ものまね グランプリ 2020 優勝。 ものまねグランプリ

ものまねグランプリ2020春の出演者(出場者)&審査員の一覧を紹介!【次世代ものまね芸人&歌ものまねNo.1決定戦】

ものまね グランプリ 2020 優勝

1決定戦&歌ものまねNo. 1決定戦スペシャル』(日本テレビ系)に『A. C-Z』の河合郁人が出演。 初出場ながら、他のモノマネ芸人を差し置いて2位に輝いた。 ジャニーズタレントが上位進出したことに、視聴者は「忖度だ」と声をあげている。 河合は『KAT-TUN』亀梨和也からもモノマネ番組への出演を勧められたそうで、「普通の方は見られない角度から、ジャニーズJr. 時代の頃から見てきたことが一番の強み」とアピール。 予選(1回戦)で河合は、『嵐』松本潤、中居正広、亀梨、『少年隊』錦織一清、『King&Prince』岸優太、『NEWS』増田貴久のダンスを次々とモノマネ。 「宇多田ヒカルの後ろで踊っているときに急にスイッチが入り、本気で踊り出す木村拓哉」も披露した。 『チョコレートプラネット』、メルヘン須長ら常連組、人気芸人を押しのけて2位で決勝進出。 河合は舞台裏で「信じられない」としみじみ喜んだ。

次の

優勝者決勝結果発表2020お題と回答速報まとめ【IPPONグランプリ】

ものまね グランプリ 2020 優勝

これ、目つぶったら本物って思いますよね。 凄く似てるし、笑いました! ネットの反応 ネットで称賛の声がたくさんありましたので、ご紹介しますね^^ モリタク&川口は順当な優勝だと思う、おめでとうございます。 プラスマイナスは初出場なのに凄い、ネタは1回戦の方が神ネタだった。 河合くんはレギュラー入りして持ちネタ600本全部見せてw。 今日は本当に面白かった〜神回👏👏👏。 今大大大人気の漫画、鬼滅の刃のオープニングなんですよ。 前から思ってたけど、荒牧陽子さんの顔がタイプなのか分からないけどなんか好き。 なんやろ、なんか好き。 — 綾鷹の道之助。 鬼滅贔屓とかじゃなくて、純粋にシャチホコのミスチルの方が似てた。 審査員は紅蓮華知らないだけじゃない?. シャチホコ — まる JkHFOUOSXEHmsBw LISAさんの紅蓮葉を歌った 荒牧陽子さん あまり似ていなかったように 見てて感じました。 私としては、Mr. シャチホコさんが 優勝🏆だと思った。 ファンとして見てて辛いものだった。 歌はうまいけど、似てないという声が多数。 選曲が良かったにつきますね。 鬼滅の刃は今めちゃくちゃ人気なので、LISAさんのファンの方が納得いってない感じですね。 何はともあれ、荒牧陽子さん色々ありましたが復活してこれからも芸能界でのご活躍応援しています。

次の

ものまねグランプリ2018秋優勝結果順位!点数にネタの感想!リアル更新10月2日

ものまね グランプリ 2020 優勝

先日のものまねグランプリで 荒牧陽子さんが歌ものまねの優勝者でしたが それで 紅蓮華を歌ってたと思います。 私は本家を有線(お店に行ったら流れてるやつ)でしか聴いたことなかったんですが 似てると思いました。 低評価が多くて 私は どこがいけなかったんだろう?って思いました。 見た目なのでしょうか? 実は歌声なのでしょうか? 『「歌」「ものまね」』 だから 歌が似てればいいのかな?って思ったんですが どこかダメなところあったんですか? 私が好きな作品の曲は歌われることは無いけど(わかんないけど) 細かいところまで再現されてないと 納得はいかないなって思います。 私はですけど。 「あの歌詞の語尾、あがる」とか「さがる」とか 「ここはこういう歌い方」って。 歌声は歌声でもこういうことなのでしょうか? 低評価は一部のコアなLiSaさんファン(鬼滅キッズ?)が中心になって騒いだだけ、いわばノイジーマイノリティで大部分は似ている、上手いと高評価でした。 実際、LiSAさん本人が荒牧陽子さんにお礼のツイートをしている位です。 コアなファンは本人に対する思い入れが強いので、自分の持っているイメージと少しでも違うと拒否反応を起こすのでしょう。 これはどんなタレント・ものまねタレントに対しても同じだと思います。 また、荒牧陽子さんも今度は鬼滅の刃をLiSAさんだけではなく多くのアーティストを連発でものまねする動画を公式サイトにアップしており、こちらは更に高評価です。 優勝した事については、Mrシャチホコさん、松浦航大さん、知香さん達も確かに上手かったのですが、どれも以前からやっている鉄板ネタ。 荒牧陽子さんも多くの鉄板ネタを持っているにも関わらず、リスクも顧みず全くの新ネタをこの番組のために準備し1から仕上げた。 関根勉はずっとこの番組の審査委員長だし、他の審査員も審査を引き受けるからには10人の出演者の主要ネタ位は見ている人が殆どでしょう。 こういう、彼女のこの番組・このレパートリーにかける気持ち・努力が伝わったのではないかと。 似ているかどうかは感じ方は100人いれば100通り、審査においてはこういう要素も大きいと思います。

次の