文鳥 メス。 ペットの文鳥(メス)が発情期になると無精卵を卵を産むらしい...

文鳥の鳴き声。オスとメスで違いはある?

文鳥 メス

contents• 文鳥の発情期はいつ? 文鳥の発情期は通常、 秋から春にかけてです。 この時期に「気に入った相手」「豊かなエサ」「安心できる安全な産卵場所」が揃うと発情し、繁殖につながります。 ですが体調が良くなかったり気分が乗らないなど、些細な理由で発情しないこともよくあります。 繁殖するためにはオス・メス両方が発情している必要がありますので、繁殖を望む場合は無理は禁物。 タイミングをそっと見守りましょう。 繁殖させたいと思ったら考えて欲しいこと ひっついて毛繕いをしたり、2羽でつぼ巣に入ったり…そんな仲のいいペアやお気に入りの子が居ると、つい繁殖させたいと思う飼い主さんも多いはず。 ですが産卵や孵化・文鳥の子育ては理想通りに行かないことも多々あります。 死産になってしまったり、親鳥が命を落としてしまったり、育児放棄して雛が育たなかったり…悲しいですがこのようなことも起こりえます。 そしてもしそうなった場合、飼い主さんが責任を取り雛を育てたり、親鳥のケアをしなければなりません。 繁殖を望む場合は、責任と覚悟を持つ必要があるのです。 発情・産卵時のメスの体と行動 発情するとメスの卵管・卵巣は通常の10倍ほどの重さになり機能を始めます。 そのため普段より体重が増えたり、大きなフンをするようになります。 交尾が成功すると、約3日後に1つ目の卵を産み、その後1日1個ずつ卵をつくり、約1週間かけて6個程度の卵を産みます。 産卵によりメスの体はカルシウムが不足するので、ボレー個などのカルシウム源を食べる姿が普段よりも多く見られます。 メスにとって産卵は重労働なので、体力が無ければ卵詰まりで命を落とすこともあります。 ブリーダーが繁殖に使う個体は30g以上です。 また、初産では無くても高齢の文鳥も産卵には向きません。 上のような個体は産卵で命を落とす危険が高いため、なるべく発情を抑制し、産卵させないように気を付けましょう。 なるべく発情させない方法 上のように産卵に向かず命の危険が大きい子や、1羽飼いやパートナーがいないメス(無精卵しか産まれる可能性がない子)の場合、産卵をさせない方が望ましいです。 メスの死亡原因の1位は卵詰まりと言われており、そうならなくても体への負担が大きいためです。 抑制方法を具体的にチェックしましょう。 エサを過剰に与えない 産卵させたい場合は発情期に粟玉を多めに与えます。 つまり産卵させたくない場合はエサや摂取カロリーを増やさないよう注意が必要です。 生活空間を12時間以上暗くしない 暗い時間が長いと発情しやすいと言われているので、必要以上に暗い時間を作らないよう心がけます。 スキンシップを控える 特に メスの背中を撫でると発情を促してしまいますのでやめましょう。 寂しいですがこの時期はスキンシップを控え、必要以上に触ったり話しかけたりしないよう心がけます。 適度な緊張感を与える 安心・安全な環境がある=産卵に適していると判断し発情しやすくなりますので、見たことの無いものを一つケージに置くなどして適度な緊張感を与えるといいとされています。 文鳥にとって少しかわいそうな気もしますが、少しの間我慢してもらいましょう。 巣になりそうなもの・場所を与えない つぼ素や新聞紙・小箱や調度良いスキマなど、安心できる産卵場所があると発情が促されてしまいます。 ・ 一度産卵するとクセになってしまうことも多いので、特に最初が肝心。 文鳥のメスにとって、産卵はまさに命がけの重労働。 繁殖を望む場合は覚悟と責任を持って、繁殖を望まない場合は発情の抑制をして、文鳥のサポートをしてあげましょう。 注意してケアをしてあげれば、しっかりと長生きしてくれる可能性が高まるのです。

次の

文鳥のメスが発情期になったようです。皆さんはしっぽを振ってきたら...

文鳥 メス

文鳥のオスとメスの見分け方、雌雄判別 見分けるのはプロでも難しいようです。 ペットショップの店員さんがオスだろう。。 といった文鳥は二匹ともメスでした。 オスとメス、別々に売られているショップでも、間違いがあったらお取り替えします。 と買いてありました。 おかしい話です。 自分が飼っている文鳥がオスなのかメスなのか、さっぱり分かりませんでした。 あるとき、卵を生んだのでわかりました。 あと、オスは成熟すると、さえずり(囀り)といって、ぴーーーひょろひょろひょろ、、ぴーぴーぴー、、、、、とエンドレスに繰り返しています。 メスは明らかにそういう鳴き方はしません。 ピー!ぴー!ぴっ!でした。 嘴が赤い方がオスと言われています。 オスとメスで比較すれば確かに色が濃いですが、単体では分かりません。 オスとメスは行動で見分けるのがベストだと思います。 オスの行動の特徴 オスは好奇心旺盛、特に外のことに対して興味があるようで常に外へ出ようとしています。 また、最大の特徴である囀り(さえずり)という行動をとります。 これは求愛行動だと言われていますが、オスだけが長い間、よく鳴きます。 決してここちよい、小鳥のような声とは違います。 いわゆる「ホーホケキョ」というやつと一緒の原理ですが、生息地が違うため、得てして、国内の野鳥のような 声とは違います。 なにか、南の島の鳥は色は派手ですが、鳴き声は大きくてどぎつい感じのものが多いような気がします。 寒い地方のほうがここちよい鳴き声の鳥がいるようです。 みんながうるさいから騒がしくなったのでしょう。 熱帯雨林のジャングルなんて騒がしくて仕方がありません。 しかし、日本の森は静かで怖ささえあります。 音をすべて吸収してほとんど、何も聞こえない、鳥の声がひときわ目立ちます。 それに鳥に対して天敵の猛禽類は圧倒的に少く、森の中では小鳥などは、ほとんど目立ちませんので気にせず、鳴いていられるのでしょう。 あとは、くちばしが気持ち太いかな、ということと、 くちばしが気持ち赤いかなという程度です。 これらは並べてみないと分からないくらいです。 また、変化しますので分かりません。 メスの行動の特徴 メスは鳴きません。 鳴きますが、単発で鳴く感じです。 また、鳴き続ける時も、短い鳴き声を続けて何回も鳴らしている感じです。 とにかく、うるさい声で鳴けるのですが、オスは長い鳴き声であるのに対し、メスは短く、叫ぶような鳴き声を単発でだします。 鳥同士ではメスも会話のような感じのことをしています。 2匹いれば、片方が鳴いて、片方が答える、これは、メスの短い鳴き声でも可能なようです。 この場合、メスのケージを2匹ならべて飼育しているような場合は、互いに呼び合っています。 また、人を呼ぶ事があります。 人というよりは仲間を呼ぶのですが、メスを二匹飼育していて、一匹が姿が見えないところへ移動すると、とにかく、呼びまくります。 これは迷子になった子供のようにものすごい勢いで、泣き続けます。 泣き叫ぶという表現が適切です。 ほんとうにどういうわけか、1匹はじめに飼ったのがメスの文鳥だったのですが、いきなり、1匹でいることが不安なようでした。 人が仲間だと思っていて、人が視界から見えなくなると、ギャーギャーとなくような感じで、さらには朝も起きる前から早く起きろ、となき続けました。 これは個体差もあるのですが、 とにかく、人が家に居なければ鳴かないのですが、同じ家に居て姿が見えないと、トイレへいっている時でさえ鳴き続けます。 これにはさすがにたまらないと思い、もう1匹をかってきました。 しかし、同じケージだと喧嘩するのです。 ものすごい勢いで喧嘩します。 生命のリスクもあるかと思い、ケージを2つ買いました。 これで並べて飼育すると、今度は仲間がいるからか、安心して人が居なくても鳴かなくなりました。 そして、餌を食べる時には2匹でピーピーと会話をしているのです。 片方が呼べば片方がすぐに答える。 こんな仲良しなのに、近すぎると喧嘩するのです。 ケージの感覚がいつもより近いだけで大げんかです。 それは、ものすごいけたたましい声で連続して威嚇する鳴き方をします。 一体、なんなんだ、、このわがままな鳥は。。 という感じです。 正確としては、温和ということはないのですが、どうも、新聞紙などをちぎっては集める、巣作りをするような行動が多く、比較的、 ケージの中で座ったり、自分の空間を作るような意識のようです。 そのため、自分の巣に入ってくるのは勘弁してくれということなのでしょうか。。。

次の

文鳥の鳴き声。オスとメスで違いはある?

文鳥 メス

contents• 文鳥の発情期はいつ? 文鳥の発情期は通常、 秋から春にかけてです。 この時期に「気に入った相手」「豊かなエサ」「安心できる安全な産卵場所」が揃うと発情し、繁殖につながります。 ですが体調が良くなかったり気分が乗らないなど、些細な理由で発情しないこともよくあります。 繁殖するためにはオス・メス両方が発情している必要がありますので、繁殖を望む場合は無理は禁物。 タイミングをそっと見守りましょう。 繁殖させたいと思ったら考えて欲しいこと ひっついて毛繕いをしたり、2羽でつぼ巣に入ったり…そんな仲のいいペアやお気に入りの子が居ると、つい繁殖させたいと思う飼い主さんも多いはず。 ですが産卵や孵化・文鳥の子育ては理想通りに行かないことも多々あります。 死産になってしまったり、親鳥が命を落としてしまったり、育児放棄して雛が育たなかったり…悲しいですがこのようなことも起こりえます。 そしてもしそうなった場合、飼い主さんが責任を取り雛を育てたり、親鳥のケアをしなければなりません。 繁殖を望む場合は、責任と覚悟を持つ必要があるのです。 発情・産卵時のメスの体と行動 発情するとメスの卵管・卵巣は通常の10倍ほどの重さになり機能を始めます。 そのため普段より体重が増えたり、大きなフンをするようになります。 交尾が成功すると、約3日後に1つ目の卵を産み、その後1日1個ずつ卵をつくり、約1週間かけて6個程度の卵を産みます。 産卵によりメスの体はカルシウムが不足するので、ボレー個などのカルシウム源を食べる姿が普段よりも多く見られます。 メスにとって産卵は重労働なので、体力が無ければ卵詰まりで命を落とすこともあります。 ブリーダーが繁殖に使う個体は30g以上です。 また、初産では無くても高齢の文鳥も産卵には向きません。 上のような個体は産卵で命を落とす危険が高いため、なるべく発情を抑制し、産卵させないように気を付けましょう。 なるべく発情させない方法 上のように産卵に向かず命の危険が大きい子や、1羽飼いやパートナーがいないメス(無精卵しか産まれる可能性がない子)の場合、産卵をさせない方が望ましいです。 メスの死亡原因の1位は卵詰まりと言われており、そうならなくても体への負担が大きいためです。 抑制方法を具体的にチェックしましょう。 エサを過剰に与えない 産卵させたい場合は発情期に粟玉を多めに与えます。 つまり産卵させたくない場合はエサや摂取カロリーを増やさないよう注意が必要です。 生活空間を12時間以上暗くしない 暗い時間が長いと発情しやすいと言われているので、必要以上に暗い時間を作らないよう心がけます。 スキンシップを控える 特に メスの背中を撫でると発情を促してしまいますのでやめましょう。 寂しいですがこの時期はスキンシップを控え、必要以上に触ったり話しかけたりしないよう心がけます。 適度な緊張感を与える 安心・安全な環境がある=産卵に適していると判断し発情しやすくなりますので、見たことの無いものを一つケージに置くなどして適度な緊張感を与えるといいとされています。 文鳥にとって少しかわいそうな気もしますが、少しの間我慢してもらいましょう。 巣になりそうなもの・場所を与えない つぼ素や新聞紙・小箱や調度良いスキマなど、安心できる産卵場所があると発情が促されてしまいます。 ・ 一度産卵するとクセになってしまうことも多いので、特に最初が肝心。 文鳥のメスにとって、産卵はまさに命がけの重労働。 繁殖を望む場合は覚悟と責任を持って、繁殖を望まない場合は発情の抑制をして、文鳥のサポートをしてあげましょう。 注意してケアをしてあげれば、しっかりと長生きしてくれる可能性が高まるのです。

次の