きめつのやいばおばみつ。 鬼滅の刃188話考察|伊黒と甘露寺(おばみつ)が再び巡り合った場所とは。花言葉は?

鬼滅の刃・伊黒小芭内(いぐろおばない)キャラ設定ネタバレ!プロフィールをwiki風にまとめて紹介!

きめつのやいばおばみつ

スポンサードリンク 鬼滅の刃(きめつのやいば)といえば、社会現象とも言われるほど人気の少年ジャンプ掲載漫画! その鬼滅の刃が2020年5月18日(月)発売のジャンプに掲載された 205話で最終回を迎えました。 第2部に突入する可能性が囁かれていましたが、スパッと最終回を迎えたようです。 無残の戦いの中で生き残ったメンバーの子孫や、既に死んでしまったメンバーも生まれ変わりとして登場しています。 無惨との戦いで重傷を負ってしまい、最期を迎えました。 気持ちを伝えられないことに比べれば、まだ良かったのかもしれませんけど。 善逸のひ孫が甘露寺の生まれ変わりの胸をガン見したことがあったようですが… その時に伊黒の生まれ変わりから包丁をぶん投げられたようです。 ここで一つ気になることがあります! それは、 伊黒と甘露寺に前世の記憶があるのかどうかということです。 伊黒と甘露寺は前世の記憶あり? SNSでは 伊黒は記憶があって甘露寺は記憶がないんじゃないかとも言われてますね。 となると、 2人とも前世の記憶を持っていたとしてもおかしくないかも? そう思えちゃいますよね! 伊黒と甘露寺に前世の記憶はないと思われる理由 しかし、伊黒も甘露寺も前世の記憶はないのではないかと考えられます。 というのも、炭次郎達のひ孫達も結構伊黒たちの定食屋に行っているようなんですよね。 でも、 特に変わった様子が見受けられないんです。 ひ孫達はみんな炭次郎達鬼殺隊のメンバーにそっくりな姿形をしています! 名前も似ている感じですし、苗字はそのまま。 苗字で呼び合うことはなくても、下の名前で呼び合っているひ孫たち。 あんなに見た目も名前も似ているなら、 伊黒や甘露寺に前世の記憶があれば何かしらのアクションがあってもおかしくないはずです。 しかし、ひ孫達の会話からは何か不思議なことを話されたり行動を取られたというような話は一切ありませんでした。 甘露寺だったら泣きながら抱きついてきたりしそうですよね、それで伊黒はキレそう… って伊黒がキレるんはいつも通りやないかい まぁ、でも特に何かアクションがあったわけではなさそうなので、 ひ孫達を見てもノーリアクションなのだと思います。 そう考えると、 伊黒も甘露寺も前世の記憶はないんじゃないかと考えられます。

次の

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばおばみつ

来世で甘露寺とめぐり逢うことを願う 無惨を倒して(いいことをして)自分も死に、汚れた血と身体がきれいになった来世では、甘露寺に好きだと伝えたいと強く願う伊黒。 最後のコマでは、満開の桜のような笑みを浮かべる甘露寺。 そして、そこへ向かう伊黒、という幸せな光景が描かれていました。 めぐり逢えた場所、そこに咲く花 場所は不明だが来世の可能性が高い 伊黒と甘露寺がめぐり逢えた場所は不明ですが、2人の来世である可能性が高いです。 伊黒は自分自身の血が汚く、誰かと幸せになる資格はないと考えています。 自分が幸せになるのは、甘露寺に想いを伝えられるのは、来世でしかありえないと確信しているのです。 伊黒が来たことで満開となる桜と笑顔 188話の最後のシーンは、実は123話の扉絵と非常に似通っています。 123話は昔お見合いした相手を待つ甘露寺で、桜はまだつぼみで表情も真顔。 しかし188話の最後のコマでは、満開の桜が舞い散る中で、満面の笑みを浮かべています。 これは、自分を隠さずにいられる、伊黒とめぐり逢えたからこそ出てきた幸せな表情なのではないでしょうか。 咲く花は「桜」と「アヤメ化の何か」 桃色の花はおそらく桜で、紫色の地面に生える花はアヤメ科の「アヤメ、花菖蒲、カキツバタ」だと推測できます。 それぞれの花言葉をまとめると、 桜 ・精神美 ・優美な女性 ・純潔 アヤメ ・希望 ・信頼 花菖蒲 ・嬉しい知らせ ・あなたを信じます カキツバタ ・幸せは必ずくる ・幸せはあなたのもの 桜のような笑みを浮かべて、伊黒を待つ甘露寺。 そこには甘露寺のように満開の桜と、「希望」「あなたを信じます」「幸せは必ず来る」という花言葉を象徴するように、アヤメ科の花々が咲き乱れています。 来世では、鬼のいない平和な世の中で、2人が幸せに過ごしていることを切に願いたいですね……。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。

次の

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばおばみつ

「惡鬼滅殺」 概要 を狩る力を有した剣士、そしてその剣士を支える者たちが集まった、 政府非公認の組織。 そのルーツは1000年以上も前に遡り、現在の構成人員は数百名を超える。 人喰い鬼は、人ならざるにして人を蹂躙するモノ。 人の天敵である。 は文字通り人外の力を振るう上に陽光を浴びる以外には不死であり、たとえ頭を砕かれようとも瞬く間に治癒して生者を喰らう。 只人(ただひと)は宵闇に怯えて暮らし、降りかかった血の災厄に悲嘆と怨嗟の声を上げる以外、出来ることなど無い。 しかし人は弱くとも心在るが故に、智慧(ちえ)ある者は智慧を、業(わざ)ある者は業を、力ある者は力を出し合い寄り集め、鬼を退治する術を編み出した。 そして時は。 されど彼らは決して幻想に消えることなく、今宵もまた闇の中で悪鬼を滅殺する。 を祓う、その時まで。 (うぶやしき かがや) 声: 組織の全てを纏める頂点。 隊士たちには「お館様」と呼ばれる。 産屋敷家の男子が世襲しているようで、すでに次の後継者(嫡男)も隊の管理業務を務めている。 彼自身は鬼と戦う力を持たないばかりか、額から目元にかけて火傷のような傷痕で覆われており、失明している。 そもそもにして、産屋敷の血統の男子は身体が弱く寿命も短いと、戦士としての資質は皆無である。 このため如何なる剣士も、最上級の敬意と共に頭を垂れる。 また、上記の体質のため本部となる屋敷から出ることはないが、無数の鎹烏から逐次報告を受けており、隊士各員の活動状況を細やかに把握している。 更に上述したように鬼殺隊は政府公認の組織ではないが、統括する産屋敷家は政府に対しても一定の影響力があるようで、一部の隊士にはその権限によって公的機関の管理下から引き抜かれた者もいる。 鬼殺隊の最終目標であるの滅殺のためとも交流があり、一部の情報を共有しているようである。 童子 声:【黒髪】 【白髪】、、 耀哉の側近を務める五人の童子。 全員が耀哉の実子であり、黒髪の子が嫡男で跡継ぎ。 藤襲山での最終選別の説明役や、耀哉の身の回りの世話などをこなす。 なお、上述の通り産屋敷の男子は病弱なため、厄除けとして十三歳まで嫡男も女児の格好をして育てられている。 顔は全員母親似。 鬼殺隊士(鬼殺の剣士/鬼狩り) 任務地にて鬼と戦い、この頸を落とす剣士。 隊士の卵たちは大抵がまだ十代前半の少年少女たちで、それでいて育手による修練は下手をすれば命を落としかねない程の過酷さであり、最終選別では十数匹の鬼が囚われた藤の花の結界内で七日七晩生き残らなければならず、命懸けの修練を乗り越えても通過率(生存率)は三割以下と非常に厳しい。 修練・選別ともに死者が後を絶たない凄絶なまでの苛烈さで、現代なら児童保護団体やら人権団体やらが発狂しそうな もビックリな超スパルタ教育である。 しかも、辛うじて生き残り、隊士になったものは、 すぐさま鬼狩りの最前線に投入される。 おまけに鬼狩りで重傷を負っても、治療の時間すらなく次の任務に向かわされることが珍しくない。 隊士からすれば超がつくブラック組織と言ってよいだろう。 このような過酷さから、隊士の死亡率は非常に高い。 そのため、当時の日本の平均寿命の低さも相まってか、育手などの例外を除けば鬼殺隊の構成員たちの年齢層はかなり若い。 なお、彼ら・彼女らが剣士を志し、危険な鬼狩りの任務を続ける理由は、金銭的な物を含め各々であるが、縁者を鬼に喰い殺されたことでも多く、それ以外にもや、・も少なくないことから、そうした者たちの受け皿になっている面もある。 著しく増強させた心肺により一度に大量の酸素を血中に取り込むことで、瞬間的に身体能力を大幅に上昇させる呼吸法。 詳細は個別記事を参照。 支給装備 最終選別を終えた剣士は、下記の装備を隊から支給されて任務へ送られる。 刀、隊服ともに個々人に誂えられたものとなる。 詳細は個別記事を参照。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 その特殊性から、縫製にも相応の技術(技能)が必要とされるようである。 (かすがいがらす) 人語を解し、話す。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 カラスごとに性分があるらしく、中には隊士に不躾な暴言を吐く個体も居るが伝達任務は身を賭してこなす。 また、やはり産屋敷には忠実。 なぜか一名、カラスではなくをもいる。 藤の花の家紋の家 かつて鬼殺隊によって救われた者達が、鬼殺隊員に無償で尽くしてくれる施設。 その尽力は傷の治療に留まらず、食事・宿泊・隊服の洗濯などありとあらゆる世話をしてくれる。 依頼をすれば次の任務に必要なものの用意や、準備の手伝いもする。 再び任務に赴く際は切り火をして隊員の武運を祈る。 階級 鬼殺隊最高位に立つ剣士。 一般隊士とは隔絶した強さを持っており、文字通り鬼殺隊を支えている。 詳細は個別記事を参照。 一般隊士 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸のに階級が分かれており、選別を潜り抜けたものは癸から始まる。 戦勲にあわせて階級が上がり、給金も見合ったものに上昇するようであるが、上述の通り生物として圧倒的に超越している鬼との戦いにより凄まじい速度で殺されていくため、実質的には柱の露払い、または斥候となっている現実がある。 (かまど たんじろう) (あがつま ぜんいつ) 詳細はにて。 蟲柱の私邸であり、隊士たちの治療所として開放されているにて看護・訓練の担当をしている少女たち。 神崎アオイと異なり最終選別を受けていないため隊士ではないが、しのぶの下で隊士たちの治療に奔走する鬼殺隊の一員である。 育手(そだて) 鬼殺の剣士の育成者。 全国の至るところに居り、才覚を見初めた若者を指導して、仮の日輪刀を渡した上で最終選別に送り出す。 多くは老齢により引退した剣士が担っているようで、人的損耗率が非常に高い鬼殺隊士を勤め上げた彼らの実力、経験による知見は極めて高い。 特に柱としての経験を持った育手は、弟子の剣士の練度も高い傾向がある。 なお、育成方法や弟子の勧誘方法は特に決まっておらず、育手によって大きく異なるが、厳しい修練を経た弟子の剣士達は、師である育手に親のような信愛を抱く者も少なくない。 (うろこだき さこんじ) (くわじま じごろう) 元・炎柱。 現・炎柱の父。 400年前に当時の産屋敷家当主がに殺害されたのを契機に、結成されている。 鬼と剣士の戦いの後処理や隠蔽、負傷した剣士の救護を行う。 剣才に恵まれなかった者が担っているが、鬼殺隊に関わっている時点で育手の修練は受けた経験があると思われ、列車横転など大きな事件でも(鬼殺隊の組織力と合わせて)隠蔽することができる。 (ごとう)• (まえだ まさお) 刀匠 日輪刀を打つ鍛冶師たち。 としての生業を自ら揶揄してか、(ヒヲトコ/火男)の面を被っている。 で、自分の打った刀に対して変質的なまでの情熱と愛情をかけている者が多く、作品を粗雑に扱う剣士に対しては刃傷沙汰を起こすこともしばしば。 しかしながら刀匠としての腕は確かなので、たとえ相手が37歳を越えていても、優しく応対してあげるのが吉。 (はがねづか ほたる) (かなもり こうぞう) 刀匠の見習い。 刀鍛冶の里の里長。 (つぐこ) 「柱」が直々に育てる隊士。 相当才能があって優秀でないと選ばれないとの事。 それぞれの柱が決定権を持ち、育てる人数に制限は無いようである。 関連タグ• … をと戦う事を使命の一つとする剣士達の組織。 組織に所属する剣士達は を、と特殊な剣術を組み合わせて用いる。 また、 が出る事もある。 …人ならざる超常の存在を、その弱点となる武器を用いて討伐する戦士たちの組織。 加えて共にその存在は公ではない共通点がある(ただしこちらは非公然とはいえ公式な国家機関の一部署である)。 …を密かに討伐する剣士達の組織。 こちらも人間を守る事が使命であるが、をも守らなければならないためにも少なからず存在する。 関連記事 親記事.

次の