深谷 七夕 祭り 2019。 深谷七夕&グリコ工場見学

明日から3日間(7/5〜7/7)深谷市で『深谷七夕まつり』が開催!交通規制も。【イベント情報】

深谷 七夕 祭り 2019

毎年微妙な天気の七夕、とりあえずここまで雨は大丈夫だね。 7月5日~7日は深谷七夕まつり、いつものように1日目の夕刻にちょこっと見物を(^^) 深谷駅近くの中山道沿いでおこなわれる七夕まつり、詳細は。 ホコ天で交通規制等あるので、ご注意くださいね~。 なんとなく毎年、1日目(金曜)の16時~17時前後に行くことが多いけれど 今年は何だかんだで、18時過ぎてからの現地入り。 やっぱりこの時間になると、学生さん達もだいぶ増えてくるね いつも見に来る時間よりも、明らかに混雑している。 先に、比較的静かな行人橋近辺から見ていこう。 普通な感じの七夕飾りに混じって、パッケージ用品のオリケイ前には 渋沢栄一氏のお札の顔出しパネルがあった(^^) では、中山道をだんだん西へ歩きまして~。 本の時習堂には、いつものように上品な折り紙の細工。 お茶のときわ園は、賑やかに 仲町交差点を越えると、お楽しみは釜屋金物店! 今年は「しまじろう」ですか~ 大野時計店はムーミンのライトアップ、萩原薬局はポケモン。 こっちにも渋沢栄一さんがいるね、TAIKEIDO NEOと酒屋の藤橋。 いつもでっかいのを吊り下げている高木人形店、 重厚な建物に軽めな飾り付けの七ツ梅酒造跡。 このちょっと先あたりで、ホコ天は終了。 駅前からの通りも、道端にたくさん飾られているのだよね。 いつもなかなか見切れないけど。 …と、今年はさらっとご紹介でした~。

次の

七夕祭りというよりも

深谷 七夕 祭り 2019

深谷祭りについて 深谷祭りは、 7月の最終土曜日に行われるお祭りなのですが、同じく7月最終の金、土、日の行われる 八坂神社夏季大祭と合体して開催されています。 つまり、3日間開催されるお祭りの内、 2日目に行われるお祭りが深谷祭りということです。 これは、1681年(天和元年)、深谷城城主だった上杉氏が、深谷城に祀られていた三社天王(弁財天、大黒天、牛頭天王)を現在の相生町に移した時に、八坂神社と改名して始まった「八坂まつり」と「深谷上杉まつり」が起源とされています。 それから、約300年もの時が流れ「深谷祭り」と名前が変わっても、伝統行事は受け継がれ続けています。 神輿に水をかける風習について 深谷祭りの見どころの一つでもある 神輿パレード(神輿渡御)では、深谷市内を練り歩く神輿に、沿道の人たちが 大量の水をかけていきます。 なぜ?かと言いますと、深谷市は、昔から 猛暑になりやすい土地柄だったからです。 先ほどもお伝えいたしましたが、八坂神社夏季大祭が3日間行われる内、 2日目の土曜日が深谷祭りとしてのお祭りとなります。 主な催事• 交通規制 2019年の情報が公開され次第、修正・追加いたしますので予めご了承ください。 主な催事 ここでは、深谷祭りで行われる 人気の催事をご紹介いたします。 深谷祭りでは、 山車3台、 屋台9台の 合計12台が登場! 市内を巡回してからは、深谷駅に向かっていき、山車と屋台の曳き合わせが行われた後、一斉に激しい 居囃子の叩き合いが始まります。 すべての山車と屋台が集結し、美しい提灯の明かりが照らされている中での大迫力の叩き合いは、多くの観客たちを魅了します。 深谷祭りの駐車場は? 深谷駅周辺には、駐車場が多数あります。 駐車台数:約200台• 住所:埼玉県深谷市仲町11-1• 営業時間:08:30〜17:15• 駐車台数:42台• 住所:埼玉県深谷市西島5丁目887-3• 営業時間:24時間• 駐車台数:31台• 住所:埼玉県深谷市西島5丁目7-22• 営業時間:24時間• 駐車台数:18台• 住所:埼玉県深谷市西島5-12• 営業時間:24時間• 料金:1時間100円 最大料金 駐車場後24時間300円 場所については、地図でご確認ください。 アイコンの色は、駐車場名の後にあるカッコ書きの色になります。  深谷祭り 交通規制情報 お祭り当日は、深谷駅北口周辺に 交通規制が敷かれ、長時間に渡って 車両通行止めとなります。 2018年は、以下の日時と場所で規制が行われていました。 規制日:7月28日(土)• 規制時間:A)10:30〜21:00 B)12:00〜15:00• 規 制区間:A)深谷駅北口周辺と駅通り B)中山道 交通規制については地図で確認したい!という方は、こちらに2018年の交通規制図を置いておきますので、参考にされてください。

次の

甲府市/七夕祭り(甲府夏祭り)

深谷 七夕 祭り 2019

山車(人形付)と屋台13基は、昼間各町内を巡行、夕刻に灯りをともし駅前お祭り広場に集結する。 神輿が来ると、水を打ちかける。 真夏の炎天下に子供が威勢良くかつぐ神輿になげかけられる水の光景は夏祭りならではある。 駅前お祭り広場には、山車の曳き合わせに神輿のパレードが加わり、祭りを盛りあげる。 迫力ある喧嘩囃子の叩き合いと神輿の競演が祭りを一層盛りあげる。 JR深谷駅前、お祭り広場には地元の商店が臨時出店、飲食ブースが設けられ「かき氷」が人気を集めていた。 祭りの見所は、各町会による神輿(みこし)の渡御(とぎょ)と夜の山車(だし)・屋台である。 13台の山車・屋台を女性先導で市内各地区を練り歩く。 そして夜、山車・屋台が駅前お祭り広場に結集、喧嘩囃子の競演が行われる。 囃子太鼓を打ち叩くのは各町内の小中学生で、叩き合いの時などは競争意識が盛んで、勇壮である。 駅前お祭り広場、特設ステージでは居囃子や太鼓演奏が行われた。 岡下屋台囃子保存会の屋台演奏に合わして山車・屋台が駅前お祭り広場に集結した。 祭り囃子は、「三手古(さんてこ)」といって、小太鼓3、大太鼓1、摺鉦(すりがね)は大小数個で、笛のリードで調子が合わされる。 お囃子は、「熊谷うちわ祭り」と同様に「さんてこ系」のお囃子で大きな摺鉦が使用される。 深谷の「さんてこ系」のお囃子は、岡部(旧岡部町)経由で熊谷に伝承された。 でかい摺鉦は、逆に熊谷から伝わって来た。 小島進市長・深谷フラワークイーン・ゆるキャラ「ふっかちゃん」もステージに登場、祭りのフィナーレを飾った。 深谷で作られた煉瓦を東京駅の外壁に使用したことを記念して、深谷駅は東京駅をモチーフにして造られた。 熱気と興奮に包まれ第19回深谷祭りが開催された!! 絢爛豪華な山車・屋台の競演。 水をかけられながら元気に練り歩く子供みこし、そして夕暮れ時より大人みこしの渡御が始まった。 JR深谷駅前のお祭り広場では、13基の山車・屋台の曳き合わせ、叩き合いが繰り広げられた。 迫力ある喧嘩囃子が夜の祭りのクライマックスを一層盛りあげた。 深谷祭りは、天和年間に深谷城主上杉氏が城内にあった、三社天王(弁財天・大黒天・牛頭天王)を現在の相生町に移し、八坂神社と改称して始まった「八坂まつり」と「深谷上杉まつり」が起源で、300有余年の歴史がある。 深谷では昔から猛暑になりやすいという土地柄から、夏のみこしに水をかける風習があった。 深谷市は、埼玉県北部にある人口約14万3千人の市である。 江戸時代、中山道の宿場(深谷宿)が置かれ、宿場町として発展した。 2014年6月、群馬県の「富岡製糸工場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録され、この富岡製糸工場の建設に深く関わった深谷の三偉人、渋沢栄一、尾高惇志、韮塚直次郎が、全国から熱い視線を集めている。 撮影場所:JR深谷駅北口お祭り広場 住所:埼玉県深谷市西島町三丁目1-8.

次の