バトスピ サーガ ブレイヴ 2 話。 『バトルスピリッツ サーガブレイヴ』第1話配信記念『バトスピNight ~サーガブレイヴ前夜祭~』を2019年6月14日(金)21時30分より配信|株式会社バンダイのプレスリリース

『サーガブレイヴ』配信記念 『バトルスピリッツブレイヴ』期間限定無料配信!!

バトスピ サーガ ブレイヴ 2 話

でもでも見れる! あらすじ 西暦2661年、地球。 人類と魔族の統一政府による統治が続く中、新たな組織が不穏な胎動を始めていた。 そのひずみは各地に広がり、かつて馬神弾と共に世界を救うために戦った仲間たちにも届きだしていた…。 馬神弾が地球を救い、光となってから10年。 は新たな歴史を刻み始める。 かっこいいいいいいいい!!!! はやっぱりかっこいい!!!! エンディングテーマも最高! 以上! シリーズはやっぱりが頂点で、そのあと放送時間の変更とかもあってみてなくなったんだけど・・・。 今回、約10年の時を経てアイツが帰ってきた! ブレイヴはリアルタイムでガチハマりして、(自体は一緒に遊ぶ相手がいないのと、ルールが全然わからないのとでやってない)アニメの感想を書いて、今も最終回の記事にはアクセスがわりとある。 しかし、世界の命運のために消滅した主人公の復活という、賛否両論ありそうな新展開だけど、とにかくカッコよさでぶっちぎったのが良かった。 劣勢の友のデッキを触媒に光から激突王の降臨! 立て続けにパワーアップ!(ルールはわからない) 不足コストはいつものラのソウルコアを使用(冷徹!それでこそ俺達のダンさんや) メカッコいい! (馬神弾さんは神なので、自分が消えている間にできた新ルールにも対応する) 「なんでお前が復活したんや・・・」ってビビってる敵に対して 「震えるな・・・バトルは続いている・・・」と言い放つ!バトルジャンキー!理屈無用! 敵のターンなのになぜか敵の召喚したスピリッツをボコボコに破壊! なんかよくわからないけどカッコイイ召喚の口上で目を光らせながら、 なんか合体しすぎて名前が長すぎて覚えられないカッコイイドラゴンに すごい宝石とかたくさんついてて金色に光るかっこいい剣を天から与える! そしてパースである。 ドラゴンででで白銀の鎧でデカい剣で星座で銀河でとか、世代のおじさんも大好きな燃えのお子様セットやんけ!!!!!!!! のかっこいい声のルール解説!(そうか、が言うならそうなんだろう・・・)(ルールは分かってない) そして相手の地形効果も残っている雑魚モンスターも特に意味もなく完全破壊! ブレイブスピリットはトリプルシンボル!!!(相手のライフを3つ破壊する)(敵の残りライフは2)完全なオーバーキル!!!! 完全破壊!!!!!!!!!完全勝利!!!!!!そして敵に奪われていたXレアも取り戻す!!!!強いいいいいい!!!!!強すぎるううううううう!!!!! 相手の精神を完全に破壊する!!!!!!! これや、これがダンさんのバトルスタイルやああああ!!!!!! で、もちろんカードバトルに勝ったのでテロ活動を仕掛けてきた敵は当然のように兵士に取り押さえられる。 カードバトルに勝てば大抵の敵は倒せる。 そして、感動的な10年ごしの握手からのでさっそうと次回に続く!!!! かかかかかかかかっこいいいいいいい!!!!!! そして異界とマギサ様も出るぅうううううう!!!! 次回予告のカッコイイギターソロ!!!!! かっこいい、、、かっこいいんだ・・・・。 ううう。 理屈じゃねえよ・・・。 (ルールは全く分かっていない)• 著者へのプレゼントはこちら このブログは最後まで無料で読むことができますが、無職の著者に食料を与えると執筆期間を伸ばすことができます。 資料を与えると文章の質が上がります。 オタクグッズを与えると嬉しいです。 執筆中に酒を飲むとスピード感が上がります。 (この記事が良いと思ったら読者登録お願いします! ) nuryouguda.

次の

超神光龍サジットヴルム・ノヴァ

バトスピ サーガ ブレイヴ 2 話

婦女は、再び戦っていた。 今度は戦うフィールドを変え、その身を粉にして戦っていた。 各地の仲間と思いを1つに、来るべき未来をより良くする為に。 アイツが残した世界を、できるだけ良いものにしたい。 焦燥にも似た熱意が、彼女の言動や行動に、痛いほど表れていた。 動きやすさを重視したであろうその姿は、在りし日のアイツの面影を彷彿とさせる。 どうなってしまったかも分からない、光の中へと消えてしまったアイツの面影が。 ー青年は…、そして青年は…。 予兆があった。 嘗ての英雄の名を冠した奇跡が、それぞれの仲間の元にやってきた。 その奇跡は、あるところでは消えたはずの英雄を体現させ、あるところでは、戦士となった友に戦い方や意味を諭した。 いずれも仲間の窮地を救い、そして止まっていた時を動かすように、果たせなかった約束を果たしていった。 ダンが復活して、私は喜んだ。 と健闘を讃える握手を交わす姿に涙し、カレーを片手に、ズングリーと昔のカードでバトスピを楽しむ姿に涙した。 あの時果たせなかった約束が果たされたのだ。 こんなに嬉しい事はない。 次々と約束を果たし、仲間の前に姿を現すダンの姿を見て、私には当然のように、ある期待が湧き上がった。 ーあぁ、これでやっと魔ゐとダンが再会できる。 復活とはいえ、肉体を授かった様子でもない。 おそらく「生き返った」とは、また違うのだろう。 それでもいい。 ひと目でも魔ゐの元に姿を現してくれれば、私はそれで満足だった。 そして再会は当然のように現実になると思っていた。 私の勝手な期待を他所に、『 サーガブレイヴ』第3話は配信日を迎えた。 ついに来た最終話。 およそ10年待ち望んだ再会の時だ!私は興奮を抑えつつ、仕事帰りの電車の中で、そっとアプリを開いた。 …再会は果たされなかった。 厳密に言えば、魔ゐの前にダンが姿を現す事はなかった。 それも魔ゐの前だけに、ダンは姿を現さなかったのだ。 しかし、そこに寂しさや悲しみは無い。 私が考えていた以上に、魔ゐとダンのは深く、計り知れない程固く結ばれている事を突きつけられたらからだ。 魔ゐは、ダンが生きている事を確信していた。 会いたいという感情の上を行く想いを抱いていた。 だからこその第一声。 「おかえり」でもなく「会いたかった」でもなく、「遅いよ」なのだ。 彼が帰ってくる事を前提としている上に、彼が生きていると思って今まで過ごしてきたという、何よりの証だと感じた。 さらに語られるのはダンが戦い続ける理由。 「思い続けてくれるから」は、魔ゐにとってどのような感情を抱かせたのだろうか。 離れていても存在を感じ続けてくれていた事への喜びだろうか、自分の思いが彼を戦いに駆り出しているという悲しみだろうか。 喜びとも悲しみとも取れる想いが表情に表れ、両目から涙が溢れる様子に、嗚咽する程の感情の波が押し寄せてきた。 2人の間で交わされた言葉は少ない。 それでも確かに意志の疎通はあったと思う。 長年待ち望んだ、愛するもの同士のやりとり。 共に戦い、旅をしてきたあの2人にしか分からないやりとりが、その視線の間に無数に行き交っているように感じた。 何より驚いたのは、あの2人には後悔がなかった事だ。 引き金になったことも、引き金となるのを止められなかった事も、その全てを「自分が生きた時間」として抱き込み、前に進んでいた事に、私は涙を抑える事ができなかった。 2人の思いは過去には無い。 彼らは未来を歩む為、常に前を進む為に過去を思い出としたのだと知ったとき、私の胸は言いようの無い感情で満たされた。 会えなかったのではない、会わなかったのだ。 会う必要がなかったのだ。 魔ゐもダンも、離れていながらもお互いを思い合っていたから、繋がっていたからこそ、ダンは魔ゐの前に姿を表さなかったのではないかと思う。 それはコアの光主同士だからもあるだろうが、友情と愛情が混在しているあの2人だからこそ、許される関係なのではなかろうか。 突然飛び出す謎の単語、解決せぬまま進行する悪意、突如として出現した第三の世界。 続編の制作が決まったとはいえ、最終話としてのクオリテイとしては、不満が残った。 それでも、それでも私は思う。 良い作品だったと。 「ありがとうございました」と、泣きながら右手を差し出してしまう。 仲間の思いを胸に、自分の居場所をに求めながらも、心配する魔ゐにどこか申し訳なさを感じるダン。 心のどこかで戦いに出る彼を止めたいと思いながらも、彼の事を理解しつつ、彼の真っ直ぐな思いを尊重し何も言わない魔ゐ。 この2人の、不器用ながらも美しくお互いを尊重し合う姿を確認できた事は、コアの光主からバトスピの素晴らしさを知った私としては、これ以上ない喜びなのだ。 およそ10年の時を経て描かれた黎明のその先、離れていても繋がり続けていた永遠のに、今なお私は咽び泣いている。 『 サーガブレイヴ』第3話「永遠の」、鑑賞しました。 配信とはいいですね。 いつでもどこでも、好きな時に作品を見直す事ができます。 これからも、つらつら見直す事でしょう。 約束が果たされ、永遠のを感じる事ができる、この神話を。

次の

『バトルスピリッツ サーガブレイヴ』2019年6月15日(土)10時~配信開始!

バトスピ サーガ ブレイヴ 2 話

[ ][ ]• ブレイヴはシンボルを持つものと持たないものが存在し、スピリットのように召喚するか、条件を満たしたスピリットと合体ができる。 フィールドにいる間はスピリットと共通の性質を持つが、スピリットカードを対象とした効果はブレイヴカードには対応しない。 (スピリットとはフィールド、スピリットカードとは手札・デッキ・トラッシュに存在する時の名称である)• 例:でトラッシュから手札に戻すことができない• 例:でオープンしても手札には加えられない。 スピリットと同様の召喚手順を踏み、フィールドにいる間は次のように扱う。 「合体条件」を満たすフィールド上のスピリットに合体する。 合体スピリットである時も、ブレイヴは依然としてフィールドにあるカードとしてカウントされる。 合体させずに維持コストを置き、スピリット状態にする。 召喚 『このブレイヴの召喚時』効果は召喚・直接合体のどちらの召喚に際しても発揮される。 『このブレイヴの召喚時』効果はスピリット状態や合体状態で召喚するときのいずれでも、ブレイヴの効果である。 『このスピリットの召喚時』効果ではないのでLv2効果や【】に阻まれず、で使い回すこともできない。 フィールドにいる合体していないブレイヴは、「スピリット状態のブレイヴ」となり、1体のスピリットとして扱われる。 このとき、スピリットを対象にした効果、ブレイヴを対象にした効果のどちらの対象にもなる。 『このブレイヴの召喚時』効果を発揮した場合、「スピリット状態」で『このブレイヴの召喚時』を発揮する、といった体裁を取る。 「ブレイヴの効果」は「スピリットすべての効果は発揮されない」効果を受けていても発揮できる。 例:の召喚時効果でを破壊したとき。 プラズバットの破壊時効果の解決前にスピリットとなり砲凰竜フェニック・キャノンのコア1個をリザーブに置くことができる。 『このブレイヴの召喚時』以外のLv1効果はスピリットかつブレイヴの効果として扱い、「スピリットの効果を受けない」効果で防がれる。 スピリットカードではないのでスピリット状態で召喚したときも含めて「スピリットを召喚したとき」等を条件にした効果は誘発しない。 「スピリットの召喚」か「ブレイヴの召喚」かは、カードの召喚宣言時にチェックされる。 例:の召喚時にの効果は誘発しない。 1体のスピリットに合体できるのは1つまでで、スピリット状態のブレイヴに他のブレイヴを合体させることはできない。 合体条件の異なるスピリット・アルティメットには合体させることはできない。 を直接合体する場合、0コスト状態でもリザーブからLVコストを1個以上合体スピリットに乗せなければならない。 のようなスピリットも存在する。 のようなスピリットも存在する。 一部の効果でやをスピリットとして扱うことができるが、ブレイヴは合体できない。 合体条件に記述されているのは基本的にスピリットのみだが、アルティメットの記述があるブレイヴはアルティメットに合体できる。 詳細は参照。 背景が青い「創界神ネクサスの合体条件」を持つブレイヴはネクサスに合体できる。 詳細は参照。 ブレイヴはスピリット2体までと合体できる。 スピリット2体と合体している場合、合体しているスピリットごとに2体の合体スピリットとして扱う。 詳細は及びを参照。 合体後、《》や等で合体条件が満たされなくなっても強制的に分離することはない。 「」より、2019年4月1日から合体条件を満たさなくなった時点で即座に分離し、スピリット状態にしなければトラッシュに置かれる。 これは、《》や【】など合体元のスピリットが入れ替わる効果が増え、実際に合体した際に合体条件を満たしていたかどうか、後から確認が困難になったため。 なお、その合体条件の確認は、新しく合体するときに合体条件を確認する場合と同様に、そのブレイヴを除いた、合体するスピリットの状態で判断する。 「ブレイヴ2つまでと合体できる」効果が無効になったり、無効になっていた「合体できない」効果が再び発揮された場合は、ブレイヴを分離しなければならない。 ブレイヴ2つと合体しているスピリットを煌臨元にして《》し、「ブレイヴ2つまでと合体できる」スピリットでなくなった場合、『このスピリットの煌臨時』効果の発揮前(煌臨手順中)にブレイヴ1つを分離する。 【】を持つブレイヴは、《》でカードを重ねた後、煌臨したときの効果を発揮する前に召喚せずに合体させることができる。 この場合、スピリット状態のブレイヴ上のコアは合体スピリット上に置かれる。 スピリット上のコアを追加したことになるため、などの効果を受ける。 原則として、破壊状態のスピリットにブレイヴを合体させることはできない。 合体元のスピリットと合体しているブレイヴをまとめて「合体スピリット」と呼ぶが、それは依然として1体のスピリットである。 合体スピリットは合体元のスピリットと同じ維持コストが必要で、ブレイヴのための維持コストは不要である。 合体しても合体元のスピリットの効果は発揮され、加えて下記のような扱いとなる。 シンボルを持たないブレイヴを合体させたとき、合体スピリットのシンボルは合体元のスピリットのシンボルの数・色として扱う。 このとき、属性が追加されてもシンボルの色は変わらない。 ブレイヴの持つ「名前」・「系統」・「軽減シンボル」・「【合体中】効果以外の効果」は追加されない。 効果の記述を持たないスピリットに、、を合体した場合、いずれも効果の記述を持つ合体スピリットとして扱う。 これらは合体中効果を持つ、スピリット状態で効果を持つ、そのどちらの効果も持っているブレイヴである。 例外的に、合体中及びスピリット状態で効果を持たないブレイヴ(、)と効果の記述を持たないスピリットが合体した場合、効果の記述を持たない合体スピリットとして扱う。 例:にを合体した場合のシンボルは赤と青であり、赤赤や青青とすることはできない。 ただし「」効果では、その色のシンボルになることができる。 例:にを合体すると、シンボルは緑赤、緑白、白赤、白白のどれかとして扱う。 スピリットかブレイヴのどちらかが疲労状態であると、それらが合体した際には合体スピリットは必ず疲労状態となる。 イメージとしては疲労状態>回復状態であると言える。 このルールによる疲労でも、「~の効果で」などの条件のない「疲労したとき」効果は発揮する。 分離 合体スピリットは、合体しているブレイヴにLv1コスト以上のコアを置いて「スピリット」と「スピリット状態のブレイヴ」の2つのフィールドのカードに分離することができる。 また、なんらかの理由でブレイヴをトラッシュに送りたい場合などには、ブレイヴにコアを置かずに分離させることもできる。 合体中に合体元のスピリットが「合体条件」を満たさなくなった場合でも、強制的に分離されることはない。 「」より、2019年4月1日から合体条件を満たさなくなった時点で即座に分離し、スピリット状態にしなければ「トラッシュに置かれる」。 合体スピリットにした場合は、合体をそのまま引き継ぐ。 リバイバル やなどの効果で合体スピリットが元カードとして追加される場合、ブレイヴはスピリット状態で残すか、スピリットと同じく元カードとして追加する。 フィールドに残さないことを選ぶと、合体していたスピリットと同じ領域に同時に移動する。 合体スピリットがバーストとしてセットされるときも、ブレイヴをフィールドに残すことができるが、残さない場合はセットできないのでトラッシュに置かれる。 また、この処理は破壊以外にバウンス等、合体スピリットがフィールドから離れるときすべてに該当するものである。 合体スピリットが破壊され、回復状態や疲労状態でフィールドに残る効果を発揮したとき、可能な限り破壊前と同じ状態 Lv・維持コア・合体状態 でフィールドに残ることになる。 破壊された時点で、そのブレイヴがスピリットに与えているシンボルや色、【合体中】効果などは、「このターンの間」などのすでに解決し持続する効果を除き無効になる。 合体しているとにを使用された場合。 「相手の合体しているブレイヴ1つを破壊する」効果でが破壊され、その時点でブレイヴの情報や効果は無効になる。 ある場合は次に派生効果を解決してから、がトラッシュに置かれる。 既にトラッシュに置かれているを手札に戻すことができる。 同じく合体しているとがのバースト効果の対象になった場合。 が破壊状態になり、の情報・効果が無効になるがまだトラッシュには置かれない。 派生効果として破壊状態のの『相手によるこのスピリットの破壊時』が発揮。 まだフィールドにある以外で条件に合うカードを可能な限り手札に戻す。 他に派生効果があれば解決してから、とがトラッシュに置かれる。 特別な呼称はないが、アルティメットに合体できるブレイヴは合体条件欄の文字が黄色になっている。 煌臨編開始に伴うルール改定によりテキストにアルティメット対象が明記されていなくても合体アルティメットのブレイヴは破壊可能となっている。 旧対応:「合体アルティメットのブレイヴ1つを破壊する」• ブレイヴ 系統:「」を持つ「ブレイヴ」は、スピリット2体までと合体できる。 関連する説明ではその他のブレイヴを便宜上「通常のブレイヴ」と呼ぶ。 スピリット状態 Lv1コストが0の場合、コアを置かなくても消滅しない。 効果で系統を失ってもカードに系統:「」と書かれていればスピリット状態のブレイヴとして扱う。 このテキストは効果ではないので、「効果すべてを失う」効果を受けても無効にならない。 「疲労状態で召喚する」効果を受けていても召喚でき、回復状態で召喚する。 「疲労状態でフィールドに残る」効果を受けた場合、疲労状態にならずに 回復状態で フィールドに残る。 すでに合体しているスピリットが疲労していても、後から合体したスピリットは疲労しない。 コアは合体しているそれぞれのスピリットに置き、ブレイヴには置かない。 スピリット2体とブレイヴが合体しているとき、合体しているスピリットごとに2体の合体スピリットとして扱う。 【左合体中】効果はブレイヴの左側の合体スピリット、【右合体中】効果はブレイヴの右側の合体スピリットに与えられる。 原則として合体している異魔神ブレイヴの「スピリットの交換」にあたる動きはできず、合体していない側にスピリットを合体させるか、2体と分離して別の1体に合体させる。 ブレイヴと合体しているスピリットが別の側の合体条件を満たしている場合、スピリット状態にせずに合体している左右の側を入れ替えることができる。 通常のブレイヴに関してを持つスピリットであっても、ブレイヴと合体しているとき、他のブレイヴと合体できない。 合体中 アタックする場合、スピリットだけを疲労する。 合体している別のスピリットはアタックしていることにならない。 2体のスピリットと合体しているブレイヴは、合体スピリットのブレイヴを対象とした効果について、一方でも耐性を持っていなければ、そのスピリットを指定されることで効果を受ける。 「ブレイヴを分離させる」効果を受けた場合、対象になるのが片方のスピリットについてのみなら、そのスピリットとのみ分離する。 「分離させ、スピリット状態のブレイヴにする」「ブレイヴは合体できない」効果の場合、もう片方のスピリットとも分離し、スピリット状態になる。 合体スピリットがフィールドを離れるときの扱い 異魔神ブレイヴと合体している自分の合体スピリットがフィールドを離れる場合、異魔神ブレイヴは分離できず、その異魔神ブレイヴと合体しているスピリットの数と、フィールドを離れる合体スピリットの数によって、スピリット状態にできるかが変化する。 などのようにスピリット1体をフィールドから離す効果によって、異魔神ブレイヴと合体している合体スピリットがフィールドを離れる時。 異魔神ブレイヴが1体のスピリットに合体されている状態の場合、既存の合体スピリット同様にフィールドに残すかスピリットと同じ場所に置くかを選択できる。 だが、異魔神ブレイヴが2体のスピリットに合体されている場合、一方の合体スピリットはフィールドを離れるがもう一方の合体スピリットはフィールドから離れないため、異魔神ブレイヴは分離しない。 なお、メインステップにLv1コストが0の異魔神ブレイヴをトラッシュへ送る場合、合体条件を満たすスピリット1体に合体し、そのスピリットのコアを全て取り除いて消滅させるのがルール上最も手っ取り早い。 などで複数の合体スピリットがフィールドから離れる時。 この時は異魔神を合体しているスピリット2体がフィールドから離れることになるため、異魔神ブレイヴをフィールドに残すかスピリットと同じ場所に移動させるかを選択できる。 カードを並べる効果との兼ね合いについては【】を参照。 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 BP合計3000まで相手のスピリットを好きなだけ破壊する。 シンボル:なし• BS10-062 R [赤]• または、BP4000以下の相手のスピリット1体と相手のネクサス1つを破壊する。 合体条件:コスト3以上 【合体時】【激突】『このスピリットのアタック時』 相手は可能ならスピリットでブロックする。 ただし、アルティメットでブロックしてもよい。 シンボル:なし• BS10-063 [赤]• シンボル:赤• BS10-064 [紫]• 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】『このスピリットのアタック時』 疲労状態の相手のスピリット1体を破壊する。 シンボル:なし• BS10-065 [紫]• シンボル:紫• BS10-066 M [紫]• この効果でそのスピリットのコアが0個になったとき、自分はデッキから1枚ドローする。 合体条件:コスト3以上 【合体時】『このスピリットのアタック時』 相手の合体していないスピリットのコア1個を相手のリザーブに置く。 シンボル:なし• BS10-067 [緑]• 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】『このスピリットのバトル時』 BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、このスピリットは回復する。 シンボル:なし• BS10-068 [緑]• シンボル:緑• BS10-069 R [緑]• シンボル:緑• BS10-070 [白]• 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】『相手のアタックステップ』 合体していない相手のスピリットがアタックしたとき、このスピリットは回復する。 シンボル:なし• BS10-071 [白]• シンボル:白• BS10-072 R [白]• 合体条件:コスト5以上 【合体時】『このスピリットのブロック時』 BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。 シンボル:なし• BS10-073 [黄]• 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 バトル解決時、BPのかわりにLvを比べ、Lvの低いスピリットが破壊される。 Lvが同じとき、お互いのスピリットが破壊される。 シンボル:なし• BS10-074 U [黄]• 疲労状態のネクサスすべての効果は発揮されない。 シンボル:黄• BS10-075 [黄]• シンボル:黄• BS10-076 [青]• 合体条件:効果の記述を持たない 【合体時】【強襲:1】『このスピリットの合体アタック時』 このスピリットは、ターン中に1回まで、自分のネクサス1つを疲労させることで回復できる。 シンボル:なし• BS10-077 [青]• シンボル:青• BS10-078 R [青]• シンボル:青• BS11-049 U [赤]• 合体条件:コスト3以上 【合体時】フラッシュ【覚醒】 自分のスピリット上から、コアを好きなだけこのスピリット上に置くことができる。 シンボル:なし• BS11-050 [赤]• シンボル:赤• BS11-051 [紫]• その中の1枚を手札に加え、もう1枚は破棄する。 合体条件:コスト4以上 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 自分のトラッシュにあるコスト6以下のスピリットカード1枚を手札に戻す。 シンボル:なし• BS11-052 R [紫]• シンボル:紫• BS11-053 [緑]• 合体条件:コスト4以上 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 このスピリットのアタックによって相手のライフを減らしたとき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。 シンボル:なし• BS11-054 R [緑]• このターンの間、このスピリットは、指定した色のスピリットにブロックされたとき回復する。 シンボル:緑• BS11-055 [白]• 指定したスピリットは、次の『相手のリフレッシュステップ』で回復できない。 合体条件:コスト3以上 【合体時】 このスピリットは、相手のブレイヴの効果を受けない。 シンボル:なし• BS11-056 M [白]• シンボル:白• BS11-057 [黄]• 合体条件:コスト3以上 【合体時】【光芒】『このスピリットの合体アタック時』 バトル終了時、自分がこのバトルで使用したマジックカードすべては手札に戻る。 シンボル:なし• BS11-058 U [黄]• そのカードがマジックカードのとき、そのカードのフラッシュ効果を、コストを支払わずに即時に使用できる。 使用しない、または、他のカードのときは手札に加える。 シンボル:黄• BS11-059 [青]• 合体条件:コスト3以上 【合体時】【粉砕】『このスピリットの合体アタック時』 相手のデッキを上から、このスピリットのLvと同じ枚数破棄する。 シンボル:なし• BS11-060 R [青]• このバトルの間、相手は、このスピリットの効果で破棄したカードと同じ色の手札のカードを使えない。 シンボル:青• BS12-049 R [赤]• または、効果発揮中のカード名に「シール」と入っている相手のマジックすべての効果を無効にする。 BS12-050 [赤]• シンボル:なし• BS12-051 U [紫]• BS12-052 [紫]• ただし、『このスピリットの破壊時』効果は発揮されない。 合体条件:コスト4以上 【合体時】『このスピリットの破壊時』 自分の手札1枚を破棄することで、このスピリットは疲労状態で自分のフィールドに戻る。 シンボル:なし• BS12-053 [緑]• そうしたとき、自分はデッキから相手の手札と同じ枚数ドローする。 合体条件:コスト3以上 【合体中】 相手がドローしたとき、このスピリットは回復する。 シンボル:なし• BS12-054 M [緑]• ただし、『このスピリットの召喚時』効果は発揮されない。 シンボル:なし• BS12-055 R [白]• シンボル:なし• BS12-056 U [白]• 合体条件:コスト5以上 【合体時】『このスピリットのブロック時』 相手のスピリット2体を疲労させる。 シンボル:なし• BS12-057 [黄]• シンボル:なし• BS12-058 U [黄]• シンボル:なし• BS12-059 [青]• シンボル:青• BS12-060 R [青]• その後、自分は手札2枚を破棄する。 BS13-049 [赤]• 合体条件:コスト4以上 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 自分のスピリット状態のブレイヴ1体か、自分の合体スピリットのブレイヴ1つに記述されている『このスピリットの合体アタック時』効果1つを、このスピリットの効果として発揮できる。 シンボル:赤• BS13-050 U [赤]• シンボル:赤• BS13-051 [紫]• 合体条件:コスト4以上 シンボル:紫• BS13-052 R [紫]• 合体条件:コスト3以上 【合体時】『このスピリットの合体アタック時』 このスピリットの色を無いものとして扱う。 シンボル:なし• BS13-053 [緑]• 合体条件:コスト3以上 【合体時】『このスピリットのバトル時』 BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、【神速】を持つ自分のスピリット1体を手札に戻すことで、相手のスピリット1体を手札に戻す。 シンボル:なし• BS13-054 R [緑]• 合体条件:コスト4以上 シンボル:緑• BS13-055 [白]• シンボル:なし• BS13-056 M [白]• 合体条件:コスト5以上 【合体時】『このスピリットのブロック時』 バトルしている相手のスピリットのシンボル1つにつき、このスピリットをBP+5000する。 シンボル:なし.

次の