糖尿病 宅配食 冷凍。 糖尿病食の宅配食事おすすめランキング

糖尿病食の宅配を徹底比較【おいしく食事療法を始める最善策】

糖尿病 宅配食 冷凍

糖尿病食、カロリー制限冷凍宅配弁当 各社徹底比較 宅配冷凍弁当を取り扱う企業は年々増えて来ました。 超高齢化社会に突入する中で、マーケット規模は拡大する介護系サービス 宅配冷凍弁当は、高齢者にターゲットを当てたものだけではなく、カロリー制限をテーマに各社が様々な商品を展開しています。 カロリー制限食を必要とする方は、 糖尿病の人 糖尿病予備軍の人 減量が必要な人 減量中の人 多くの企業が参入するマーケットなので、利用者か見ると何が違うのか?よく分からなくなってきます。 そこで今回の記事では、「カロリー制限」をテーマにした各社のメニューを徹底比較してみたいと思います。 7食購入で4193円(税込)、1食あたり599円 7個以上お買い上げで送料無料になり、7個未満は全国一律送料700円 送料無料になるのは 彩ダイニングのみのサービスです。 10食セット、20食セットであれば1食あたり548円で購入が可能です。 送料900円が加算されると、 4食セットの購入は1食あたり925円まで上がるので割高感があります。 利用頻度は週に5日、ランチ用として利用させていただいています。 本当は夕食用なのですが、翌日にランチとしていただくというやり方をしています。 味もまずまずで、どれもまずいといったことはありません。 栄養バランスもちゃんと考えられているようで、肉料理が続いたりということもなく、まんべんなく焼き魚がでたり、豆腐料理がでたりとメニュー展開も飽きないように工夫されています。 ボリュームは女性は満足する量ですが、男性の大食家の方だと少しものたりないかもしれません。 私は問題なく利用させていただいています。

次の

糖尿病食の通販をしている会社を比べてみました

糖尿病 宅配食 冷凍

目次 - - - - - - 武蔵野フーズ【冷蔵食】やすらぎ膳たんぱく質・実食レポート まず日替わりでメニューが変わるという、たんぱく質調整食である 「やすらぎ膳」の朝食からいただくことにしました。 冷蔵食はご飯までセットになっているため、このまま 電子レンジで温めればすぐに食べられて便利ですね。 主菜は鶏肉の塩麹焼き。 すまし汁もついていて ボリューム満点です。 【冷蔵食】やすらぎ膳たんぱく質のメニュー• 鶏肉の塩麹焼き• 玉ねぎとわかめのサラダ• すまし汁(小町ふ、小ねぎ) 成分表 エネルギー 486 kcal たんぱく質 13. 4 g 脂質 11. 9 g 炭水化物 77. 9 g ナトリウム 690 mg カリウム 365 mg 実食レポート ひとつひとつの容器が小さく、レンジに収めやすいサイズになっています。 それに、温める時間が 1品1分半程度と短時間。 素早く食事の用意ができるので、時間がない朝は特に便利だと思います。 お皿に盛り付けたほうが見た目もきれいなので、すまし汁も温めて容器からおわんに移しました。 外出先や旅先であれば容器のまま食べてもいいですね。 主菜は鶏肉の塩麹焼き。 腎臓の機能をサポートしてくれるという、しいたけが添えられていました。 別添えで長ネギのソースが付いています。 鶏肉は焼き目がついた皮が見た目にもおいしそう!でも、皮がついているのにあまり脂っぽくなくサッパリとしていて、 おしゃれな和食屋さんで出されるような感じ。 塩麹の効果かお肉はやわらかくジューシーでした。 シャキシャキとした長ネギを使ったソースが鶏肉にとても合っていて、朝食にはちょっと贅沢かもしれないくらいの満足感。 しいたけもだしが利いていておいしかったです。 玉ねぎが苦手な人にはどうだろう…と思いながら食べた玉ねぎとワカメのサラダ。 これが予想以上にヒットでした。 おいしくて箸が進んでしまい、すぐにお皿が空いてしまったほど。 自分で料理すると どうしても好きな食材が偏ってしまうので、こうしたレシピとの出会いはありがたいと感じました。 武蔵野フーズ【冷凍食】健康美膳(たんぱく調整食)・実食レポート 療養食の宅配サービスではこの 冷凍タイプが一般的。 武蔵野フーズさんのたんぱく調整食は4タイプありますが、 6食分が1セットになって送られてきます。 今回は特別に一食分だけ実食させていただきました。 メインとなる主菜はからすがれいの中華マヨネーズ。 冷凍食はおかずだけのセットになりますので、ご飯は自分で用意します。 こちらも腎臓病食用に塩分なども調整されていて、ご飯抜きで300㎉ちょっとで計算されています。 【冷凍食】健康美膳(たんぱく調整食)• からすがれいの中華マヨネーズ• 根菜の甘辛煮• マカロニのケチャップ炒め• 小松菜のナムル 成分表 エネルギー 316 kcal たんぱく質 9. 1 g 脂質 17. 2 g 炭水化物 31. 0 g ナトリウム 715 mg 食塩相当量 1. 8 mg カリウム 563 mg リン 179 mg 水分 217. 8 g 冷蔵食と冷凍食の違いとは 冷蔵食と冷凍食、どちらもおいしくいただけましたが、大きな違いは2つあるのかなと思いました。 ひとつはメニューのバリエーション。 冷蔵食は日替わりメニューになっているため、給食のように 毎日違った献立を楽しむことができます。 ご飯やパン、デザートなどもセットになっているので、ご家族もご本人も食事療法の 手間やわずらわしさから開放されて、ラクができるだろうなと思いました。 もうひとつは、 冷蔵のほうが食べ物本来の食感が楽しめるということ。 最近の冷凍食は再現性が高く、旬の素材を調理して急速冷凍するなど工夫されています。 でも、毎日食べることを考えれば冷蔵食のほうがより季節感が楽しめて、 食べ物本来のおいしさを感じることができると感じました。 ただ冷凍食は6つ入りで半年以上保存できますので、冷凍と冷蔵を組み合わせて、 1ヵ月のシミュレーションをしてみるのもありかなと思います。 こちらの実食レポートで紹介したたんぱく制限食は 武蔵野フーズの「健康宅配」で簡単に注文できますので、実際に食べてみたいというかたは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

次の

おいしくて安全な糖尿病食・宅配サービス会社の徹底比較サイト

糖尿病 宅配食 冷凍

ボリュームもあり、10ヶ月も日持ちする。 評価4. 添加物かなり少なめ。 評価4. 評価3. 安めな分量は少なめ。 評価3. 評価3. 評価3. 調整されているが主治医に確認が必要。 評価3. 評価2. 評価3. 評価3. 評価3. 季節メニューあり。 評価4. 評価3. 評価3. 評価3. 評価3. 食事療法に使えなくもない。 評価3. 評価3. 評価3. 食事療法に不向き。 評価2. 種類が決まっているが豊富で味に定評あり。 評価4. 0 基本的に ご飯なしのセットをおすすめしています。 セットの白米より、おうちで玄米や雑穀米の方が血糖値も上がりにくく、また量でカロリーや糖質も調整しやすいためです。 1,ウェルネスダイニング 代表的な商品 カロリー制限 気配り宅配食 1食あたりの価格(目安) 694円(税込) 送料について 700円 お試しセットは無料 定期便は半額 品目数とご飯 4品(ご飯別売り) まず1つ目はウェルネスダイニング。 チンするだけでOKながら、味・ボリュームがしっかりしていて制限食とは思えないレベルです。 特に衛生管理が徹底していて、 賞味期限は10ヶ月程度とかなり保存が効きます! 糖尿病なら カロリー制限、糖質制限のどちらか。 どちらを選んでもカロリー、糖質量にはあまり変わりません。 味付けと歯ごたえに違いがあり、 高齢者ならカロリー制限、若い方なら糖質制限が合うと思います。 添加物も少なめで味、ボリューム共にバランスがいいですね。 お試しセットは送料無料というのも嬉しいポイント!お届け頻度も自由に選べるので、定期利用したい方でも送料を抑えられるのはポイントが高いです。 お弁当タイプではなく、1品ずつお皿に盛る必要があるのでしっかり調理している感もあります。 (でも解凍だけなのでそんなに手間にならない!)チンするだけのBC400彩楽という商品もありますが、せっかく頼むのであれば他の宅配食にはないBC400がおすすめです。 何より 他の食事宅配サービスにはない汁物が付いてくるのが嬉しいですね!特に寒い季節にぴったりです。 また 栄養素のバランスも良く、宅配食の中でも特に添加物が少なかったので気にする方ならこちらがぴったり。 お試し以外は定期購入しか購入方法がないのが本当に惜しい…1食あたりが少し高くなるのもあって、たまに利用したい人向けの購入方法があると本当に嬉しいんですが…! ただ定期的に利用したい方にはぴったり。 とにかく美味しく、変わったメニューも多いのでグルメな方にもおすすめです! お弁当じゃない分解凍の手間がちょっとあるけど、変わったメニューを楽しんだり、栄養価で選ぶならコレなんだ!汁物が付いてくるのも嬉しいね! 3,食宅便 代表的な商品 カロリーケア1200 1食あたりの価格(目安) 620円 送料について 390円 品目数とご飯 4品以上、ご飯なし 食宅便はウェルネスダイニングや美健倶楽部とは違い、 メニューの決まったセットになっています。 そのため、 栄養やカロリーが購入前に分かるのが大きなメリットです。 好き嫌いがある方には嬉しいポイントですね! こちらも 賞味期限が10ヶ月と保存が効くし、トレーに色が付いていてそのままでも彩りよく食べられるのが嬉しいポイント。 しっかりとした味付けなのもポイントが高いです。 カロリーケア1200、カロリーケア1600以外におまかせ低糖質セレクトと種類もあって色々試せます! 値段とかはウェルネスダイニングに近いけど、届くメニューが全部分かるんだ!価格、送料も高くないから、メニュー見て選ぶならこっちだね! 4,ニチレイフーズ 代表的な商品 気くばり御膳 1食あたりの価格(目安) 800円 送料について 800円~ 5,000円以上購入で無料 品目数とご飯 3品 ありなしが選べる 冷凍食品の大手会社ニチレイということで安心感はバツグン!こちらも食宅便と同じく メニューは決まっているので、栄養やカロリーが事前に確認できるのが嬉しいですね。 ただ通常のカロリー制限は調べたところ、他の宅配食に比べて 糖質がちょっと多いかな?という印象。 できれば糖質制限の商品を選んだ方がいいかもしれません。 季節限定メニューもあって楽しみがありますが、1食で比べるとちょっと高いかなぁという感じはありますね。 ただ安心感はあるし、メニューも豊富なので季節メニューを中心に試してみることをおすすめします! 季節限定メニューが美味しそうでおすすめなんだ!売り切れになったりもしているから早めにチェックしておきたいね! 5,ミールタイム 代表的な商品 ヘルシー食 おかず 1食あたりの価格(目安) 598円 送料について 950円 4,980円以上の注文で200円 品目数とご飯 4品以上 ご飯ありとなしがある ミールタイムは全国の医療機関で推薦されています。 他のセットとは違い、 1食から好きな数だけ組み合わせて選べるというのがポイントですね!(ただ7食以上でないと注文はできないようになっています) 他と同じく、ご飯付き、ご飯なしのメニュー以外に 多めのセットもあるのが嬉しいところ。 ただカロリー制限が主体で糖質制限にはまだ対応していないのか、ちょっと炭水化物量が多めのメニューも中にはありました。 他より量が少なめな感じがありますが、その分安いです。 送料が高いのに注意が必要ですが、好き嫌いが激しく1品ずつしっかりチェックして購入したい方にはミールタイムがおすすめです。 メニューが一杯で好きなものを選べるのは嬉しいね!でも糖質量と送料には注意して選びたいんだ! 5つご紹介しましたが、 どれも冷凍で届く全国対応の商品です。 どなたにでも合いやすいので、まずはこれらで宅配食の味や使い勝手を試してみて、自分にぴったりのものを探していくのがおすすめです! その他 上記5つは、どちらかというと、普段は食事の準備をするけど忙しい時に利用したい!たまには違うメニューを楽しみたい!という方向けの商品でした。 ただそれ以外に毎日欲しい!冷凍は嫌だ!という方もいると思うので、使い方、目的別に比較するページを用意しました。 上記の商品だとちょっと違うかなぁ?と感じた方はこちらを参考にしてください。 そもそも糖尿病の食事宅配サービスって? 糖尿病の方向けに カロリーや塩分が調整された食事の宅配サービスです。 1食で栄養素が管理されて作られているので、自分でカロリー計算や栄養価を考える必要がないのがポイント。 食事宅配というと生協に代表されるような食材宅配をイメージされる方もいるかもしれません。 が、糖尿病の食事は1品ではなく食事全体でカロリー、糖質や塩分、それにもちろんビタミン、ミネラルといった栄養素までを考えた食事管理が重要になってきます。 1食、もしくは1日の食事全体でコントロールが必要なので、糖尿病の方専用のお惣菜1品、食材の宅配というのはほとんどありません。 食事宅配サービスは 管理栄養士や糖尿病の専門医が考案、監修している商品も多く、普段の食事と違ったメニュー、手軽さで人気です。 食事宅配サービスでこんなお悩みが解決! 仕事もあるし、 毎日食事の準備なんてとても無理… 毎日食事を用意するのはもちろん大変ですが、家族がいて別にメニューを考えるとなると本当に気を使います。 それだけならまだしも、頑張って作っているのに本人は間食してたりすると、やる気も落ちてきちゃいますよね…。 たまには変わったメニューを。 たまには楽したい!たまには楽させてあげたい! そんな方にぴったりのサービスが糖尿病の方向け食事宅配です。 実際に口コミを見ても• 美味しいと箸が進むようになった• 満足感があるのか間食をしなくなった• 気が楽になって言い合いになることが少なくなった と利用することでどちらも満足しているケースが多いですね。 一度おすすめ商品の中から気になったものを試してみてください。 毎日の食事管理を、少しながらきっと楽にしてくれるはずです! 選ぶときにチェックしておきたいポイント ここまででおすすめと目的別に商品を紹介してきました。 選ぶ時に価格や制限の種類はもちろんチェックすると思います。 ですが、ここもチェックしておきたい!というポイントをご紹介しておきます。 1,カロリーと糖質量 まだまだカロリー制限で栄養指導があるかもしれません。 実際にうちの母はカロリー制限を中心とした栄養バランスの指導を受けたそうです。 ですがカロリー制限はもう過去のものとなりつつあり、米国糖尿病学会(ADA)によると 血糖値を上げるのは糖質のみとされています。 たんぱく質や脂質は血糖値を上げないということです。 食事宅配の商品はカロリー制限が中心です。 が、中には糖質量までしっかり明記されているものもあるので、できれば 糖質量までチェックして選ぶのがおすすめです。 糖質量が少ない方が当然血糖値への影響は少なくなりますから。 公式ページに糖質量の記載がなくても、当サイトでレビューしているものは糖質までチェックしてあります。 も参考にしながら選んでみてください。 ただし すでに血糖コントロールのためのお薬、注射をされている場合、自己流での糖質制限は低血糖状態を招き非常に危険です。 糖質制限を実践したい場合は必ずかかりつけの医師に相談してください。 補足:ご飯は付いていないおかずのみのセットを 先にお話したように血糖値を上げるのは糖質です。 白米は 精製糖質といって血糖値を非常に上げやすい糖質です。 ご飯を食べるのであれば精製糖質ではない『玄米』や『雑穀米』がおすすめです。 もしくは糖質量の少ないこんにゃく米のような種類を選んだ方がいいでしょう。 セットに付いているご飯は基本的に白米なので、ご飯なしのセットで上記のようなご飯を選んだ方が血糖値への影響は少なくなります。 購入するならご飯なしのセットがおすすめです。 その上で本格的に糖質制限を実践したい場合は管理人が採用している糖質制限についてでチェックしてみてください。 2,配送地域、方法と送料 価格はチェックすると思いますが、 同時に送料も必ずチェックしておいてください。 というのも冷凍や冷蔵での宅配となり、送料が高めに設定されているサービスが多いためです。 いくら以上で送料無料というサービスもあるので、購入する場合は送料も考えながら商品を選んだ方がいいですね。 また冷凍のものは基本的に全国対応ですが、 冷蔵や常温の商品は当然のことながら地域が限られます。 そういった商品が欲しい場合は宅配地域が対応しているかのチェックも必要です。 最後に冷凍や冷蔵で届くものは再配達となるとやはり衛生上不安が残ります。 (夏場は特に!)時間や日にちの指定をする場合、 配送業者がどこなのかも合わせてチェックしておくといいでしょう。 3,安全性と添加物 口に入れるものだからこそ安全性には気を使いたいものです。 商品の管理体制やどういったパッケージで届くのか?衛生管理と安全性はチェックしておきたいところです。 またに試食時に気になった原材料、添加物を記載してあります。 あまり気にする必要はないというのが管理人の考えですが、気になる場合はそちらをチェックしてみてください。 あくまで試食したメニューの中からにはなりますが、どういったものが使用されているのか参考にはなると思います。 糖尿病の食事で大事なのってカロリー制限?糖質制限? 先に書いたように血糖値を上げるのは糖質のみで、たんぱく質や脂質は血糖値を上げません。 なので重要なのは糖質制限ですが、正しい糖質制限はご飯を抜いたり、メニューをガラッと変える必要があり、知識不足だと やっているつもりが糖質制限になっていなかった、食事メニューが変わりすぎて続けられなかったという方も多いです。 日本の栄養指導ではカロリー制限が主流で、カロリー制限で改善しない場合に糖質制限を取り入れる例があります。 より重要なのは糖質制限ですが、まずはカロリー制限から入り、糖質制限については勉強してできる範囲で取り入れていくのがいいでしょう。 ただし再度書きますが、すでに血糖コントロールのお薬やインスリン注射をしている場合、糖質制限を行うと低血糖を招き非常に危険です。 糖質制限を実践する前に必ずかかりつけの医師に相談してください。 お菓子食べたいんだけど食べていいかな?やっぱりダメ? できれば食べない方が血糖コントロールがしやすいですが、糖質オフのおやつが今はたくさん売られています。 おすすめのお菓子はこちらの記事を参考にしてください。 コンビニで選ぶならどういった商品?組み合わせがいい? コンビニ商品はカロリー、栄養素表示がされていて、糖尿病の方でも選びやすいです。 各コンビニでどういう組み合わせで選べばいいのか?こちらの記事で紹介しています。

次の