ベープ ノーマット。 蚊取りリキッドの互換性 : モモンハン日記

アースノーマットは蚊以外に効果ある?コバエやハエ、ゴキブリには?

ベープ ノーマット

電気や電池は不要!とっても手軽に蚊対策ができる! スプレー式の商品なので電池や電気を使う必要がありません。 今までの蚊取りグッズは、蚊取り線香や電気式蚊取り機(アースノーマットなど)でした。 蚊取り線香は電気を使う必要はありませんが、炊くと煙が出てくるので現在の住宅事情には向いていません。 なので主流は電気蚊取りだと思いますが、電気式だとコンセントが埋まってしまうデメリットがあります。 それと使った後スイッチをオフにする必要がありますが、これって案外忘れがちなんですよね。 その点ワンプッシュスプレーはスプレーボトルなので電気を使う必要も無ければ煙もでません。 そしてスイッチをオフにする必要がないのでとっても手軽に使える蚊取りグッズだと思います。 ワンプッシュで12時間又は24時間効果あり! スプレーって聞くと使った瞬間は効果あってもすぐに蚊がくるのでは? 最初はそんな風に思ってしまいますが、このスプレーは一度使うと12時間や24時間も効果が持続するみたいです。 なぜ24時間も効果があるのか? ところでなぜ24時間も効果があるのでしょうか? いくらスプレーをしても薬剤が消えたら効果が切れるのでは?って思ってしまいますよね。 これがなかなか面白い仕組みで、部屋の中央に撒かれた薬剤拡散され部屋の天井や壁に付着します。 そして蚊は部屋に入ると壁や天井に止まるので、そこに付着した薬剤の効果で倒れるみたいです。 蚊の習性をうまく利用した商品みたいですね。 人体への影響はどうなのか? おすだけノーマットの主要成分はトランスフルトリンです。 トランスフルトリンはピレスロイド系の薬剤でピレスロイドと言えば蚊取り線香や電気蚊取りでも定番ですね。 ピレスロイド系の薬剤は人など恒温動物が摂取しても酵素で分解・排出がなされるので殆ど影響がありません。 逆に蚊などには分解する力がないので駆除できます。 似たような例では犬や猫に玉ねぎやチョコを食べると中毒症状が出たりしますが、人間に対しては殆ど影響がありません。 なので使用方法通りに使えば殆ど問題はありません。 ただ過剰に摂取すると喉が痛くなったり、咳やくしゃみなどが出ることがあるので使用量についてはしっかりと守りましょう。 アレルギーが出る場合もあるので、その辺りも注意する必要があるでしょう。 魚を飼っている人は要注意! それと気をつけてほしいのが、トランスフルトリンは水に溶けやすい性質があり、水生生物に対しても毒性があります。 なので水槽がある部屋やその部屋の近くで使うと魚に影響がでるかもしれません。 なので水槽などで生物を飼っている人は注意しましょう。 実際につかってみた 今回は14時間持続する120日間タイプの物を使用しました。 というのも母親が去年の残りのおすだけノーマットをくれたので使ってみました。 買うとしたら24時間の300日タイプがコスパが良さそうに感じました。 キャップを外すと普通のスプレーヘッドになっています。 使い方は簡単で部屋に向かって一回おすだけです。 さらに効果を上げるため10分間、ドアや窓を閉め切りました。 使った瞬間に蚊が落ちる!入ってきた蚊にも効果あり 使ってみて驚いたのが、使った瞬間に蚊が床に落ちてお亡くなりになりました。 すごい即効性だったのでこれにはビックリです。 その後はずっと部屋を開けておいたのですが、一匹蚊が入ってきました。 これはどうなるのか? 少し気になったので観察してみると壁に張り付いた瞬間すぐに飛んで壁に張り付くを数回繰り返してそのまま落ちてしまいましたね。 その後も部屋のドアと窓を開けたままでしたが、部屋に入ってくる蚊はいませんでした。 まとめ というわけでおすだけノーマットを使ってみましたが、思った以上に即効性や持続性があったのでビックリです。 寝る前などにワンプッシュしておくと、刺さたり蚊の音で目覚める心配がないので安心です。

次の

ベープノーマットの薬液は赤ちゃんがいても使えますか? 私は蚊に刺されやすいタイプのようで、友達と一緒にいても誰より多く刺されます。

ベープ ノーマット

我が家ではアースノーマットを使っています。 実家では金鳥リキッドを使っています。 正直言って、差は有りません。 で、メーカーは公式には認めていませんが各メーカーのリキッドボトルはそれぞれ違うメーカーの器具に取り付けても使用できます。 ですので、どれでも大差はないと思っていいです。 ただ、他社カートリッジを使う場合、持続時間や薬剤の広がり方が本来の使い方と比べて若干変わる可能性があるので注意して下さい(ヒーター温度が若干違う為、、) 3社の中で、アースは10畳以上の部屋用のワイドタイプを販売しています。 リビングなど広い部屋で使うならアースのワイドタイプにしておけばいいと思います。 (従来の器具でもワイドの替ボトルを使えばワイドと同等として使えるんですけれどね。 この件についてはメーカー確認済み。 ) ベープは近年はコンセントを使わないタイプに力を入れているみたいです(どこでもベープやおすだけベープなど)。 店頭でもアースと金鳥の替えボトルは多く見かけますがベープリキッドの在庫は少ないようです。 今後のカートリッジ購入の利便性を考えるとアースか金鳥を選ぶのがいいかもしれないですね。

次の

ノーマットは去年のでも効果はある?保管方法と使用期限は?

ベープ ノーマット

アースノーマットは人体に害がない理由とは? 蚊の季節にお世話になっているアース製薬の「アースノーマット」。 1984年発売のロングセラー商品で当時は蚊取り線香に代わる画期的な商品でした。 商品は大きく分けて2種類。 「プラグ式」と呼ばれるスイッチONで効果が出る設置型。 アースノーマットといえばこの置いておくタイプのイメージが強いですね。 もう一つは「スプレー式」で 蚊が出たな、と思った時にワンプッシュで飛んでいる蚊を駆除できる気軽なタイプです。 どちらにしても蚊を駆除する殺虫剤に分類される商品ですので気になるのが人体への「害」ですね。 アースノーマットの薬剤に使用されている有効成分は「ピレスロイド系」の• メトフルトリン(プラグ式に使用されている)• トランスフルトリン(スプレー式に使用されている) という2種類の成分があります。 「ピレスロイド系」の薬剤は色々なメーカーの殺虫剤に広く使われていて人体に対する安全性が確認されています。 開発した住友化学株式会社の資料に詳しく書かれています。 以上の事から通常の使用で人体に害はなく安全な商品ですので安心して使っても大丈夫ですよ。 余談ですが、アース製薬のライバル会社のキンチョーからも• キンチョウリキッド• 蚊がいなくなるスプレー といった同じ効果のある商品が出ていますが、こちら同じくピレスロイド系殺虫剤なので人体に害はありません。 詳しくはこちらに書いています。 赤ちゃんに対しても害はなく安全です。 アースノーマットシリーズに関するよくあるご質問 Q. 妊婦や乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫? A. ご使用いただけます。 ただし、妊婦・乳幼児に限らず、閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください。 おすだけノーマット スプレータイプに関するよくあるご質問 Q. 妊婦や乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫? A. ご使用いただけます。 ただし、薬剤を直接吸い込まないように、噴射の際は噴射する人以外の入室を避けてください。 プラグ式は定期的な換気をする• スプレー式は噴射してからしばらく時間をおいて赤ちゃんを部屋に入れる これを守れば安心ですね。 また、「アースノーマット」のシリーズ商品は人体に直接ぬる虫よけではありません。 肌に着いた場合は石鹼水でよく洗い流すように説明書にも書かれていますので特に未熟な赤ちゃんが近くにいる時は気を付けて使うようにしましょう。 哺乳類、鳥類・・・害はなく使える。 爬虫類、両生類、魚類、昆虫・・・害があり影響が出る可能性があるので使えない。 哺乳類と鳥類は吸い込んでも体外に排出できるので問題ありません。 問題はそれ以外のペットです。 最近は亀やトカゲなどの爬虫類やイモリやカエルなどの両生類をペットに飼う人も増えています。 定番の金魚や熱帯魚、カブトムシにクワガタ、鈴虫などがいる部屋では使わないようにしましょう。 アースノーマットペット用の違いって? アースノーマットには「ペット用」という商品もあります。 違いを確認してみると 人間用は厚生労働省、ペット用は農林水産省の承認を受けた商品で承認を受ける管轄の違いです。 また、ペット用はペットのイタズラに対応するために• 倒れにくい形状• コードにカバーが付いている• 強化素材 などの工夫がなされています。 まとめ アースノーマットの成分「ピレスロイド系」の薬剤は人体に害がない事は報告されていますので安心です。 アースノーマットの成分は哺乳類や鳥類は吸い込んでも体外に排出するので害はなく安全。 赤ちゃんにも安全ですが部屋の換気を定期的にすること。 スプレータイプは噴出してしばらくしてから赤ちゃんを部屋に入れるようにする。 犬や猫、ハムスターや鳥のペットがいる部屋では使っても大丈夫。 爬虫類、両生類、魚類、昆虫のペットがいる部屋では使ってはダメ。 以上のようになりますので通常の使用であれば害はなく安心して使えますね。

次の