サイト または アプリ で の データ 侵害 により パスワード 情報 が 漏洩 しま した。 Chromeで「データ侵害によりパスワード情報が漏洩」と警告が!対応方法は?

Chromeから「パスワード情報が漏洩しました。」と言われる原因と対処法

サイト または アプリ で の データ 侵害 により パスワード 情報 が 漏洩 しま した

Google ChromeのVER79(12月19日時点の最新版)から、 「パスワードがどこかで流出した場合、警告してくれる機能」が追加されました。 (設定でオンオフは可能です) 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」という文字なので、「ウィルス?マルウェア?フィッシング?詐欺?」など驚いてしまうかもしれません。 でも、これはChromeの正式な機能ですので、落ち着いて・・・ ということはできず、「IDかメールアドレスとパスワードの組み合わせがどこかで漏洩したものであること」は間違いないので、パスワード変更・2段階認証・パスワード生成ソフトなどの対策をぜひ行ってください。 これから詳しく説明します。 「サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードをすぐに確認することをおすすめします」というメッセージ ただこれは、Google chromeの正常なセキュリティ機能の動作です。 ここで、「パスワードを確認」ボタンを押すと、 ^ という画面が出てきて、この後、Googleアカウントのパスワード入力を求める画面が出てきます。 ・・・・フィッシング? と疑ってしまいますが、 と、 漏洩しているパスワード、安全ではないパスワードなどを教えてくれます。 ちなみに、各社・もしくは様々なルートでパスワード流出が確認された状況は、こちらでも確認できます・・・ (され、セキュリティ研究者のTroy Hunt トロイ・ハント 氏が運営しているサイトだそうです。 自己責任でご使用ください。 また、当サイトでは1passwordの使用や二段階認証、パスワードの変更を勧めています) 上記の機能は、Chrome79より本格的に導入された機能のようで、されています。 Chromeの設定画面にも、下記の上から2番目のように、「データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する」という表示があります。 ご安心を・・・とは言えず、この表示が出てくるサイトについては、様々なサイトでのパスワード流出被害があったものと同じID・パスワードということですので、取り急ぎログイン・パスワードの変更や利用しない場合は退会することをおすすめします。 そして、前掲のではこう書かれています。 サイバー犯罪者が手にした情報で何を企んでいるかについて、常に注意が欠かせない。 その前提で、最後にひとつだけアドバイスをしておきたい。 サイバー犯罪者がユーザーのパスワードを知っていると脅し、金銭を要求するメールを受信した場合、慎重に行動すべきである。 (中略)この場合、受け取ったメールのメッセージ内(件名か本文の最初の数行)には自分のパスワードが記載され、多額の支払いを要求していることがわかっている。 また、テスト的に音声解説版を作りました。

次の

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。と表示されたときの対処法【Google Chrome】【Password checkup】

サイト または アプリ で の データ 侵害 により パスワード 情報 が 漏洩 しま した

ブラウザGoogle Chrome のセキュリティ機能が強化 2019年12月のウェブブラウザ「Google Chrome」のアップデート、バージョン79にてセキュリティ機能が強化されました。 そのセキュリティ機能とは IDとパスワードの組み合わせが第三者によるデータ漏えいの影響を受けていないかを自動で調べる「Password Checkup」です。 具体的に何をするのかというと、 あなたがWEBサイトのログインフォームで利用したIDとパスワードが世間に情報漏洩していないか自動チェックし、もし漏れていれば「パスワードを変更してください」とユーザーに警告する仕組みです。 ブラウザChromeの利用者は今回のセキュリティアップデートについて事前知識がありませんし、いきなりポップアップが表示されて何が何だかわからず驚いている人が多いと予測されます。 本記事では何が起きているのか解説します。 パスワードを変更してください。 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 XXX(サイトURL)のパスワードをすぐに変更することをおすすめします。 このメッセージを最初に見た時「ログインしようとしたサイトに何か問題がある、情報漏洩が起きたのでは?」と誤解してしまいました。 同様にポップアップが表示されたあなたも混乱したと思います。 注意点ですが、 この警告ポップアップが出た時にログインしようとしたサイトそのものが情報漏洩を起こしたというわけではありません。 該当サイトで利用している「IDとパスワード」の組み合わせが、何らかの経路で世の中に流出してしまっている、使い続けない方が良い・パスワードを変更するべき、ということをブラウザGoogle Chromeが警告してきたのです。 Google Chrome ではどのような処理で漏洩の判定をしているのか Google Chromeはどうしてパスワードが漏れているって判断できるの? Chromeのセキュリティを強化する新機能「Password Checkup」は以下の流れで情報漏洩をチェックしています 1. Googleは既に何らかの経路で世の中に漏洩したIDとパスワードのリストを入手。 そのデータを安全な形式(暗号化・ハッシュ化)して管理しており(これらのデータを仮に「漏洩リスト」と呼ぶ) 2. 私たちがChromeを使ってWEBサイトにログインする時、Chromeは自動的にこのIDとパスワードを暗号化・ハッシュ化した上でGoogleに送ります。 Password Checkup は ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていないか照合します。 ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていることが判明したら「パスワードを変更してください(このIDとパスワードの組み合わせは漏洩しているので危ない)」とポップアップで警告します。 このような流れになっています。 画像は以下の公式ブログから引用しました。 英語ですがGoogle公式ブログの解説です。 英語になります。 何も知らずにこのポップアップを見た人は、現在ログインしたサイトで情報漏洩があったのかと誤解するケースが多そうですが、上記で解説した通りです。 過去に利用した何らかのWEBサービスから漏れており、流通しているということです。 もしもパスワード情報漏洩の警告ポップアップが表示されたら 警告ポップアップが表示された人は、 ・該当するIDとパスワードの利用を今後止める ・該当するIDとパスワードで登録しているサイトのパスワードを変更する 上記の作業を行った方がよいでしょう。 情報漏洩リストに載っている・警告が出たということは、あなたのID・パスワードの組み合わせが、今まで使ってきた何らかのWEBサービスから漏洩している、ということになります。 悪意のあるハッカーもGoogle同様に漏洩リストを入手し、記載されているID・パスワードの組み合わせで様々なWEBサービスにログインしようと試みます。 お金の絡むサービスに不正ログインされると大変です。 Chromeからパスワードを変えるように警告された人は、今まで使ってきたWEBサービスとID・パスワードの組み合わせを見直しましょう。 セキュリティソフトの導入は忘れずに!おすすめソフトを紹介 PCにセキュリティソフトは必ず入れて下さいね。 重要な情報が漏れたら大変なことになりますし、データが壊される・PCが立ちあがらなくこともありますよ。 私のおすすめは アバスト です。 日本ではそれほど知名度は高くないかもしれませんが、動作が軽くて操作性もシンプルなのでお勧めです。 国内で有名なソフトは動作がもっさり、裏側で勝手に動作してPCが重くなるなど不満が多いです。 繰り返しますが アバストがおすすめですよ。 という話題でした。 他にもおすすめの記事だよ 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 KazuoLv1.

次の

サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。と表示されたときの対処法【Google Chrome】【Password checkup】

サイト または アプリ で の データ 侵害 により パスワード 情報 が 漏洩 しま した

Google Chrome で PDF を開くと標準では Chrome で開かれてしまいます。 つまりブラウザで開いてしまう(インターネットで開いてしまう)という事です。 PDF を Chrome で開かれるのはすぐに見られるというメリットがありますが、ブラウザで開かずダウンロードして Adobe Reader で開きたいという場合もあるでしょう。 Chrome で PDF を開かずにダウンロードする事ができる設定があります。 ChromeでPDFを開かずにダウンロードする設定 まずは画面右上の「︙」ボタンを押して、メニューの中から設定を開きます。 一番下に詳細設定ボタンがあるのでこれを押して詳細設定を開きます。 プライバシーとセキュリティの項目から「サイトの設定」を選択します。 下の方へスクロールしていくと、PDF ドキュメントの設定があるのでこれを選択します。 「PDF ファイルを Chrome で自動的に開く代わりにダウンロードする」のスイッチをオンにします。 すると PDF が Chrome では開かずに、ダウンロードする場所を尋ねられるようになります。 ダウンロードしてから Adobe Reader で開く事ができます。 スポンサーリンク.

次の