ピル 生理来ない 原因。 ピルを飲んでいる場合、生理が来ない理由として、「妊娠した」以外に考...

ワーホリや留学で生理が来ない時どうする?海外生活は生理不順が多い!

ピル 生理来ない 原因

日本産婦人科専門医。 2008年東北大学医学部卒。 初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。 現在は... 「低用量ピル(経口避妊薬)」を使おうと考えている人のなかには、「低用量ピルを飲んで生理が来なくなったらどうしよう」「低用量ピルの服用をやめたら妊娠できるようになるの?」と不安な人もいるかもしれません。 低用量ピルの仕組みを理解して、少しでも不安を解消したいですね。 そこで今回は、低用量ピルを飲んでいるときの体の状態や、ピルをやめたあとの生理などについてご説明します。 低用量ピル服用中の生理はいつ? 低用量ピルには「エストロゲン(卵巣ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されていて、服用すると体内のホルモンバランスが排卵後とほぼ同じ状態に変化します。 これによって脳が「すでに排卵が終わった」と認識し、排卵を促すためのホルモン分泌がストップして排卵が起こらなくなるため、服用中はほぼ確実に避妊できます。 低用量ピルには、「21日タイプ」と、偽薬(プラセボ)7錠を含む「28日タイプ」がありますが、どちらも「ホルモンが含まれる実薬を21日間飲み、7日間は休む(偽薬を飲む)」という点では同じです。 低用量ピルを何周期か飲み続けることで、人工的に生理周期を整えることができ、通常、実薬を21日間飲み終えて2~5日後に生理(消退出血)が来ます。 関連記事 低用量ピルをやめたら生理はいつ来るの? 前述のとおり、低用量ピルを飲んでいるあいだは排卵が起こらず、生理が来るタイミングも人工的に調整されます。 「低用量ピルをやめたら、自然に生理が来なくなってしまうのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。 それ以上待っても生理が来ない場合は、ピルを処方された婦人科で相談してみましょう。 また、低用量ピルをやめてしばらくは、生理の出血量が増えることがあるかもしれません。 これは、ピルの服用を中止したことによるホルモンバランスの変化が原因なので、数ヶ月すると状態が落ち着きます。 関連記事 低用量ピルをやめたら妊娠できる? 低用量ピルを飲んでいる期間の長さに関係なく、服用をやめてしばらくすると妊娠できるとされています。 先述のとおり、低用量ピルをやめたあと約1~3ヶ月以内に生理周期が安定します。 妊娠を希望する場合は、妊娠したい時期の1~3ヶ月前からピルを飲むのをやめ、基礎体温を測りながら排卵の様子を見ると良いかもしれません。 ただし、低用量ピルを飲むのをやめて、排卵が再開したとしても、妊娠しやすいかどうかには個人差があります。 排卵日にタイミングをあわせて夫婦生活をして、1年を過ぎても妊娠しないときは、一度婦人科を受診して相談してみましょう。

次の

ピル使用中におこる不正出血(予定外の出血)の原因や対策を解説

ピル 生理来ない 原因

生理が来ない……生理不順の原因はストレス? 生理不順は、医学的には「月経不順」と呼ばれるものです。 生理不順の原因として、生理を直接コントロールする女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが考えられます。 女性ホルモンの分泌は、脳の中の下垂体でつくられる黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンによって細かい調節がされています。 そして、脳の中で生理をコントロールしている視床下部ー下垂体という部分はストレスの影響を強く受けてしまう場所です。 体重減少などの急激な体の変化でストレスが生じると、体が「危機」と感じとり、生理が乱れたり止まったりするのです。 生理不順を感じたら、無理なダイエットをしていなかったか、食事は規則的だったか、睡眠は足りていたか、冷えたりしなかったかなど、大きなストレスはなかったか、生活を見つめ直すきっかけにしましょう。 「正常な月経周期以外のペースで月経が来た場合」を生理不順と呼びます。 月経周期は、「前の月経が始まった日から次の月経が始まる前日までの日数」で表します。 月経が始まる日数が、25日~38日の間に入っていればそれは正常な月経周期と言えます。 逆に、月経周期が24日以下だったり39日以上だったりした場合は、「月経不順(生理不順)」。 3ヶ月間全く生理が無い状態は「無月経」といって、生理不順よりもより深刻な状態です。 異常な月経はその周期や特徴によって、以下のように病名がついています。 頻発月経……月経周期が24日以下の場合• 希発月経……月経周期が39日以上の場合• 無排卵月経……排卵せずに月経が来ている場合 人によっては、20歳を過ぎてから月経周期が安定することもあるので、10代のうちは生理不順でも年齢とともに改善することがほとんどです。 女性の体はとてもデリケート。 ちょっとしたストレスで排卵が遅れ、2週間くらい生理が遅れてしまうことも少なくありません。 ただ、60日以上生理が来ない場合は、放置するのは危険です。 卵巣の働きがかなり落ちている可能性もあります。 早めに婦人科を受診することをおすすめします。 特に、20歳以上の方で60日間ずっと基礎体温が低いままの場合は、全く排卵していないという事なので、きちんと検査を受けて治療を開始しましょう。 無月経の期間が長ければ長いほど、治療に時間がかかってしまいます。 少なくとも3ヶ月以上完全に生理がない状態が続いたら、すぐに婦人科に行くべきだと覚えておきましょう。 ただし、別の病気のせいで生理不順になっている場合は、まず大元の病気を治療します。 例えば、生理不順の原因が、「高プロラクチン血症」という病気だった場合は、プロラクチンを抑える薬を飲みます。 また、極端なダイエットによって生理が止まってしまった「体重減少性無月経」の治療の基本は、まず体重を元に戻すことになります。 ある程度体重が戻れば、生理も自然に回復してくることがあります。 3ヶ月以上生理が全くない無月経の場合は、とにかくまず1度は出血を来させる必要があるので、ホルモン剤を1~2週間飲んだり、筋肉注射でホルモンを補ったりして生理を起こすのが一般的な治療法です。 元々生理不順だった人が全く生理が来なくなったというパターンや、血液検査で女性ホルモンが極端に少なくなっている場合は、少なくとも3ヶ月間は薬を続けて、その後もきちんと月1回の出血が来るようにしましょう。 月に1回のペースで定期的に出血を起こすことは、「子宮体がん」のリスクを抑えることにもなります。 普段は正常周期、年に1、2回、1ヶ月くらい飛ぶことがある• 生理が1~2週遅れることもあるが、生理前に10日以上の高温期がある• 夏ばてで食欲が低下すると生理が止まる• 受験や仕事のストレスで一時的な生理不順になる 正常な生理周期の女性でも上記のような症状は、しばしば見られます。 まずは、生理の初日を記録しておく習慣をつけましょう。 症状の悪化に気がつきやすく、また、生理不順と思っていたら、実は妊娠していたという時にも役立ちます。 黄体機能不全:高温期がいつも10日未満• 無排卵性月経:生理出血の前に高温期(排卵)がない 基礎体温をつけてみると、生理周期が変動していたり、高温期が短い、高温期が全くないといったことがわかります。 このような場合、卵巣機能不全や排卵障害のため冷え性などの症状があることが多く、将来妊娠しにくくなる場合があるため、産婦人科の受診をおすすめします。 無月経が続くと子宮の筋肉は萎縮し、妊娠しにくくなります。 ホルモン治療で月経周期が規則的になっても、委縮して小さくなった子宮が元の大きさに戻るのは時間がかかります。 また乳首の色も濃くなっていきます。 高温期が3週間以上続く場合が妊娠している目安です。 風邪のひきはじめのような症状が現れることもありますが、妊娠を疑っている時は薬の服用、またレントゲンの照射に注意が必要です。 このイライラは妊娠中期に入る頃にはおさまってきます。 また、黄体ホルモンの分泌が続くので、腸の動きが鈍くなり、妊娠初期から便秘がちになることがあります。 ただし、まったく症状のない人もいます。 むかつきや吐き気、嘔吐、頭が重い、唾液が多くなる、など、つわりの症状も程度も人により様々です。 早ければ、着床から1週間後くらい、生理の予定日くらいにはうっすらと陽性が出ることもあります。 ただし、妊娠の極初期や生理不順で排卵が遅れたときなどは、妊娠していても陰性と判定が出ることがあります。 逆に、不妊治療の際に排卵を起こすために注射したhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)によって、妊娠していないのに陽性になる場合もあります。 使用する時期は予定月経日の1週間後からにしましょう。 取扱説明書をよく読み、正しい使い方で使用しましょう。 タイミングによっては正しい結果が出ないこともあります。 必ず医師の診察を受けて確認しましょう。 その場合、検査のタイミングが早すぎた可能性があります。 一般的に「最後の生理から数えて3週5日」を過ぎなければ陽性にはなりません。 一度陰性が出たからといって妊娠していないとは判断できません。 2~3日後に再度検査をすると陽性になることも。 また、タイミングも問題なく検査をして陰性だったにも関わらず、吐き気・腹痛・胸が張る・腰痛などの妊娠初期のような症状がある場合も。 このような症状があっても、検査が陰性なら妊娠ではありません。 ただ、月経前症候群やホルモン異常が疑われます。 何度検査をしても陰性なのに生理が来ない場合、無排卵、閉経、早発卵巣機能不全などのホルモン異常が原因のことも考えられます。 病院を受診することおすすめします。 確実に調整するには、中用量または低用量ピルを使うことですが、黄体ホルモン剤だけでも可能です。 若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度かまたは連続で服用しても害はありません。 ただし、喫煙者や肥満の人や片頭痛がある人はピルが飲めないので、病院では、黄体ホルモンの薬を代わりに処方してもらうことができます。 フレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の生理の回数を3~4回に減らすこともできます。 継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に生理を来させることができるので便利です。 ピルを飲んだときの副作用として多いのは、吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルですが、ピンポイントで中用量ピルを使うより、日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。 性交渉の際にコンドームが破れてしまった、コンドームが途中で外れてしまった、そもそも避妊をしていなかった、などの理由で、妊娠を望んでいない場合の緊急的な手段として翌朝に服用されることが多いため、事後避妊薬、モーニングアフターピル、アフターピルとも呼ばれています。 日本で承認されている緊急避妊薬もあり、性交渉後72時間以内、つまり3日以内に内服する必要がありますが、服用は早ければ早いほど効果的です。 注意しなくてはならないのは、緊急避妊薬はあくまでも緊急時に使用し、強制的に避妊させる薬であるため、身体への負担が高いということです。 妊娠を希望せず、事前に準備ができる場合は、毎日内服することで高い避妊効果が得られる「低用量ピル」がおすすめですが、緊急時には「緊急避妊薬」という方法もあるということは覚えておきましょう。

次の

生理が来ない!遅れる理由はストレス?陰性なら妊娠以外の原因?

ピル 生理来ない 原因

生理が来ない!これはストレスが原因? まずは、ストレスと生理の関係についてご紹介します。 ストレスを受けていると、脳から生理を 促すのに必要なホルモンを分泌するように伝えることができなくなります。 それだけでなくストレスホルモンとも呼ばれる副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。 つまり、ストレスを受けると ホルモンの分泌がどんどん抑制されていくため、生理の遅れにつながるのです。 ストレスと聞くと嫌なことを思い浮かべるかもしれません。 しかし、 楽しいイベントなども 日常と異なる生活リズム となることからストレスとなることもあります。 また、ストレス以外にも下垂体や卵巣の異常、 体重の増減なども関係してきます。 そのため、ストレスだけが生理不順の原因とは一概に言い難いものです。 さらに、ストレス以外にも生理予定日を過ぎても生理が来ないという場合には妊娠をしているということも考えられます。 ですので、 生理予定日を過ぎても生理が来ないという場合にはストレスを疑うだけでなく、 妊娠も疑い、検査をされることをおすすめします。 月経不順は治る? 月経の悩みで一番多いのが「 月経不順」。 つまり、規則正しく月経が来ないというものです。 初潮からずっと月経不順という方もいらっしゃれば、受験や就職などをきっかけに数ヶ月間だけ一時的に不規則になったり、更年期の症状の1つとして40代後半から急に不規則になる方もいらっしゃいます。 特に婦人科系の病気などがなくても生理不順になる方は大勢いらっしゃいます。 このような場合には、 低用量ピルを服用することで生理周期をぴったり揃えることが可能です。 クリニックフォアでは 全国どなたでも初診からオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで 薬は最短当日発送いたします。 クリニックフォアでは、低用量ピルの専用ケースを無料でプレゼントしています。 持ち運ぶのが少し恥ずかしいという方におすすめです! 生理が終わらない時はどうすればいいの? 月経による出血期間は3~7日ほどといわれており、これを超えると生理が長いという扱いとなります。 生理が長引く、なかなか終わらないという場合のことを 過超月経といいます。 過超月経の場合、ストレスよりも排卵障害に伴うことが多いので、排卵機能の治療を行うことで改善される可能性があります。 ストレスが長引いて気になるという方はまずは婦人科へ相談されることをおすすめします。 ストレスを受けると生理は終わらないのではなく、逆に終わってしまうもので2日以内に終わることが多いです。 過少月経はストレス以外に ホルモンの異常や過度のダイエット、子宮の発育不全や子宮の癒着も原因として考えられます。 ですので生理がなかなか終わらなくて不安という方だけでなく、生理が早く終わる、生理の出血が少量であるという方も婦人科で検査を受けられた方がよいでしょう。 子宮の痛みはストレスによるもの? 生理のたびに生理痛が強く、日常生活に支障をきたしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 生理による子宮の痛みはストレスに関係するのでしょうか。 生理痛は子宮の内膜をはがし、子宮を収縮させて体外に排出するために起こります。 生理痛の原因は4つあると考えられています。 1つは 子宮の内膜をはがして体外へ排出させる役割を持つプロスタグランジンの生成量が多いということです。 プロスタグランジンはこれ以外にも痛みの元となる物質ですので、これによって痛みが強くなっていることが考えられます。 2つ目は 子宮の出口が狭く、スムーズに経血が体外に排出されないことによる痛みです。 3つ目は 冷えやプロスタグランジンの影響によって血行が悪くなることで痛みの元となるプロスタグランジンが子宮内で滞ることによる痛みと考えられています。 そして、4つ目が ストレスによる痛みです。 ストレスを受けるとホルモンや自律神経のバランスが乱れたり、血行不良に陥りやすくなります。 これらの原因によって子宮の痛みが通常よりも増強していることが考えられます。 したがって 生理痛はストレスも関係しているといえるのです。 また、他にも生理のたびに痛みで日常生活に支障をきたすという場合には 月経困難症という病気であることが考えられます。 月経困難症とは、下腹部痛など腹部の痛みを主症状とする病気で、月経困難症の原因となる病気がない器質性月経困難症と、月経困難症の原因となる病気が明確な続発性月経困難症に分類されます。 自分の生理痛が月経困難症であるかどうか、また、月経困難症であった場合にどちらのタイプであるかは、素人では判断がつかず、婦人科などで精密な検査を受けることで分かります。 生理痛がひどいという方はストレスを減らすということはもちろんですが、月経困難症などの病気が隠れていないかを婦人科などでメディカルチェックを受けることがおすすめです。 隠れた病気に注意!セルフチェック方法は? 生理不順がストレスによるものだけでなく、実は病気が隠れているという可能性があります。 ここで、生理不順がストレスのせいによるものか、病気によるものかをセルフチェックしてみましょう。 病気の可能性が潜んでいる、注意しておきたい生理不順は以下のような状態になります。 日常生活に支障をきたし、日常生活が困難なほど痛みが強い• ナプキンを1時間おきに替えなければならないほど出血量が多い• 月経以外の時期にも出血がみられる• 月経の周期が乱れる もしこれらのような症状があった場合には早急に対策をとることが必要となります。 早めに婦人科を受診して検査を受けられることをおすすめします。 クリニックフォアでは 初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。 事前問診3分、診療3分のみで完了し、 薬は最短当日発送いたします。 生理前の不快な症状にはサプリも効果的? 生理前にPMS(月経前症候群 症状でお悩みではありませんか? PMSの症状には、ニキビなどの肌荒れ、むくみなどの 美容にかかわること、胸の張りや肩こり、頭痛などの 痛みにかかわること、眠気や食欲、部屋だるさなどの 生活の質にかかわること、そしてイライラや気分の落ち込み、集中力の低下などの 心にかかわることなど、生理前には人によって様々な症状が現れます。 生理前の症状に悩んでいるが、低用量ピルを飲むのはまだ少し抵抗があるという方は、まずサプリメントから初めてみてはいかがでしょうか。 ご自身のPMS症状を診断するパーソナライズ診断も無料で行なっております。 詳しくは以下のリンクからご覧ください。

次の