カラオケ 歌う。 カラオケを自分のキーで歌う方法

カラオケバーってどんなお店? カラオケバーで歌うなら知っておきたい曲は?

カラオケ 歌う

歌が上手い人の歌い方の特徴や共通点3つ目は、「自分の歌声を理解している」です。 普段自分が話している声と、歌声が違うという人は多いです。 歌が上手い人は、自分の歌声がどんな声なのかを分かっています。 これを理解していると、自分にはどんな曲があっているのか、どんな歌い方をしたら上手に聞こえるのかわかります。 自分の声が最大限に表現できる曲を知っているため、上手く歌えるのです。 歌が上手い人は、自分が歌える歌と歌えない歌を無意識に選別しているのでしょう。 自分の歌声の音程や音域、ブレスの仕方など自分の歌声を知るということは、とても大切なことなんです。 特に、男性の歌が上手い人は女性から見ると、とてもかっこよく見えるようです。 自分に幸福感を与えてくれる人は、好印象を持たれやすいという傾向があります。 気持ちがこもった歌い方ができる歌が上手い人は、容姿や性格に関係なくかっこよくみえるんだそうです。 また、歌が上手い人は声量があって堂々としていて、自信があるように見えます。 そんな面にかっこよさを感じるのかもしれませんね。 歌が上手い人のカラオケあるあるの他にも、下記の記事ではイケメンあるあるをご紹介しています。 イケメンでも女嫌いである男性の原因や心理などもまとめていますので、是非参考にしてくださいね! カラオケで綺麗な歌声で歌うコツ5つ目は、「喉を潤す」です。 カラオケに行くと、飲み物を注文することが多いです。 たくさんのドリンクメニューがある中で、アナタなら何を選びますか?1番喉を潤すために良いとされているのは、「常温の水」です。 反対に、適さない飲み物は「ウーロン茶」です。 お茶なのにダメなの?と思うウーロン茶ですが、ウーロン茶は喉の油分を取ってしまいます。 喉の油分が流されてしまうと、カサカサした声になってしまって綺麗な歌声を響かせることができません。 炭酸やジュースなどの甘みの強いものやアルコールも避けた方がいいでしょう。 歌を歌う時には、常温の水を用意しましょう。 下記の記事では、音痴がカラオケで歌いやすい曲や人気の曲をご紹介しています。 練習方法も一緒にまとめていますので、カラオケが苦手な方は是非参考にしてくださいね!.

次の

カラオケ 地声で歌うやつ(裏声で歌うやつ)とは

カラオケ 歌う

カラオケは座って歌うよりも立って歌うほうが良い カラオケでは座って歌うよりも、立って歌ったほうが歌いやすくなります。 なぜなら、 立って歌ったほうがお腹に力が入るため、声も出しやすくなるからです。 もし、座って歌うにしても、足を組んだ状態ではさらに声が出しづらくなります。 上手く歌いたいなら、なるべくお腹に力を入れられる姿勢で歌ってください。 また、「立ったほうが歌いやすいのは分かるけど、なんとなく恥ずかしい」という方も多いでしょう。 そういう方は、なるべく最初の内に盛り上がる曲を歌って周りを巻き込んでみてください。 途中から立ち上がったり、あまり自信のない曲で立ち上がってしまうと「自信がある曲なのか?」と注目を集めてしまいます。 それが盛り上がらなかった時には、ますます立ちづらい状況になってしまいますからね(笑) しかし、最初の曲で立って歌うことで2曲目・3曲目も続けて立って歌えば、あなたが立って歌うのは普通の事として、周りも受け入れやすくなります。 あなたが立って歌えば、立って歌う方も増えるはずなので、より抵抗なく立って歌えるようになると思いますよ。 スポンサーリンク カラオケで上手く歌うための正しい姿勢 リラックス 歌う時はリラックスして立つのが基本です。 しかし、単に力を抜いただけとは違いますので、この辺は感覚が難しいところです。 まずは、筋肉を全て上に押し上げる感じで、両手を組んで上に伸ばしてください。 充分に上に伸ばしたら今度は力を一気に抜きます。 力を抜くと自然に良い体勢になりますが、これはあくまでもリラックスするためです。 この力を抜いた状態が基本で、ここから正しい姿勢を作っていきます。 正しい姿勢の作り方 歌う時の正しい姿勢を作るには、 この3つがポイントです。 足は肩幅程度に開く• 背筋はピンと伸ばす• 手は自然に足の横に持ってくる これが歌う時の正しい姿勢です。 もちろん力を入れる必要はありませんので、力は抜いてくださいね。 歌う時の視線 歌う時に自信がないと、視線は下向きになってしまいがちですが、必ず真っ直ぐにして歌うようにしてください。 下向きでは喉が閉じてしまい、声も出しづらくなります。 ただし、 立ってモニターの歌詞を見ていれば、視線は自然に真っ直ぐになりますので、難しくはないはずです。 また、歌って力が入ってくると、逆に顎が上がってきてしまう事もあります。 顎が上がると喉に力が入り、大きな負担になってしまいます。 ですから、歌う時の視線の面から考えてみても、座って歌うよりも、立って歌ったほうが良いでしょう。 まとめ 今回は『カラオケで上手く歌うための正しい姿勢』について解説しました。 座って歌うよりも、立って歌ったほうが良い• リラックスして力を抜いた状態を作る• 足は肩幅程度に開いて、背筋をピンと伸ばし、手は自然に足の横に持ってくる• 視線は真っ直ぐ見る 始めのうちは意識しないと難しいかもしれませんが、何度もやっていれば、自然にできるようになるでしょう。 変な姿勢の癖がついてしまわないうちに、なるべく正しい姿勢で歌えるように改善してくださいね。

次の

Win10でおうちカラオケはじめよう!

カラオケ 歌う

スポンサーリンク カラオケって最近行きますか?二次会で、カラオケ嫌ですよね。 なんで二次会ってカラオケって決まってるんですか。 おかしいですよね。 その文化、おかしいんでそろそろ変えたほうがいいですよ。 みんながみんな歌うことが好きだなんて おかしな話じゃないですか。 二次会で漫画喫茶行ってもいいじゃないですか。 それぞれ酔っ払いながら漫画1冊読んで帰るってどうですか。 若者のカラオケ離れが嘆かれている昨今、それでも歌うことは楽しいと思える人も中には沢山います。 今回はカラオケに行くの苦手だから、この曲だけは避けておきたいという人、カラオケ大好きだからこの曲歌えれば最強になれる!っていう人、 両者に向けた、カラオケで歌うと難しすぎて息つまって吐きそうになる曲ランキ~ング!! ではいってみましょう! とにかくキーが高い。 キーが高い=歌うのが難しいというのは当たり前のことで、高い声が出なければ最後まで歌いこなすことができないからだ。 だからキーが高い曲は全ての楽曲が難しいことになるが、近年ヒットした楽曲の中から見ればユニゾンのこの曲はかなり難しい。 カラオケランキングの上位にも君臨している曲だが、絶対に誰も歌いこなせていない。 ボーカル斎藤宏介は、ミックスボイスという歌唱法を使っている。 ファルセットと地声の中間地点の歌声を出す、というものだ。 根本的に言えば地声ではないが、地声に聴こえるように歌声を出すという手法である。 この曲はキーが高い他に、メロディーに散りばめられた単語数が異常に多い。 ユニゾンスクエアガーデンの楽曲は基本的に、単語数が多く息継ぎする箇所も少ない。 休符箇所が全くないため、テンポが異常に早い。 これを歌いながらギターも奏でる斎藤は天才だろう。 AメロBメロ部分は少しキーを抑えておく曲が一般的だが、この曲はAメロ部分からキーの高さが続いていく。 目まぐるしい展開、情報量の多さ、キーの高さ、こんな曲は現代だから生まれた曲だろう。 2位 「楓」 スピッツ スピッツも高い、キーがとにかく高い。 スピッツの草野マサムネは地声であの歌声を出しているのだから天性の歌声の持ち主。 練習して、何年も何年も歌いこなしながら歌が上手くなっていく人はいるが、スピッツのマサムネさんのように、初めから歌が上手く、更に声質も持っているという例はあまりない。 これが真の天才というもの。 努力ではどうにもならない部分を持っているということだ。 スピッツの楽曲は、例えばミスチルやゆず、この辺と比べてもキーが高い。 若手のバンド勢と比べてもキーが高い。 なのでカラオケなのでスピッツを歌うと失敗してきた人が山のようにいる。 カラオケのキーはいわゆる「原曲キー」ではなく、予めキーが落としてあるから歌える場合もあるが、キーが落とされている場合ですらスピッツは高い。 キーを2つくらい落とした「チェリー」ですら高い。 「ロビンソン」なんて歌った日には、隣にいた彼女も逃げ出す。 捨て曲なし、良い曲ばかり、と言われているスピッツだけど、どうもカラオケには向かない。 なぜなら誰もマサムネさんのような歌声が出せるわけではないからだ。 あの歌声は唯一無二。 というわけでスピッツはどの曲も難しいが、最近CMでもお馴染み、流行りの「楓」を選びたい。 バラードでしかもキーが高い。 女性が歌ってやっと丁度いいくらいの曲。 そうだ、スピッツは女性なら歌いやすい。 マサムネさんの歌声はどちらかといえば女性声だからだ。 彼の歌声を2つか3つキーを上げて加工すれば自然と可愛い女声になる。 女性が歌うなら、スピッツ。 決して男は手を出さないことだ。 3位 「ワタリドリ」 [Alexandros] 最近のバンドから出すならこれだ。 アレキのヒット曲なのでカラオケで歌う若者も多いだろう。 だけどとにかくこれもキーが高い。 キーが高ければ「良い」という風潮がなくならない限り、この先もキーの高い楽曲は生まれ続けていくだろう。 [Alexandros]の「ワタリドリ」は、サビ部分のキーがとにかく高すぎて歌えない。 どこから声出せばいいんですかっていうくらい続かない。 出せたら君は凄い。 アレキのボーカル川上洋平も、ミックスボイスという歌唱法を駆使してこのワタリドリを歌っている。 裏声?いや地声?どっちなんだ?という感覚を覚えるのは彼がミックスボイスを出しているから。 なぜキーが高い曲のほうが「良い」という風潮があるのかといえば、単純にキーが高いほうが「盛り上がる曲」になるからである。 キーが低いと、終始淡々とした、起承転結のない映画みたいな曲になってしまう。 だから単純にヒット曲はキーが高いんだ。 めっちゃ盛り上がる展開になるから。 4位 「Liar! Liar! 誰もできないからしないのである。 できるのは海外アーティスト、それか本当に実力のある人だけだ。 難しくない曲を選ぶほうが難しい。 全部難しいのにそれを20曲、30曲も何万人を前にして、ライブで走りながら歌い続ける稲葉浩志はバケモンか。 Liar! 」を選びたい。 最後の「ハッピーになりゃそれでいいいいいいいぃぃぃぃ!!!」 まで歌えたら大したもの。 5位 「innocent world」 Mr. Children 大ヒット曲なのにも関わらず誰も歌いこなせないという事実。 大ヒット曲なのにも関わらず誰も歌えないので、ミスチルの曲がカラオケランキングに入ることは少ない。 そもそもカラオケランキングはみんなが歌える曲ランキングということ。 ヒット曲=みんなが歌えるというわけではない。 ミスチルの楽曲も基本的にはキーが高めに作られている。 カラオケで歌いたければジャニーズとか歌うことをオススメする。 ミスチルには「HANABI」という最近の若者も知っている曲があるが、この楽曲もキーが高めで、しかも言葉数が多く、息継ぎ部分があまりないため、かなり歌いにくい。 最後の「もう1かあああぁあぁぁい!!」とか絶対出ないだろ、アレ。 歌えるかと思ってカラオケで入れてみると、自爆することは間違いない。 そんな難しい曲ばかりのミスチルでも難易度MAXが「innocent world」180万枚も売り飛ばした歴史に残る楽曲にも関わらず、キーが高すぎて歌いこなせない。 そしてAメロBメロ部分は極端にキーが低いため、低いから高いへの逆ジェットコースター気分。 しかもラストのサビではワンフレーズ増え、「いのすぅえんとぅ うぉぁああぁ~るどぅ!」の部分が 2回くらい繰り返されるから死ぬ。 果てしなく続かなくていい。 ライブでもぶっちゃけ桜井さん、これ全フレーズ歌いこなせないから観客全員に歌わすのが定番。 しかも歌える観客は女子だけ。 なのでライブ会場では女子の歌声しか聞こえない。 キーが高ければ高いほど凄い曲だ!という風潮が作られた。 それに吉田拓郎あたりはブチキレた、っていうのは嘘。 90年代後半からヒット曲を飛ばし続けて、今でもドームクラスのライブ会場でライブができるラルク。 彼らの曲もキーが高いから歌いこなすのが難しい。 誰もが認めた美形、Hydeさんの歌声がみんな出せない。 美形で歌声も良いって神じゃん。 そんなラルクで難しい曲といえば「瞳の住人」である。 どの曲も難しいが、どれが1番難しいかと言えば「瞳の住人」である。 キーが高いこともそうだが、ファルセットが綺麗に出ない。 こんな裏声出せるかよ!?っていう裏声を出さなきゃいけない。 しかもサビ中に高い歌声を出している最中にありえない歌声を出さなきゃいけないためしんどい。 よくそこの部分だけだったら高い歌声出せるよ!っていう人がいるが、それじゃダメだ。 Aメロから歌い続けて、最後まで歌いこなす。 これができなければ歌ったことにはならない。 そこの部分だけ歌えるのならコーラスと変わらない。 この瞳の住人を歌いこなすHydeさんはまさしく神の化身。 しかも自分で書いた曲なんだから。 天才ってこういうことを言うんです。 7位 「アンサイズニア」 ONE OK ROCK 森家の遺伝子を授かったTakaの天性の歌声が一般の人に出せるわけがないだろう。 アデルの曲を軽々と歌いこなして海外から絶賛されるほどのボーカリストだぞ。 両親がどちらも歌手である、その息子の歌声が良い歌声にならないわけがなかった。 ONE OK ROCKが生まれたのは必然、運命。 唯一無二の歌声を持っているからこそ、みんなから憧れられ、人気を得ることができるが、みんなが歌えるような「みんなの歌」は作られなくなってしまった時代でもある。 ワンオクの楽曲はしかもパンクロックやハードロックが軸となっているため、歌うのが難しい曲ばかりである。 しかも更に最近は英詩ばかりになっているため、もはや日本人なんかには歌うのは不可能。 意識の高い奴だけが俺らについてこい。 日本人は前列に並ぶんじゃねえ!と言わんばかり。 かと言って初期の楽曲、「完全感覚Dreamer」や「アンサイズニア」も難しい。 Takaはデビューする前から歌がずば抜けて上手かったためだ。 だけどワンオクにも「We are」というみんなで一緒に歌うために作った楽曲もある。 これからもっと歌いやすい曲や日本語の曲も増えていくのかもしれない。 8位 「DADA」 RADWIMPS 口が回らない。 ラップでもないし、歌でもない。 もう早口言葉に近い。 RADWIMPSの特徴は何と言っても独特の日本語詩にある。 隅から隅までリズムの中に埋め込まれた日本語が口の中をめちゃくちゃにする。 「有神論」や「おしゃかさま」などの曲も口が回らないため歌いこなすのが難しい。 歌ったことがない人が、初っ端から歌いこなすことは無理で、何度か練習してやっと歌えるようになるのがRADの曲だ。 「DADA」という楽曲も普段は使わないような日本語が次々と流れてくるため口が開かない。 普段は口にしてない言葉だからだ。 RADWIMPSの曲は決してキーが高いという曲ばかりではないため、大ヒット曲「前前前世」のような曲は歌えるかもしれないが、君の名は。 でRADを知った人は、他の曲を歌おうとすると痛い目を見る。 しかもRADの曲は歌詞はものすごく生々しい。 酒でも入れない限り、シラフで歌うことは恥ずかしすぎる。 よほど中の良い人と歌うか、1人きりでヒトカラでもしてない限り、RADの歌は歌わないほうがいいだろう。 DADAとか歌った日には「病んでんの?」とでも言われること間違い無し。 9位 「ともに」 WANIMA たっか!激しい!たっかい!激しい! 紅白にまで出て披露した曲だが、この曲を歌いこなせる人、ゼロ人説。 一体息継ぎどこでするんですか。 全力で100メートル走っているような気分。 フェスで盛り上がることは間違いないが、歌いこなすとなると死ぬ。 ジャンプしてる暇なんてない。 必死、歌うことで必死。 顔必死すぎて笑顔とか無理です。 そんな曲です。 聴いている分にはめちゃくちゃ元気が出る曲で、勇気づけられる曲ですが、歌うとなるとキーはたっかいわ、激しいわで、元気があっても歌えません。 本人たちも歌うのかなり難しいんじゃないでしょうか。 この曲はWANIMAを象徴する曲になります。 ミスチルでいえば「innocent world」、スピッツでいば「チェリー」のようなアンセムのことです。 ですがそういうアンセム曲に限って難しいんですね。 10位 「FLY」 SMAP ジャニーズからも1曲、選出致します、 ジャニーズの曲は簡単だろ?と思いがちですがこれが意外と歌うことが難しい曲ばかりなんですね。 だからジャニーズは基本口パクなのかもしれません。 しかもジャニーズはグループ。 5人くらいで順番ずつ歌っていくスタイルだから歌えているわけです。 そんな曲を1人で歌えということは無理なことなんです。 SMAPも難しい曲ばかり。 大ヒット曲「世界にひとつだけの花」も5人で歌っているから歌えるわけで、1人で歌うと難しい。 そんな中でもSMAPがギラっギラの20代のときに出した「FLY」というジャズ調でブラック系な曲があります。 この曲はかなりカッコいい雰囲気を出していて、ジャニーズらしからぬ1曲。 今のジャニーズもこういった曲を歌ってもらいたい。 一度、拝聴あれ。 だけど歌うとなると難しいんですね。 これも5人で歌っている曲なので。 ユニットやグループで数人で歌っている人達の曲を1人で歌うのって無理です。 だからジャニーズの曲をカラオケで歌おうとすると失敗している人がいるはず。 じゃあ何歌えばいいんだよ!?って話。 つまりカラオケなんてなくなれ!ってことだよ。 歌うのが好きな人以外は行くべきところではない、強要反対! 歌いこなせる曲が、現代にどれだけ少ないか年配の方は知ったほうがいい。 昔のように「みんなの歌」というものが現代には存在しない。 だから歌が上手くないと歌えないようになっているんだ。 誰もが歌えるような曲がない、それが今回言いたかったことです。 カラオケ、みなさんは行きますか。

次の