにいる人が「はとこ」なのか? 「またいとこ」とも呼ばれるのですが、 専門用語では説明しづらい上に余計に頭がこんがらがってしまいますので、 ざっくり説明しますと、 「はとこ」=両親のいとこの子供 です。 AとBというふたりがいたとして、 AB両者の父親同士が従兄弟ならAとBは「はとこ」ということになります。 具体的な例を挙げると、『サザエさん』のタラちゃんとイクラちゃんは「はとこ」同士です。 結婚はできる?法律、現実、社会の目 さて、ここから少しだけ、色々な意味で「難しい」お話を。 「はとこ同士の結婚」について、です。 法律で定められた結婚できないという規定は「三等親まで」なので、 「六親等」であるはとことの結婚は、法律上は何の問題もありません。 しかし、そう上手くいけばこの問題で苦しむ人はいないでしょう。 親戚同士の結婚において避けて通れないのが「子どもの問題」。 よく 「血縁者同士の間にできる子どもは 病気や障がいを持って産まれてくる確率が高い」という説を聞きます。 ところが実際は「普通より少しリスクが高い」というだけで、 ましてや「六親等」であれば血族と言えどかなり離れていますので、 必ずしも「危ない」と言い切ることは出来ないのです。 なのに現実問題として親族の結婚が快く受け入れられないのは、 周囲の目、社会風潮、偏見の染み付いた世界。 「人」を悩ませ苦しめる原因は、皮肉なことに「人」なのです。 「血の繋がった人と結婚なんて・・・」• 「子どもはどうするの?障がいがあったら?」• 「親族なのに好きだなんておかしい」 ものの考え方は人それぞれです。 筆者も人様の考え方に口出しできるような、そんな大それた人間ではありません。 しかし、異性を愛そうが同性を愛そうが親族を愛そうが、 その「愛」になんの違いがあると言うのでしょう? ひとりの人を大事だと思うことに変わりはないのに、 なぜそれだけで傷付けられてしまう人がこんなにいるのでしょう? 筆者もこれまでいろいろな愛のカタチを見てきました。 筆者自身わりとアブノーマルな家庭で育ったものですから、 愛を恐れ、跳ね除け、望んでいるのに拒むことしかできない時期もありました。 その時に支えてくれたたくさんの人達の中にも、 親族が好きだという方もいらっしゃいましたし、同性愛者の方もいらっしゃいました。 この国が、世間が、もう少し、あとほんの少しだけでも、 そういう人たちに温かくしてくれたらいいなぁ、と考える筆者でありました。 カテゴリー• アーカイブ• メタ情報•

次の

はとこと結婚!子どもに障害が出るのかを徹底調査!

はとことは

いとこ 両親の兄弟姉妹(おじ、おば)の子供 はとこ・またいとこ 両親のいとこ(いとこ違い)の子供 であることが分かると思います。 自分と親族の間柄を示す等級のことを 親等と言いますが、自分から見ると 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等ということになります。 親等で考えると、「いとこ」と「はとこ・またいとこ」は等級に違いがあることが分かりますよね。 実生活で「いとこ」と関わることが思いますが、親等で考えれば「祖父母の兄弟(大おじ・大おば)」と同じ4親等です。 近いようで遠い関係のように感じますよね。 「はとこ・またいとこ」に関しては6親等で、ひいおじいちゃん(曽祖父)・ひいおばあちゃん(曽祖母)よりも遠い存在ということになります。 と言っても両親が「いとこ」の関係なので、それほど遠い関係というわけではないかもしれませんね。 サザエさん一家の場合 「いとこ・はとこ・またいとこ」との関係が家系図を見て分かったと思います。 ここからは、国民的アニメ「サザエさん」を例に見ていきましょう。 サザエさんの家系図を簡単にまとめてみました。  誰を基準に考えるかによって、誰と誰が「いとこ」「はとこ・またいとこ」になるのかが変わります。 「いとこ」の関係 「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できる? さて、ここで気になるのが「いとこ」同士、「はとこ・またいとこ」同士で結婚できるかということ。 その答えは 「できる」です。 日本では、民法という法律の中で結婚に関してルールが定められています。 民法第734条に、親族間の結婚についての記載があります。 (近親者間の婚姻の禁止) 第七百三十四条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。 2 第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。 出典元: 法律を見る限り、 日本では4親等以上離れていれば結婚できるということになります。 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等になるので、「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できるというわけです。 聖徳太子の時代から「いとこ」同士の結婚はあったようですが、現在の日本では「いとこ」同士の結婚はかなり少なくなったみたいです。 ただ、 海外では事情が異なります。 例えば、アメリカでは「いとこ」同士の結婚を禁止している州がありますし、サウジアラビアでは「いとこ」同士のお見合いが多いそうです。 親族間の結婚は、それぞれの地域の文化が影響しているということですね。 まとめ 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いについて、理解できたでしょうか? もう一度振り返ってみましょう。

次の

「いとこの子」「はとこの子」の呼び方について

はとことは

定義 [ ]• 方か方の祖父か祖母の両親、つまりののなかで、自分と兄弟姉妹、いとこを除いた者。 同士が、祖父母同士が、曽祖父母が同じという関係の相手。 親と・の・。 はとこの曽祖父母は、1組が自分自身のの曽祖父母である。 1組は大おじか大おばの舅・姑、残り2組はいとこおじ・いとこおばの配偶者の祖父母(大舅・大姑)となり、これらは自分とは遠縁となるため、親族関係は発生しない。 ただし、両親が2組の従兄弟姉妹同士(父親同士が従兄弟で母親同士も従姉妹、または互いの父親と母親がそれぞれいとこ同士)の場合と、祖父母が2組の兄弟姉妹同士(祖父同士が兄弟で祖母同士も姉妹、または互いの祖父と祖母がそれぞれきょうだい同士)の場合は祖父方・祖母方ともに同じ曽祖父母となる。 はとこの祖父母4人のうち1人は、自分の祖父母4人のうち1人の兄弟姉妹である。 はとこの父か母は、自分の父か母の父方か母方のいとこである。 相互が「兄弟姉妹の孫同士」に当たる関係を「はとこ同士」という。 義理 [ ] 自身の血縁関係にあっても6の関係であるほか、自身ないし近親者のやにともなって義理のはとこが生じる。 自身ないし近親者の婚姻や養子縁組にともなって生じる「義理のはとこ」の例は、以下の通りである。 のはとこ(いとこおじ・いとこおばの配偶者の従甥・従姪と結婚した場合は実のはとこ)• はとこの配偶者• いとこおじ・いとこおばの養子・養女、または再婚相手の子供• 大おじ・大おばの養子・養女の子供、又は再婚相手の孫• 曽祖父母の養子の孫、又は再婚相手の曽孫• 祖父母の養親の曽孫、又は再婚相手の大甥・大姪• 養父母又は親の再婚相手の従甥・従姪• 親の養父母の大甥・大姪 呼称 [ ] 漢字表記 [ ] 「」も参照 では年長の男性を 二( 再) 従兄、年長のを 二( 再) 従姉、年少の男性を 二( 再) 従弟、年少の女性を 二( 再) 従妹と書く。 また、これらを組み合わせて男同士を 二( 再) 従兄弟、女同士を 二( 再) 従姉妹、男女同士を 二( 再) 従姉弟、 二( 再) 従兄妹とも書く。 ひっくるめると 二( 再) 従兄弟姉妹と書く。 又、父方のはとこは 従堂兄弟や 従堂姉妹、母方のはとこは 従表兄弟や 従表姉妹とも書く。 兄弟姉妹の場合と同様に、親のはとこ(曽祖父母の兄弟姉妹の孫)については、兄弟姉妹を伯叔父母に置き換えて 二( 再) 従伯父、 二( 再) 従叔父、 二( 再) 従伯母、 二( 再) 従叔母と書く。 はとこの子供(祖父母の兄弟姉妹の曽孫)については、兄弟姉妹を甥姪などと置き換えて 二( 再) 従甥や 二( 再) 従姪などと書く。 当事者間 [ ] 一般的な当事者間の呼称は、日常の当事者間の親密性が高い場合には、親しみを込めて3親等間における慣例にならい、年長のはとこに対して お兄さん、 兄さん、 お姉さん、 姉さん(親と年齢が近い場合は おじさん、 おばさん)など、年少者のはとこに対してはの呼び捨てないし「ちゃん」「君」付けで呼ぶことが多い。 当事者間の親密性が低い場合には、年齢の長短にかかわらず一般敬称の「さん」を付けて呼称するのがほとんどである。 他言語での表現 [ ] この節のが望まれています。 はとこをで厳密に指す場合には「second cousin」を用いる。 単に「cousin」と呼ばれる場合もあるが、これはいとこを含めた同世代の傍系親族一般を意味する。 はとこ同士の結婚 [ ] の法律()は、やはとこの関係にある者同士の結婚を妨げていない(を参照)。 日本社会においては、心情や感覚、慣習の面での対象となりうる場合もあるが、これは当事者と関わる親族や地域社会によって大きく異なる。 やにおいては、はとこ同士の結婚は不可である。 一方、は、はとこ同士の結婚は可能としている。 では、は特に問題視していないが、現実には家族からを理由に反対される場合もある。 人物 [ ] はとこ同士の著名人 [ ] 多数の事例が存在するため、本項ではあくまで存命人物の一部の例示にとどめる。 王侯貴族の事例は枚挙にいとまがないため、本項では扱わない。 - - ・・(姉兄妹)• - ・(従姉妹)• - ・(姉弟)• - ・(姉弟)• - 脚注 [ ] [].

次の