基礎体温 38度。 毎日37度の熱があります…

なぜ体温は37℃なのか?|体温の基礎知識|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

基礎体温 38度

まず37度台の熱に気づいた場合、適切な対処法は何か聞いてみたところ、「家で安静にする」と回答した医師が69%と最も多く、続いて「水分補給をこまめに行う」と回答した医師が63%となりました。 次に、38度台の熱に気づいた場合の適切な対処法についても聞いたところ、「家で安静にする」が62%と一番多く、「水分補給をこまめに行う」が61%と続きました。 38度台の場合でも37度台の時と同様に、家で出来る対処法を勧める意見が過半数を超える結果となりました。 最後に39度以上の熱における適切な対処法を聞いてみたところ、「病院を受診する」と回答した医師が54%と最も多く、続いて「水分補給をこまめに行う」と回答した医師が50%となりました。 39度以上になるとインフルエンザを疑うというコメントも多く、病院受診を勧める声が多くみられました。 熱の症状がある時にどう対処すれば良いか悩んだ経験はありませんか? 熱の症状って、体温によっては辛さや症状が異なることがありますよね。 37度の熱と、39度の熱では、適切な対処法も変わってきそうなイメージがあります。 特に、何度の熱であれば病院を受診すべきか、専門家の意見が気になる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一般内科、総合診療科医518人に、発熱した際の体温別(37度・38度・39度以上)の適した対処法について聞いてみました。 37度台の発熱の際に適した対処法って何? 「37度台の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 集計の結果、家で安静にすると回答している医師が69%と一番多く、水分補給をこまめに行うが63%とこれに続きます。 どちらも家で出来る対処法が過半数を超える結果となりました。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 37度台の熱の場合は、まずは家で安静に!• 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・解熱剤を使用する 先ずは安静でしょう。 60代男性 一般内科 家で安静にする 37度台なら特に何も必要ないと思います。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う とにかく水分補給ですね。 30代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う 37度台であればそれほど気にしなくていいです。 40代男性 一般内科 家で安静にする 家で安静にしていることです。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う 安静が一番と思います。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 体を休めて、しっかり栄養を取り、水分摂取を促します。 60代男性 一般内科 家で安静にする 休息と安静が基本と思います。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分および栄養を取って休む以外の方法はないのでは。 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 基本は水分をしっかり摂取し、安静にすることでしょう。 医師の回答を見ると 安静に、水分補給をとのコメントが一番多く見られました。 医師のコメントでは、37度台の発熱であれば、まずは安静を勧めるという意見や、休む以外の方法はないという意見もありました。 37度台の発熱のときは、そこまで神経質にならずに、しっかりとした水分補給を心がけ、家で休息することが大事そうです。 38度台の発熱の際に適した対処法って何? 続いて、「38度台の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 ここでも家で安静にすると回答している医師が62%と一番多く、水分補給をこまめに行うが61%とこれに続く結果となりました。 37度台の発熱の時と同様に38度台の発熱でも、家で出来る対処法が過半数を超えていました。 ですが、病院を受診するという意見については、37度台の時と比較すると増加しています。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 38度台の熱には、しっかりとした水分補給を意識して安静に• 40代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる とりあえずは、水分補給です。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う 水分補給をこまめに行うといいです。 50代女性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分補給は必要です。 インフルエンザを疑うときは、半日以上たってから。 40代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 水分補給と栄養を取ることが大事です。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う 水分はたもつ方向で管理します。 50代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う 怖いのは脱水です。 水分をしっかり摂りましょう。 50代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する あたたかくして安静にして汗をかくことです。 40代男性 一般内科 身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる 身体を温める、水分補給をこまめに行うことです。 60代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う まずは安静にして水分を十分にとることです。 医師の回答を見ると ここでも安静にする事・水分補給をしっかりとるとのコメントが一番多く見られました。 ただ、38度台の熱になると「インフルエンザを疑うときは、半日以上たってから」といった受診のタイミングについてのコメントも見られました。 37度台の時と基本的な対応は同じでも、受診するタイミングを逃さないようにする必要がありそうです。 39度以上の発熱の際に適した対処法って何? 最後に「39度以上の熱に気づいた場合、適切な対処法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 家で安静にする• 身体を温める• 水分補給をこまめに行う• 消化しやすい食事をとる• 病院を受診する• 解熱剤を使用する• その他 以下のグラフが結果となります。 ここでは 病院を受診すると回答している医師が54%と一番多く、水分補給をこまめに行うが50%とこれに続く結果となりました。 39度以上の発熱になると、病院を受診することが推奨される状況のようです。 では、それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。 39度以上の熱の場合は、受診をすすめる声が多い• 60代男性 一般内科 病院を受診する・解熱剤を使用する 39度以上なら病院を受診すべきと思います。 60代男性 一般内科 病院を受診する 絶対に病院を受診することです。 50代男性 一般内科 病院を受診する 大至急受診すべきであります。 50代男性 一般内科 病院を受診する 受診するのがいいと思います。 50代女性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する・解熱剤を使用する 39度以上の場合には 病院受診が望ましいです。 40代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する さっさと受診して、原因を加療した方がよいです。 60代男性 一般内科 水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する 絶対に医療機関の受診を勧めます。 50代男性 一般内科 病院を受診する まずは原因を鑑別しましょう。 30代男性 一般内科 病院を受診する・解熱剤を使用する インフルの時期なら受診です。 50代男性 一般内科 病院を受診する インフルエンザの検査をします。 50代男性 一般内科 家で安静にする・身体を温める・水分補給をこまめに行う・消化しやすい食事をとる・病院を受診する インフルエンザの可能性があるため病院に行くのが良いでしょう。 50代男性 一般内科 家で安静にする・水分補給をこまめに行う・病院を受診する・解熱剤を使用する 水分は保つ方向で管理します。 医師の回答を見ると 病院を受診した方が良い・インフルエンザの可能性ありとのコメントが多く見られました。 やはり39度以上の高熱になると、家で出来る対処法だけでなく、病院で医師に診てもらうことを推奨する意見が多くなりました。 また、38度の発熱とも共通していたのが水分補給の大切さです。 発熱した際は、普段より少し多めに飲むぐらい意識しても良いかもしれません。 38度までの発熱であれば水分補給、安静が第一。 39度を超える場合は、まず病院受診の検討を。 今回は、発熱した際の体温毎(37度・38度・39度以上)の適した対処法についてみていきました。 本調査によると、37度・38度の発熱の際は家で安静にし、水分補給をしっかりすることが、適した対処方法として推奨されていました。 しかし、39度以上になるとインフルエンザを疑う声も多く、病院の受診を勧める声が過半数を超える結果となりました。 39度を超える発熱の場合には、病院の受診を選択肢に入れて考えるのが大事と言えそうです。 詳しくは、以下のイシコメの記事をご参照ください。

次の

なぜ体温は37℃なのか?|体温の基礎知識|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

基礎体温 38度

基礎体温は身体が生命維持に必要なエネルギーを消費しているときの体温のことを指します。 運動や食事の影響を受けないよう、基礎体温は安静にした状態で計測します。 基礎体温は生理が正常な場合、生理周期にあわせて変化するのが一般的です。 生理周期は生理の経血が排出される「月経期」、子宮内膜が成長する「卵胞期」、卵巣から卵胞が飛び出す「排卵期」、子宮内膜が成熟する「黄体期」に分けられます。 排卵や着床の準備はホルモンでコントロールされており、生理周期の中で分泌量が変動しています。 卵胞期に分泌が増えるのは、女性ホルモンの「エストロゲン」です。 黄体期にはエストロゲンの分泌が減り、代わりに「プロゲステロン」の分泌が増えます。 基礎体温はこのふたつのホルモンの影響を受けて変化しています。 排卵で放出された卵胞は、「黄体」に変わります。 黄体からはプロゲステロンが分泌され、子宮内膜を着床に適した状態に整えていきます。 プロゲステロンには体温を上昇させる作用があるため、排卵があると黄体期に基礎体温が高温となります。 黄体の寿命は約14日間と決まっています。 着床が成立すると黄体は「妊娠黄体」となり、プロゲステロンの分泌が続きます。 しかし、着床が成立しなければ黄体の寿命は尽き、プロゲステロンの分泌が止まります。 体温は低温に戻り、子宮内膜が剥がれ落ちて生理が始まります。 こうして身体の中では、次の排卵に向けたサイクルが繰り返されるのです。 基礎体温はこのサイクルにあわせ、月経期と卵胞期は低温、排卵後から黄体期が高温の二相性を示します。 そのため、基礎体温を計測し、変動するリズムを把握すると、生理予定日や排卵の予測に役立ちます。 一般的に、基礎体温の低温期と高温期の境は36. また、日本人の日中の平均体温は36. 55~37. 生理周期に異常があると、無排卵や黄体機能不全が起こる可能性も否定できません。 基礎体温は自宅で計測することができ、身体のリズムが周期的に変化しているかを自分で確認することができるので、妊娠を望む女性にとっては貴重な情報になりますね。 頼りになる情報なだけに、温度変化にナーバスになってしまうこともあるのではないでしょうか。 基礎体温の変化が規則正しく起こっているか、日数が足りているかなどを確認し、妊娠の可能性がある場合は必ず妊娠検査薬でチェックするようにしましょう。 基礎体温はあくまで目安としてとらえ、そのほかの身体からのメッセージに気を配り、心配なことがある場合は医師に相談するようにしてくださいね。

次の

発熱した体温別(37度・38度・39度以上)の適した対処法は?医師518人に聞いてみました

基礎体温 38度

「体温が34度台なんだけど、何かの病気?」 私の友人の平熱が34度台です。 しかし、 34度台の低体温だと特に自覚症状はなくても、不安になってしまうもの。 病気を治療することによって、低体温の解消につながる場合が多いのです。 しかし、病気ではないのに体温が34度台という場合もあります。 低血圧• 生活習慣の乱れ• 血圧が低いのは、血液を押し出す力が弱いということ。 手足の先まで血液が届きにくくなり、低体温の原因になります。 特に低血圧は女性に多いのが特徴。 それは、女性ホルモンが血管を拡張する作用があるためです。 <生活習慣の乱れの具体例> ・過剰なダイエット ・冷暖房の使い過ぎ ・体を冷やす食べ物の摂りすぎ(夏野菜など) ・薬の飲みすぎ ・運動不足 ・喫煙 上記のような原因によって、体を冷やすことや血行の悪化を引き起こすのです。 筋肉は人体で最も熱を産生させる器官です。 特に、女性が低体温になりやすいです。 それは、一般的に男性と比べて筋肉量が少ないことに原因があるから。 筋肉量が少ないと、血流を身体の末端まで行き渡らせる働きが悪くなるのです。 体温のみならず基礎代謝まで下がってしまいます。 こういった3つの状態が重なると、日常的にも問題が生じます。 それは、 疲労感や だるさが起こりやすくなるのです。 だるさを感じることが多いという方は、下記もご参照くださいませ。 このように体の様々な要素が関係している低体温ですが、近年では 平熱が34度台という人が急増しているのはご存じでしょうか? それには現代人の生活の変化に大きな関係があるのです。 9度でした。 しかし、今では34度台の人も結構いるのです。 それは・・・• 運動量が大幅に減少した• 現代人の生活は、とても便利になりました。 電車・車・エレベーターなどが普及して歩く機会が大幅に少なくなったのです。 また、デスクワークの仕事の人も増え、全般的に運動不足の人が増えているといえます。 その結果、 筋肉量の低下が顕著に起こるようになったのです。 夏の食べ物は体を冷やす作用を持つものが多いです。 今は流通が発達していて、夏以外にも夏のものが食べられるようになりました。 例えば、夏野菜であるトマト・なす・きゅうり、また夏の果物であるキウイ・グレープフルーツなどは 体を冷やす作用があります。 一昔前はこれらの食べ物は季節の食べ物でしたが、今では一年中口にすることができるようになっています。 夏以外に夏の食べ物を食べ過ぎることによって、低体温体質を作ってしまうのです。 体温を上げるための4つの方法をご紹介します。 定期的な運動の習慣をつくるには ウォーキングがオススメ! 目標を決めて歩くのも良いですし、買い物などのついでに多めに歩いてみるなど、ウォーキングは無理なく気軽に取り入れることのできる運動です。 しかし、シャワーだけでは体の芯までしっかり温まることができません。 そのため、特に低体温の方は 湯船に浸かる時間を取るようにしましょう。 また、半身浴にすると、心臓に負担をかけず長い時間浸かることができるので、効果的に体を温めることができます。 しかし、睡眠不足が続くとこの体内リズムが乱れ、体温が上がりにくくなってしまうのです。 睡眠はできれば 7〜8時間とって、体温を調整する体の働きを整えるようにしましょう。 体を温める食べ物として特にオススメなのが生姜! 色々な料理に取り入れられる食材なので、ぜひ普段の食事に取り入れてみてください。

次の