キムヨナ 現在。 金妍兒

キムヨナの現在|何してる?結婚や太った噂を検証!アイスショー情報も|Rioの日々、気になるコト。

キムヨナ 現在

お隣の国韓国では「国民の妹」と言われもはや 英雄的存在のキム・ヨナ。 女子フィギュアスケートで浅田真央ちゃんと 同期として長年ライバル関係にもあった彼女の 壮絶な生い立ちは母親との二人三脚と姉の犠牲 無くしては成り立たない過去がありました。 現在では別人レベルの顔に変貌したキム・ヨナの 生い立ちと現在のルックスも同時に追ってみようと 思います。 Sponsored Link キム・ヨナの生い立ち~母親との壮絶二人三脚 日本人の浅田真央ちゃんと同じ年の 1990年 9月5日に韓国京畿道富川市に誕生したキム・ヨナ は両親と3歳年上の姉との4人家族でした。 3歳年上の姉がフィギュアスケートをしていたのを 見てキム・ヨナも 5歳からフィギュアを開始する。 7歳の頃にはコーチにキム・ヨナの才能を見初められ 本格的な競技界への参加を促されたキム・ヨナと母親は ここから驚異的なフィギュアへ人生の全てを賭ける 生活を開始する。 ヨナの父親は地元で メッキ工場を営むも決して 家系は裕福ではありません。 それでもキム・ヨナを見初められた事で一家の中心は キム・ヨナを一流メダリストにすることと目標設定 されたのでしょう。 日本でもそうですがフィギュアスケートは特殊故 衣装代からリンク代、一流の指導者に振り付けを付けて 貰ったり曲を選定してもらったりで桁外れのお金が かかる競技としても知られています。 これはヨナとヨナママのCM共演です。 てかヨナママ美人ですね~ それでもキム・ヨナの可能性を信じてヨナの母親は 幼児でも 年間300万はかかると言われるフィギュアを キム・ヨナの最大限のサポートを惜しまず親子二人の 二人三脚の生活が始まるのです。 ヨナの母親がした事は独学でフィギュアを学びヨナの マッサージ兼コーチ兼運転手と全ての負担を他人に任せず 彼女がこなした事でも知られる人物です。 そののめり込みようは半端ではなく1日の練習量が 16時間はザラだったというのです。 時間は誰にでも平等に与えられるモノですがキム・ヨナ の母親がわずか1日が24時間である事を考えたら当時の 1日16時間の練習量を考えるといかにヨナの鬼コーチで 会ったのかが分かります。 それだけ全てを賭けてキム・ヨナのフィギュアスケート として一流の選手になるべく目標を親子で追求していた のでしょう。 気迫と気合が半端では無かった事が伺い知れるエピソード ですね。 16時間の練習って就寝意外の時間の全てをフィギュア スケートをしていたということですよね・・・ その鬼レッスンに付き合ったヨナも凄いですが・・・ キム・ヨナ姉を犠牲にしたことがポテンシャルUPに そして、このキム・ヨナの成功とここまで キム・ヨナにフィギュアスケートに熱中させられた 事の要因としてはもう一つの大きな犠牲者が居るのです。 それがキム・ヨナの3歳年上の姉長女の キムエラさん だったのですね。 だって浅田真央ちゃんは姉と同時にフィギュアを 始めましたが、あの羽生結弦さんも姉のフィギュア に憧れて姉に最初のジャンプを教えてもらった事は 知られた事実です。 羽生結弦さんの姉も羽生結弦にフィギュアをめいいっぱい やらせる代わりに姉にフィギュアスケートを断念してもらった といわっれています。 そうです。 キム・ヨナの姉キムエラさんもヨナにフィギュアを めいいっぱいやらせるには彼女にはフィギュアを諦めて 貰うしかなかったというのです・・・ 完全に母親にのキムエラさん・・・美人でヨナに似てない? 姉を見てフィギュアを始めたと言うのにです・・・ この辺りは想像以上にお金のかかる競技である フィギュアならではだと思いますが・・・ 彼女は母親からのこの申し出に 「ヨナの為なら」と 文句一つ言わず身を引いたと言います。 フィギュアの道が閉ざされた姉はその後大好きだった 歌を極めべく音楽の世界での未来を夢みますが音楽も お金のかかる世界です。 歌のレッスンなどキム・ヨナ家には捻出する余裕が なかったのでしょう。 結局キムヨナの姉キムエラはフィギュアも音楽も 諦めて一番お金のかからない看護大学への進学を決め 現在はソウル市内の総合病院で看護婦として就職された との事です。 結局のところキムヨナに全ての教育費を注ぎ込み姉の キムエラに回せる教育費は最低限しか余裕が無かった。 これが実情ではないでしょうか・・・ キム・ヨナの姉キムエラも羽生結弦さんの姉も凄い ですよね・・・ 実際才能が兄妹(ヨナや結弦)より劣っていても同じ 兄妹として正直面白くないこの親の選択。 結果キム・ヨナも羽生結弦さんもメダリストとなったからの 美談になりますが、そうでなかったらと考えたら中々心中 穏やかでは居られない格差を感じてしまいそうです。 汗 ともかくキム・ヨナも羽生さんもこのように姉弟の犠牲 の上での現在の成功と考えて間違いなさそうですね。 Sponsored Link キム・ヨナの苦労?父の不動産投資大失敗! とは言え成功したキム・ヨナにも一流のアスリート 曰くの現役当時の底知れぬプレッシャー冒頭の姉の 犠牲や家族の多大なる期待を背負ってのプレッシャーは 並大抵のモノではなかったと想像に容易くありません。 ヨナも成功者でありますが苦労人でもあります。 母子の猛特訓と未来の金メダリストを目指して ジュニアグランプリを皮切りにグランプリファイナルや 世界選手権とそうそうたる大会でジュニアから実力を 発揮してきたキム・ヨナ。 どんどん国内での期待も大きくなり、それに伴う結果を しっかり出してきた彼女のスポンサー契約など莫大な お金が転がりこんできます。 これは浅田真央ちゃんも羽生結弦さんも同じですよね? 選手として国民の期待を負う人となりになると、こぞって 起業は彼女や彼らを起用したがるのは自然の原理です。 それは韓国でも同じでヨナも世界レベルで注目され その実力も盤石のモノになったころには莫大なヨナ マネーが動くように。 その莫大なキム・ヨナマネーを利用してヨナの 父親 キムヒョンソク氏がヨナマネーで不動産投資をして そのどれに失敗して莫大な損失を出してしまったと 言われているのです。 キム・ヨナの引退は2010年のバンクバー五輪以降 ほぼ決定しており、フィギュアスケーターの共通の 悩みである腰痛はキム・ヨナも深刻な状態だったと 言われています。 でも引退が2014年2月まで伸びに伸びたのはあるはずの ヨナマネーが負債となって彼女にのしかかった故彼女は ギリギリの状態で、 『医師からはこれ以上やると将来は歩けなくなるかもしれない。 』 と言われる程の腰の状態を押してそれ以降も現役を続け 「国民の妹」としての義務を果たしたと言われているのです。 引退前の2013年のキム・ヨナの収入は1400万ドル (15億) と言われ充分家族も彼女も安泰のはずだった・・・ でも父親の冒頭の失敗によって引退することで広告価値が 下がる事を恐れて引退回避で延長に臨んだというのだから キム・ヨナもやっぱり尋常ではない精神的苦悩と肉体的にも ギリギリの状態を乗り越えていたのです・・・ 姉も犠牲にはなりましたがヨナも、成功者故の両親からの それ相応の犠牲となっていたのですね・・・ アボジ~頼むわって感じです。 汗 キム・ヨナの現在が別人レベルの大改造 それにしてもですね~浅田真央より一足先の 2014年2月に現役を引退したキム・ヨナですが その後の お顔の変貌が尋常では無いレベルで変貌 して話題をさらっています。 今では別人? と言っても過言ではない大改造に、流石わ韓国と 思わざる得ない大改造と見事な開き直りっぷりで 芸能活活動を行っているのだとか・・・ 年頃で美しい女性になる事は何も悪い事では ありませんが・・・ 確かに現役当時の彼女を知る大半の人はビフォワー アフターを並べてくれないと分からないかも?です・・・ Sponsored Link おわりに 姉にフィギュアをやめさせての母子の1日16時間のフィギュアの猛特訓は半端な根性では出来ない練習量だったと思います。 そして成功の先にあったものも・・・家族の為にと思い手出しした不動産投資の大失敗などキム・ヨナは様々な苦悩と困難を乗り越えて現在の変貌した姿があったのです。 好きにすればいいよ~って言いたくなるくらいまだ27歳のキム・ヨナの激しくも壮絶な生い立ちとこれまでを振り返ると顔位好きにしたらいいわ~って思えるから不思議ですね。

次の

キムヨナの現在。 嫌われ者って本当?世界の評価はどうだったの?

キムヨナ 現在

なんだか元フィギュアスケート選手だということを忘れてしまいますね・・・笑 そして顔に関してですが、 個人的には整形というより、化粧の影響なのではないかとも思いました。 そこで、最後に すっぴんに近いキムヨナさんの画像も探してみました。 キムヨナの顔はどう変わった? 今回報道された内容によると、キムヨナさんの顔は昔に比べて• 目は西洋人形のように大きくなった• 鼻はスッキリして高くなった• アゴもとてもシャープになった とのことです。 まあアイプチという可能性も考えられますが・・・ 鼻や顎も変わった? さらに上記画像を見ると、鼻や顎に関しても細くなっているような気がしますよね。 seesaa. よって、これらの変化に関しては、 成長期に歯列矯正したことによる変化なのかもしれませんね。 現在の顔の変化は? 最後に現在の顔の変化について考えてみます。 まず2014年に開かれたソチオリンピックの時のキムヨナさんの画像と 2016年のすっぴんに近い画像を見比べてみましょう! (出典:sonnai-news. blog. so-net. jp) 左が2014年時、右が2016年時のものですが、ほとんど変わっていませんよね。 ということは、 現在の顔の変化は整形ではなく、画像修正によって作り出されたものなのではないでしょうか? まあ上記画像を撮影した後に整形したという可能性もありますが・・・ 真相については、最近のすっぴん画像が出て来ない限りは分からなそうですね。

次の

キムヨナの現在!成形前と後でネットの反応がヤバい!|LDs

キムヨナ 現在

2017年 選手情報 国民の妹、フィギュアクイーン、フィギュアの妖精 生年月日 1990-09-05 (29歳) 代表国 出生地 164 cm 47 kg 、 道蔵中学校、修理高校、 2012-2013 リュ・ジョンヒョン 元コーチ 2010-2011 2007-2010 Park Bun-Sun 元振付師 所属クラブ AT Sports() 元練習拠点 週間練習時間 24 開始 1996 引退 2014年2月20日 1 2008—09,2009—10 1 2007—08,2008—09,2009—10,2012—13 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 228. 56 78. 50 2010 バンクーバー五輪 150. 06 2010 バンクーバー五輪• 史上初 目次• 人物 [ ] 、で生まれる。 家族は両親と3歳上の姉がいる。 に移り、地元の道蔵中学校、修理(スリ)高校にて学ぶ。 2009年3月よりに在籍。 2010年4月に設立された母親パク・ミヒが代表取締役を務めるマネジメント会社「オール・ザッツ・スポーツ AT SPORTS 」に所属した。 教徒で、ステラという名を持つ。 人気と影響力 [ ] 韓国では「国民の妹」 、「フィギュア・クイーン」 、「フィギュアの妖精」と呼ばれている。 金の活躍により韓国ではフィギュアスケートがブームとなった。 韓国のフィギュア選手登録者は、2006年の237人から2009年には348人に増えた。 で初優勝した際には、誌に「韓国で最も影響力ある有名人」に選ばれた。 2010年4月には『』誌のオンライン投票「世界で最も影響力のある100人」のヒーロー部門で2位に選ばれた。 同年8月、韓国系米国人が最も多く居住するロサンゼルスを訪問することを記念し、市議会は8月7日を「金妍兒の日」と定めた。 競技外の活動 [ ] 韓国のフィギュアスケートを振興するため、後輩の強化・育成活動に参画し、賞金等の寄付を行なっている。 ボランティア活動や、慈善活動や寄付も積極的に行っている。 2010年7月からはの親善大使を務めている。 2018年冬季五輪招致委員会の広報大使も務めた。 2011年7月6日の国際オリンピック委員会総会の最終プレゼンテーションでスピーチし、平昌招致決定に貢献した。 また、現在も平昌スペシャルオリンピックの広報大使としても積極的な広報活動を行っている。 2010年4月20日、本人が株主として参画した株式会社「オール・ザッツ・スポーツ AT SPORTS 」を設立した。 2011年5月より自身が司会を務めるバラエティ番組「 (: ) 」()を始めた。 高得点に対する批判と反論 [ ] バンクーバー五輪や世界選手権における浅田と金の対決について、一部週刊誌で取り上げられた「金は技術点のうちGOE(技の出来映えに対する加点)が高すぎる」という疑問に対し、独立系ニュースサイトのがの著書『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』を引用しながら、得点の高さには理由があると反論している。 「」はバンクーバー五輪で、観客席で撮影したとみられる採点過程の映像を元に、金の得点状況を解説した番組を放送し、韓国から非難を受けた。 技術・演技 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2014年2月) 技術面・表現面を高いレベルで兼ね備え、ジュニア時代から引退まで、出場した全ての試合で表彰台に上がり続けた。 技術面においては、スピード感溢れるスケーティングや各要素万遍ない質の高さが強みとされは、技術的側面で女子フィギュアスケートをリードしてきたと評価する。 金自身は理想のスケーターにの名前を挙げ、長野オリンピックのクワンの演技に感動して自身も表現力の強化に力を注いできたと語る。 のもとで行われた主要国際競技会において、女子シングルで初めて200点台を獲得()、翌2010年でマークしたショートプログラム SP 、フリースケーティング FS 、総合得点のパーソナルベストは当時歴代最高得点として2012年にとして登録された。 ジャンプ [ ] 12歳までに5種類の3回転ジャンプをマスター 、ジャンプのスケールは男子並みと評されることもある。 プログラムの冒頭には基礎点の高い3Lz-3T を用い、また両立が難しいとされるルッツ、フリップの2種類のジャンプをSPから組み込むことで、他選手をリードするスコアを獲得する構成となっている。 反面、ループジャンプの成功率が高くないため、時よりプログラムでの使用を断念し、以後は失敗率の低いダブルアクセルに変更された。 前述のフリップジャンプについてもキャリア初期には踏切違反の癖があり、2008-2009シーズンにアテンション! を数回つけられた「悪縁」 など懸念とされていたが、コンビネーションジャンプの起点をより基礎点の高いルッツに置き換えるなど対策を講じたことで矯正に成功。 以後、踏み切り違反がとられたのは休養復帰後の2013年世界選手権SPでの1度のみであった。 出来栄え点 [ ] 技の出来栄えを評価するGOE Grade of Execution で他選手をリードする大きな加点を得ることが多い。 例えばバンクーバーオリンピックのFSではGOE合計で全選手中最高の17. 40点の加点を得ており 、圧勝した 2013年世界選手権でも16. 51点(と比較して見かけは0. 89点だけGOEが低下 しているが、実際はGOE係数がからされているのが原因である。 GOE3点は7個から33個にむしろ増加している)を獲得している。 ルール改正による影響 [ ] バンクーバーオリンピックの翌シーズンからFSにおいて2A(ダブルアクセル)に回数制限がかかるルール改正が行われた。 前述のとおり、苦手とするトリプルループをダブルアクセルに置き換えることで弱点を補ってきた金は、この改正によりその他のジャンプ構成にも手をいれざるをえなくなる。 結果、これまでの2A-3Tを3S-2Tに置き換えた構成をとるも 、これにより演技全体の基礎点は2点近く下がることとなった。 4年後のソチオリンピックにおいては、金の苦手としたループジャンプを含めた5種のトリプルジャンプを満遍なく成功させたが金メダルを手にしたが、両者の明暗を分けたものはこの基礎点の差であったと見る分析もある。 経歴 [ ] ジュニア時代 [ ] 5歳でを始めた。 7歳の時にコーチから「才能がある」と言われ、本格的にスケートを始めた。 決して裕福とはいえない家庭であったが、両親は費用を惜しまず姸兒をアメリカなどにスケート留学させた。 母親は金の運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添った。 2002年ノービスクラスで国際競技会初優勝。 だが小学校6年生頃には練習の辛さと足首の靭帯の怪我と父親の会社の経営悪化が重なり、スケートを辞めることを考えたという。 2003年では史上最年少(12歳)での優勝を果たし、と呼ばれた。 2004-2005シーズンよりジュニアクラスに上がり、に参戦する。 で優勝、JGPハルビンで2位となる。 とでは、いずれもに次ぐ2位となる。 2005-2006シーズン、、JGPソフィア杯、JGPファイナルと勝ち続け、でも優勝。 この活躍によりIMG系列のマネジメント会社「IMGコリア」との契約に成功、経済的支援を受けられるようになった。 シニア以降 [ ] バンクーバー五輪シーズンまで [ ] 2006-2007シーズンからはに参戦。 2戦目のでGPシリーズ初優勝を飾り、で3位から逆転して初出場初優勝を果たした。 しかし12月初旬から軽度の椎間板ヘルニアによる腰痛が酷くなり、国内選手権や冬季アジア大会を欠場した。 では、SPでISU歴代最高得点を記録して首位に立った。 しかし、では得点が伸びず、総合順位は3位となった。 2007年初めからに拠点を移し、にコーチを変更した。 オーサーのほか、を振付師に、をスケーティングと表現力のコーチとするチームを組む。 なお、オーサーにとっては金妍兒がコーチ転向後初の教え子である。 オフシーズンには弱点である体力を強化するためのトレーニングに多くの時間を割いたという。 また、「IMGコリア」とは2010年末までの長期契約を結んでいたが、契約を解除しIBスポーツと契約した。 2007-2008シーズン、、と2連勝。 ロシア杯のFSではIJS(ISUジャッジングシステム)の女子シングル歴代世界最高得点を記録した。 でも2連覇を達成した。 韓国で開催されたは怪我のため欠場した。 では、SPは5位と出遅れたものの、FSで追い上げ2年連続の3位になった。 2008-2009シーズン、長年悩まされていた腰痛と股関節痛が完治し、万全の状態でシーズンに臨んだ。 、は他の出場選手に大差をつけて連勝した。 地元の韓国で開催されたではに逆転され2位に終わった。 はSPで当時のISU歴代最高得点を更新し、初優勝を果たした。 ではSPで再びISU歴代最高得点を更新、2位に大きく差を付ける76. 12点をマークした。 FSでは後半のが抜け最後のスピンもノーカウントになる大きなミスを犯すもシーズン初の130点台を出し、総合得点は女子国際大会史上初めて200点の大台に達し初優勝。 なお、同大会の開幕直前のTVのインタビューで「これまで競争相手の選手に試合直前の練習を妨害されてきた」と発言したことから騒動となった。 2009-2010シーズン、3回転-3回転を今までのフリップ-トゥループからルッツ-トゥループに変更。 ではSPで76. 08点をマーク。 FSでは3回転フリップを跳ばないミスがあったがFS、総合得点共にISU歴代最高得点を更新し優勝した。 ではSPのISU歴代最高得点を更新、FSでは3回転フリップで転倒するなどの大きなミスがあり、FSでは2位。 SPで2位のに大差を付けていたため総合得点では1位となった。 ではミスが続き、に続く2位スタートとなった。 FSでもミスが続いたが総合得点で安藤を上回り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。 では、SP・FSともにISUジャッジングシステムでの歴代最高得点を更新して金メダルを獲得した。 五輪後、ではに敗れ銀メダルとなった。 SPではジャンプ、スピン、スパイラルでミスが続き精彩を欠いた演技で7位。 FSでも転倒やジャンプが抜けるなどのミスが続いたがGOEやPCSで大きな点を得て1位となり、総合2位へと巻き返した。 ソチ五輪まで [ ] での演技 2010年8月23日、オーサーの所属事務所のIMGが二人の師弟関係の解消を発表し、世界中のメディアが大々的に報道した。 オーサーは8月2日に理由を告げられることなく契約を解除されたと報じられた。 しかし、金側はこれを否定、互いに非難し合う事態になった。 新コーチにはミシェル・クワンの義兄にあたるが就任した。 1年1ヶ月ぶりの実戦復帰となったでは、オリンピックチャンピオンとして注目されたものの、SPで1位を取るもFSではジャンプにミスが重なって2位となり、総合でも優勝のに敗れ2位、5年連続の表彰台となった。 なお獲得賞金の約220万円は、東日本大震災の被災者支援のために寄付した。 2011-2012シーズンは休養のため全試合を欠場。 2012-2013シーズン、小学生時代に教わっていたを新コーチに迎えての再出発となった。 2012年12月で1年8ヶ月ぶりに競技会に復帰し、参考成績ながらSP72. 27点、FS129. 34点、総合201. 61点の高得点を出して優勝した。 2013年1月5日に開かれたでは、GOEで加点され、ほとんどのジャッジが2点以上付けた結果、210. 77点で優勝した。 では復帰後初の大舞台での演技内容に注目が集まる中、本人は「目標は10位以上」(来年のソチオリンピックで韓国選手に出場2枠を確保するのに必要な順位) としていたが、蓋を開けてみればSP、FS共に1位を獲得、総合では2位以下に20点以上の大差をつけ4年ぶり2度目の優勝を果たした。 2013-2014シーズン、とに出場を予定していたが、に軽い損傷が見つかり全治6週間の診断を受けたために欠場を発表した。 の前には、韓国国内において「ジャンプや身動きなど、全ての部分でレベルが違う」「ジャンプ一つを見てもキム・ヨナがプロバレーボール選手のようなジャンプだとすると、は学生のジャンプだ」といった煽るような報道が頻発し、そういう状況を懸念する報道も出ていた。 の期間中には、金より基礎点 Base Value が高く高得点が期待出来る が団体戦金メダルに貢献したためライバル視されたが、金姸兒は現地到着後のインタビューで「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのはよくない。 私も人間ですので。 」と牽制し、や日本の団体出場選手などを念頭に「日本とかイタリアの選手じゃなくてよかったと思った。 」と団体戦不出場のメリットも強調した。 2014年2月20日、SPでは1位になるも、FSでに逆転されて銀メダルとなり、史上3人目となるオリンピック連覇は達成できなかった。 この試合結果は驚きをもって迎えられ、直後から、、らスケート界の重鎮が金を支持するコメントを出す 一方、スポーツニュース媒体では両者の演技を詳細に分析する記事が掲載されるなど 、世間の注目を集めた。 金自身は「すっきりした気持ちが一番大きかった。 引退前の最後の競技をミスせずに終えたことに満足している」と語り改めて引退を表明し 、翌日のエキシビジョンでの「」での演技をもって競技生活を終えた。 アイスショー出演 [ ]• 2006年9月 スーパースターズ・オン・アイス(Super Stars On Ice) - (大韓民国、 現代カード提供)• 2007年7月 ドリーム・オン・アイス(Dream On Ice) - (日本)• 2007年8月 第18回マリポーサチャリティーガラショー(18th Mariposa Skating Charity Gala) - (カナダ)• 2008年5月 フェスタ・オン・アイス (Festa On Ice) - (大韓民国、 KCCスウィチェン提供)• 2008年12月 エンジェルス・オン・アイス(Angels On Ice) - (大韓民国、 国民銀行提供)• 2009年4月 フェスタ・オン・アイス (Festa On Ice) - (大韓民国、 KCCスウィチェン提供)• 2009年8月 アイスオールスターズ (Ice All Stars) - (大韓民国、 サムスンエニーコール・ハウゼン提供)• 2010年4月 フェスタ・オン・アイス (Festa On Ice) - (大韓民国、 KCCスウィチェン提供)• 2010年7月 オールザットスケートサマー 2010(All that Skate Summer 2010) - (大韓民国、 サムスンハウゼン提供)• 2010年10月 オール・ザット・スケートロサンゼルス(All that Skate Los Angeles) - (アメリカ、 大韓航空提供)• 2011年5月 オール・ザット・スケートスプリング 2011(All that Skate Spring 2011) - (大韓民国、 KCCスウィチェン提供)• 2011年8月 オールザットスケートサマー 2011(All that Skate Summer 2011) - (大韓民国、 サムスンギャラクシー 、 ハウゼン提供)• 2011年10月 第41回イブニング・ウィズ・チャンピオンズ慈善アイスショー(41st An Evening with Champions) - (米国)• 2012年5月 オール・ザット・スケートスプリング2012 (All that Skate Spring 2012) - (大韓民国、 E1提供)• 2012年6月 アチストゥリ・オン・アイス2012(Artistry on Ice 2012) - (中国)• 2012年8月 オールザットスケートサマー2012 (All that Skate Summer 2012) - (大韓民国、 サムスン電子提供)• 2013年6月 オール・ザット・スケート2013 (All that Skate 2013) - (大韓民国、 サムスンギャラクシー 、スマートエアコン提供)• 2014年5月 オール・ザット・スケート2014 (All that Skate 2014) - (大韓民国、 サムスンギャラクシー 、スマートエアコン提供) 訴訟・抗議 [ ] エッジエラー判定への抗議 [ ] でエッジエラーと判定されたが、コーチは「このままやり過ごせない。 公式抗議が難しいなら非公式ルートででも問題を提起したい」と反発、また、イ・ジヒ国際審判は「キム・ヨナのフリップジャンプシーンを見るとややアウトエッジで跳んだようだ。 私がその場にいたならば抗議しているだろう」と述べている。 その後はエラーとは判定されなかったものの、休養後ののSPにおいてエッジエラーと判定された。 これについて金は、大会直後に「以前にも(ロングエッジ判定を受けた)経験があり、正直、腹が立ったが無視した」とコメントしている。 「」も参照 国際スケート連盟への提訴 [ ] 2014年3月21日、ソトニコワが金メダルを獲得したソチ五輪フィギュアスケート女子に関し、は韓国スケート連盟と連名での懲戒委員会に提訴する方針を発表。 採点への異議を申し立てるのではなく 、審判にロシア連盟幹部の妻が含まれており競技直後にソトニコワと抱き合っていた点、過去に資格停止処分を受けたことがあるウクライナの審判が含まれていた点などが、国際スケート連盟の倫理規定に違反している点があると主張した。 金も「ISU懲戒委員会に提訴した決定を尊重し、その意思を謙虚に受け止める」 と同調して提訴は実施され、4月16日にISUは受理したが 、6月4日に「審判の行動に不審な点はなく、誤審も存在しない。 ソトニコワの金、キム・ヨナの銀に変更はない」として棄却された。 IBスポーツとIMGコリア [ ]• 「IMGコリア」とは2010年末までの長期契約を結んでいたが、母親が「管理がおろそかだ」と一方的に契約解除を通告し、と契約した。 これを巡っては訴訟沙汰に発展し 、金の所属を巡って、2007年4月よりIBスポーツとIMGコリアとの間で争われた。 2010年11月、金姸兒は以前所属していたマネジメント会社IBスポーツに対し、未払い金として約6000万円を請求した。 詳細は「」を参照 日本の報道に対する抗議 [ ]• 金のマネジメント会社All That Sports社がの「」の練習の様子に関する放映が隠し撮りだとして抗議書簡を送り、や国際スケート連盟 ISU にも公式に制裁を要請することを通知した。 2013年4月10日、所属事務所All That Sports社が、採点についての疑問を著書として発表した日本のフリーライターを相手取って損害賠償などを求める提訴の検討に入ったことが判明した。 名誉棄損 [ ]• 2012年6月、高麗大学の教職課程で高校生向けの教育実習を実施した内容に対して、教授の黄相旻がラジオで批判。 金は侮辱されたとして、教授を名誉毀損で告訴した が、6月15日に告訴を取り下げた。 92 2 144. 19 2 219. 11 2014年1月3日-5日 () 1 80. 60 1 147. 26 1 227. 86 2013年12月5日-8日 () 1 73. 37 1 131. 12 1 204. 49 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年3月10日-17日 () 1 69. 97 1 148. 34 1 218. 31 2013年1月4日-6日 () 1 64. 97 1 145. 81 1 210. 77 2012年12月4日-9日 () 1 72. 27 1 129. 34 1 201. 61 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年4月25日-5月1日 () 1 65. 91 2 128. 59 2 194. 50 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月22日-28日 () 7 60. 30 1 130. 49 2 190. 79 2010年2月14日-27日 () 1 78. 50 1 150. 06 1 228. 56 2009年12月3日-6日 () 2 65. 64 1 123. 22 1 188. 86 2009年11月12日-15日 () 1 76. 28 2 111. 70 1 187. 98 2009年10月15日-18日 () 1 76. 08 1 133. 95 1 210. 03 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月23日-29日 () 1 76. 12 1 131. 59 1 207. 71 2009年2月2日-8日 () 1 72. 24 3 116. 83 1 189. 07 2008年12月10日-14日 () 1 65. 94 2 120. 41 2 186. 35 2008年11月5日-9日 () 1 63. 64 1 128. 11 1 191. 75 2008年10月23日-26日 () 1 69. 50 1 123. 95 1 193. 45 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年3月17日-23日 () 5 59. 85 1 123. 38 3 183. 23 2007年12月13日-16日 () 1 64. 62 2 132. 21 1 196. 83 2007年11月22日-25日 () 1 63. 50 1 133. 70 1 197. 20 2007年11月7日-11日 () 3 58. 32 1 122. 36 1 180. 68 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年3月19日-25日 () 1 71. 95 4 114. 19 3 186. 14 2006年12月14日-17日 () 3 65. 06 1 119. 14 1 184. 20 2006年11月17日-19日 () 1 65. 22 1 119. 32 1 184. 54 2006年11月2日-5日 () 1 62. 68 4 105. 80 3 168. 48 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年3月6日-12日 () 1 107. 52 1 60. 86 1 116. 68 1 177. 54 2005年11月24日-27日 () - 1 57. 51 1 116. 61 1 174. 12 2005年9月29日-10月2日 () - 1 53. 45 1 99. 98 1 153. 43 2005年9月1日-4日 () - 1 58. 63 1 110. 20 1 168. 83 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2005年2月28日-3月6日 () 1 102. 98 6 48. 67 2 110. 26 2 158. 93 2004年12月2日-5日 () - 2 51. 27 3 86. 48 2 137. 75 2004年9月16日-19日 () - 4 38. 87 1 92. 35 2 131. 22 2004年9月1日-5日 () - 1 47. 23 1 101. 32 1 148. (2007年2月-)• メディア出演等 [ ] コマーシャル [ ]• - 「IVY Club」(学校制服)• - 「夏の少年と冬の少女」(企業イメージCM)• - 「シャフラン」(液状柔軟剤)• - 「アイシス」• - 「DIOS」(冷蔵庫)• 毎日乳業 「ESL 低脂肪乳」 - (牛乳)• - 「ウィスパー・セーフTゾーン」(生理用ナプキン)• LG生活健康 - 「Lacvert」(基礎化粧品)• 現代自動車 「ガチョウの夢」 - (企業イメージCM)• 「Hauzen-風の女神」 - (エア・コンディショナー)• ホームセンター• 現代自動車 「Blue drive」 - (企業イメージCM)• サムスン電子 「ギャラクシーTab」-(スマートフォン) モデル [ ]• 「allure」(2007年5月号)• 「ceci」(2008年5月号)。 「NIKE WOMAN - This is love 」(スポーツウェア)• 「Nexcare - ネクスケア」(救急絆創膏、防水パット)• 「金妍兒のパン」 (パン) 関連書籍 [ ]• 朴美喜『 아이의 재능에 꿈의 날개를 달아라』2008年、• 集「キム・ヨナの7分ドラマ」2010年1月28日 関連CD [ ]• 金妍兒 Fairy on the ICE - プログラム・ミュージック 2003-2008 Universal Music• 「夢の冬」&キム・ヨナ(2011年5月19日デジタル・シングルとして発売) 2018年韓国ピョンチャン冬季五輪誘致のためのデュエット 表彰 [ ]• 大韓民国国会大賞スポーツ部門大賞(2006年12月)• 2006年度コカ・コーラスポーツ大賞MVP(2007年 2月)• 大韓体育会最優秀賞競技部門(2007年2月)• 大韓民国体育賞競技部門最優秀選手(2009年10月) 広報大使 [ ]• 冬季五輪平昌招致広報大使(2010,2014,2018年)• 「韓国訪問の年」広報大使(2010-2012年)• 地上波テレビデジタル化広報大使(2009-2012年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年8月2日にクリケットクラブ内で行われたATスポーツとミーティングで、母親の朴美姫及びエージェントのヘレン・チョイから、サブコーチのトレイシー・ウィルソンと共に理由を告げられることなく一方的に解雇を通告されたとした。 しかし、金のマネジメント会社は、韓国メディアに対しては同年5月にオーサーが浅田のコーチに就任するという噂が流れたころから関係が悪化し、空白期間を置いたのち8月23日にオーサーからコーチ職を辞するという最終通知を受けたと説明した。 この内容をロシア、アメリカなど各国のメディアが続報として報道したため、さらに報道が過熱した。 しかし、この件に関して、8月25日にIMG副社長(ニューヨーク支局)のDavid Baden氏は浅田とオーサーとのコーチ依頼の話を事実無根とし、「ATスポーツ対して根拠のない誹謗中傷はやめるべきだ」として強く抗議する声明を発表した。 また、オーサーはカナダのCTVのニュース番組Canada AM Morning Newsに出演し明確に否定した。 オーサーは「この全ての騒動は、キムの母親の朴美姫氏によるもので、金妍兒は何がどう進んでいるのか知らず、私もそうだ」と述べた。 しかし、金は自身の公式サイトで「私だけでなく、オーサー氏など全員が真実を知っている。 私が母と相談し、最終的に決別することを決めた」と否定し、「(オーサーが)事実でないことを言い、事を大きくしたことに対し失望したし、気分を害する」と非難した。 また、オーサーは金の新プログラムの使用曲を本人の同意なく明らかにしたことを金のマネジメント会社から非難を受けた。 出典 [ ]• [ ]• 108• 加藤達也 2014年3月16日. 産経新聞. 2014年3月17日閲覧。 『The Korea Times』2008年10月27日更新、2009年3月21日閲覧• [ ]『每日經濟』2009年3月29日更新、2009年3月29日閲覧• 2010年4月27日, at the. スポーツ朝鮮. 2009年3月22日. 2009年3月22日閲覧。 2014年3月4日, at the. 「」2010年1月13日、2020年7月11日閲覧• 2010年8月27日閲覧• 河野啓 原美和子 2010. pdf. 放送研究と調査: 18. 2020年7月11日閲覧。. 聯合ニュース. 2010年8月4日. 2020年7月11日閲覧。 2007年1月25日• 中央日報 2008年4月29日. 2020年7月11日閲覧。 2007年9月19日 中央日報• 2008年12月26日 中央日報• 「Innolife. net」2010年1月19日、20日閲覧• ユニセフ. 2020年7月11日閲覧。 2011年9月16日. 2020年7月11日閲覧。 2012年10月22日 中央日報• サーチナ 2010年4月26日• LITERA、2014年6月30日。 2010年12月28日. 2020年7月11日閲覧。 washingtonpost 2014年2月12日• 中央日報 2013年12月9日• 『中央日報』2012年2月25日• 「朝鮮日報」2010年1月21日、同日閲覧• 中央日報 2009年2月11日• 韓国日報 2013年3月15日• 中央日報 2009年12月17日• 一例としてパーソナルベストを出した 2008年5月13日, at the. 、のジャッジスコアを参照• 週刊文春 2013年3月23日• nytimes 2014年2月20日• 「Naver」2007-12-17• 2007年3月13日 yahoo! 2007年3月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月11日閲覧。 『女子シングル読本』pp. 57-60• 『WFS35』p. 2007. 17中央日報 キム・ヨナ「体力・自信」伸ばす• 「Wow! 10-08-24 15:03• 2010年8月28日, at the. 2010年8月28日閲覧• 2010年8月28日, at the. 2010年8月28日閲覧• 『中央日報』2010. 2010年10月6日閲覧• 2013年2月8日, at the. 『共同通信』2012年10月24日• 産経新聞. 2014年1月13日. の2014年1月13日時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ 2014年2月14日• は、ステップやスピンなど各要素の質・加点を細かく比較し優位を分析する記事を掲載しnytimes 2014年2月20日• 聯合ニュース 2014年2月21日• 中央日報 2008年11月08日• 中央日報 2013年3月18日• 産経新聞 2014年4月26日• 時事通信 2014年3月21日• 朝鮮日報 2014年3月22日• 時事通信 2014年4月16日• 2014年6月4日• 2014年6月5日• 2010年5月4日, at the. サーチナ 2010年12月31日• YUCASEE 2013年4月10日• 2012年6月6日, at the. 2012年6月6日掲載• 2012年06月15日10時55分 中央日報日本語版• The Dong-A Ilbo 2004年2月10日. 2004年2月10日閲覧。 There was miscommunication between ISU and Korean Federation. 『WFS35』pp. 48-49• 「中央日報」2007年4月24日、2010年1月20日閲覧• 「中央日報」2008年4月15日、2010年1月20日閲覧• リンク切れ• 「Wow! 「Wow! 「Wow! 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (韓国語) (英語)• (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• Yunaaaa -• 1906-1907:• 1908-1911:• 1912-1914:• 1922-1926:• 1927-1936:• 1937:• 1938-1939:• 1947-1948:• 1949-1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956-1960:• 1962-1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986:• 1987-1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:• 2018:• 2019: 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019: 1979:• 1980: 非開催• 1981:• 1982:• 1983:• 1984: 非開催• 1985:• 1986:• 1987: 非開催• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995-1997:• 1998:• 1999-2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008-2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 1988:• 1989-1990:• 1991:• 1992-1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998-2001:• 2002-2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:•

次の