将棋 実況。 “実況名人”藤森哲也五段の6時間超ぶっ通し解説ライブ 将棋界初の新ワードも続出(ABEMA TIMES)

「わっしょい!」将棋ファンから支持を集めた実況系解説者とTwitter職人とは?

将棋 実況

プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回トーナメント」の決勝トーナメント1回戦、チーム三浦とチーム広瀬が7月11日に行われ、解説を務めた藤森哲也五段(33)が、6時間を超える生放送で、将棋界では使われない新ワードを次々と使いこなし、視聴者を大いに楽しませた。 競馬、麻雀、野球、ゲームなど、将棋ファンとも近そうなジャンルから、局面に合わせたワードを瞬時にチョイス。 最近ではYouTubeのチャンネルも解説した棋士の巧みな話術が、夏の夜に全開になった。 これほど棋士の解説でファンの心を踊らせることができるのか。 そんな声が出るほど、藤森五段のトークが冴え渡った。 これまでも放送対局で解説に登場すると、指し手の説明もしつつ、強烈な一手や、劇的な局面を、将棋以外のものに例えて一気に伝えることから「将棋実況」というフレーズもおなじみになっている。 11日は午後5時から始まり、最終局までもつれ込んだ9本勝負を、聞き手の貞升南女流初段(34)とともに、11時過ぎまで6時間を超える長丁場でも、全くの疲れ知らず。 今回は、以下のような言葉が飛び出した。 馬の歩幅、馬の一跳びのことで、1本目の脚が地面を離れた地点から4本目の脚が着地した地点まで) 第2局で広瀬章人八段(33)が本田奎五段(23)に対して、ややリードを奪った局面で使った。 相手がリーチをかけたり、アガリが近そうな状況であったりしても、防御をせず真っすぐにアガリに向かうこと) 同じく第2局。 広瀬八段が、本田五段に対して一気呵成に攻め込んだ局面を説明した。 三浦九段の強固な銀冠穴熊の説明として使った。 相手をまぼろしに包んで惑わす) 第5局。 黒沢五段が三浦九段に対して粘りを見せた局面について用いた。 同じワードはAbemaTVトーナメントの予選リーグでも使ったことがある。 対局を見て楽しむ「観る将」にとっては、ありがたいことこの上ないエンターテイナー藤森五段。 次に登場する時は、どんな言葉が飛び出すか。 (ABEMA/将棋チャンネルより).

次の

「リアルタイムバトル将棋オンライン」が面白い。ありそうでなかったカルチャーショック体験【動画あり】

将棋 実況

プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回トーナメント」の決勝トーナメント1回戦、チーム三浦とチーム広瀬が7月11日に行われ、解説を務めた藤森哲也五段(33)が、6時間を超える生放送で、将棋界では使われない新ワードを次々と使いこなし、視聴者を大いに楽しませた。 競馬、麻雀、野球、ゲームなど、将棋ファンとも近そうなジャンルから、局面に合わせたワードを瞬時にチョイス。 最近ではYouTubeのチャンネルも解説した棋士の巧みな話術が、夏の夜に全開になった。 これほど棋士の解説でファンの心を踊らせることができるのか。 そんな声が出るほど、藤森五段のトークが冴え渡った。 これまでも放送対局で解説に登場すると、指し手の説明もしつつ、強烈な一手や、劇的な局面を、将棋以外のものに例えて一気に伝えることから「将棋実況」というフレーズもおなじみになっている。 11日は午後5時から始まり、最終局までもつれ込んだ9本勝負を、聞き手の貞升南女流初段(34)とともに、11時過ぎまで6時間を超える長丁場でも、全くの疲れ知らず。 今回は、以下のような言葉が飛び出した。 馬の歩幅、馬の一跳びのことで、1本目の脚が地面を離れた地点から4本目の脚が着地した地点まで) 第2局で広瀬章人八段(33)が本田奎五段(23)に対して、ややリードを奪った局面で使った。 相手がリーチをかけたり、アガリが近そうな状況であったりしても、防御をせず真っすぐにアガリに向かうこと) 同じく第2局。 広瀬八段が、本田五段に対して一気呵成に攻め込んだ局面を説明した。 三浦九段の強固な銀冠穴熊の説明として使った。 相手をまぼろしに包んで惑わす) 第5局。 黒沢五段が三浦九段に対して粘りを見せた局面について用いた。 同じワードはAbemaTVトーナメントの予選リーグでも使ったことがある。 対局を見て楽しむ「観る将」にとっては、ありがたいことこの上ないエンターテイナー藤森五段。 次に登場する時は、どんな言葉が飛び出すか。 (ABEMA/将棋チャンネルより).

次の

「わっしょい!」将棋ファンから支持を集めた実況系解説者とTwitter職人とは?

将棋 実況

プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント1回戦、チーム三浦とチーム広瀬が7月11日に行われ、解説を務めた藤森哲也五段(33)が、6時間を超える生放送で、将棋界では使われない新ワードを次々と使いこなし、視聴者を大いに楽しませた。 競馬、麻雀、野球、ゲームなど、将棋ファンとも近そうなジャンルから、局面に合わせたワードを瞬時にチョイス。 最近ではYouTubeのチャンネルも解説した棋士の巧みな話術が、夏の夜に全開になった。 これほど棋士の解説でファンの心を踊らせることができるのか。 そんな声が出るほど、藤森五段のトークが冴え渡った。 これまでも放送対局で解説に登場すると、指し手の説明もしつつ、強烈な一手や、劇的な局面を、将棋以外のものに例えて一気に伝えることから「将棋実況」というフレーズもおなじみになっている。 11日は午後5時から始まり、最終局までもつれ込んだ9本勝負を、聞き手の貞升南女流初段(34)とともに、11時過ぎまで6時間を超える長丁場でも、全くの疲れ知らず。 今回は、以下のような言葉が飛び出した。 馬の歩幅、馬の一跳びのことで、1本目の脚が地面を離れた地点から4本目の脚が着地した地点まで) 第2局で広瀬章人八段(33)が本田奎五段(23)に対して、ややリードを奪った局面で使った。 相手がリーチをかけたり、アガリが近そうな状況であったりしても、防御をせず真っすぐにアガリに向かうこと) 同じく第2局。 広瀬八段が、本田五段に対して一気呵成に攻め込んだ局面を説明した。 三浦九段の強固な銀冠穴熊の説明として使った。 相手をまぼろしに包んで惑わす) 第5局。 黒沢五段が三浦九段に対して粘りを見せた局面について用いた。 同じワードはAbemaTVトーナメントの予選リーグでも使ったことがある。 対局を見て楽しむ「観る将」にとっては、ありがたいことこの上ないエンターテイナー藤森五段。 次に登場する時は、どんな言葉が飛び出すか。

次の