ご 送付 させ て いただき ます。 「お送りさせていただきます」の敬語・二重敬語なのか・使い方

「ご送付」という敬語の正しい使い方について

ご 送付 させ て いただき ます

この記事の目次• 「送付させていただきます」は間違い敬語・二重敬語ではない まずは結論から。 「送付させていただきます」は二重敬語ではありませんし、間違い敬語でもありません。 正しい敬語です。 なぜなら、 もとになる単語「送付」 に「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、 丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしているからです。 ただし元になる形「送付させてもらう」という表現が日本語としておかしいので、あまり好ましい敬語フレーズではありません。 普通に「送付いたします」という敬語をつかったほうがよいでしょう。 これだけですべてを物語っているのですが説明不足かもしれませんので、• なぜ「送付させていただきます」が正しい敬語なのか?• 「送付させていただきます」のビジネスシーンにおける正しい使い方• そもそも謙譲語って何? という部分についてもくわしく解説していきます。 「送付」に「させてもらう」の謙譲語を使っているから正しい 繰り返しにはなりますが「送付させていただきます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「させてもらう」の謙譲語「させていただく」を使い、• 丁寧語「ます」をくっつけた敬語 「させてもらう」という単語に謙譲語をつかって敬語にしており、正しい敬語の使い方をしています。 二重敬語でもなく間違い敬語でもありません。 【補足】そもそも謙譲語とは? そもそも謙譲語とは… 敬語の一種であり、自分を低くすることで対象を立てる・うやまう・高める敬語。 自分の行為につかい、対象の行為にたいして謙譲語を使ってはいけません。 ただし細かくは謙譲語にも2種類あります。 例文「お伝えします」「お土産をいただく」「貴社へ伺う」• 【出典】文化庁「敬語の指針」 ただし「送付させていただきます」は日本語としておかしい これまでの解説から「送付させていただきます」は敬語としては正しいということが分かりました。 ところが敬語うんぬんの前に… 日本語としておかしい表現じゃないの、というポイントを見るべき。 その点で「送付させていただきます」は日本語としておかしいのです。 日本語としておかしい理由 じゃあなぜ日本語としておかしいのかというと、元の形「送付させてもらう」で考えてみるとすぐに分かります。 「させてもらう」の意味は辞書によると「相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す」です。 つまり、 許しが必要なときにつかう言葉です。 で、 「送付させてもらう」だと「送付するために相手からの許しを得たい」という感じのニュアンスになります。 相手に送付するときに、はたして相手からの許しが必要なのでしょうか? わたしはおかしいと思いますね。 ただしこれは受け手の感情次第であるため、なにが正解とは言えません… 相手の許しを得るために「恐れ多くも送付させてもらいますよ、許してね」というニュアンスだと考えればまぁ許される範囲かもしれません。 正しい使い方にはたとえば、• 例文「ご一緒させていただきます」• 例文「出席させていただきます」• 例文「コメントは差し控えさせていただきます」 などがあります。 これらはよくビジネスメールに使われる表現。 相手の許しがなければ「ご一緒させてもらう=同行させてもらう、仕事を一緒にさせてもらう」あるいは「出席する」ことはできないため、正しいと言えます。 例文「本日は休業とさせていただきます」 原文「休業させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」 原文「値上げさせてもらう」• 例文「弊社の新商品を紹介させていただきます」 原文「紹介させてもらう」• 例文「貴社の求人に応募させていただきます」 原文「応募させてもらう」• 例文「誠に勝手を申し上げますが、製品を10%値上げさせていただきます」は値上げするには相手の許可がいるわけで、これもまぁOKな使い方といえます。 例文「本日は新商品を紹介させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 例文「貴社の求人に応募させていただきます」も、いちおうは相手の許可がいるわけですからまぁOKな使い方。 ただ、 おっさん営業である私はどれも決して使いません。 必要以上にかしこまるのが嫌いだからです。 客は神でもなんでもなくってただのヒトなのですから。 じゃあ「送付する」をビジネスシーンにも使える丁寧な敬語にするにはどうしたらいいの、ということですが… 答えは簡単で「送付いたします」とすればよいだけ。 敬語の補足 「送付いたします」はもとになる単語「送付」に 「~する」の謙譲語「~いたす」をつかい、さらに丁寧語「ます」をくっつけて敬語にしています。 謙譲語には他にも「お・ご〜する」「お・ご〜いたす」という使い方があります。 たとえば、 「ご連絡する」「 ご 連絡いたす」 「ご報告する」「 ご 報告いたす」 「ご挨拶する」「 ご 挨拶いたす」 「お願いする」「お願いいたす」 こんな感じでつかう敬語です。 ちなみに丁寧語「ます」をくっつけて「お・ご〜します」「お・ご〜いたします」とするのが一般的。 私はビジネスメールであろうと電話であろうと「送付いたします」しか使いません。 理由は上述したとおり。 ビジネスシーンではとくにメールで「販売会議の資料を送付いたします」などとして使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 「送付いたします」を使った例文• ご依頼の資料につき添付ファイルにて 送付いたします(ビジネスメール)• 下記のとおり資料を 送付いたします(ビジネスメール)• 添付ファイルにてご依頼の見積書を 送付いたします(ビジネスメール) 送付いたします を使ったビジネスメール例文(全文) つづいて「送付いたします」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 文字通り、何かを送付するビジネスメールにおいて活躍する表現です。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 社外メール例文:見積書を取引先に送付する メール件名: 【製品A】お見積送付の件(ビジネス・のまど) ケミカル株式会社 資材部 三菱 様 お世話になっております。 株式会社転職・ノマドです。 さて、先日ご依頼いただきました製品Aのお見積につき、 添付にて送付いたします。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願いいたします。 株式会社ビジネス・ノマドと申します。 iPhone7の広告代理店業をしております。 このたび、貴社ホームページに弊社製品iPhone7の広告を掲載いただきたく連絡いたしました。 iPhone7のほかにない特徴は「軽く・早く・強い」であり、 貴社でお取り扱いの他製品よりも多くの優れた点を有しております。 なお、製品仕様等の詳細につきましては添付ファイルにて資料を送付いたします。 ぶしつけなお願いにて大変恐れ入りますが、ご検討いただければ幸いです。 何卒宜しくお願いいたします。 就活メール例文:複数の応募書類を送付する(突然Ver) メール件名: 応募書類送付の件(就活大学・ノマド) 就活株式会社 人事部 採用課 就活 様 突然の連絡にて大変失礼いたします。 私、就活大学・就活学部のノマドと申します。 2019卒予定の就活生です。 このたび、貴社2019卒採用サイトにてご記載の事務系職に応募いたしたく、 添付にて以下の応募書類を送付いたします。 履歴書• エントリーシートES• 運転免許書のコピー• 在学証明書• 成績証明書 以上 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご査収の上、 お取り計らいのほど何卒宜しくお願いいたします。 省エネかつ丁寧な送付状ができますので、テンプレートとしてご活用ください。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、表題の件につき以下送付いたします。 ご査収のほど何卒宜しくお願い申し上げます。 敬具 記 ・iPhone6 製品カタログ 3部 ・iPhone6 技術資料 3部 ・iPhone6 品質規格書 3部 以上.

次の

「させていただきます」の間違いだらけの使い方:吉政忠志のベンチャービジネス千里眼:オルタナティブ・ブログ

ご 送付 させ て いただき ます

この記事の目次• 意味 「ご送付いただきありがとうございます」は「送付してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「送付してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご送付」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 送付 = 送付すること• すると「ご送付いただきありがとうございます」の意味は… 「送付してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご送付いただきありがとうございます」の敬語の成り立ちについて。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご送付いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご送付いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「送付」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「送付」に謙譲語「お・ご」で 「ご送付」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご送付いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「教示」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 使い方・例文 つづいて「ご送付いただきありがとうございます」の使い方について。 文字どおり送付してもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方・例文「お礼返信ビジネスメールの書き出し挨拶」 「ご送付いただきありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先から何かを送付するようお願いしたとき。 お礼する返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 取引先にカタログなど資料送付の依頼をして返信があったとき。 -ビジネスメール例文- お世話になっております。 カタログを拝受しました。 早々にご送付いただきありがとうございます。 さてカタログを拝見しましたところ、商品AおよびBが今回の目的に合致しそうですので、一度評価いたしたく存じます。 もしよろしければ少量(〜100gほど)サンプルをいただけますでしょうか。 なお送付先は下記のとおりとなります。 (住所) たびたびお手数ではございますが、お取り計らいの程お願い申し上げます。 まぁとにかく「送付してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 敬語の種類としては以下のとおり。 もとになる語「送付してもらいありがとう」• 丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご送付いただきまして」• あるいは 「ご送付くださり、ありがとうございます」としてもOK。 あるいは単に「ご送付ありがとうございます」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 【例文】ビジネスメール全文 つづいて「ご送付いただきありがとうございます」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 to社内:資料送付を依頼したあと、お礼返信メールする 【to社内・各位・上司など】 資料の送付依頼メールにたいする返信をもらったあと。 さらに返信メールでお礼するメール例文。 ご多忙にも関わらず早々にご送付いただき誠にありがとうございます。 それでは当日、いただきました会議資料をプリントアウトし関係者に配布いたします。 よろしくお願いいたします。 人事部 ノマド to社外:カタログ送付を依頼したあと、お礼返信メールする 【社外ビジネス・テンプレート】 カタログ送付の依頼メールにたいする返信をもらったあと。 さらに返信メールでお礼するメール例文。 さきほどカタログを拝受しました。 ご送付いただき誠にありがとうございます。 それでは導入を進める上での参考にさせていただきます。 また問い合わせすることもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 さきほど紹介したように「 ご送付いただきましてありがとうございます」と似たような表現には「 ご送付くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご送付いただく=送付していただく」なのか「ご送付くださる=送付してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご送付いただきましてありがとうございます」「 ご送付くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご確認 くださいますようお願い致します」 「ご確認 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご送付」 お礼シーンだけじゃない「ご送付」の使い方。 ほかには何かしら資料などを目上や上司・取引先に「送付してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付くださいますようお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるようお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付のほどお願い申し上げます」 意味は「送付してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければ幸いです」 意味は「送付してもらえたら嬉しいです」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらいたいと思います」• 例文「誠に勝手を申し上げますが10月10日までに ご送付いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「送付してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご送付いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「送付してね!よろしく」という意味なのです。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご送付くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご送付」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご送付〜」 「たびたび恐縮ではございますがご送付〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご送付〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご送付〜」 「たびたび恐れ入りますがご送付〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご送付〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご送付〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご送付〜」 ほかにも色々ある「ご送付」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

【状況別】ビジネス文書の例文と手紙での例文|送付状/依頼

ご 送付 させ て いただき ます

「ご送付」という言葉の意味と使い方を正確に理解していなければ、上手な使い方をすることができません。 ビジネスシーンでもよく使われることのある「ご送付」という言葉について正確に理解しましょう。 まずは「ご送付」の意味について調べてみましょう。 「ご送付」に意味 そもそも「ご送付」という表現の「送付」とは何なのかを、まずは理解しましょう。 「送付」とは「書類や品物などを送り届けること」を指しています。 よく使われている別の言葉で簡単に表現すると「送信」とか「送る」ということもできるでしょう。 では、なぜ「書類や品物などを送り届けること」という意味のある「送付」に「ご」という言葉が付けられているのでしょうか。 この「ご」は敬語になります。 そのため、ただ「書類や品物などを送り届けること」を事実として伝えるのではなく「ご」をつけて相手に対する敬意を示すことができている表現になります。 さて、ここまでで「ご送付」の具体的な意味について理解することができました。 早速「ご送付」をどのように使う事ができるのか調べてみましょう。 より実用的な使い方を知るためにシーン別の正しい表現について見てみましょう 「ご送付」という敬語のシーン別正しい表現を知ろう! 「ご送付」という言葉を実際にどのように使うことができるのかを理解するためには、シーン別で、この表現の使い方について知る必要があります。 なぜなら、同じシーンに出くわした時に、これから調べる「ご送付」の使い方を、そのまま自分の会話に取り入れることができるようになるためです。 ぜひ、自分の生活シーンとこれから例文に用いられているシーンを比べて、より実用的な表現を学ぶようにしましょう。 「ご送付ください」で要求する 「ご送付ください」にどのような意味があるのか最初に理解しましょう。 後半の部分が「ください」というかたちになっています。 この表現は尊敬語が元になっています。 つまり、相手が動作主の場合に限って使うことができる表現であることがわかります。 そのため「ご送付ください」を使うことができる具体的なシーンは、誰かに品物や書類を送ってほしい時になります。 つまり、相手に何かを送ってもらえるように行動を要求していることになります。 少し強い要求にもなり得る 直接的な考えを相手に対して伝えていることになりますので、ただ相手に「送る」という行動を要求しているのではなく、その行動を必ずしてもらいたい、という考えを相手に伝えることにもなります。 もちろん、言い方や送るものによって「ご送付ください」という言葉を言われる人の受ける印象が変わってきます。 しかし「これはすぐに送ってもらわないと」と感じるような書類やものがあるのであれば「ご送付ください」と言うことができるでしょう。 「ご送付させていただきます」で自分の行動を伝える どのようなシーンで「ご送付させていただきます」という言葉を使うことができるのでしょうか。 この言葉によって自分の動作を表現することができます。 つまり、必然的に自分が相手に対して書類や何かのものを送りたい時に使うことのできる表現であることがわかります。 しかし、人によっては「ご送付させていただきます」の「ご」が不必要なのではないかと考えています。 この点については、人によって下す結論が変わってきます。 しかし「ご」が必要だと考えている人と、不必要と考えている人がいるのはなぜでしょうか。 「ご」をつけた方が良いと考えている人の多くは、自分の行動に対して敬意を示すのは間違いだ、と考えています。 簡単に言うと「ものを送るのは自分なのに、なんで自分の行動について敬語で話さなければいけないんだ」と考えていることになります。 「ご送付させていただきます」の「ご」をつける理由 逆に「ご」をつけた方が良いと考えている人は「送付」によって生じる動作は自分だけではなく、相手も関わると考えています。 そのため、送られた郵便物を受け取る側の人にも、ある程度の動作が求められるので「ご送付」という表現を使うことによって、相手への配慮を示すことができる、と考えています。 「ご送付させていただきます」という表現に「ご」をつけるかどうかの判断は人によって大きく異なってくることがわかります。 どちらの表現を使うとしても、ここで学んだ考え方が基本となっていますので、考え方を整理した後に、自分なりの決定をすることができるでしょう。 「ご送付申し上げます」で深い敬意を示す 「ご送付させていただきます」という表現を、相手に対して何かの書類や物を送る時に使うことができる、という点をすでに学びました。 実は「ご送付申し上げます」という表現も全く同じシーンで使うことができるといいます。 では「ご送付させていただきます」と「ご送付申し上げます」という表現の間にはどのような違いがあるのでしょうか。 語尾に注目してください。 「申し上げます」という表現が使われています。 文法上この言葉は謙譲語になります。 つまり、自分の身分を低く扱って相手に敬意を示す表現だということです。 「ご送付申し上げます」を取引先の人に使う そのため「ご送付申し上げます」で「送らせてもらいます」という考えを伝えることができますが、そこには深い敬意を示されていることを忘れてはなりません。 職場の上司が取引先の人と会話をしている時には「ご送付申し上げます」で、相手に示されるべき敬意を、この表現によって上手に伝えることができます。 「ご送付いただけますでしょうか」 「ご送付いただけますでしょうか」という表現を言われるとしたらどのように感じますか。 おそらく、自分に選択肢が与えられていることに気づくことができるはずです。 つまり、要求されている書類を。 送るのか、送らないのか、という決定しなければいけないことになります。 簡単に言うと「ご送付いただけますでしょうか」で「送ってもらえませんか」と相手に質問していることになります。 しかし、この表現を使うことによって、より相手に対する敬意を示すことが可能になります。 取引先の人に書類を送ってもらいたいととします。 そんな時に「ご送付いただけますでしょうか」と言うのであれば、相手に強要していることになりません。 もちろん、取引先の人からしすると書類を送ることが当然な場合であったとしても、質問されたことによって断ろうとする人は、まずいないでしょう。 「ご送付願います」 「ご送付願います」という表現でも、相手に書類や何かのものを送ってもらうのを要求することができます。 しかし、この表現を使った場合、結果として書類を送ってもらうように要求していることになります。 どういうことでしょうか。 「ご送付願います」の「願います」という表現に注目することができるでしょう。 誰が願っているのでしょうか。 自分です。 つまり、この表現では「あなたに書類を送ってもらうことを、自分は願っています」と言っていることになります。 言われている方からすると、何かの行動をするように強制されている感じがしません。 むしろ、この表現を使う人の願いを叶えてあげるために「送ってあげよう」という気持ちになることでしょう。 取引先との関係が複雑な場合に「ご送付願います」という言葉を使うこともできます。 他にも、怒りやすい人と話している時にも「ご送付願います」を使えます。 「ご送付いたします」 「ご送付いたします」も相手に対する深い敬意が現れている表現の1つです。 しかし、この表現を使う場合、書類や物を送るのは自分になります。 「いたします」という表現は「する」の謙譲語になります。 そのため、ただ「ご送付します」というよりも「ご送付いたします」と言ったほうが、相手に対する敬意が示されていることになります。 これから自分が書類を送ることによって相手に対する迷惑をかけてしまうのであれば「ご送付いたします」で対応する方が賢明と言えます。 請求書をご送付する際のメールの書き方と文例を調べよう 「ご送付」を使った文章をメールで送らなければならないこともあるでしょう。 そんな時に相手に不敬な仕方で「ご送付」という言葉を使ってしまうと、後で、取引先の人とのトラブルになってしまう可能性もあります。 「ご送付」のメールでの具体的な使い方を調べてみましょう。 件名で「ご送付」を使う 例えば、履歴書をメールで送らなければいけないとします。 メールの内容で履歴書を送付していることに言及することができますが、件名でもそのことについて簡単に伝える必要があります。 「履歴書をご送付の件」というタイトルで履歴書を送りましょう。 つい相手を意識しすぎて、メールのタイトルでも「です、ます」を使おうとする人がいますが、件名の場合は問題ありません。 他にも「資料送付の件」というタイトルで、取引先との資料の受け取りメールを送ることができます。 タイトルでは、内容を知ることのできる簡単な表現を用いることが、相手に対する親切に繋がる、ということを忘れないようにしましょう。

次の