年収 偏差値。 入社10年目予想年収ランキング

年収を偏差値化した世界

年収 偏差値

全体の15. 上位から78. 男性限定では上位90. 女性限定では上位61. 偏差値42は、学力偏差値でいうところの 底辺私立大レベルです。 年収別の偏差値総括 年収別の構成比について述べてきましたがいかがでしだでしょうか。 最後に全体、男性、女性別の年収割合を円グラフにしてみました。 平均給与は平成24年以降右肩上がりで上昇していっているものの、年収1000万円を超える割合は全体でも非常に少なく、 年収1000万円の壁というのが一つの大きな目安になっているようです。 また女性に限ってみると、 年収500万以上の人でも全体の十数パーセントとなっており男性に比べると年収が低くなっています。 この統計調査は全世代トータルでの数値となっており、実際は年齢や居住地域によっても変わってきますが、参考程度に見ていただけると幸いです。 年収を大幅UPさせるには転職エージェントを有効活用しよう 簡単に年収を上げるには、 優良企業へ転職することが重要で、優良企業へ転職するには、 転職エージェントや転職サイトの有効活用は必須です。 具体的には、転職エージェントに相談することで、 以下のようなサービスを無料で受けることが出来ます。 自分の経歴や希望に合った優良求人を紹介してもらえる• 代理で年収交渉してもらえる• 気になる会社の年収や職場環境の情報を入手できる• これだけのサービスが無料で受けられるので、登録して 活用しないと大変もったいないですね。 次からは実際にこれまで私が4度の転職で使用したオススメの転職エージェントを紹介します。 オススメの転職エージェント 業界No. 1エージェント リクルートエージェント の特徴• 大手企業を含む優良企業の求人が豊富• 未経験者OKの求人も多数あり• 20代~40代男女の幅広い世代に対応している リクナビNEXTは業界大手の転職サイトで特徴は 圧倒的な求人数です。 とりあえず登録しておいて放置していても問題なく、場合によっては 企業から直接スカウトメールが来ることがあります。 実際に私もリクナビNEXTを利用しているときに、 売り上げ1兆円以上の有名大手企業から直接スカウトが来て、その後転職した経験があります。 リクナビNEXTに登録していなかったら、その会社には入社出来ていなかったかもしれないので登録しておいて本当に良かったですね。 転職サイトも すべて無料で利用できるので、登録しておいて損はないです。 これまで4回転職を経験しており、職歴も「公務員」「派遣社員」「一部上場商社」「売上1兆円以上の大手メーカー」と多種多様です。 このブログでは転職活動を始めようとしている方や転職活動に悩んでいる人にとって少しでも有益な情報を提供していけたらと思います!.

次の

年収偏差値とは「同じ条件の集団内年収レベル」!活用法を一挙公開

年収 偏差値

スポンサーリンク 全国の年齢層別有業者数 全国の年齢層別有業者数は下図のようになっています。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 全国の年収分布 全国の年収分布は下図のようになっています。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 各都道府県における平均年収 各都道府県の30代前半の有業者の平均年収を男性と女性について統計データから計算し、その値を両軸に取りプロットしたものが下図になります。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 青色の縦線が30代前半の男性の有業者の年収の全国平均、赤色の横線が30代前半の女性の有業者の年収の全国平均を示しており、この線を越える場合はその都道府県において30代前半の有業者の平均年収が相対的に高いと言えます。 また、紫色の線で有業者の平均年収の男女比の全国平均を示しており、この線を上側に越えると女性の有業者の平均年収が相対的に高いことになります。 各都道府県における年収600万円以上の人の割合 各都道府県の30代前半の有業者に占める、年収600万円以上の方の割合を男性と女性について統計データから計算し、その割合を両軸に取りプロットしたものが下図になります。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 全国平均では、30代前半の有業者に占める年収600万円以上の方の割合は、男性で6. 各都道府県のデータを見ると、東京都で男女ともに最もその割合は高くなり、東京都の30代前半の有業者のうち、男性で12. 男性の場合、東京都に次いで三重県、愛知県が30代前半の有業者に占める年収600万円以上の方の割合が高くなっています。 女性の場合、東京都に次いで神奈川県、静岡県が30代前半の有業者に占める年収600万円以上の方の割合が高くなっています。 全国の学歴分布 全国の年齢層別の学歴分布は下図のようになっています。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 各都道府県における大学・大学院卒者の割合 各都道府県の30代前半の人口に占める大卒者・大学院卒者の割合を男性と女性について統計データから計算し、その割合を両軸に取りプロットしたものが下図になります。 青色の縦線が30代前半の男性の大卒者・大学院卒者の割合の全国平均、赤色の横線が30代前半の女性の大卒者・大学院卒者の割合の全国平均を示しており、この線を越える場合はその都道府県において30代前半の人口に占める大卒者・大学院卒者の割合が相対的に多いと言えます。 また、紫色の線で大卒者・大学院卒者の男女比の全国平均を示しており、この線を上側に越えると女性が大卒者・大学院卒者に占める割合が相対的に多いことになります。 「平成24年就業構造基本調査結果」(総務省統計局)を加工して作成 () 図を見ると、30代前半の大卒者・大学院卒者の割合が男女ともに全国平均よりも多い都道府県は、東京都、神奈川県、京都府、兵庫県、奈良県、大阪府、広島県、愛知県、千葉県の9都府県になります。 大都市圏とされる都道府県で大卒者・大学院卒者の割合は多くなっていると言えます。 特に東京都は他の都道府県に比べ顕著に大卒者・大学院卒者の割合が高く、東京都の男性で58. 男性のみ全国平均より大卒者・大学院卒者の割合が多い都道府県は、埼玉県、滋賀県となっています。 女性のみ全国平均より大卒者・大学院卒者の割合が多い都道府県は、香川県、岡山県、徳島県となっています。 四国地方およびその隣の岡山県の5県は大卒者・大学院卒者に占める女性の割合が高い傾向があり、この地方の特色と言えます。 特に大卒者・大学院卒者の割合が低い都道府県は、福島県、秋田県、山形県、新潟県、青森県が挙げられ、東北地方で大卒者・大学院卒者の割合が低いと言えます。 特に福島県では男性の大卒者・大学院卒者の割合が低くなっており、東日本大震災における原発事故の影響があるのかもしれません。 関連リンク•

次の

【2019年最新】年収1000万円の割合は?上位何%?年収ごとの割合と偏差値をまとめてみた

年収 偏差値

年(3月期) 平均年収 売上高 728万円 2兆7,863億円 634万円 2兆4,616億円 646万円 2兆0,560億円 754万円 2兆4,273億円 759万円 2兆4,001億円 (参考:シャープ|) 年度によって年収の変化が激しいことが感じ取れるかと思います。 一番年収の高い2019年 759万円 と一番年収の低い2016年 634万円 では、差額が125万円です。 2016年といえばシャープが経営危機に陥り、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業に買収された年です。 2017年には前年度の売上から4,000億円近く減りましたが、それを底にして 2018年には2兆4,273億円までV字回復しています。 こうした業績の変化が平均年収に反映されていると予想できます。 【補足】シャープマスクの売上への影響は? 新型コロナウィルスの影響で、シャープのマスクは抽選販売になるほど、注目が集まりました。 シャープがマスク生産、政府要請受け まず日産15万枚 — 日本経済新聞 電子版 nikkei しかし、 本業では主力の液晶パネル事業が振るわず、大幅な減益になっています。 「」によると、2兆2,712億円で、前年度の売上の5. 4%減です。 マスクの売上は増えたものの、本業の売上減を相殺させるほどには届かなかったようです。 ちなみに、シャープのマスクは送料込みで1箱3,640円。 1回の抽選で当たっている人数は回によって異なりますが、7万人とすると、1回あたり2億5,000万円をマスクの売上だけで稼いでいます。 ただ、マスクの需要が落ち着いてくると、シャープのマスクの売上も伸び悩みそうです。• 平均年収774万円• 従業員数:62,031人• 従業員平均年齢:45. 6歳 (参考:) パナソニックの2019年の平均年収は、774万円です。 パナソニックは総合家電大手で、AV機器や白物家電が主力のメーカーです。 それだけでなく、電池などのデバイス事業、照明、住宅設備事業も展開しています。 電機機器業界の名だたる有名企業の平均年収などを紹介してきました。 上記で紹介した企業と比べると、シャープの年収は774万円で最下位ということになりました。 ただし、電気業界は競争が激しい世界なので、シャープの年収が僅差のパナソニックやNECより高くなる可能性は十分考えられます。 パナソニックの年収についてもっと詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 転職の仕方は「」で紹介しています。 4.シャープの特徴 シャープは、他の企業と比べて何が違うのでしょう? シャープへの就職や転職を考えるに当たって、この点は気になるところです。 ここではシャープの特徴を3つご紹介します。 〈8Kとは〉 現在のデジタル放送 フルハイビジョン に比べて、より高画質・高繊細な画像 スーパーハイビジョン を提供する放送のひとつです。 フルハイビジョンと比べると、8Kは16倍の画素数(画面を構成する点の数)となるので、画質の粗さが目立ちません。 2018年12月1日から放送が開始されました。 シャープは競争が激しい電気機器業界において、液晶技術に特化し、的を絞って経営資源を投入してきました。 この戦略の結果、液晶技術において高い技術力を手に入れ、他社と差別化することができました。 近年は、次世代テレビに必要とされる8Kの高い技術を、多く有しています。 鴻海グループの販売網・生産力を利用できる 台湾に本社を置く鴻海(ホンハイ)グループは、7,000億円もの巨額の資産を投下し、シャープを子会社化しました。 鴻海(ホンハイ)グループは、電子機器受託製造サービス(EMS)でのし上がった企業で、売上高が15兆円もあります。 この15兆円という売上高を達成した企業は世界でも30ほどしかなく、日本では鴻海より上位につけた企業は、トヨタ自動車だけです。 鴻海(ホンハイ)グループは世界有数の販売網・生産力を保有していますので、提携したことでシャープも、鴻海の生産力・販売網を利用できます。 鴻海との相乗効果はとても優れているとされ、例えば海外へ生産の拠点を移すことで、コストカットを行うことが可能です。 12年から続く長期的な不良による人材難 シャープは2012年から、長期的な不良に陥っています。 テレビ事業の不振などで、経営危機にまで発展しました。 そしてその不況の間に、優秀な人材が他の企業に引き抜かれてしまいました。 今後は優秀な人材をまた獲得できるように、社内環境の整備やブランドイメージの向上が必要となってきます。 経営難に陥ったとはいえ、前述したように既に底は脱したように見えますので、今後の回復に期待です。 5.シャープの口コミ・評判を紹介 シャープで実際に働いている社員の声が気になる方も多いでしょう。 ここでは、シャープ社員による口コミや評判をご紹介します。 給与の伸び• 評価は相対評価なので、成績が良くても他の人の成績が良ければ、自分の評価は普通になる 絶対評価ですと、同じ成績でも、甘い上司の場合は評価が良くなり、辛い上司の場合は評価が下がる可能性はあります。 このように絶対評価にもメリット・デメリットがありますので、どちらも納得する人事制度は難しいでしょう。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 7.シャープに転職するなら「JACリクルートメント」を利用しよう シャープへの転職をお考えならば、転職エージェントの「」の利用がおすすめです。 ビズリーチはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した、スカウト型の転職エージェント。 あなたの情報を登録しておけば、ヘッドハンターや企業がそれを見て直接スカウトしてくれます。 会員になれば詳しい求人情報を見ることができるので、興味のある求人に直接応募することも可能です。 利用は一部有料ですが、会員登録だけなら無料で行えるので、ぜひ気軽に登録してみてください。 運営会社 株式会社ビズリーチ 対象地域 全国・海外 年代 20〜40代 公開求人数 50,642件 (2020年5月時点) 非公開求人数 非公表 登録ヘッドハンター数 3,513人 (2020年5月時点) 利用料 一部有料 URL 詳しくは「」をご覧ください• 課長クラスで1,000万円可能• 初任給は19. 5〜24. 5万円• 上場・電気業界内での年収偏差値は49. 6で中くらい• ソニーや東芝などの有名電機メーカー内では年収は低い• 2017年から2018年にかけて売上がV字回復 サラリーマン全体の平均年収は約430万円ですので、かなり高年収の企業だと言えるでしょう。 しかし、電気機器業界全体でみると、シャープは年収が高い方とは言えません。 ソニーなどトップクラスの企業は、1,000万円を越えるところもあります。 それでも、 平均年収が700万円を越えているので、安定していると言えます。 シャープへの転職をお考えの方は、スカウト型転職サイト「」がおすすめです。 情報を登録しておけば、あとはスカウトを待つだけなので、仕事をしながら転職活動をしたい方にぴったりです。

次の