なほ きよ すみ イラスト。 【楽天市場】メガハウス 鬼滅の刃 Vol.3 ラバーマスコット バディコレ (1BOX) 【7月予約】:でじたみん 楽天市場店

【鬼滅の刃】蝶屋敷の3人娘の名前や年齢は?見分け方や覚え方についても

なほ きよ すみ イラスト

髪の毛は二つ結びで、前髪を左から二つに分けている女の子。 蝶飾りは髪の毛の結び目につけています。 帯の色は水色。 この3人、名前からも分かるとおり 姉妹ではありません。 彼女たちもまた、鬼に家族を殺された被害者です。 最初はもじもじと恥ずかしそうにしていた3人でしたが、炭治郎の優しさと、訓練に励む姿に心開いていき、おにぎりまで作ってくれるようになりました。 また、効果的な練習方法を教えてくれたり、「全集中の呼吸・常中」の呼吸を身につけるために、眠ってしまっている間に全集中の呼吸をやめたら布団たたきで叩いて起こしてほしいという炭治郎の要望にも応えていました。 しかも起こしかたも容赦なく布団たたきで叩いていたのが彼女たちの応援の様子を表していましたよね。 前髪の分かれ目がすみっこにあるから「すみ」 なかなか無理がある覚え方な気もしますがいかがでしょうか。 三つ編みのなほ• 前髪のきよ• おさげのすみ これではダメでしょうか?笑 余談ではありますが、同じく「鬼滅ラヂヲ」で話されていましたが、彼女たちのそっくりな声について少し書かせていただきます。 アニメをご覧になった方はご存じだと思いますが、彼女たちの声ってすごく似ているので同じ声優さんがやられていると思われている方も多いのではないでしょうか。 ドラゴンボールの野沢雅子さん的な しかし、声優さんはそれぞれ違う方が演じられています。 声を似せてほしいというディレクションのもと、あの可愛らしい3人娘が表現されています。 炭治郎役の花江夏樹さんも、善逸役の下野紘さんも「声優さんってすげぇなぁ」と感想をこぼしていらっしゃいました。

次の

ラバーマスコット バディコレ 鬼滅の刃 Vol.3 6個入りBOX

なほ きよ すみ イラスト

そして、中をのぞきこんだ途端、こぞって悲鳴をあげた。 「何ですか、これ? 人面魚ですかぁ?」 怖すぎますぅ、呪われそうですぅ、と泣きながら訴える三人に、伊之助が胸を張る。 「知らねえのか、チビども。 それだけ聞けば、大層、心温まる話なのだが……。 炭治郎作の鯉のぼりは二本の腕と人間のような鼻が生えているし、善逸のものに至っては、最早、原型をとどめていないほどおどろおどろしい。 わざとだろうかとすら思えるひどさだが、善逸はともかく、あの炭治郎である。 そんなことをするはずがない。 おそらくは、ただ単純に絵が下手なのだろう。 「あのぅ……伊之助さん。 鯉のぼりが何かわかってらっしゃいますか?」 「妖怪だろ」 すみの問いにきっぱりと伊之助が答える。 やはりそうかと天を仰いだ少女たちは、おずおずと口を開いた……。 いいお湯だったよ」 「ねえ。 なんか、伊之助のバカが『お前らに本物を持って来てやる! 俺は親分だからな!!』とかわけのわかんないこと言って走ってったけど、アレ、何? 何のこと?」 湯を浴び、部屋に戻ってきた炭治郎と善逸に尋ねられ、三人はこぞって眉尻を下げた。 「私たち、鯉のぼりの由来についてお話したんです。 そしたら、伊之助さん、飛び出して行ってしまって……」 「え? じゃあ、伊之助は俺たちが本物の鯉のぼりを見たことがないと思って、取りに行ったってこと?」 「盗りに行ったんだろ」 炭治郎のつぶやきを律儀に訂正した善逸が「あのバカ」と頭を抱える。 「すぐに追いかけて止めよう」 「えー!? 折角、暗くなってきたし、禰豆子ちゃんの顔を見ようと思ったのにさあ」 「行くぞ、善逸」 炭治郎に急かされ善逸がしぶしぶ従う。 そんな二人の背中を、三人は当初、オロオロと見送ったが、やがて、誰ともなく笑いだした。 そして、仲良し三人娘は、なんだかんだ言いながらも仲の良い三人組の為に、いそいそとお湯を沸かし始めた。

次の

ラバーマスコット バディコレ 鬼滅の刃 Vol.3 6個入りBOX

なほ きよ すみ イラスト

そして、中をのぞきこんだ途端、こぞって悲鳴をあげた。 「何ですか、これ? 人面魚ですかぁ?」 怖すぎますぅ、呪われそうですぅ、と泣きながら訴える三人に、伊之助が胸を張る。 「知らねえのか、チビども。 それだけ聞けば、大層、心温まる話なのだが……。 炭治郎作の鯉のぼりは二本の腕と人間のような鼻が生えているし、善逸のものに至っては、最早、原型をとどめていないほどおどろおどろしい。 わざとだろうかとすら思えるひどさだが、善逸はともかく、あの炭治郎である。 そんなことをするはずがない。 おそらくは、ただ単純に絵が下手なのだろう。 「あのぅ……伊之助さん。 鯉のぼりが何かわかってらっしゃいますか?」 「妖怪だろ」 すみの問いにきっぱりと伊之助が答える。 やはりそうかと天を仰いだ少女たちは、おずおずと口を開いた……。 いいお湯だったよ」 「ねえ。 なんか、伊之助のバカが『お前らに本物を持って来てやる! 俺は親分だからな!!』とかわけのわかんないこと言って走ってったけど、アレ、何? 何のこと?」 湯を浴び、部屋に戻ってきた炭治郎と善逸に尋ねられ、三人はこぞって眉尻を下げた。 「私たち、鯉のぼりの由来についてお話したんです。 そしたら、伊之助さん、飛び出して行ってしまって……」 「え? じゃあ、伊之助は俺たちが本物の鯉のぼりを見たことがないと思って、取りに行ったってこと?」 「盗りに行ったんだろ」 炭治郎のつぶやきを律儀に訂正した善逸が「あのバカ」と頭を抱える。 「すぐに追いかけて止めよう」 「えー!? 折角、暗くなってきたし、禰豆子ちゃんの顔を見ようと思ったのにさあ」 「行くぞ、善逸」 炭治郎に急かされ善逸がしぶしぶ従う。 そんな二人の背中を、三人は当初、オロオロと見送ったが、やがて、誰ともなく笑いだした。 そして、仲良し三人娘は、なんだかんだ言いながらも仲の良い三人組の為に、いそいそとお湯を沸かし始めた。

次の