マドンナ 陽性。 新型コロナ:マドンナさん、新型コロナ抗体検査で陽性 (写真=ロイター) :日本経済新聞

マドンナがコロナ陽性で感染!たばこ喫煙歴は?結婚相手や子供は濃厚接触者?

マドンナ 陽性

新型コロナウイルスの抗体検査で陽性だったことを明かした米歌手のマドンナ(61)が、あろうことか自宅待機命令を無視して友人の誕生日パーティーに出席していたことが発覚し、世間の批判を呼んでいる。 マドンナは、4月30日に自身のインスタグラムで抗体が陽性だったことを公表し「明日は長いドライブに行くわ。 コロナの空気を吸いにね」などとつづっていた。 実際にドライブに出掛けたかは不明だが、ニューヨーク在住の友人で写真家のスティーブ・クライン(55)が今月2日に自身の誕生日をマドンナらと祝う動画を投稿(既に削除)した。 動画は、出席者がさまざまな衣装で集い、マドンナが「COVID CAKE(コロナケーキ)」と名付けたケーキを持ち、室内でクラインに肩を抱かれる様子などが映っている。 映像の中ではオンラインでのパーティーとの告知もあるが、英紙デーリー・メールは「最低でも8人のメンバーが集まっていた」と報じた。 そもそもマドンナは3月末に「新型コロナは富裕層も賢い人も感染する。 平等をもたらすのは素晴らしい」などと投稿し、物議を醸していた。 その後も自宅で自主隔離生活を送っているとしながら4月20日に「キッチンパーティー」と題してスタッフらと踊る動画を投稿し、大炎上している。 一方で、6日にはワクチン開発研究に対し110万ドル(約1億1700万円)を寄付したことを公表し、「新型コロナウイルスの治療開発サポートに携われることをうれしく思います」とコメント。 さらに、抗体が陽性だったことを受け、「私は感染していました。 7週間以上前、ツアー終盤のパリで他の出演者とともに体調が悪くなりました。 今は皆健康で元気です」と明かしている。 しかし、その慈善活動もかすむほどの今回の愚行に対し、SNS上では「寄付をしたからといって、パーティーはありえない」と怒りの声が渦巻いている。 映画撮影で滞在していたオーストラリアで約2週間入院。 米帰国後は「コロナ」という名の少年に激励のメールを送ったことや、大学の卒業式でのスピーチが称賛されていた。 ほか俳優では、映画「マンデラ 自由への長い道」主演のイドリス・エルバ(47)や映画「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ(40)らが感染した。 音楽界では世界三大テノールの1人、プラシド・ドミンゴ(79)も感染した。

次の

マドンナ、新型コロナ抗体検査陽性で「明日はドライブ」発言 米メディアで波紋広がる(ENCOUNT)

マドンナ 陽性

80 ID:2D3Ca4LU0. net 米歌手マドンナ(61)が4月30日、新型コロナウイルスの抗体検査を受けて陽性だったことを公表した。 「検査を受けて抗体があることが分かった。 だから明日はロングドライブに出かけて、窓を開けて息を吸うわ。 新型コロナウイルスの空気をね」と語るインスタグラムで動画を公開した。 抗体検査で陽性反応が出たということは、新型コロナウイルスに過去に感染していたことになり、「明日は別の日になる。 目が覚めたら、違った風に感じると思う」と語っている。 世界保健機関(WHO)は抗体を持つ人が再び感染しないという証拠はなく、再感染する可能性もあると警告している。 抗体検査をいつ受けたのかや、受けた理由などは明かしていない。 マドンナは新型コロナウイルス感染拡大について、 「金持ちだろうと有名人だろうと関係なく感染する。 平等をもたらすのは素晴らしい」とSNSで語って炎上していた。

次の

マドンナ コロナ陽性の件がヤバイってマジ!?

マドンナ 陽性

新型コロナウイルスの抗体検査で陽性だったと明かした米人気歌手のマドンナ(61)が、自宅待機命令を無視して友人の誕生日パーティーへと出かけていたとして、大ブーイングを浴びた。 ワクチンの開発研究に110万ドル(約1億1700万円)を寄付したことも明らかにしたが、炎上は終息していない。 ニューヨークを拠点に活動する写真家、スティーブン・クライン氏(55)が2日に自身の誕生日パーティーの様子を写した動画をSNSに投稿した。 英デーリー・メール紙によると、動画には少なくとも8人が同じ空間に集まり、クライン氏に肩を抱かれるマドンナも写っていた。 動画では、「COVID(コロナウイルス感染症)cake」と名付けられたケーキをマドンナが持つ姿もあったという。 新型コロナウイルスをめぐってマドンナは、3月末にインスタグラムに投稿した動画で「金持ちか、有名かどうかも関係ない。 平等に感染するのはすばらしい」と発言。 その言葉通り、4月30日には自身も抗体検査で陽性が判明したことを告白したが、「明日は長いドライブに出かけ、窓を開けて新型コロナの空気を吸おう」と発言。 自宅待機命令を無視する形でクライン氏のパーティーに参加したとみられる。 今月6日にワクチン開発研究への寄付を公表した際には「一助となれたことに感謝している」とし、自身の感染については「7週間以上前、ツアーの終盤にパリで共演者とともに体調を崩した。 今はとても元気」とも振り返った。 だが、ネット上では「寄付を行っていても、パーティーには出るべきでなかった」と批判が寄せられた。

次の