ぎっくり腰 原因。 ぎっくり腰とは 症状、炎症期間、どのくらいで治るか、予防法

ぎっくり腰の原因・治し方。冷やす、安静、早めに病院へ|eo健康

ぎっくり腰 原因

ぎっくり腰は最初軽い痛みだったものが、翌朝には動けないほどの痛みになってしまうケースもあります ぎっくり腰は「急性腰痛症」とも言われ、突然起こる腰痛のことを言います。 加齢に伴ういわゆる「老化現象」として起こる症状だと思われがちです。 しかし、腰部へ負担をかけがちな若い世代も注意が必要です。 何気なくとった動作や姿勢によって、突如襲ってくる腰への激痛。 その瞬間、頭の中が「!」というマークでいっぱいになってしまうという人もいるくらい、瞬時に痛みが走ります。 ここでは、ぎっくり腰の原因になる動作ランキング1~5位をご紹介します。 これらの動作を参考に、ぎっくり腰にご注意ください。 第5位「駐輪場で自転車を移動しようしたとき」 自転車に気をとられてしまい無理な姿勢をとっていることに気が付かない人がいます 自転車がきちんと整列されていない駐輪場は要注意です。 自分の自転車を移動させようとした時に、隣の自転車のとめ方が悪く苦労したことはありませんか? 両隣の自転車を倒さないように気遣いながら、腕を精一杯伸ばして、自転車のハンドルに手をかけようと無理な姿勢をとってしまうことがあります。 つい自転車に気をとられてしまいがちですが、腰を痛めやすい瞬間なのです。 掴もうする物が体よりも遠い位置にあるほど、腰の負担は増し姿勢保持は不安定になってしまいます。 自転車に限らず、遠くにある物に手を伸ばす場合は要注意といえます。 第4位「朝目覚めて起き上がったとき」 くしゃみや咳で腰を痛めることがあるため、花粉症の季節や風邪には要注意です 連日、腰がなんとなく不調だったり、腰痛・下肢痛の症状が治まったばかりの人が気をつけなくてはならないのは、くしゃみによるぎっくり腰です。 くしゃみをした瞬間、激痛が走りその場へうずくまってしまうこともあります。 上半身が大きく動いてしまうような、大きなくしゃみの場合に痛めやすいので、なるべく手を机や壁につくなどして体が揺れないように工夫できると良いと思います。 くしゃみは一瞬にしてお腹にかなりの力が入るため、腰の椎間板を痛めてしまうかもしれません。 腰椎椎間板ヘルニアの診断を受け症状が治まりかけている時などは、再発、悪化をさせないようにくしゃみひとつにも注意が必要です。 第2位「洗顔しようとかがんだとき」 腰の強い痛みが軽減されても再発が怖くなりおじぎ姿勢がとれなくなる人もいます 洗面所での報告も多いぎっくり腰。 その瞬間で多い例は、洗顔をしようと前かがみになった時です。 朝の洗顔は、筋肉の血流が悪くなっている場合があります。 それに加え、前かがみ姿勢によって腰への負荷が増強されるため、洗顔の姿勢は危険度が高いのだと思われます。 まっすぐに立った姿勢から20度ほどおじぎをするだけで、腰の椎間板には立った姿勢の50%UPの負担がかかると言われています。 面倒かもしれませんが、洗顔の時に片足を踏み台に乗せて前にかがむと腰への負担が軽減されます。 腰痛予防法については、「」を併せてご覧下さい。 第1位「荷物を持ち上げたとき」 「これくらい難なく運べそうだ」と思ったのに「イタっ!」ということもあるため無理は禁物です 最も多く耳にするぎっくり腰の瞬間は、「物を持ち上げようとしたらギクっときました」というケースです。 持ち上げるものは、カバン、ビールケース、段ボール箱、脚立、イス、子供(物ではありませんが)、珍しい例では便座のフタを持ち上げて開けようとした瞬間など様々で、必ずしも重くて大きいものを持ち上げる場合に痛めるとはいえないようです。 立った状態からヒザを曲げずにおじぎをして物を持ち上げようとすると、相当な負担が腰にかかります。 必ず両膝を曲げて持ち上げる物に体を近づけてから力を入れましょう。 軽そうな物はついつい腕だけの力に頼りがちですが、軽いものでも姿勢によってはぎっくり腰になるおそれがあるのです。 腰痛を緩和する物の持ち上げ方については、「」を参照してください。 ここではぎっくり腰になりやすい動作や姿勢についてご紹介しましたが、実は動作や姿勢だけではなく、心の緊張が強い人やストレスを気にしないように努めている人も腰に負担が生じやすくなることが考えられます。 「最近、心が休まっていないかも」という人もぎっくり腰にご注意ください。

次の

ぎっくり腰の原因と治し方 腰痛は何日で症状が治る?

ぎっくり腰 原因

ぎっくり腰になったら、早急に近くの治療施設に行きましょう。 ぎっくり腰になってすぐは痛いながらも意外と動けてしまうので、甘く考えてしまいがちです。 しかし、初日にちゃんと処置をしないと、痛みの原因である炎症物質がどんどん拡大していってしまいます。 動ける初日のうちに専門機関に行って治療をうけることが、あとあとの痛みを抑える最善策です。 もしも休日や深夜などの病院が閉まっているときにぎっくり腰になってしまった場合は、ご自宅で絶対安静にして患部を氷のうなどで冷やしてください。 一般的には腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれています。 この 炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので、ぎっくり腰の初期段階は患部を冷やすことに徹してください。 発症してから48時間を目安に、強烈な痛みが和らいできたら冷やすことをやめても良いでしょう。 なお、痛みのピークは初日ではなく2-3日目というのが定説です。 初日が痛くないからといって、冷やすことをサボらないように。 痛みを少しでも抑えたいのであれば「RICE ライス 処置」という言葉を覚えておきましょう。 RICE処置とは、スポーツの現場で起こったけがの損害を最小限にするために施す応急処置のこと。 以下のそれぞれの処置の頭文字をとって「RICE」と呼びます。 R: Rest 安静 I: Icing 冷却 C: Compresshion 圧迫 E: Elevation 挙上 R・I・Cはこれまでご説明した「安静」「冷却」「コルセットで圧迫」が相当します。 ここで新しく登場するE: Elevation 挙上 とは、患部を心臓より高く上げることです。 患部を高い位置に持っていくことで、重力で炎症物質をコントロールします。 ぎっくり腰の場合は、上記イラストのように足の下に枕や座布団を入れてあげると良いでしょう。

次の

» ぎっくり腰の治し方!!意外と知らないぎっくり腰の原因とは!!

ぎっくり腰 原因

朝の洗顔時• 靴下を履く時• 靴を履く時• 荷物などを持ち上げた時• 車から降りる時• 物を拾う時• くしゃみ• 椅子から立ち上がる時 ぎっくり腰の多くは腰を軽く曲げた状態から真っ直ぐに伸ばす過程で急激に発症します。 また、子供や荷物を持った状態で腰を捻ると高頻度で発症します。 他に椅子などに長時間座った状態から立ち上がる際にも激痛と共に発症する事が多くなります。 日頃から腰痛持ちの方が突然クシャミをすると腰に痛みが走るという経験をされた方は多いかと思います。 この時、腰の状態により急激な痛みであるぎっくり腰が起こる事がよくあります。 ぎっくり腰の種類 急性腰痛症 ぎっくり腰 は大きく次の3タイプに分けられます。 急性腰痛症のタイプ• 筋・筋膜性腰痛タイプ• 腰椎捻挫型タイプ• 神経圧迫型タイプ 1.筋・筋膜性腰痛タイプ 筋肉の慢性的な疲労の蓄積で発症するギックリ腰で、日常的に長時間のデスクワークや運転、立ち仕事などにより筋肉疲労がピークに達していると、些細な動作でいつでも「爆発」する状態となります。 つまりこの疲労蓄積型タイプでは何かの動作がきっかけでぎっくり腰になりますが、たとえその動作をしていなかったとしても他の動作時にいずれは発症する事になります。 2.腰椎捻挫型タイプ いわゆる元祖ギックリ腰です。 急性腰痛症 ぎっくり腰 と言えば大半はこのタイプで、腰の背骨である腰椎同士の関節 腰椎椎間関節 が「引っかかる」事により激痛となります。 また、骨盤部分の腸骨と仙骨の間の関節である仙腸関節の引っかかりが原因となる事もあります。 よくぎっくり腰が一回の治療で治ったとか、どこどこの先生の所では直ぐに治るなど聞くかと思います。 その大半はこのタイプで、ぎっくり腰は安静よりも動かして治すという理論などもこの捻挫型に当てはまります。 3.神経圧迫型タイプ 腰椎には椎間板という各背骨の間にあるクッションがあります。 この椎間板に重い荷物を持ち上げたり、加齢や運動不足により椎間板の柔軟性がなくなった状態で強い負荷がかかると潰され神経を圧迫します。 一度強く圧迫された神経は炎症を起こし、椎間板からの圧力が軽減されても3日程は強い痛みが続きます。 ぎっくり腰の症状 急性腰痛症 ぎっくり腰 と言っても軽いものから超重度なものまであります。 一般的なぎっくり腰では先述のような動作で腰に急激に電流が走るような激痛が走り動くことが困難となります。 特に神経圧迫型タイプでは下肢へのしびれも発症します。 受傷時は一歩も歩けないこともあり、炎症が強いものでは横になって寝ていても楽な姿勢が無く、どの方向へ向いても強い痛みに苦しみます。 かろうじて歩けるものでも腰は伸びずに前屈みとなり、手で腰を抑えながら背中を丸めた状態となります。 また、ぎっくり腰の状態により座っていると全く痛みを感じないが立ち上がったり歩いたりする事で激痛が出るものや、逆に座っていると激痛のため立っている方が落ち着くものもあります。 ぎっくり腰の治療法 急性腰痛症 ぎっくり腰 の治療は一言に「ぎっくり腰はこうすれば良い」という訳ではなく、ぎっくり腰のタイプ別で考えなければ逆に悪化させたり治りを長期化させてしまいます。 1.筋・筋膜性腰痛タイプ まず安静です。 筋肉、筋膜の炎症や場合によっては筋断裂もあるため3日間は安静にします。 更にアイシングで炎症を鎮めることができれば、横になっている状態なら痛みを感じなくさせる事が可能です。 強い炎症が落ち着く4日目からは比較的ゆっくりなら歩行が可能となります。 1週間目で痛みはあるが距離も歩ける状態になります。 2.腰椎捻挫型タイプ 動かします。 仰向けの状態で両膝を両手で抱えゆっくりと小さく左右に振リます。 強い痛みと不安で痛みを訴えますが少しずつ動きを大きくしていく事で「引っかかり」が外れ楽になります。 痛みに余裕があれば腰を捻るようなストレッチを行います。 腰部脊柱管狭窄症や他のタイプのぎっくり腰ではやってはダメです 少しずつ動かしてみて痛みが和らぐようであれば早い治りが期待できます。 動かして後日痛みが増すようであれば動きを小さくするか安静に切り替える必要もあります。 3.神経圧迫型タイプ 安静です。 神経が圧迫されると数日は神経が過敏になり強い痛みが続きます。 そのため神経を興奮させないように3日間程度は極力安静とし痛みの状態を見ていきます。 多くは1週間以内にゆっくりとなら歩けるようになりますが、神経の圧迫状態により長期間の腰痛や神経痛が残る事があります。 炎症期が過ぎたら痛みの状態に合わせて物理療法や運動療法に切り替えて治療を行います。 たとえ腰椎椎間板ヘルニアとなっていても、 飛び出して神経を圧迫している髄核 椎間板 は分解され吸収されていくので、焦らずしっかりと治療していきます。 全てに共通する治療法 薬剤による治療 神経ブロック注射や鎮痛剤の座薬、内服により痛みを和らげる事が可能です。 鎮痛剤は炎症止めにもなるため急性期の痛みでは効果があります。 ただし治る期間は変わらないことも多く、痛みのケアをしながら最低限の生活と安眠を取るための手段としての治療効果は高いです。 コルセットによる固定 以前は晒 さらし などでガッチリ固定する事が多く行われましたが、現在はコルセットの種類も増え様々な腰痛や体型、服装に合うものを選べるようになりました。 コルセット 腰部固定帯 は圧迫する事により腹圧を高め、背骨や筋肉の負担を減らし安静を保つことが可能なため、ぎっくり腰には特に重宝します。 ただしコルセットは横になっている時や食事の時は外すようにして締め続けない事が大事です。 理由は長期間装着した後に外した時、不安定さや固まった筋肉や背骨に負荷が一気にかかり痛みをより感じる事があります。 他にコルセットの上下 特に上 の部分に圧迫による別の痛みが出る事もあります。

次の