菊池 加奈子。 「菊池加奈子」のニュース一覧: 日本経済新聞

【ノバルティスファーマ】OTC事業部を強化、自販開始へ|薬事日報ウェブサイト

菊池 加奈子

Search• グラクソ・スミスクライン株式会社 会長・社長人事のお知らせ~更なる進化に向けて~ グラクソ・スミスクライン株式会社 会長・社長人事のお知らせ~更なる進化に向けて~ 03 April 2017 グラクソ・スミスクライン株式会社(代表取締役社長:菊池 加奈子、本社:東京都渋谷区、以下GSK)は3月31日開催の取締役会において、下記の代表取締役人事が了承されましたことをお知らせします。 今後は代表取締役会長として社外ステークホルダーとの関係構築の強化やグローバルの活動に従事するとともにGSK の更なる成功に向けて、リーダーシップチームをサポートしていきます。 新社長に就任する菊池 加奈子は2013年10月にGSKに入社し、経営戦略、マーケティングおよびマルチチャネルを統括し事業を牽引してきました。 GSK入社前は、長年にわたり国内外の製薬業界において様々な要職を歴任しており、前職のノバルティスファーマ株式会社では固形腫瘍領域事業およびサイエンティフィックアフェアーズ、OTC事業や眼科事業のヘッドを務め、3つの異なる事業におけるマネジメントを経験しています。 また、ボシュロム社で米国のグローバル戦略ディレクターを含む戦略およびマーケティングの職務を担い、その高いビジネス手腕と強力なリーダーシップを国内外で発揮してきました。 フィリップ・フォシェは、この度の就任について、次の通り述べています。 「代表取締役会長の就任を光栄に思います。 また、菊池氏を代表取締役社長に迎えることを大変喜ばしく思っています。 菊池氏のリーダーシップのもと、GSKが更に成長し、そのプレゼンスを一層高めていくことができると確信しています。 」 今回の就任にあたり、菊池 加奈子は、次の通り述べています。 「医薬品業界は今、かつてないほどの大きな変化がグローバルベースで起きており、今後もますます加速していくものと思われます。 GSKは業界をリードする変化を数年にわたり創出してきましたが、この新たな時代において、更にスピード感を持って業界におけるリーダーシップを発揮できるよう努めてまいります。 また、日本の医療関係者や患者さんのメディカルニーズに応え続け、高い価値を生むことができる企業として持続的に成長できるよう邁進してまいります。 」 生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。

次の

【ノバルティスファーマ】OTC事業部を強化、自販開始へ|薬事日報ウェブサイト

菊池 加奈子

社会保険労務士法人 ワーク・イノベーション 代表社員 菊地 加奈子 氏 私には子どもが5人。 自分自身のキャリアと家族は、保育園に助けられてきた。 私は5年前、自宅近くに保育園をつくった。 まさに、「自分の子どもをみてもらえるように」という理由からだ。 便利さを追求するために洗濯サービスやおむつの提供と、働く母の満足をとことん考えた。 また、社労士のプライドにかけて保育士の世界にありがちな時間外労働・サービス残業をなくしていくことにもこだわった。 しかし、保育士との関係づくりにはとても苦慮した。 なぜならば彼らの保育というものはあくまでも子ども中心で、「サービス」とか「効率化」といった言葉と真逆の世界だったからだ。 当初はそんな保育園の世界に大きな違和感と問題意識を持った。 この意識を変えていかなければ保育士は潜在化する一方で、我われ働く母たちにとっては大きな危機だ、と。 確かに保育士の労働環境には改善すべき点が多い。 ただ、時間の経過とともに新たな点にも気付いた。 それは、働く母親としてみてきた保育園と、保育園経営者としてみえる保育園と、社労士として捉える保育園がそれぞれ異なっているということだ。 子どもが健やかに育つことが働く親にとって何よりの幸せだ。 一方で母たちは自身のキャリアと子どもとの時間を秤にかけて常に悩んでいる。 2度と戻らないわが子の1日を大切にしてあげられているか。 1日を終える瞬間に、「今日は自分にとって満足のいくものだったか」そして「母としての喜びを感じられるものであったか」と。 そんな問いかけに、立ち止まってしまうこともある。 そして保育士たちも悩む。 ある職員面談をしていたとき、一人の保育士が涙を流して訴えてきた。 子どもの一瞬、一瞬を大切にしてあげたいのに、あまりにも多忙で「やり過ごしてしまう」ことが悔しいという。 両立支援と保育の問題はつながっている。 そして、子どもを中心に据えることで、企業における働き方も保育のあり方も変わるのだと肌で感じるようになった。 単なる育児と仕事の両立、ではなく、子どもの育ちというものをより深く企業も親たちも保育者たちも学んでいくことで、自ずと働き方は変わっていくのだ。 そんな考えの下、企業内保育園を幅広く支援するようになった。 労務の部分だけでなく、両立支援にも保育内容にも深くかかわる中で、いま、私は本当の意味での「働き方改革」と向き合う実感が持てることに幸せを感じている。 社会保険労務士法人ワーク・イノベーション 代表社員 菊地 加奈子【神奈川】 【公式Webサイトはこちら】.

次の

元GSK日本法人トップ・菊池氏が新社長に ユーシービージャパン|薬事日報ウェブサイト

菊池 加奈子

ユーシービー(UCB)ジャパンは4月18日、菊池加奈子氏が5月1日付けで代表取締役社長に就任するとのトップ人事を発表した。 入社も同日付けとなる。 前社長の神原政信氏は17年9月に退任しており、これまで三木敏代表取締役副社長が社長業を務めていた。 菊池氏はグラクソ・スミスクライン(GSK)の前社長。 GSKでは経営戦略やマルチチャネル担当の役員も務めた。 GSK入社以前はノバルティスファーマに在籍し、眼科事業部、OTC事業部、オンコロジー事業部で要職を歴任した。 UCBジャパンは中枢神経系と免疫・炎症領域を強みとするバイオファーマ。 眼科事業部、OTC事業部の各事業部長、オンコロジー事業部サイエンティフィックアフェアーズ統括部長、オンコロジー事業本部固形腫瘍領域事業部長を歴任した。 13年にGSKに入社し、経営戦略・マーケティング・マルチチャネル担当役員などを務めた後、17年4月~12月に同社社長を務めた。 85年に北海道大薬学部薬学科卒。

次の