宝くじ大安吉日。 宝くじを買う日は一粒万倍日!!2020はここ!!天赦日や大安・寅の日・巳の日は!?

【ジャンボ】宝くじは大安吉日に購入して天命を待ちましょう【縁起が良い日】

宝くじ大安吉日

大安・仏滅など、日の吉凶を表すものを「六曜」といいます。 ほとんどのカレンダーに記載されていて日の吉凶を判断するのによく用いられていますので、古来からあるものと思っている人も多いようですが、しかし六曜はもともと暦とは直接関係なく、民間で自然発生的につくられた、いわゆる民間信仰的なものなのです。 読み方や意味の解釈が定まらずまちまちなのはそのためで、また「先勝」「先負」といった言葉からも分かるとおり、本来は勝負ごとの勝ち負けを占うために用いられたものと言われています。 六曜は幕末頃より少しずつ流行しはじめ、太陽暦となった明治以降になって本格的に広がったといわれています。 大安 「たいあん」「だいあん」。 万事に良い大吉の日、何事も成功する日。 婚礼によいとされる。 先勝 「せんかち」「さきかち」「せんしょう」などと読まれる。 先んずることで幸運を勝ち取る。 積極的に出て、急ぐことが良い日。 また、午前が吉、午後は凶ともいわれる。 友引 「ともびき」「ゆういん」。 「友を引く」ことから、葬儀などは避けるのが一般的。 何事も引き分けで勝負がつかない日とも。 先負 「せんまけ」「さきまけ」「せんぷ」など。 何事も控えめにするのがよいとされる日。 急用や勝負事は避ける。 午前中は凶、午後は吉とも。 赤口 「しゃっく」「しゃっこう」「せきぐち」など。 お昼前後の午の刻だけが吉で、朝夕は凶。 とくに祝い事は大凶。 仏滅 「ぶつめつ」。 すべてによくない凶日。 勝負事や商取引では損をする。 結婚、開店、移転など新しいことを始めるのもよくないといわれる。 大安・仏滅の計算方法 六曜は旧暦をベースにして算出します。 先勝 正月と7月1日 友引 2月1日と8月1日 先負 3月1日と9月1日 仏滅 4月1日と10月1日 大安 5月1日と11月1日 赤口 6月1日と12月1日 表のように、まず旧暦の1月1日が「先勝」からスタートして、1月2日は「友引」、1月3日は「先負」…という感じで六曜がくり返し、月末でいったんリセットして次の2月1日は「友引」からスタート、という感じで一年が続きます。 現代のカレンダーからみると、六曜の並びはやや不規則に見えるところに占いらしい神秘性を感じるものですが、実際は旧暦を基準とした案外単純なルールで算出されているのです。 六曜の歴史 今日われわれがよく知る六曜は日本で誕生・発展したものですが、そのルーツは中国の暦にあると考えられています。 おそらくはこれが六曜と大安のルーツではないかと思われます。 【六壬時課】 大安 万事に吉。 失物は遠からず。 留連 事成難し。 ゆっくりが良い。 速喜 喜び事来る。 旅行に吉。 赤口 災厄あり。 旅行は凶 小吉 最も吉。 万事上々。 空亡 事は進展せず。 財を求めても利益なし。 さらに十七世紀後半頃の「頭書長暦」(小泉光保)を見ると、 「大安」、「則吉」、「小吉」、「立連」、「赤口」、「虚妄」という吉凶判断が載っていて、六壬時課が日本式に変化・発展を遂げた様子が伺えます。 八ツよりくれ六までわるし。 友引 この日ハよしあしなし。 先負 この日ハあさよりひるまでわるし。 八ツよりくれ六までよし。 仏滅 この日ハ大あく日なり。 よろづわるし。 大安 この日ハ大吉日なり。 よろずよし。 赤口 この日ハあく日なり。 午のこくばかりハよし。 【解説文】 右六ようのくりやうハ、その月のあたる星を朔日(ついたち)とし、ひだりへじゅんにかぞへ、しゃくかう(赤口)より又せんがち(先勝)へもどり、うらなう日のかづほどくりて、そのあたるほしにてよしあしをしるべし。

次の

2020年6月20日は大吉日!天赦日と一粒万倍日で財布新調や宝くじにも吉!

宝くじ大安吉日

寅の日とは|2019年2020年カレンダーと意味解説 寅の日は金運を高める素晴らしい吉日として暦の中でも人気の日です。 暦にはいくつかの吉日が存在します。 最高の大吉日のや、等々。 そんな吉日と寅の日が被ったらさらに金運を高める素晴らしい開運の日になることはご存知でしょうか。 今回は、そんな寅の日という暦の中の吉日にまつわる様々なことを解説します。 財布の購入や宝くじの購入にはもってこいの吉日ですが、結婚や入籍には実は向かないなど、気になるところも解説! 寅の日とは「財布購入にぴったり」の金運を高める吉日 寅の日の本来の意味などは後程詳しく解説をしますが、まず何と言っても、 寅の日は「金運招来日」と言われることが現代では特に重視されています。 寅の日の寅は、ご存知の通り動物の虎です。 古来中国では虎の毛皮は金色をしていることから、金運を高める象徴として考えられたり、邪気などを追い払う神聖な動物でありました。 そんな虎の日ともいえる、十二支が「寅に当たる日」は私たちの金運を高めるため、 お金を稼ぐこと、お金の運気に関わること、お金を支払うこと等々様々なことに良い日だとされています。 また、仏教の神様で金運・商売繫盛のご利益で知られるの眷属は虎であるとされることからも、寅の日は金運を高める吉日とされます。 寅の日の意味 そもそも、「寅の日」とはどう決まるのかと言うと、 私たちの暦の上では十二支が一日一日を担当をするような形でそれぞれに十二支の動物が割り当てられてます。 その割り当てられた動物が虎の日が暦の上での「寅の日」と言います。 12日で一周するため、寅の日は月に2,3回巡ってくる日を指します。 この寅の日は金運を高める日だけではありません。 虎は中国の故事成語で「勢いが盛んな様」を表す 「虎は千里を往って千里を帰る 戻る 」 と言う言葉があるように、 無事に帰ってくるという意味も持っています。 そのため、旅行の出発の日としても大吉日とされます。 しかし、この由来から、結婚や入籍、葬式の日には良くないものとされます。 ですので、寅の日は大変良い日ではありますが、気を付けなければならない点もあるということです。 寅の日2019年カレンダー 一粒万倍日や天赦日付 後程詳しく解説をしますが、寅の日だけでも素晴らしい吉日になりますが、さらに、ややと重なると金運やその他の開運の面で大変すばらしい日になります。 ですので、以下のカレンダーではそれらの吉日も書いています。 1月 5日 17日 大安 29日 大安 2月 10日 天赦日 22日 3月 6日 一粒万倍日 18日 一粒万倍日 30日 一粒万倍日 4月 11日 天赦日 23日 5月 5日 17日 29日 6月 10日 22日 7月 4日 16日 28日 8月 9日 21日 9月 2日 大安 14日 大安 26日 大安 10月 8日 20日 11月 1日 13日 25日 12月 7日 19日 31日 大安 寅の日2020年カレンダー 一粒万倍日や天赦日付 1月 12日 大安 24日 大安 2月 5日 天赦日 17日 29日 3月 12日 一粒万倍日 24日 一粒万倍日 4月 5日 17日 29日 5月 11日 23日 6月 4日 16日 28日 7月 10日 22日 8月 3日 15日 27日 9月 8日 20日 大安 10月 2日 大安 14日 大安 26日 11月 7日 19日 12月 1日 13日 25日 寅の日にすると大吉!寅の日にすると良いとされること それでは、寅の日にすると、吉とされるよいことについて見ていきます。 一つだけ注意ですが、暦はそれが宿命であると決めつけを行うものではありません。 大事に臨んだ時の吉凶や、行動に移すかどうかを悩んだ時に行動を移す指針とするものです。 また、九星や宿星と言った、皆さんが生まれ持つものと、日の吉凶を見るというのが吉凶を占う最善の方法ですので、あくまで参考程度に見てください。 財布の購入・使い始め 寅の日は金運を高めることから、財布の購入や使い始めといった新調によい日です。 さらに、財布の金運の効果を高めるなら、一粒万倍日という一つの行動が万倍になって返ってくるという素晴らしい吉日と寅の日が重なる日は金運の面で最高の開運の日と言えます。 また、財布寅の日は月に2,3回ありますが、季節で財布の購入に縁起のよい日があります。 春財布 張る財布 字面の通り、春に財布を購入すると、お金で財布がパンパンに張るという意味を持ちます。 この場合の春は旧暦での春を意味し、新年の1月 新春 ~の夏の始まりであるの5月4日ごろに財布を購入すると良いとされます。 秋財布 実る財布 秋のころに財布を購入するのもとても財布の金運アップに良いとされます。 これは、収穫の秋と言われる、実りの多い秋に購入する財布は実りの多い財布になると言われています。 また田んぼが黄金色に輝くことから、秋は金の季節とも言われてきたことからも、財布の秋に購入するのはとても縁起が良いとされます。 秋と言っても、これもまた古来の暦の二十四節気の 9月23日頃 ~冬の始まりの 11月24日 までを指します。 財布の購入する時間に関しては寅の日の中でいつが良いとはありませんが、の吉凶を気にしてもいいかもしれませんね。 また、風水では満月の日はとても運気を高めると言われていますので、満月の日も考えてもよいでしょう。 使い始めの時間も気にする人は、陰陽五行からくる風水の考えで、夜17時~23時に使い始めると良いとされています。 寅の日は宝くじの購入等お金にまつわる買い物にも また、財布のことばかり話しましたが、金運が上がる寅の日は、財布に限らず、お金に関わる物事にとてもよい日です。 一般には宝くじの購入にもとてもよいとされていますし、 寅の日は中国の虎がどこまで遠いところに行っても帰ってくるという故事成語から、「お金を使っても帰ってきてくれる」日と言われます。 ですので買い物なんかにも寅の日はとてもよいでしょう。 大安に引っ越しをするという人はいまだに多いですが、寅の日に引っ越しをしたいという人は少ないので、引っ越し業者も空いていることが多いと言われますし、実生活の面でも引っ越しに向いていますね。 一応、さらに気にするのであれば、引っ越しに関わる吉日や凶日についても気を付けるとなおよいでしょう。 参考: 納車 納車の日にも寅の日は吉日とされています。 寅の日はも物事の始めに向く吉日ですので、新しい車を迎える日の納車は寅の日を選ぶのも大変よいですね。 開業・開店 新しい商売、ビジネスを始める門出の日にも寅の日はとても吉日とされます。 この日はお金を使うこと自体がとてもよい日ですので、この日に開業ではなくとも、新しい事業へ投資をするなどにも吉日です。 借金やローンの契約 寅の日はお金が返ってくる日であると考え、借金を行うにも良いと一般には考えられています。 神社のお参り 寅の日は特に神社のお参りに良い日であるとは考えられていないようですが、金運を高める神社として名高い神社や商売繁盛の神社にお参りをするのは良いとも言われます。 いずれにしても、金運や旅立ち 交通 ということに関連することであれば寅の日を選んでお参りをするのもよいでしょう。 特に、神社に限らずを祀る寺院などでは寅の日は毘沙門天のご縁日とするところもあり、毘沙門天のご利益によりあずかることができる日と言われています。 毘沙門天と言う神様についてはこちらで詳しく解説しています。 寅の日の時間 寅の刻 について ちなみに、寅の日は上記のようなことで吉とされますが、さらに時間を寅の刻にすると、さらに大吉とも言われます。 加えて、月にも寅の月があり、寅の月、寅の日、寅の刻が重なるときを「三寅 みとら 」と言います。 この時は先ほども出てきましたが、毘沙門天を祀る寺院などで「三寅参り」を行うところがあり、「三寅の福」を授かるとも言われ、運気が高まるともされます。 寅の日にやってはいけないことはあるか? 寅の日はとても良い日だとイメージがあると思いますが、実は寅の日に行うのは良くないと考えられる物事が複数存在します。 寅の日の入籍や結婚式 これは、何度か出てきている、虎の故事成語から、「元に戻る」を、「元の家に帰ってしまう」という考えにつながり、離婚をしてしまうとし縁起が悪いとされます。 葬式 葬式も同じ考え方で、死者を弔う 死後の世界へのお見送りをする という葬式の日が寅の日だと、死者が帰ってくると言われます。 寅の日と他の吉日が重なるとどうなる? 寅の日が他の吉日と重なるとその開運の効果がさらに大きくなります!とお伝えしました。 具体的に他の吉日には何があるかを見ていきます。 寅の日と一粒万倍日 寅の日と一粒万倍日はとても相性の良い最高の日になります。 一粒万倍日とは 一粒の籾が万倍に実り稲穂になるという吉日。 種蒔きのほか、仕事始めや新規開店、お金の支出によい日とされる。 出典:歓喜宝暦 神霊館 榎本書店 とされ、何か良いきっかけとなる行動を起こせばその結果は万倍になると言われています。 そのため、寅の日と一粒万倍日が重なった日に金運に関わることや会社の創業等を行うと、大きく成功をするとされ大吉日になります。 ただし、一粒万倍日は等の凶日と被ると、悪いものも万倍にしてしまうとされていますので、注意が必要です。 詳しくはこちらをご覧ください。 寅の日と天赦日 寅の日と天赦日もまた、素晴らしい大吉日です。 天赦日とは 干支の組み合わせが最も良い 最高の日であり、結婚や、商売の始め、など様々な物事を始めるのに相応しい日 結婚に関しては、寅の日がふさわしくないと考えられていますが、他の物事に関しては寅の日と天赦日が重なるととてもよい開運の日になります。 寅の日と大安 吉日として、多くの人がご存知であろう大安と寅の日の組み合わせも、とてもよい日になります。 ただし、結婚に関しては気にする方であれば、いくら大安であろうと、寅の日に行うのは良くないとして外すのが無難です。 大安についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 寅の日と巳の日 寅の日と同じ、干支で割り振られて巳の日というこちらも金運を高めるとされる縁起の良い日があります。 自明なことかと思いますが、寅の日と巳の日は絶対に重なることはありません。 寅の日と巳の日いずれかが良いというわけではありません。 ただ、巳の日はを祀る神社や寺院にて、参りが行われ、その日だけのお守りなどを授与していただけます。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の

宝くじ買う日は大安吉日?一粒万倍日?2020年開運カレンダー

宝くじ大安吉日

スポンサーリンク 2019年は2020年に開催される、記念すべき東京オリンピックを控えた準備の年ということで、日本にとっても節目の年になりそうです。 前回の東京オリンピックは56年前の1964年と、約半世紀ぶりの開催なんですよね。 少し気は早いですが、東京オリンピックはとても楽しみにしています。 やっぱりスポーツは楽しい! 金メダルという一つの目標にむかって、結果を残すために一度のチャンスにすべてを賭ける。 平昌冬季オリンピックもそうでしたが、競技だけではなく選手のみなさんそれぞれに、背景やドラマがあったりして、共感や感動できるところがあるのも楽しみの一つです。 と、宝くじの話から脱線してしまいましたが、実は宝くじの高額当せんにもアスリートの精神に通ずる点があると思うんです。 それは、アスリートが結果を残すために日々のトレーニングを積み重ねるように、宝くじも淡々と買い続ける不動の精神力が必要という点です。 メダルなんか獲れないよ。。。 なんて思いながら過酷で辛いトレーニングを、毎日積み重ねている選手はいないと思うんですよね。 わずかかもしれないけど、可能性を信じてトレーニングをしているわけです。 宝くじに当たるためのトレーニングはありませんが、自分に合った方法で運気を引き寄せることは可能です。 ということで2019年も吉日カレンダーを更新していきますので、よろしければご利用下さい。 長いこと宝くじを買い続け居いるにも関わらず結果がでないと、「当たるわけないよ!」なんて、モチベーションが大きく下がってしまうこともしばしばありますよね。 ちなみに、安っすい開運グッズは「なんじゃこらぁぁぁ!!!」と ・ いますぐ どこかがもげそう ・ いますぐ どこかが剥がれそう ・ いますぐ どこかが取れそう なんて、闇を抱えている場合も多々ありますので、安すぎる開運グッズには注意してください。 驚くことに日本人がこれだけ慣れ親しんだ大安をはじめとする六曜日は、いつ、だれが考案したものなのかはっきりしていないんですね。 それなのに、なぜここまで万人に意識されるようになったのか。 それだけでもすごく神秘性を感じてしまいます。 もともとは中国の占いが、室町時代に伝わったのが始まりと言われており、別名「六輝」とも呼ばれています。 鎌倉時代には現在の六曜日の原型とも言える暦があったそうで、それが現在の漢字、呼び方に変わって現在でも使用されているんですね。 実は、六曜日は宗教と関係しているものではなく、例えば大安に結婚式、仏滅に法事などの行事を行わなけなければいけないという、宗教的な決まりはありません。 六曜日がこれだけ生活に根付いているのは、われわれ日本人が、なにかというと「げんを担ぐ」民族性であることが、大きく関係しているんじゃないでしょうか。 大安は月に4~5回ありますので、宝くじの購入日としては狙いやすい吉日と言えるでしょう。 寅の日といえば、金運や財布をイメージする人も多いのではないでしょうか。 寅は「千里を往って、千里還る」と言われ、出ていったお金や財産も再び戻ってくるという意味合いから、金運や財運との縁が深くなっています。 古来から希少な動物とうのうは変わりなく、美しい黄金の毛並、他を圧倒する存在感もあって、時の権力者が好んで自身のシンボル、象徴としてきました。 寅は日本には存在しない動物だったので、空想、伝説上の動物として扱われていました。 ですが、日本にも寅が関わる数多くのエピソード残っています。 例えば、聖徳太子が物部守屋を討伐する際に、祈願で訪れた山に毘沙門天が姿を現したとされ、それが「寅年」「寅の日」「寅の刻」であったと言い伝えられています。 戦いに勝利することが出来た聖徳太子はその山を、「信ずべき、貴ぶべき山」信貴山と名付け、聖徳太子、毘沙門天、そして寅にゆかりのある地として現在信でも仰対象となっています。 毘沙門天は戦の神であるとともに、七福神の一人にも数えられ開運出世、財運、商売繁盛の神様として祀られています。 そして寅も毘沙門天の神使として、同じく祀られているんですね。 パワーストーンとして人気の高い「タイガーアイ」をご存知の人も多いと思いますが、身に付けると金運、財運に良いとされていますよね。 その名称の通り、寅の模様にちなんだパワーストーンです。 ちなみに、毘沙門天は元はインドのヒンズー教の神様で、宝石を司る神様として崇められているのですが、宝石の神様=毘沙門天、タイガーアイ=寅という接点があるのも神秘的な話に思えます。 日本では空想、伝説の生き物であったにも関わらず、暦や干支にその名が使われ、残っているというだけでも寅の日には強いパワーを感じずにはいられません。 【一粒万倍日に行うと良いこと】 ・結婚、結納、入籍、慶事 ・出生届 ・引っ越し ・開業 ・財布の新調 ・新しいことを始める ・祝い事 ・宝くじを買う など 秋に沢山の籾を実らせ、黄金色に輝く稲。 一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が稲穂のように万倍にも実る吉日とされ、なにをするにも縁起の良い日です。 五穀豊穣という言葉がある通り、穀物が豊かに実ることは富の象徴でもあったんですよね。 一粒万倍日が宝くじの購入に最適な日として意識されるのは、大安と同じくに該当する日が多くて吉日を狙いやすいというのもあるんだと思います。 また、一粒万倍という名称が少しのお金で大金を掴むという、宝くじと相性がピッタリな点も人気の理由になっているんじゃないでしょうか。 回数が多いという意味ではミニくじとも相性が良いので、せっかく購入するなら是非とも狙いたい吉日となっています。 暦上でも大安より吉日とされ、祝い事や新しいことを始めるには最適な吉日とされています。 天赦日の読み方は「てんしゃび」もしくは「てんしゃにち」と読みます。 「百神が天に昇り、天が万物の罪を許す日」の意で、寅の日や一粒万倍日と比べても、日数が極端に少ないプレミアムデイ!暦上で最上の開運日とされています。 2019年は一年を通して、6回しかありません! ということで、ジャンボ宝くじ販売期間中と天赦日が重なる日は本当に稀で、しかも一粒万倍と重なる日なんてさらに貴重な超絶吉日であるという訳です。 「赦」という字は「許す」という意味ですが、とうぜん天が許す日なら何をしても良いと言う日ではありません。 今まで行ってきた良い行いに対して、天に祝福される日というように、わたしは解釈しています。 著名人、芸能人も「当たれば天国、負ければ地獄」という、ある意味勝負の世界ですから、縁起を意識するも多いんです。 暦を大切にしている芸能人もいて、天赦日に入籍する人もいるくらいなんですね。 暦上では最上の吉日ですから、金運に限らずあらゆる事始め、祝い事に良い日です。 2018年と同じく、2019年も3日間が該当していますが、365日のうち3日とかなり希少な吉日になっています。 そして気になる2019年、ジャンボ宝くじ販売期間中に該当する超絶吉日は「残念ながら該当なし」の予定となっています。 2018年はグリーンジャンボがバレンタインジャンボに名称変更になったのに合わせて、発売期間も変更になったため、奇跡的に超絶吉日が1日だけ該当していました。 ですが、2019年はそれを踏まえた上でも、超絶吉日がジャンボ宝くじ販売期間中に該当することはなさそうです。 残念ですが暦は変えることができませんので、そのなかでも運気の上がる最上吉日を選んで購入していきましょう! まとめ 祝い事や新しいことを始める時、引越しや結婚など日取りを決める時には必ず暦を意識していませんか? 日本人は昔から暦をとても大切にしてきた民族なんですよね。 六曜日や吉日は、いつ誰が考案したものなのかわかっていないにも関わらず、わたし達の生活の一部となって機能しています。 また、人の体や精神は月の周期、つまり新月から満月までのでの満ち欠けにも、大きな影響を受けていると言われています。 理由はわからないけど、自然と人の心に受け入れられ、生活の一分となる。 それはとても不思議なことです。 人間の気分や体調の様に、暦にもリズムがあって時が流れているということなんでしょうね。 2019年のジャンボ宝くじライフを楽しみに待ちたいと思います。 宝くじは当せんする確率がとてつもなく低いですが、全国のどこかに幸運を掴んでる人がいるのも事実です。 2019年も諦めずに、アスリートの精神を見習って、淡々と粛々と狙いすまして、幸運を掴みとりましょう!.

次の