セレナ モデル チェンジ。 【2021】日産新型セレナ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日,次期デザインなど徹底解説!次期e

新型セレナマイナーチェンジはいつ?時期や変更点等2020最新情報

セレナ モデル チェンジ

インテリジェント エマージェンシーブレーキ性能を向上。 夜間においても衝突時の被害や傷害を軽減する。 「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備とする。 「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に該当した。 プロパイロットの機能向上により下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となった。 新型セレナ スペックについて スペック 新型 セレナ 新型 セレナ ハイウェイスター 全長 4,685mm 4,770mm 全幅 1,690mm 1,740mm 全高 1,875mm ホイールベース 2,860mm エンジン 直列4気筒 DOHC 2. 9kW(2. 6PS) モーター 最大トルク 48Nm(4. 6〜17. 0〜15. 0〜15. 0L 直噴エンジン CVT 2WD 8名 2,399,760円 S 2,508,840円 X 直列4気筒DOHC 2. 0L 直噴エンジン+モーター 2,529,360円 XV 2,687,040円 G 3,005,640円 ハイウェイスター 2,708,640円 ハイウェイスターV 2,932,200円 ハイウェイスターG 3,168,720円 B 4WD 2,687,040円 X 2,773,440円 XV 2,931,120円 G 3,292,920円 ハイウェイスター 2,995,920円 ハイウェイスターV 3,192,480円 新型 セレナe-POWER 価格グレード グレード エンジン 駆動方式 乗車定員 価格 e-POWER X 直列3気筒DOHC 1. 2L +モーター(EM57) 2WD 7名 2,943,000円 e-POWER XV 3,167,640円 e-POWER G 3,410,640円 e-POWER ハイウェイスター 3,233,520円 e-POWER ハイウェイスターV 3,435,480円 e-POWER ハイウェイスターG 3,657,960円 新型セレナ e-POWER ライバル車種について 現行セレナは国産車では初の自動運転技術「プロパイロット」を搭載した。 では3位に日産 新型セレナで12,408台となった。 トヨタはの販売を開始した、このラインナップではもちろんハイブリッド車があり、フルハイブリッドモデルのないセレナは販売台数が少しずつ落ちていった。 新型投入により販売台数を戻したがフルハイブリッド投入がないので台数の持続は見込めない。 更に、2014年10月29日エスクァイアを投入し3車種から選べ、もちろんハイブリッド車も各車種ある。 そして、もう一社ライバルとしてが新型アコードに採用された2. ホンダ 新型 ステップワゴン スパーダ ハイブリッド JC08モード燃費25. 日産 現行 セレナはB,Sグレードのみガソリンモデル、その他,X以上は S-HYBRID マイルドハイブリッド グレードガソリンモデルはJC08モードは15. JC08モード燃費26. これにより燃費面では他社と同等になり、注目度もあがり販売台数も大幅にアップするだろう。 更に、今後の展開として4WDモデルをラインナップすれば雪国などの地域に住む人の選択肢は新型セレナ e-POWER 4WDとなり他社を圧倒することができるだろう。 新型セレナ e-POWER ライバル車種 比較表 スペック 新型ヴォクシー ノア エスクァイア ハイブリッド 新型ステップワゴン ハイブリッド 新型セレナ e-POWER 全長 4,695mm 4,760mm 4,690mm 全幅 1,695mm 1,690mm 全高 1,820mm 1. 840mm 1,865mm ホイールベース 2,850mm 2. 890mm 2,860mm エンジン 1. 8L 直4気筒 DOHC +モーター 型式:5JM 2. 1kgm 315Nm 32. 雪国に住んでいると4WDモデルを選択する人が非常に多く、現行のセレナでe-POWERモデルは2WDしか存在せず、セレナで購入する場合にはマイルドハイブリッドモデルの直4 2. 0Lエンジン 4WD(モーターアシスト方式)モデルとなる。 同クラスのトヨタのノアやヴォクシー、ホンダのステップワゴンスパーダのハイブリッドミニバンも4WDモデルは存在しない。 しかし、今回の新型セレナ e-POWERに4WDモデルを追加することで他社へ販売が流れることがより無くなり販売力強化に繋がるという考えだろう。 セレナについては次へ.

次の

セレナ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

セレナ モデル チェンジ

日産を象徴するミニバン車が「セレナ」。 トヨタ・ノアヴォクシーやホンダ・ステップワゴンに並ぶ御三家。 その中でもセレナは人気の部類かも知れない。 現行セレナはe-POWERやプロパイロットの投入で人気に拍車がかかりました。 もはや日本を代表するファミリーカー。 そこで今回カーギークでは 「日産新型セレナのフルモデルチェンジ最新情報」を解説しようと思います。 どうやら次期セレナの足音が既に聞こえてる模様。 新型セレナの発売日は2021年8月? まずは「発売日・発売時期」の最新情報。 日産新型セレナのフルモデルチェンジはいつなのか? 結論から書くと、 日産新型セレナの発売日は2021年8月頃になりそう。 実はセレナのライバルであるトヨタ新型ノア・ヴォクシーもほぼ同じタイミングでフルモデルチェンジすると言われてる。 次期ノアヴォクの別記事もあとでご参照下さい。 日産セレナは2018年3月1日に「e-POWERモデル」が設定されてるため、「え?フルモデルチェンジ早くね?」と思ったりもしますが、現行セレナが発売したのは2016年8月。 だから2021年8月に日産新型セレナが実際にフルモデルチェンジすると仮定した場合、発売から約5年が経過してる計算。 タイミングとしては遅くもなければ早くもない。 まさに頃合い。 ベストカーなどは新型セレナの発売日を「2021年4月」と予想してますが、現行セレナも2019年8月にマイナーチェンジを行っていることから、基本的には「夏頃」にテコ入れが行われると考えた方が良さそう。 一応、新型セレナの開発は順調に進んでいるようですが、日産はお家事情も手伝って新型セレナの発売時期は「最悪2022年8月頃まで遅れる可能性」もありそう。 ゴーンが逮捕されたり逃亡したり色んなことが起きるものの、に大きく変化してませんからね。 実際、2019年のセレナの累計販売台数は約9万3000台と普通車全体でランク6位。 まずまず堅調な数字を維持してるため、日産自動車からしたらセレナのフルモデルチェンジをそこまで急ぐ理由もない? 新型セレナの「次期デザイン」は? 続いては「次期デザイン」の最新情報。 新型セレナは一体どんなデザインに進化するのか? (ベストカー2020年2月10日号 講談社) 例えば、ベストカーは日産新型セレナの次期デザインを画像のように予想。 最近だとや日産IM-kに代表されるような顔付きを参考にしてる様子。 確かに近未来感が強いフロントマスク。 最近の日産車を考えても、新型セレナのヘッドライトはシャープに仕上がりそう。 一方、記事では「新型セレナのデザインはキープコンセプト」とも伝えられてる。 そのため現行セレナで特徴期だった二段式ヘッドライトが消滅してる謎。 また日産車を象徴するVモーショングリルも半ば消滅してしまってる。 だからあくまでコンセプトカーを参考にしてるだけあって、 現時点では「推測や妄想の域を超えない予想デザイン」に留まりそう。 とはいえ現行セレナのデザインもキープコンセプト感が強くて批判もあったことから、次期セレナは大胆に変貌しても不思議ではありません。 「シャシー」はフルモデルチェンジで一新される? 続いては「シャシー」の最新情報。 日産新型セレナのプラットフォームはついに一新されるのか? 結論から書くと、 プラットフォームに関しては期待薄か。 現行セレナも先代のシャシーが流用されてましたが、新型セレナも引き続きシャシーは変更しない可能性が高そう。 何故なら、セレナに限らず、ミニバン車は日本独特のものだから。 例えばのシャシーであればデイズ以外にも、三菱のeKスペースと使い回すことが可能。 またはとシャシーや部品類が共用化され、両者が兄弟車となることがほぼ確定的。 ルノーとの関係はゴチャゴチャしてますが、Bセグメントカーの分野では日産車とシャシーが共用されてることも多い。 やはり色んな車種で共用することができれば開発コストを抑えられる。 特にプラットフォームの開発は意外とめちゃくちゃお金がかかる。 一方、セレナは他に流用できる車種がほぼない。 三菱自動車のミニバン車にはが発売されているため、もしかするとセレナとの兄弟車になる可能性もゼロではないと思いますが、やはりデリカD5はかなり特徴的なミニバン車。 セレナの商品性とは色味が異なるのではないか。 じゃあ、今後ルノー・カングーと兄弟車になるのか?これもなかなか考えにくい。 仮に新型セレナと他の車種のプラットフォームが共用化される場合、それこそ2021年夏頃までにすんなりフルモデルチェンジできるかも疑問です。 新型セレナe-POWERはフルモデルチェンジでどう進化? 続いては「パワートレイン」などの最新情報。 新型セレナe-POWERはフルモデルチェンジでどんな進化を遂げるのか? 結論から書くと、 日産新型セレナe-POWERの電気モーターが更にパワーアップしそう。 プログラムの改良でモーター制御も緻密に進化し、新型セレナe-POWERの走りは進化しそう。 一方、発電用のガソリンエンジンは引き続き1. 2Lエンジンを採用。 プラットフォームなど基本的な中身はそこまで進化しないのであれば、新型セレナの「乗り味や走り味」はそこまで変化しないか。 もご参照。 ただし、シート素材など内装面の質感はアップするはず。 次期エルグランドの販売は期待薄ですから、トヨタ・エスクァイアの存在も考えると、次期ハイウェイスターの質感は更に高級感は増すか。 走りに加速に余裕感が生まれれば、体感的なラグジュアリー感も増しそう。 新型セレナのプロパイロットや価格帯は? そして、日産といえば「プロパイロット機能(自動運転機能)」。 既に自動ブレーキシステムの搭載は当たり前と化しており、最近は軽自動車であっても高速道路の自動走行が求められるほど。 ここ数年で一気に自動車の先進装備が進化しましたが、その旗振り役の一人がセレナでした。 当然次のフルモデルチェンジも気になるところ。 結論から書くと、 スカイラインに搭載済みの「レベル2」を実現したプロパイロットに進化しそう。 いわゆる手放し運転が新型セレナでも可能になります(場所は高速道路に限られます)。 2021年夏頃には「目を離す」ことも可能なレベル3に進化してる可能性も。 ただし、新型セレナのプロパイロットは2019年夏のマイナーチェンジで大幅に進化を遂げてる。 既にセレナはアダプティブヘッドライトなども採用し、先進装備の面で「進化の余地」は良くも悪くも少なそうです。 一方、フルモデルチェンジ後の価格帯はそこまで値上がりはしないはず。 シャシーは現行モデルを流用するなど、引き続きガソリン車は200万円台、e-POWERの価格帯は300万円台に落ち着きそう。 プロパイロット機能は確かに人気。 新型セレナに全車標準装備化でもされれば別ですが、現行セレナの装着率は購入者のせいぜい6割程度とのこと。 フルモデルチェンジ後も「プロパイロット非搭載の安いお手頃なモデル」はしっかり用意するはず。 ちなみに既に割高の価格帯も考えると、セレナのプラグインハイブリッド化は2021年発売時点ではまだまだ時期尚早でしょう。 新型セレナの「三列シート」が進化? 続いては「三列目シート」の最新情報。 結論から書くと、 日産新型セレナは「三列目シート」が注目なんだそう。 セレナは他のライバルミニバンと比べると三列目の居住性が高いと言われてますが、フルモデルチェンジ後は更に快適性が増しそう。 また現行セレナは左右跳ね上げ式シートを採用してますが、この格納方式にも変更点が見られそう。 確かに現行セレナは二列目のセンターシートを移動できたり、シートアレンジ力が高いミニバン車。 フルモデルチェンジの目玉として「三列目シート」で勝負してくる可能性は高い。 次期セレナは着実に「使い勝手の良さ」を向上させてくるに違いない。

次の

【日産セレナ】 いつが買い時!?モデルチェンジはいつ?

セレナ モデル チェンジ

NISSAN FAIRLADY Z 日産 新型 エルグランド フルモデルチェンジ E53型 日産は新型エルグランドのフルモデルチェンジを2021年8月に行う。 今回のエルグランドE53型にはe-POWERモデル ハイブリッド もラインナップされる予定だ。 3代目E52型 2010年8月18日から販売を開始。 発売から既に丸11年が経つことになる。 日産 新型 スカイライン フルモデルチェンジ 日産は新型スカイラインのフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。 フルモデルチェンジで14代目となる今回は「プロパイロット 3. 0」を搭載する。 「Q Inspiration concept」の様な美しいデザインを採用。 ダイムラーと、ルノー日産の協力関係を生かし開発されたモデルとなる。 プラットフォームをに採用されたアルミニウムハイブリッド構造の軽量アーキテクチャーMRAを採用。 日産 新型 アリア クロスオーバーSUV EV 電気自動車 2021年発売 日産はクロスオーバーSUVスタイルの新モデル電気自動車、新型「アリア」を2021年に発売する。 2019年1月14日 — 2019年1月27日に開催されるデトロイトモーターショー2019にて全く新しいEVプラットフォームをベースにしたクロスオーバーを世界初公開する。 2018年1月にデトロイトの北米国際自動車ショー(NAIAS)で初めての完全電気クロスオーバーのビジョンをプレビュー。 2018年1月に2021年以降、e-POWERあるいはEVを採用したパワートレーンをラインアップすると発表している。 NISSAN ARIYA 日産 新型 GT-R R36 フルモデルチェンジ ハイブリッド搭載 パワーと燃費両立!!2021年1月発売か? 日産が新型のGT-R(R36)のフルモデルチェンジを行い2021年に発売する。 予想価格:1000~1300万円。 日本を代表するスポーツカーであるが、これからは燃費とパワーの両立が求められる。 そこでV6 3. 「Pure Drive R-HYBRID」のエンブレムも登録されたとして同メディアに取り上げられている。 競合他社となるホンダの新型NSXもハイブリッド車となった。 発売までのは現行モデルの改良が行われ続ける。

次の