どんなときもwifi 上り。 どんなときもWiFiのリアルな通信速度|スピードテストの結果が…|モバイルWi

どんなときもWiFiのリアルな通信速度|スピードテストの結果が…|モバイルWi

どんなときもwifi 上り

【理論値】 下り:最大150. 0Mbps 上り:最大50. 0Mbps 通信制限なし どんなときもWiFiには通信制限がなく、どれだけWi-Fiを使い倒しても制限がかかることはありません。 一日中動画やスマホゲームにいそしんでも全く問題ありません。 PS4やスイッチ、パソコンのオンラインゲームをひたすらプレイしても大丈夫です。 どんなときもWiFiのその他スペックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。 【レビュー】実際にスピードテストをしてみた どんなときもWiFiの通信速度は下り:最大150. 0Mbps、上り:最大50. 0Mbpsということですが、実際はどれほどのスピードが出るのでしょうか。 実測値は理論値よりも下がる場合がほとんどですが、本当に実利用に耐えうるのでしょうか? 実際にWi-Fiのスピードテストを行い、速度を計測してみました! 家の中 まずは自宅で速度計測を行いました。 計測場所は愛知県の田舎町です。 自宅では、パソコンとスマホの両方で速度計測を行いました。 パソコンで計測 パソコンでの計測結果は、下り:42Mbps、上り:24Mbpsとなりました。 スマホで計測 スマホでの計測結果は、下り:37Mbps、上り:24Mbpsとなりました。 地上駅の構内 続いては電車での計測です。 今回は名古屋の金山駅というところで速度計測を行いました。 地上駅構内での計測結果は、下り:13Mbps、上り:11Mbpsとなりました。 地上の電車内 ちなみに、電車内でも測定を行いました。 地上を走る電車内での通信速度は、下り:16Mbps、上り:12Mbpsとなりました。 地下鉄の構内 続いては地下鉄でのスピードテストです。 同じく金山駅での計測ですが、地下鉄構内に移動しての計測となります。 地下鉄駅構内での計測結果は、下り:8. 4Mbps、上り:13Mbpsとなりました。 地下鉄車両内 地下鉄車両内 名古屋市営地下鉄名城線 でも速度計測を行いました。 地下鉄駅車両内での計測結果は、下り:29Mbps、上り:19Mbpsとなりました。 駅の地下エリア 続いて、駅地下エリアで計測しました。 ここでいう駅地下エリアとは、地下鉄構内ではなく、駅地下の商店街のことを指します。 今回計測したのは名古屋駅のユニモールです。 地下鉄駅車両内での計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 計測を行ったのは名古屋・栄です。 名古屋・栄での計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 場所は愛知県の端っこです。 計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 では、他の地域ではどうでしょうか? 日本の他の地域や海外での速度は以下の記事にまとめてありますので、参考にしてください。 時間帯別 速度計測 続いて、時間帯別に速度計測を行いました。 1日の中でもネットを使う人の多い、この3つの時間帯で計測しました。 ・朝 7~8時 ・昼 12~13時 ・夜 21~22時 測定場所は愛知県の自宅です。 朝 7~8時 まずは通勤・通学の多い朝 7~8時でスピードテストを行いました。 計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 昼 12~13時 続いては、お昼休憩の方が多い昼 12~13時です。 計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 夜 21~22時 最後に、夜 21~22時の速度を計測しました。 計測結果は、下り:Mbps、上り:Mbpsとなりました。 ここまでどんなときもWiFiの実測値を見てきましたが、どこでもどの時間帯でも快適に利用できる速度であることが分かりました。 では、よくどんなときもWiFiと比較されるWiMAXとの速度の違いはあるのでしょうか? 【速度比較】wimax vs どんなときもWiFi WiMAXとどんなときもWiFiの速度の違いを見ていきます。 公式が公開している速度 まず、WiMAX公式が公開している理論値は以下の通りです。 5Mbps 機種によって異なりますが、速度の理論値は最低でも下り440Mbps、上り57Mbpsを記録しています。 実際の通信速度 理論値で言うと大幅に数値が低いどんなときもWiFiですが、実際の通信速度はどうでしょうか? 理論値が低くでも実測値は高くて使いやすいということも往々にしてあり得ます。 WiMAXとの比較結果や詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 まとめ どんなときもWiFiはいつでもどこでもストレスなく快適に利用できることが分かりました。 理論値こそ低めとはいえ、実利用においてはWiMAXと遜色のないスピードで使用することができます。 なお、こちらの記事ではゲームプレイ時の速度についてまとめてありますので、良ければご覧ください。

次の

宮城県のどんなときもWiFiの速度測定結果(実測値)

どんなときもwifi 上り

1,2か月 3,609円• 25カ月以降 4,263円 7GBの料金プラン なし クレカ払いのみ• 1か月目以降 3,609円 事務手数料 3,000円 3,000円 最大通信速度 下り最大150Mbps、 上り最大50Mbps ハイスピードモード: 下り最大558Mbps、上り最大30Mbps ハイスピードエリアモード: 下り最大1. 26カ月以降は9,500円 2年ごとの更新で、更新月は0円• 一方、どんなときもWiFiには、他のWiFiルーターのようにSIMカードは必要ありません。 なぜなら、 どんなときもWiFiは、クラウドSIMを利用しているからです。 クラウドサーバー上のつながりやすいsimカード情報を、WiFiルーターが自動的にキャッチしてインターネット通信ができる仕組みです。 つまり、どんなときもWiFiの場合は、クラウドsimが ドコモ、ソフトバンク、auのネットワーク、LTE回線の3つの回線の中で、つながりやすい最適な回線を自動的に選んで適用します。 そのため、トリプルキャリアがつながる地域ならどこでもインターネット通信が可能です。 地域を移動すると、auにつながっていて、その後、auがつながらない地域だと自動的に切り替わり、ソフトバンク回線かドコモ回線をキャッチして、インターネット通信を開始します。 その中で、最もつながる回線はソフトバンク回線です。 【特徴2】 基本的に速度制限なし どんなときもWiFiは、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで、 通信速度はそれほど高速ではありません。 しかし、 動画鑑賞やインターネット通信は十分できる速さです。 5台までのデバイスをつなげることができるので、家族で利用することが可能です。 3大キャリアがつながる場所ならどこでもつながるので、アウトドアに1台持っていくと便利です。 僕は、スマホでユーチューブの音楽を聴きながら、パソコンで作業を行い、別の調べ物はタブレットで行うことがありますが、どのデバイスもスムーズにつながります。 どんなときもWiFiはクラウドsimを適用しているので、複数のsimを割り当てられます。 そのため、容量に余裕があり基本的にデータ制限はありません。 現在は、どんなときもWiFiを利用しているので、どこにいってもインターネット通信ができます。 また、どの機種につながっているかを確認できるので、安心してWiFiルーターを利用できます。 ただし、 ネットワークを大容量のアップロードなど大容量通信があると、384Kbpsに制限されることがあります。 また、著作権がある音楽や漫画の違法ダウンロードなどの 不正行為があった場合は、利用停止になることもあります。 【特徴3】 海外131カ国でも使える! どんなときもWiFiの特徴は、海外の131か国で電源を入れるだけで簡単に利用できることです。 例えば、海外に5日間いくうちの間の3日間のみ、電源を入れて他の2日間は電源を入れなければ、利用した3日間料金の請求があります。 海外では、1日1,280円から料金がかかりますが、面倒な手続きなどは一切ありません。 料金を安くしたいなら、SIMカードを入れて使用した分だけ利用することもできます。 海外での通信速度は最大1GBで、 速度超過後は384Kbpsの速度に制限されます。 LTEでの高速通信は1日1GBまでです。 一般の海外レンタルWiFiの場合は、ほとんどの場合、 容量到達した後は速度が128Kbpsになり、かなり通信速度が遅くなります。 3Mbpsを はるかに上回る下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。 2GB、上りが最大75Mbpsです。 つまり、次の3つの技術を同時に使うことで、非常に高速で通信ができます。 キャリアアグリゲーション(複数の電波を束ねて流す技術)• 25QAM変調方式(一度に送信できるデータ量を増やせる技術) また、W06には性能が高い ハイモードアンテナを搭載しているので、WX05のようにクレードルが無ければつながりにくい場所にも電波が届きます。 さらに、 Wi-FiTXビームフォーミングに対応し、スマホやパソコンなどの機器に直線で大きい波長の電波を送るため、通信速度が速く安定しています。 特徴220日以内のキャンセルOK GMOとくとくBBではユーザーの利益を考えて、 エリア判定で〇がついていたにもかかわらず、利用しても満足した結果が得られなかった場合は、20日以内なら解約の違約金を0円でキャンセルができます。 ピンポイントエリア判定では〇の利用できる場所で、初めてWiMAXを利用するので試してみたいという人でも申し込みはできます。 キャンセルする場合は、GMOとくとくBBお客様センターに連絡を入れて、20日以内の返品を申し入れます。 最初に申し込みをした日が1日として、その日から20日以内にWi-FiルーターをGMOとくとくBBまで返却し、確認ができた場合は違約金が発生しません。 もし、 お客様センターに連絡をいれずに返却した場合には、解約の違約金19,000円が発生するので連絡を忘れないようにしましょう。 ただし、 事務手数料や端末発送日から月末までの利用料、WiMAX端末の返送の送料はかかります。 僕の住んでいるマンションは電波が入りにくく、ハイパフォーマンスモードがつながらないので、とくとくBBお客様センターに電話を入れました。 すると、20日以内の返送だと違約金はかからないということで、事務手数料の3,000円とほぼ一か月分の月額利用料、送料だけの支払いで済みました。 7GBプランは、7GBのデータ容量まで利用したら、 128Kbpsに速度が制限されます。 速度制限がかかるのは1日のみで、次の日の2時以降は通常通りギガ放題が利用できます。 ただ、ハイスピードエリアプラスモードでau 4G LTEを利用した場合は、月7GBまでの制限がかかるので注意が必要です。 例えば、GMOとくとくBBでは、 端末代の34,700円がキャッシュバックされるので実質0円ですが、JP WiMAXでは11,000円、BIBLOBE WiMAXでは10,000円、UQ WiMAXでは3,000円です。 BROAD WiMAXやSo-netは、キャッシュバック額が0円です。

次の

【徹底比較】どんなときもWiFiとWiMAXのメリット・デメリット|WiMAXの最安値を比較!

どんなときもwifi 上り

どんなときもWiFi• WiMAXの『ギガ放題プラン』 の2択で悩むと思います。 都心の方は申し訳ないんですけどおひきとりください。 長崎オンリーというすっごい局地的な記事になりますけど 実際に長崎のあちこちでガチ使いしてきたから書けるリアルな内容になってます。 そのほうが実用的な記事になると思ったのです。 『都会はバリバリ電波は入るけど地方や田舎は入らないんじゃ…?』 わたしはいつもそんなことを考えています。 10年ほど前、契約したポケットWi-Fiでは住んでる地域が全然電波が入らなくて苦汁を飲みました。 そんなWiFiにわたしは違約金に怯え2年間も使用料を払い続けたんです。 屈辱でした。 あれ以来わたしはWiFiに関してとても慎重になったんです。 でもこんな経験した人、実はわたしだけじゃないって知ってる。 そんな人の味方でありたいと思っています。 この記事があなたのWiFiチョイスのひとつの目安になってくれたら幸いです。 契約窓口が1つのどんなときもWiFiに比べWiMAXはめっちゃ多い。 自分で選んで契約する必要があるぞ! WiMAX WiMAXはUQコミニケーションズという会社が運用しています。 そちらと直接契約をすれば別にプロバイダは不要なんですが現在ではプロバイダを仲介して契約するのがスタンダードとなっております。 それには理由があってUQコミニケーションズにはない高額のキャッシュバックや限定キャンペーンがあってお得に契約できるからです。 キャンペーンの内容はその時々で違うので最安値を狙うならプロバイダ同士の料金比較を全て必ず行う必要があります。 『それはわかった!じゃあどのプロイバイダの端末が性能いいの?本家のUQコミュニケーションのほうがいいんじゃないの?』 って考えると思いますが 『 端末はどこも一緒!』です! 実際に送られてくる端末はどのプロバイダも最新のものを用意してるので、性能については心配しなくて大丈夫です。 ですのでわたしたちは 料金と契約形態だけに気をつければいいんです。 どんなときもWiFi そんなWiMAXに対してどんなときもWiFiは公式サイトからでのみの契約となっています。 迷いようがありません。 公式ページ見れば全てわかるんで非常にシンプルなんですよ。 そのぶんプロバイダ同士の競争がないので価格が下がらないことが予想されます。 最悪のパターン、競合がいないんで値上げに対する懸念も必要かもしれません 契約期間の比較 WiMAX 数年前までは2年契約が多かったWiMAXですが、 今はほとんどのプロバイダが3年契約となっております。 契約途中に新しいWiFiサービスが登場しても3年間は必ず使う必要があります。 そういった面ではこの契約期間の長さはデメリットといえます。 解約違約金に関してはプロバイダによって異なりますが人気の『GMOとくとくBB』を例にとると 24ヶ月目までは24,800円、36ヶ月目までは9,500円と高額。 その他のプロバイダは 12ヶ月目までは19,000円、24ヶ月目までは14,000円、36ヶ月目までは9,500円といったものが多いです。 どんな状況になっても3年間使い切るという確約ができない限りは解約違約金のことも頭にいれておいたほうが良さそうです。 引っ越しでエリア外になったりとかありますものね… 料金比較 それでは月ごとの支払額と2年間の合計をご覧ください。 WiMAXはプロバイダによって価格がまちまちなので人気の大手2社の料金と比較しました。 WiMAX 月額は飛び抜けて高いですが高額のキャッシュバックがあるGMOとくとくBBが一番安く、お得に使えるように思えます。 ただしWiMAXは3年契約という縛りがあるので3年間の合計で考える必要があります。 3年目の表がこちらです。 どのプロバイダも月額料金があがります。 Broad WiMAXとGMOとくとくBBの差が1万円を切っています。 安さと引き換えにキャッシュバック手続きのめんどくさを取るか、わかりやすい料金体制で契約後は手間なしの Broad WiMAX をとるかここは価値観によりますね。 ちなみにわたしはBroad WiMAXで契約しました。 携帯電話の更新月を忘れるタイプなんすよ…ぜったいキャッシュバックの手続き忘れるわって思ってですね… いや、これ思い出せないもんなんですよ…今携帯の更新月をパッと言えます? キャッシュバックを取り損ねる人は多いらしく、申し込み時フリーメールのアドレスで登録して、 他のジャンルの広告メールに紛れてキャッシュバックお知らせメールを見逃すパターンが多いみたいです。 しかもお知らせメールは契約して1年後とかの 『 絶妙にキャッシュバックのこと忘れかけてる時期』 にサラッと送られてくるんです。 もう忘れる自信しかない。 これ忘れたら普通に3万円分ほどドブに捨てることになるんです。 安さを取ったのに本末転倒です。 GMOとくとくBBで契約する人はアドレスと受信箱設定には十分注意してください… 安心をとるなら初めっから月額の料金が安いが安心ですぞ。 valuecommerce. valuecommerce. ただし 2年契約なので無理して月額が高い3年目まで使う必要もありません。 安いWiMAXに乗り換えるのも1つの手ではあります。 それでも Broad WiMAXとの差は3,000円ほど、熾烈なWiFi価格戦争の中、案外健闘しています。 興味深いのがどんなときもWiFiは クレジットカードと口座振替で料金が異なること。 2年間で1,2000円、3年間で17,000円ちかく違ってきます。 どう考えてもクレジットカード払いで契約しないと損です。 年会費無料のクレジットカードは楽天をはじめたくさんあるので現金派の方もこの機会に作るのが得策です。 町の買い物でもキャッシュレス還元の恩恵を受けれるので作っておいて損はありませんよ。 海外利用比較 WiMAX WiMAXは海外では使用できません。 ですが使う場所が国内だけという方は特に気にする必要はありませんし、レンタルで海外用SIMもありますのでそちらを利用すればことたります。 どんなときもWiFi どんなときもWiFiは事前申請不要で海外109カ国でも面倒な手続き無しで電源をONにするだけで使えます。 これはCMでも推してる大きな強みですね。 それでも気軽に海外で使用できる恩恵ははかりしれません。 ただし国内は無制限のどんなときもWiFiでも海外だと1日1GBまでとなっていて 1GBを超えると384kbpsの低速仕様になるので注意が必要です。 海外で使うといっても調べ物や地図ぐらいなものなのでそこまで気にしなくても良さそうですが海外でも動画をガッツリみたいというユーザーにはちょっと物足りないかもしれませんね。 そこは考える必要がありそうです。 通信制限の比較 無制限っていったじゃないですか!? マジでそれです。 無制限でガンガン使えるけどさすがに制約はあるのです。 注意してください。 WiMAX 特にWiMAXの3日で10GBは気になる人も多いと思います。 ただこれですね。 2年使いましたけどまず心配しなくてよかったです。 意外と使い切れません。 常に本気で使うと想定したらこれ1ヶ月100GB超えで使う計算になります。 携帯何GBで契約してますか?だいたいの人は使い切れないと思います。 んでWiMAXは速度制限になっても1Mbpsの速度は確保されてるんですよ。 テキストサイトを見る分には全然余裕でした。 この恩恵は素晴らしい。 ただ制限かかるとたしかに重い画像は遅いし、動画はぼちぼちみれるってレベルです。 どんなときもWiFi どんなときもWiFiは3日10GBの制限すら無し! 完全無制限に限りなく近いんですね。 速度制限の対象となるのは 速度制限の対象2• 海外での1日1GBの使用• 大容量のデータ通信 も速度制限の対象になります。 海外での使用制限はさきほど書いたとおりなんですけど気になるのが『 大容量のデータ通信』これってどの程度を指すのだろう? (これって暗に3日で10GBのこといってるのでは…?) あまりにも気になったんでサポートに連絡して『1日中アプリ落としまくったり動画観まくっても大丈夫ですか!?』って聞いたら そのレベルだったら制限はしないとのこと。 安心したのと同時にどんなときもWiFiが考える『大容量のデータ通信』がどれほどのものか逆に知りたくなりました。 どんなときもWiFiは企業やグループレベルでの本当に大きな通信での使用も想定しているらしくそこもキーポイントになりそうです。 法人でもない一般の個人が全力で使っても大容量データ通信の速度制限にかかることは考えにくいのかもしれません。 以下公式ページより引用 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 上記のような利用でなければ制限をかけることはございません。 例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。 引用: 端末カタログスペック比較 WiMAX 2019年10月現在、WiMAXの最新端末はW06という機種になります。 主なスペックは以下の通り どんなときもWiFi仕様詳細• 同時接続端末数:5台• バッテリー駆動時間:12時間(最大)• 解約時端末返却:必要• 重量:151g• サイズ:127 x 65. 7 x 14. 7 x 14. 2 mm 128 x 64 x 11. 9mm どんなときもWiFiは端末要返却!ここ注意! ほとんどの項目でWiMAXが優勢です。 端末買い上げのWiMAXとは違い、どんなときもWiFiは解約後返却しなければならず、若干手間です。 忘れると違約金が発生するので注意ですぞ! また端末の軽さに加え同時接続数も11台以上差がでています。 ただどんなときもWiFiは駆動時間が長いので普段は常時持ち歩いてスマホ向けに、家ではPCとスマホだけって人はどんなときもWiFiの方が向いています。 そしてもっとも重要なダウンロードスピードは両者ともに100Mbps超え。 とくにWiMAXのW06に関してはGBの世界です。 どんなときもWiFiに比べてここでも圧勝しています。 でもここで過去にポケットWiFiを使ってきたことがある人はこういった疑問が浮かぶと思うんです。 その『最大速度』ってやつ、まず出なくないですか!? わたしもそうだったんですけど本当にユーザーが知りたいのは 『長崎で実際、ほんとのところどのくらいスピードでるの?』 ってとこだと思うんですよね。 そ こ で だ 実際の通信速度調査〜色んなところで測ってきました〜 稲佐山の上から市街地、海部まで調査してきました! 『実際のところがわからないのなら実際に測ればいい』 というシンプルな発想から長崎のいろんなとこで計測してきました。 稲佐山展望台 長崎市といえば稲佐山。 こちらはどんなときもWiFiが勝りました。 動画もスムーズにみれます。 WiMAXのほうは5Mbps切っていますがネット見るくらいならなんなくこなします。 ただし双方ともにアップロードスピードが伸び悩みました。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 10. 61Mbps 3. 51Mbps 上り速度 6. 23Mbps 1. 95Mbps 新地中華街 双方ともに好調だった中華街。 かなり快適でしたね。 入り口での計測でしたが背の高い建物が多い中華街内でも安定していました。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 39. 02Mbps 22. 02Mbps 上り速度 26. 71Mbps 2. 57Mbps 大浦天主堂 観光地ど真ん中の大浦天主堂での計測。 お昼休みの時間帯でしたがどんなときもWiFiがかなり高速でした。 アップロードスピードも上々。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 35. 78Mbps 4. 08Mbps 上り速度 11. 56Mbps 1. 82Mbps 長崎駅前 長崎駅前では似たような結果になりました。 他のエリアに比べどんなときもWiFiの方が元気ないです。 もう少しアップロードスピードが伸びて欲しかった。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 19. 69Mbps 18. 06Mbps 上り速度 7. 66Mbps 1. 29Mbps 水辺の森公園 こちらでは双方安定した電波状況でした。 WiMAXは海辺での使用は厳しいと聞いたことがありましたが問題なしです。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 24. 39Mbps 12. 78Mbps 上り速度 24. 36Mbps 4. 93Mbps 鍋冠山展望台 こちらではWiMAXのほうがわずかに上という結果に。 稲佐山では不調でしたがこちらでは電波がうまく入っていたようです。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 10. 25Mbps 12. 12Mbps 上り速度 10. 49Mbps 3. 63Mbps ダイヤランド バス停前 戸町エリアでも好調。 こちらでは双方ともに安定して10Mbpsを超えていました。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 20. 85Mbps 10. 51Mbps 上り速度 10. 63Mbps 1. 82Mbps 山間部・長崎バイパス周辺 まわりに民家もほとんどない山間部での計測。 こちらはかなり厳しい結果になりました。 WiMAXがギリギリなんとか拾っていますがネット使用はまったくダメ。 それに対しどんなときもWiFiは10Mbps以上の下りスピードを確保。 上りのスピードはどちらも絶望的でしたが、まともにネットがみれるどんなときもWiFiに分がありました。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 11. 08Mbps 1. 50Mbps 上り速度 0. 01Mbps 1. 19Mbps あぐりの丘 露骨に差がでたのがあぐりの丘、こちらはWiMAXに限らずどのWiFiも苦手とする場所だったんですがどんなときもWiFiのエリアカバー率の高さを実感した瞬間となりました。 どんなときもWiFi WiMAX 下り速度 39. 76Mbps 圏外 上り速度 33. 58Mbps 圏外 大型商業施設 特徴的な結果となったのが大型商業施設。 WiMAXがほぼ電波を拾っていません。 屋内の弱さがでた結果となりました。 ただ全ての施設がそうではなく、中規模の建物〜民家程度ならWiMAXは屋内でも全然使えます。 電波が入らないこういう場所ではその商業施設のフリーWi-Fiを使用するなどして対処するといいですね。 どんなときもWiFi WiMAX アミュプラザ長崎 下り速度 42. 45Mbps 圏外 上り速度 31. 84Mbps 圏外 みらい長崎ココウォーク 下り速度 38. 49Mbps 圏外 上り速度 24. 62Mbps 圏外 夢彩都 下り速度 28. 07Mbps 34. 75Mbps 上り速度 29. 60Mbps 5. 34Mbps スピード比較まとめ 各エリアのスピードを1枚にまとめました。 上記で紹介できなかったその他の場所もあわせて記載しています。 どんなときもWiFi WiMAX 稲佐山展望台 下り速度 10. 61Mbps 3. 51Mbps 上り速度 6. 23Mbps 1. 95Mbps 新地中華街 下り速度 39. 02Mbps 22. 02Mbps 上り速度 26. 71Mbps 2. 57Mbps 大浦天主堂 下り速度 35. 78Mbps 4. 08Mbps 上り速度 11. 56Mbps 1. 82Mbps 長崎駅前 下り速度 19. 69Mbps 18. 06Mbps 上り速度 7. 66Mbps 1. 29Mbps 水辺の森公園 下り速度 24. 39Mbps 12. 78Mbps 上り速度 24. 36Mbps 4. 93Mbps 鍋冠山公園 下り速度 10. 25Mbps 12. 12Mbps 上り速度 10. 49Mbps 3. 63Mbps ダイヤランド 下り速度 20. 85Mbps 10. 51Mbps 上り速度 10. 63Mbps 1. 82Mbps 山間部(長崎バイパス周辺) 下り速度 11. 08Mbps 1. 50Mbps 上り速度 0. 01Mbps 1. 19Mbps あぐりの丘 下り速度 39. 76Mbps 圏外 上り速度 33. 58Mbps 圏外 アミュプラザ長崎 下り速度 42. 45Mbps 圏外 上り速度 31. 84Mbps 圏外 みらい長崎ココウォーク 下り速度 38. 49Mbps 圏外 上り速度 24. 62Mbps 圏外 夢彩都 下り速度 28. 07Mbps 34. 75Mbps 上り速度 29. 60Mbps 5. 34Mbps 出島ワーフ周辺 下り速度 38. 13Mbps 9. 37Mbps 上り速度 27. 80Mbps 3. 42Mbps 浜町・中央橋付近 下り速度 17. 96Mbps 11. 00Mbps 上り速度 26. 45Mbps 5. 64Mbps 浜町アーケード内 下り速度 13. 36Mbps 5. 10Mbps 上り速度 24. 13Mbps 2. 77Mbps 眼鏡橋周辺 下り速度 26. 68Mbps 14. 85Mbps 上り速度 21. 63Mbps 3. 35Mbps 諏訪神社周辺 下り速度 15. 35Mbps 39. 32Mbps 上り速度 21. 22Mbps 15. 36Mbps 蛍茶屋周辺 下り速度 32. 59Mbps 17. 77Mbps 上り速度 14. 24Mbps 3. 23Mbps 長与・まなび野周辺 下り速度 41. 24Mbps 31. 18Mbps 上り速度 28. 10Mbps 13. 59Mbps 長与・サニータウン入口 下り速度 34. 54Mbps 4. 58Mbps 上り速度 8. 79Mbps 5. 11Mbps 東長崎まるたか生鮮市場前 下り速度 27. 54Mbps 17. 87Mbps 上り速度 14. 08Mbps 2. 92Mbps かなり差が開きました。 どんなときもWiFiがかなり強いです。 場所によってはWiMAXのほうが早い場所もありますが全体的に安定したのはどんなときもWiFiでした。 テストに使ったWiMAXのルーターはW04なので最新のW06と比較すると速度は異なるかもしれません。 室内で使うことが多い人は特に堅いと思います。 都会だったら電波も強いし整備されてるからWiMAXに分があるかもしれませんが地方の、少なくとも長崎ではそうは言えなそうです。 WiMAXの方が速いエリアもあるので一概には言えませんが 屋内施設と山間部の差は縮まらないかもしれません。 どんなときもWiFiが強すぎる。 その分WiMAXは 料金面・同時接続数で有利。 またルーターの性能は上なのでエリアによっては圧倒的なスピードが期待できます。 その他の場所でも屋外なら問題のないスピードがでます。 個人的な見解としては 『長崎で失敗しにくいのはどんなときもWiFi』 特にメインで使う場所が室内の人は失敗しにくいと思います。 WiMAXに比べ若干月額料金が高いですが常時電波が安定してるので携帯の容量プランを20〜30GBから3GBに変更したりできます。 通信料金トータルでみれば月額コストはさほどあがらないので快適さが十分勝りますよ。 ではでは今日はこのへんで!よきWiFiライフをお楽しみください!猫町でした!.

次の