ギター ゆみ か。 マンション・一戸建て 騒音の種類・防音の工夫~ギターの防音対策~楽器演奏がOKでもしっかり対策を

来年の国立新美術館の平泉展予告。平泉会の親睦会で、フラメンコギターのプロの方が演奏してくれました。

ギター ゆみ か

【特集】 シティ・ポップを彩った カッティング・ギターの名手たち ~真夜中のファンキー・キラー編~ 大ヒットを記録したギター・マガジン2019年4月号『シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち』。 今月はそのシリーズ続編である。 題して、"真夜中のファンキー・キラー編"。 "昼下がりのメロウ・グルーヴ編"と題した前回は、70年代から80年代前半までのメロウなサウンドを中心としていたが、今回は80年代だけに限定した内容だ。 "昼と海"が描かれることの多いシティ・ポップの中から、あえて"夜と街"を想起させるサウンド、つまり車のヘッドライトや煌めくネオン、ビルの灯りなどを彩るセレクトを、ギタマガ流にやってみたというわけだ。 どちらかと言えば、和製AORや和ブギーと呼ばれるものに近いのかもしれない。 マイケル・ジャクソンが大ヒットを記録し、世はディスコ全盛の狂乱時代。 ギターはコーラスとコンプがかかったパッキパキの切れ味鋭いカッティング、そんなイメージである。 主な登場人物は、土方隆行、松下誠、芳野藤丸、松原正樹など。 吉田美奈子、角松敏生、松任谷由実、杏里、AB'Sといった珠玉のシティ・ポップ名盤を根幹から支える、まさに80's Japanese Grooveを体現するギタリストたちだ。 当然、特集内には彼らの残した名フレーズを掲載しているが、実際に弾いてみると、各人のスタイルがそれぞれ全然違うことに気がつくはず。 ボイシングも、リズム・パターンも、何もかもがだ。 まったくもって、カッティングは奥が深い。 そして、特集の最後には久しぶりのCDを付属。 2000年12月号に松原正樹が残した「グルーヴ・ギター天国」という極上のカッティング・セミナーを再録した。 ぜひ本編と合わせて楽しんでほしい。 それではさっそく出かけることにしよう。 とびっきりファンキーで、超絶キラーなカッティングが鳴り響く真夜中の街へ。 そこで、"これだけはとりあえず聴いておけ!"という8枚を先にお伝えしておきます。 これらで鳴り響くカッティングとサウンドのムードが、今回のテーマである"真夜中のファンキー・キラー"だと思ってもらえれば間違いありません。 え? 吉田美奈子とAB'S組を推しすぎ? そうですよ、そういう特集ですから。 まず1人目は角松敏生。 人気シンガー・ソングライターとしてお馴染みだが、今回は"カッティング・ギタリスト"としての側面にフォーカスする。 初期にはアル・マッケイや土方隆行なども参加しており、角松作品とカッティングは切っても切れない関係なのだ。 センスもテクニックも兼ね備えたカッティング・マスターの真価に迫っていこう。 彼は一体どんなギタリスト/アーティストなのだろう? 各方面から探っていこう。 歌に寄り添う絶妙なリズムで刻まれるギターは、優れたボーカリストでもある彼ならではのスタイルだ。 参加曲は1万曲超、稀代のカッティング・プレイヤーについて掘り下げていこう。 その"カッティング・ギタリスト"としての一面はいかに? 切れ味抜群のプレイが際立つプロデュース作などをガイドに紐解いていこう。 80年代、この稀代のカッティング・マスターは、自身のソロ作でどんなギター・プレイの変遷を経たのだろう? 改めて、ギターのみにフォーカスして達郎の80年代を見つめ直す。 都内のレコード店に行けば、訪日旅行者がシティ・ポップのレコードを漁る光景に遭遇するだろう。 さらにリスナーだけではなく、シティ・ポップ的な音を鳴らすアーティストも各国で増え始めた。 シティ・ポップ名盤『A LONG VACATION』(大滝詠一)のジャケットを手がけたイラストレーター、永井博の作品をアルバム・ジャケットに起用したアーティストもいるほどだ。 その理由を探るべく、ブームのホット・スポットである韓国と台湾のミュージシャンにインタビューを敢行。 話を聞けば、山下達郎や角松敏生が大好きだという。 国産ギター・ブランド=Kz Guitar Worksは、そんなオリジナリティを追求するブランドだ。 代表モデルの"Kz One"はオリジナルのピックアップやコントロール、独自のボディ・シェイプを持つユニークなギターだが、そのルーツにはとある伝説的ギターの存在がある。 本特集ではその歴史を追いながら、神奈川県逗子市にある工房にも潜入し、ブランドの魅力を多角的に紹介していきたい。

次の

スカーレットの音楽、BGM、サントラを手がけるのは「冬野ユミ(とうのゆみ)」|NHK朝ドラマニア

ギター ゆみ か

【特集】 シティ・ポップを彩った カッティング・ギターの名手たち ~真夜中のファンキー・キラー編~ 大ヒットを記録したギター・マガジン2019年4月号『シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち』。 今月はそのシリーズ続編である。 題して、"真夜中のファンキー・キラー編"。 "昼下がりのメロウ・グルーヴ編"と題した前回は、70年代から80年代前半までのメロウなサウンドを中心としていたが、今回は80年代だけに限定した内容だ。 "昼と海"が描かれることの多いシティ・ポップの中から、あえて"夜と街"を想起させるサウンド、つまり車のヘッドライトや煌めくネオン、ビルの灯りなどを彩るセレクトを、ギタマガ流にやってみたというわけだ。 どちらかと言えば、和製AORや和ブギーと呼ばれるものに近いのかもしれない。 マイケル・ジャクソンが大ヒットを記録し、世はディスコ全盛の狂乱時代。 ギターはコーラスとコンプがかかったパッキパキの切れ味鋭いカッティング、そんなイメージである。 主な登場人物は、土方隆行、松下誠、芳野藤丸、松原正樹など。 吉田美奈子、角松敏生、松任谷由実、杏里、AB'Sといった珠玉のシティ・ポップ名盤を根幹から支える、まさに80's Japanese Grooveを体現するギタリストたちだ。 当然、特集内には彼らの残した名フレーズを掲載しているが、実際に弾いてみると、各人のスタイルがそれぞれ全然違うことに気がつくはず。 ボイシングも、リズム・パターンも、何もかもがだ。 まったくもって、カッティングは奥が深い。 そして、特集の最後には久しぶりのCDを付属。 2000年12月号に松原正樹が残した「グルーヴ・ギター天国」という極上のカッティング・セミナーを再録した。 ぜひ本編と合わせて楽しんでほしい。 それではさっそく出かけることにしよう。 とびっきりファンキーで、超絶キラーなカッティングが鳴り響く真夜中の街へ。 そこで、"これだけはとりあえず聴いておけ!"という8枚を先にお伝えしておきます。 これらで鳴り響くカッティングとサウンドのムードが、今回のテーマである"真夜中のファンキー・キラー"だと思ってもらえれば間違いありません。 え? 吉田美奈子とAB'S組を推しすぎ? そうですよ、そういう特集ですから。 まず1人目は角松敏生。 人気シンガー・ソングライターとしてお馴染みだが、今回は"カッティング・ギタリスト"としての側面にフォーカスする。 初期にはアル・マッケイや土方隆行なども参加しており、角松作品とカッティングは切っても切れない関係なのだ。 センスもテクニックも兼ね備えたカッティング・マスターの真価に迫っていこう。 彼は一体どんなギタリスト/アーティストなのだろう? 各方面から探っていこう。 歌に寄り添う絶妙なリズムで刻まれるギターは、優れたボーカリストでもある彼ならではのスタイルだ。 参加曲は1万曲超、稀代のカッティング・プレイヤーについて掘り下げていこう。 その"カッティング・ギタリスト"としての一面はいかに? 切れ味抜群のプレイが際立つプロデュース作などをガイドに紐解いていこう。 80年代、この稀代のカッティング・マスターは、自身のソロ作でどんなギター・プレイの変遷を経たのだろう? 改めて、ギターのみにフォーカスして達郎の80年代を見つめ直す。 都内のレコード店に行けば、訪日旅行者がシティ・ポップのレコードを漁る光景に遭遇するだろう。 さらにリスナーだけではなく、シティ・ポップ的な音を鳴らすアーティストも各国で増え始めた。 シティ・ポップ名盤『A LONG VACATION』(大滝詠一)のジャケットを手がけたイラストレーター、永井博の作品をアルバム・ジャケットに起用したアーティストもいるほどだ。 その理由を探るべく、ブームのホット・スポットである韓国と台湾のミュージシャンにインタビューを敢行。 話を聞けば、山下達郎や角松敏生が大好きだという。 国産ギター・ブランド=Kz Guitar Worksは、そんなオリジナリティを追求するブランドだ。 代表モデルの"Kz One"はオリジナルのピックアップやコントロール、独自のボディ・シェイプを持つユニークなギターだが、そのルーツにはとある伝説的ギターの存在がある。 本特集ではその歴史を追いながら、神奈川県逗子市にある工房にも潜入し、ブランドの魅力を多角的に紹介していきたい。

次の

ギターゆみかの胸は本物?顔は?インスタツイッターなどプロフ調べてみた!

ギター ゆみ か

山下和仁ギターリサイタル 詳細は以下をご覧ください 2019. 27 イタリア・パルマ王立劇場Teatro Regio di Parmaにて行われる 山下和仁ギターリサイタルの会場の様子 2019. 24 ベルリン在住 作曲家 山下光鶴(てるかく) によるギターリサイタル 西南コミュニティセンター にて 好評のうちに終了いたしました。 ありがとうございました。 山下光鶴プロフィール 1994年京都生まれ、長崎育ち。 長崎東高校卒業と同時にベルリン芸術大学のギター科および作曲科の両方に合格。 2013年よりベルリン在住。 幼少より山下和仁ファミリークインテットのメンバーとして世界各地でコンサート。 コルドバ国際ギター フェスティバルやソウルIBKホールのほか、北京・上海でもソロ演奏を披露。 作曲家として、ピアノやヴァイオリン、音楽ドラマ、打楽器や弦楽四重奏など室内楽作品あり。 ギター作品については、父親の山下和仁のほか、ミハイロ・ビウーラ、カルロス・ナバロ、チェム・チェリクサーによって演奏されている。 ベルリン拠点のENSEMBLE XENOS(ヴァイオリン、ピアノ、ギター、ベース)でも活躍中。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 山下和仁 バッハリサイタル 福岡シリーズ Vol. 3 最終回・すたじおG高宮移転記念最終イベントは 皆様のご協力を持ちまして無事に終了いたしました。 心より御礼申し上げます。 今後ともすたじおG橋口武史と山下ファミリーをよろしくお願いいたします。 2018. 3 2018年10月 山下和仁イタリア公演 2017年09月 2018年04月 イタリア公演の様子 ボストン:光鶴氏の曲あり ペルー(一部): English Profile ・4月23日 山下和仁さん、イタリア・にて大盛況の公演でした。 しかし、和仁氏のご子息、波父君も手伝ってくれるなどたくさんの方々に支えられ4名のアーティストが生み出した素晴らしい時間を多くの方々と共有できました。 心よりお礼申し上げます。 5月26日には東京にて山下和仁氏の「ゴヤの絵による24のカプリチョス全曲演奏会」を主催される現代ギター社にもフェイスブックのシェアをお願いするなどご協力いただき、現代ギター誌グラビアの為に撮影された写真の一部を分けて頂く予定です。 関係者の方々のご協力に感謝いたします。 ・4月18日 山下和仁さんで演奏ツアー中です。 ・1月25日本日よりゴヤのチケット発売開始だそうです。 香港など海外からも問い合わせが来ているそうです。 Adagio — Allegro molto 第2楽章 ラルゴ 2. Largo 第3楽章 スケルツォ(モルトヴィヴァーチェ) 3. Scherzo: Molto vivace 第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ 4. Allegro con fuoco 生きながらにして伝説になったと言われる山下和仁。 この「新世界より」全曲ギターソロ版は、かつて、かのウィーンムジークフェライン大ホールを超満員にするなど世界各地で熱狂的に迎えられたもの。 1987年に国内外で発売された超ヒット作が、この度リマスターされ再発売されたことは誠によろこばしい。 現在までに83点のアルバムを発表した山下は、近年はバッハ公演で知られ、2017年にはサンクトペテルブルグ・フィルハルモニア大ホールで歴史的コンサートを行なった。 80年代90年代に世界を駆けめぐった「展覧会の絵」「新世界より」「シェヘラザード」「火の鳥」は、彼の原点となったとも言われる。 本CDは、1987年に録音され国内外で発売されたLPおよびCD「新世界より」の2017年リマスター盤です。 ブックレットや曲目解説は添付されていません。 画像はイメージです。 クリックするとカートページへ飛びます。 ) 山下和仁(ギター) 1987年6月16-17日、つくばノバホールで録音 レーベル:brinrinri 品番:KYBR-1801 定価:2700円(税抜価格) 発売:2018年1月17日 ・2018年5月、現代ギター社主催で山下和仁さんのコンサートが開催されます! 料金は未定で、一月下旬チケット発売開始だそうです。 同じ日に山下和仁氏の父上にあたる山下亨氏(長崎ギター音楽院主宰)の長崎新聞文化章贈呈式(2017年11月29日)の3度目の記事が長崎新聞に取り上げられたそうで、山下和仁氏より写真をいただきましたので、添付いたします。 (クリックすると大きくして読むことができます。 ) 今回は2箇所載っていて、 第1面:3人の写真の方 第26面:祝賀会の写真の方ということです。 山下和仁氏より「皆様に感謝しています。 」とのお言葉が添えられていましたので、ここにご紹介させていただきます。 ・2017年11月17日 山下和仁さんは、ロシア、サンクトペテルブルグで演奏され、会場は熱狂に包まれました。 以下イベントのご案内の様子です。 *サンクトペテルブルグのホールの様子。 以下、画像をクリックするとCD販売ページへ。 山下和仁ホームページ 2016年4月西日本新聞記事 西日本新聞記事 朝日新聞記事 ・山下紅弓さん、すたじおGや唐人町ギター教室にての打ち合わせをされています。 高杉稔さんもすたじおGにいらっしゃいました。 当日はあいれふホールにて皆さまのお越しをお待ちいたしております。 ・5月6日 日 〜クラシックギターすたじおG 高宮移転1周年記念イベント 第1弾〜 〜M. 田丸さんはのジャケットやライナーノーツを撮ってくださった方で、山下和仁さん、紅弓さんの福岡公演では現代ギター社さんのご依頼でいつもお世話になっています。 (このコンサートの現代ギター誌への掲載予定にも関わらず、当ホームページへの写真掲載をご快諾いただきまして感謝いたします。 全くアングルが違う写真を選ばせていただいています。 是非、現代ギター誌をお買い求めの上ご覧ください。 ) 田丸さんには、お客様の邪魔にならないようリハーサルをいつも撮って頂くのですが、ある時本番を聴いてくださった時の感動を伝えてくださいました。 リハの写真と本番の写真は臨場感がまるで違うと言われます。 が、当然、本番のシャッター音は控えていただくため、どの掲載写真もリハーサルの時のみとなります。 のページへ.

次の