キャベツレシピ。 《#ステイホーム きょうのレシピ》旬を丸ごと食べる楽しみ。春キャベツとスペアリブの炊いたん

キャベツを使ったレシピ・作り方一覧(1770件)

キャベツレシピ

がおいしい! ゲストさん 12:31• がおいしい! ゲストさん 12:22• がおいしい! ゲストさん 12:14• がおいしい! ゲストさん 12:05• がおいしい! ゲストさん 12:05• がおいしい! ゲストさん 11:29• がおいしい! ゲストさん 11:17• がおいしい! ゲストさん 10:47• がおいしい! ゲストさん 10:30• がおいしい! ゲストさん 09:07• がおいしい! ゲストさん 09:00• がおいしい! ゲストさん 08:56• がおいしい! ゲストさん 07:53• がおいしい! ゲストさん 07:53• がおいしい! ゲストさん 07:51.

次の

キャベツメンチカツ by石原洋子さんの料理レシピ

キャベツレシピ

キャベツはにする。 キャベツはひき肉と同量!たっぷり混ぜることでふっくらとして軽い口当たりになる。 ひき肉:キャベツは1:1がふっくらの決め手• 玉ねぎはみじん切りにする。 玉ねぎは炒めなくてOK。 パン粉は生パン粉を使うと、しっとり仕上がるのでおすすめ。 ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。 キャベツ、玉ねぎ、パン粉を加えてまんべんなく混ぜ、さらに手のひらで押すように混ぜて、なめらかにする。 手のひらで押し込むようにするとたねに粘りが出て、なめらかになる。 キャベツをしっかり混ぜ込む• たねを半分にし、約2cm厚さの小判形に整える。 ひびが入らないように。 入ったら手でならす。 中央はくぼませず、平らにする。 たねの表面に小麦粉をまぶす。 このとき、たねに直接小麦粉をふり、手で軽くたたきつけるようにして、しっかり、まんべんなくまぶす。 小麦粉は、肉や野菜のうまみを閉じ込める役割。 野菜から水分が出やすいので、写真のようにしっかりと、均等につける。 小麦粉をしっかりつけてうまみをガード• 溶き卵と水をよく混ぜ合わせた卵水をつける。 側面にもつける。 返すときは、フライ返しを使うと形がくずれにくい。 たねをパン粉が入ったバットに入れ、上からもパン粉をかけ、形を整えながら軽く押さえて、たっぷりつける。 生パン粉を使うと、サクッと揚がるのでおすすめ。 側面にもつけて。 3のたねを1個入れて約1分待つ。 菜箸で側面をさわって、ころもが少し固まったら裏返し、もう1個を入れる。 2個のたねを一度に揚げ油に入れると油の温度が急激に下がり、サクッと揚がらなくなるので、時間差で入れる。 フライ返しを使うと、静かに入れられる。 時間差で揚げればサクッとジューシーに!• 2個目のたねを入れたら1分待ち、ころもが少し固まったら裏返す。 全体にころもが固まったら時時上下を返しながら、5〜6分ずつ、こんがり色づくまで揚げる。 食べやすい大きさに切って皿に盛り、つけ合わせのキャベツ、レモンを添える。 ソースをかけて食べる。 時々上下を返すことで、むらなく色づく。 色や時間のほか、パチパチという音が大きくなるのも揚げ上がりの目安。 基本の扱い方 1枚ずつはがす(1) 少量を使うときは、まるのままの状態で、かたい軸のつけ根に包丁を入れます。 1枚ずつはがす(2) そこから指を入れて1枚ずつはがします。 1枚ずつはがす 葉を大きいまま使うとき ロールキャベツなど、葉を大きいまま使いたいときに。 葉をはずしやすいように、芯(しん)のまわりに包丁を入れ、ぐるりと芯をくりぬき、水にくぐらせてラップに包み、電子レンジ強で約2分加熱します。 ラップをはずし、外側から1枚ずつ葉をはずします。 加熱によってしんなりするので、破れずうまくはがせます。 加熱しすぎないように、大きさによって時間調整を。 電子レンジがない場合は、熱湯につけても。 大きい鍋にたっぷりの湯を沸かし、芯をくりぬいたキャベツを入れ、表面がしんなりしたら1枚ずつはがします。 芯を落としてからはがす 半割りのキャベツから葉をはがすときは、芯の両側から斜めに包丁を入れて芯を取り除き、その切り口から指を入れてはがすとスムーズ。 軸を取る 葉脈の厚い部分はかたいので、用途によっては除きます。 かたい部分の両脇に包丁を入れ、切り取ります。 ゆでて使う 葉を大きいままゆでるときは、かたい軸の側からさっと湯に通し、ざるに広げてさまします。 春キャベツはやわらかく、クタッとなるのが早いので注意。 電子レンジ加熱の場合は、洗って水をきらずに耐熱皿に入れ、ラップをかけて加熱します。 切り方 ざく切り 葉を3〜4等分して重ね、横にして端から用途に応じた大きさにザクザク切っていきます。 炒めもの用は大きめに 炒めものなどにはやや大きめの切り方で。 何枚か葉を重ねて切ればスピーディー。 特に、春キャベツはやわらかく、加熱するとすぐにクタッとなるので、大きめに切るとよいでしょう。 せん切り(1) キャベツを四つ割りにして軸のかたい部分を切り取ります。 せん切り(2) 内側と外側の2つに分けます。 せん切り(3) 外側の部分をまな板に押しつけてなるべく平らにし、端からせん切りにします。 内側も同様にして切ります。 1枚ずつはずして、扱いやすい大きさに切って重ね、端からせん切りにしても。 せん切り(4) 切ったらすぐに冷水に放し、シャキッとさせます。 変色を防ぐ効果も。 皮むき器でせん切りに 扱いやすい大きさに切ったら、葉をはがさず、大きめの皮むき器や薄切り用スライサーでせん切りにします。 手でちぎる 半分や四つ割りなら、葉を手で一口大にちぎりながら芯も取り除きます。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

次の

【みんなが作ってる】 キャベツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

キャベツレシピ

キャベツを使った常備菜レシピ特集 キャベツは使い勝手が良く、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれている野菜です。 さらにキャベツはお肉と一緒に食べると、消化を助けてくれる働きをしてくれます。 ここではお弁当やおつまみのカテゴリーに分けていますが、好きなシーンで使ってくださいね。 キャベツは少し太めの千切りにすることで、食感がよくなります。 コールスローは常備菜として便利なおかずなので、たくさん作っておくと良いでしょう。 お弁当の隙間おかずとして重宝しますよ。 お酢や塩の加減はお好みで調整してみてくださいね。 コーンなどを入れて少し甘味をプラスしても。 常備菜で作り置き!人気のロールキャベツ 出典: この料理は常備菜に人気のレシピです。 キャベツの中にはウインナーとベーコンを入れているため、ひき肉を包むよりも楽にできます。 じっくりと煮込むとキャベツがトロトロになり、甘味が増しますよ。 ソースは野菜ジュースを使用しているのでお手軽に作れるレシピになるでしょう。 しっかりと食べ応えもあり、お弁当に入れると子供たちが喜んで食べること間違いなしです。 常備菜におすすめ!ゆかりdeコールスローサラダ 出典: このおかずはふりかけの「ゆかり」を使用した人気の常備菜です。 千切りしたキャベツを塩揉みし、水気を切っておきます。 あとはコーンとツナを入れて、マヨネーズと砂糖、ゆかりとめんつゆを加えて味を馴染ませて完成です。 ツナの旨味やゆかりの塩味がうまく合わさり、やみつきになるおかずに。 ツナのオイルを入れるとべちゃっとなってしまうので、しっかり切ってから入れるのがポイント。 簡単な常備菜!さっぱりキャベツのツナ和え 出典: このおかずはごま油の香りが良く効いたさっぱりしたレシピです。 ツナが入ることでキャベツがより美味しく食べられます。 キャベツをさっと茹でるのでほんのりと甘味が感じられますよ。 しっかりと水気を切って調味料と合わせていきましょう。 キャベツの芯も捨てずに使用でき、無駄なく使えます。 芯は薄くスライスして火の通りを良くしてくださいね。 作り置きで常備菜!人気の塩だれキャベツ 出典: このおかずは常備菜として人気のレシピです。 キャベツを加熱して水分を切り、調味料を合わせるだけで作れます。 千切りをする時はスライサーを使用すれば均一な太さになり、食感がグッと良くなりますよ。 ごま油をたっぷり使用して香ばしさを出しています。 たくさん作ればお弁当に重宝するでしょう。 レンジで加熱するとキャベツがしんなりして、いくらでも食べられます。 簡単な常備菜に!梨入りコールスローサラダ 出典: このレシピは梨を使用してアクセントをつけた人気の常備菜です。 キャベツと人参は千切りにして塩揉みをしておきます。 しっかりと水分抜いたら梨とかいわれ大根を加え、ポン酢と砂糖、塩胡椒で味を馴染ませれば完成です。 マヨネーズを使用せずポン酢でさっぱり食べるおかずは、ずっと食べていられる美味しさに。 梨のシャキシャキした食感が絶妙な味バランスになっています。 人気の常備菜に!簡単塩だれ春雨キャベツ 出典: このおかずは春雨を加えてボリューム満点に仕上げた常備菜です。 キャベツをたくさん消費できるので、使い切れない時に活用してみましょう。 にんにくの風味も感じられて美味しく食べられますよ。 ささっとフライパンで作れて、お手軽なのでお弁当のおかずにぴったりです。 中華スープの素の塩分によって、塩の量を調整してくださいね。 仕上げにブラックペッパーでスパイシーに。 簡単な常備菜に!キャベツの漬け込みサラダ 出典: このおかずはドレッシングを使用せず、簡単に作れる常備菜です。 キャベツと人参を千切りにして、調味料に漬け込むだけで完成します。 ジップロックや少し浅めの入れ物に入れておくと味が馴染みやすくなりますよ。 このレシピは5分もあればあっという間にできるので、野菜が不足している献立にも重宝します。 コーンを入れると甘味が良いアクセントに。 ヘルシー常備菜!キャベツとささみのゴマサラダ 出典: この料理はささみを加えてヘルシーに食べる人気の常備菜です。 ささみにお酒をふってレンジで加熱すれば固くならずに作れます。 キャベツを茹でてしっとりした食感にしましょう。 めんつゆやマヨネーズで味付けをしているので、やみつきになるおかずに。 これなら子供も喜んで食べてくれますよ。 すりゴマもたっぷりと入れて香ばしく仕上げていきましょう。 人気の常備菜に!美味しいミネストローネ 出典: この料理は野菜をたくさん使用した体に優しい常備菜です。 玉ねぎやキャベツ、セロリなどを入れてじっくりとトマトソースで煮込んでいくだけ。 これなら冷蔵庫に中途半端に余ってしまった野菜たちを使えて便利ですよ。 まとめて作っておけば温め直し、スープジャーに入れてお弁当として持っていけます。 焦がさないように弱火で煮込むのがポイントです。 簡単な常備菜に!キャベツの塩チャプチェ 出典: このレシピは鶏ひき肉や春雨などを一緒に炒めたお手軽な常備菜です。 鶏肉の旨味が感じられて美味しく食べられます。 キャベツの芯を薄くカットすれば、火の通りが早くなりますよ。 栄養バランスの取れたおかずは、お弁当のメインとしても活用できるでしょう。 オイスターソースを少し入れて旨味をアップさせています。 仕上げにネギをちらして召し上がってくださいね。 人気の常備菜!作り置きには温野菜 出典: このおかずは小松菜や人参、キャベツやパプリカなどの野菜を使用した色鮮やかな常備菜です。 あらかじめ常備菜として冷蔵庫に置いておけば、様々な献立に活用できますよ。 色合いが悪くなってしまったお弁当の副菜としても重宝するでしょう。 それぞれの野菜を火にかけるタイミングを測れば、ちょうど良い食感になります。 キャベツは少しシャキシャキ感が残るくらいが良いでしょう。 簡単なキャベツの常備菜!和風コールスロー 出典: このレシピはかつおだしが効いた和風テイストの副菜です。 きゅうりを入れるとシャキッとした食感になり、美味しく食べられますよ。 キャベツや人参、きゅうりは同じような太さに千切りをすると良いでしょう。 塩揉みをしたらしっかりと水分を抜くのがポイント。 そうすることで時間が経っても味がぼやけず美味しく食べられます。 これならキャベツを大量消費できて、余った分を使い切れます。 ツナの旨味がしっかりと全体的に馴染んで絶妙なテイストに。 レシピも難しくないのでぜひ試したい一品です。 おつまみのアテとして簡単にできて、重宝するでしょう。 鰹節も入れているので良い香りが口の中に広がります。 簡単な常備菜に!キャベツとエビの炒め物 出典: このレシピはエビをたっぷり使用した豪華な常備菜です。 たけのこやキャベツを加えて食べ応えのあるおかずになっています。 簡単に味付けができる中華調味料のウェイパーを使用していて、程良い塩味が感じられるでしょう。 フライパンで食材を炒めて調味料を加えるだけなので、あっという間に完成します。 おつまみとして便利な一品に。 レモンを添えて召し上がりましょう。 常備菜の作り置きに!簡単ケバブサラダ 出典: このおかずはいつものコールスローをアレンジした人気の常備菜です。 いつものようにキャベツと人参を千切りにして塩揉みして水分を出します。 あとはツナも加えてマヨネーズとケチャップ、砂糖とお酢、チリパウダーを合わせれば完成です。 お酢が全体的に味を引き締めてくれて、美味しく食べられます。 チリパウダーは好きなだけ入れて、少しピリッとした刺激を与えましょう。 常備菜に!粒マスタードのコールスローサラダ 出典: このおかずはコールスローに粒マスタードを加えた人気の常備菜です。 粒々した食感がアクセントになって美味しく食べられます。 作り方は人参とキャベツを千切りにしてから塩揉みをして水分を良く切ってください。 あとはオリーブオイルとサラダ油、お酢と砂糖、粒マスタードと胡椒を入れて味を馴染ませれば完成です。 しっかりしたテイストになっていて、おつまみにおすすめ。 人気の常備菜!豚バラキャベツのオイスター炒め 出典: このレシピは豚バラの旨味を利用して作る美味しい常備菜です。 キャベツもたっぷり加えればボリュームのあるおかずになります。 オイスターソースや味噌を入れてこってりと仕上げてみてください。 これならお酒のお供としてぴったりなレシピになりますよ。 テフロン加工のフライパンであれば油を引かなくても豚バラから脂が出てきます。 作り置きの場合はしっかりと水分が飛ぶまで炒めてください。 人気の常備菜!豚こまとキャベツのレモポン炒め 出典: このおかずは豚こまとキャベツを使用したさっぱり仕立ての常備菜です。 味付けはポン酢とレモンだけなのでとても簡単に作れます。 レモンはお好みで加えると酸味が増すため、夏にぴったりなおかずになるでしょう。 シンプルなのに美味しいおつまみがあると嬉しくなりますよね。 キャベツは少し大きめにカットすると食べ応えが出ます。 フライパン一つでできるおかずです。 簡単な常備菜に!キャベツの麻婆豆腐 出典: このレシピはいつもの麻婆豆腐に使用する野菜を、キャベツに変えた人気の常備菜です。 調味料に豆板醤や紹興酒などを使用して本格的に仕上げています。 さらに豆豉が入ると旨味が増して麻婆豆腐がぐっと美味しくなりますよ。 仕上げに水溶き片栗粉を入れて食材と調味料を良く絡ませましょう。 辛いのが好きな人は糸唐辛子をたっぷりトッピングすると良いですよ。 常備菜に!オリーブオイルの桜エビコールスロー 出典: このおかずは桜エビの香ばしい香りがたまらない人気の常備菜です。 作り方は簡単でキャベツをみじん切りにして塩揉みし、水分を切っておきます。 あとは桜エビとコーンを入れ、オリーブオイルとお酢、砂糖と醤油、塩胡椒で味を馴染ませましょう。 キャベツをみじん切りにすることで食感も良くなり、食べやすくなりますよ。 桜エビが使い切れない時にもおすすめなレシピです。 人気の常備菜に!キャベツの浅漬け 出典: このレシピは即席でできる簡単な常備菜です。 食材をカットして調味料を加えてレンジで加熱することで、キャベツや人参に味が染み込みます。 お酢の種類はツンとこないようなまろやかな味わいのものがおすすめ。 冷蔵庫に入れておくとさらに味が馴染んで美味しく食べられます。 加熱した直後の野菜はとても熱いので、火傷に注意してくださいね。 常備菜に!鶏肉とキャベツのレモンバター炒め 出典: このおかずはキャベツを千切りにして鶏肉と炒めた美味しい常備菜です。 レモンバターの良い香りがして、食欲がそそる一品に。 あっさりしていそうですが、バターと粉チーズのコクが効いていてしっかりしたテイストです。 キャベツをフライパンに入れてから蒸し焼きにすることで、甘味が増して美味しくなります。 これならちびちび食べられて、お酒との相性も抜群でしょう。 人気の常備菜!豚バラとキャベツの酒蒸し 出典: このレシピはキャベツに豚バラの旨味がしっかりと絡んだ絶品の常備菜です。 あらかじめキャベツを焼き色がつくようにフライ返しなどで押し付けることで、風味や甘味が増して美味しくなります。 あとは豚バラや人参も乗せて酒蒸しにしていきましょう。 梅も入っているので、さっぱりと食べられるレシピです。 人参はピーラーでカットすると薄くなって火の通りが早くなります。 常備菜用に作り置き!美味しいザワークラウト 出典: このおかずは常備菜として定番のレシピです。 白ワインビネガーを使用しているので、お酢と違った酸味が楽しめます。 おつまみにもぴったりで、ビールに良く合う副菜になるでしょう。 白ワインビネガーがない場合は、白ワインとお酢を合わせたものを活用するのもOK。 酸味のあるおかずは疲労回復の効果があるので、夏にたくさん作りたい一品。 キャベツの芯も活用しましょう。 常備菜におすすめ!キャベツのゴマだれ 出典: このおかずはたくさんの調味料を使用して複雑な味わいを出した常備菜です。 キャベツはしっかりと塩揉みして水分を取り、調味料に合わせて良く味を馴染ませましょう。 だし粉も入っていて旨味が感じられる一品に。 副菜としても重宝するので、たくさん作っておくと良いですよ。 塩揉みして水分をしっかり出したいので、時間がある時は30分以上置いておくのがおすすめです。 ここで紹介したレシピはどれも常備菜としておすすめのおかずばかりです。 キャベツは毎日でも食べたいくらい栄養がたっぷり詰まっています。 これらのおかずを常備菜として冷蔵庫に保存しておけば、いつでも美味しく食べられますよ。 キャベツレシピのバリエーションを増やして、毎日栄養を補っていきましょう!.

次の