国連 職員。 コンゴで国連職員が惨殺 殺害ビデオ公開に「国連は戦慄」

国連職員採用

国連 職員

はこちら。 2.地域調整給 国連関係機関は勤務地が世界各地に存在するため、異なる在勤地における生活水準が均一になるよう地域調整給が支給される。 地域調整給は生計費や為替の変動などに基づき各都市ごとに毎月算出される地域調整乗数と基本給により算出される。 はこちら。 3.扶養手当 Dependency benefits 1 扶養配偶者手当(dependent spouse allowance) 配偶者の年俸が規定額を超えない場合、基本給のnetに地域調整給を加えた額の6%を受給できる。 2 シングルペアレント手当 single parent allowance 扶養配偶者がいない場合、第一子について,基本給のnetに地域調整給を加えた額の6%を受給できる。 4.教育補助金 自国(帰国休暇先の国)外で勤務する職員が、子女をもち、当該子女が全日制の学校、大学又は同様の教育施設に通学している場合に支給される。 支給年限は、当該子女が大学4年を修了するか、又は、最初の学位を取得するまでのいずれか早い方であり、兵役、病気等の特別な理由があれば、25歳まで延長される。 なお、支給額は、それぞれの勤務地毎に定められた上限額の75%まで認められる。 5.異動手当 職員の勤務地を異動する際に支給される。 1年以上の任期で採用された専門職職員で、国連共通制度に服する機関で5年以上勤務している場合、当該職員は異動手当を受給する権利を得る。 6.困難地手当 日常生活を送り、勤務を続けるのが困難な地域で勤務する職員に対して支給される。 7.住宅補助金 住居費が給与のある一定限度を超えた時に赴任地、扶養家族の数、居住年数等を考慮した算出方法により、超過分の一定割合が支給される。 8.赴任手当 1年以上の任期を以て新たな勤務地に赴任する場合に、赴任の際の諸経費に充てるために支給される。 一時金(基本給と地域調整給の1~2ヶ月分)及び赴任地ごとに定められている日当の30日分が支給される。 9.帰国休暇 自国外で勤務する職員は2年に1回(困難な勤務地に勤務する職員は1年に1回)、機関側の費用負担で家族とともに帰国する際に取得できる。 10.家族訪問休暇 上記9.帰国休暇が1年に1回のサイクルの勤務地で、家族が勤務地国外に居住している職員が取得できる。 12ヶ月毎に認められるが、帰国休暇と同じ年には取れない等の条件がある。 11.帰国手当 帰国準備のための諸経費を賄うために支給される。

次の

NY人事情報

国連 職員

の仕事とは 世界中で起こる紛争や核問題、食料問題や難民、環境問題など、国連はさまざまな問題の解決を目指しています。 国連職員とは、国連事務局の他に、国連の下部組織や国際機関の職員のことをいい、その活動は国連加盟国、世界193の国々に広がっています。 例えば、世界遺産登録や保護でよく知られているユネスコも国連関係機関のひとつです。 ユネスコで働く人材も、国連職員に含まれるということになります。 ユネスコは他にも、世界寺子屋運動など発展途上国の教育支援などにも取り組んでいます。 その他にも関連機関はたくさんあり、労働問題に携わる機関や国際ボランティアに関わる機関、国際経済に関わる機関など、その分野は多岐に渡ります。 国連職員の業務の内容 国連は、国際平和と安全の維持、国家間の友好関係の構築や生活水準の向上、人権の推進等を任務としています。 また、世界各地の難民の救済や保護、テロ対策、開発、核不拡散への働きかけなどの課題に重点をおく組織です。 具体的には、さまざまな国際機関で下記のような活動をおこなっています。 1.意見を表明できる「場」の提供 国連では、さまざまな問題解決のため、国際性と国連憲章により付与された権限により、国連総会、国連安全保障理事会、経済社会理事会、その他さまざまな機関や委員会を通じ、国連加盟国が自国の見解を表明できる場を提供しています。 国連職員の役割 国連職員は、それぞれの目標に向けてイニシアチブをとり、外部との連携をとり円滑に進め、問題解決へと導く支援をする役割と責任を担っています。 すべて国連が主導してものごとを進めるのではなく、住民を主体にした、住民の手による復興をするための支援をするのです。 また、これらを成し遂げるためにどのように公平性を保ち、また少数派や女性の意見も吸い上げることができるかということにも気を配ります。 このようにフィールド(現場)で問題解決を進めるためには、住民と国連職員との信頼関係が重要になり、そういった意味で国連職員はコミュニケーション能力や中立性、信頼関係を築ける『人間力』も必要とされる職業でもあるのです。 国連職員の勤務先の種類 国連職員は、その約6割を本部以外の世界各地に派遣する、即応型のフィールド主体組織であり、世界各地で問題解決を行います。 国連事務局をはじめ、世界銀行や、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連人権高等弁務官事務所(UNHCHR)、国際労働機関 ILO 、国連ボランティア連絡事務所 UNV などです。 職種としては、IT、財務、農業、貿易、金融、産業育成、人事や環境など幅広く複数あり、各機関ごとに必要とされる職種や職務は異なりますが、チームとして問題解決に当たります。 たとえば、生活総合開発事業で、収入や生産性向上をミッションとする職員の職務は、援助地域の選定など調整役が主な業務です。 一方、国連リベリアミッション UNMIL では、広報官という立場で現地で取材し、記事を書くことで平和を構築するというミッションを担っている職員もいます。 国連職員と関連した職業 国際的な問題解決や調整に当たる職業は、国連職員以外にもあります。 例えば、各国の大使館職員やNPO職員、 などの有償ボランティアもあります。 これらの職業と国連職員の異なる点で最も大きいのは、国連職員はどの国にも属していないということです。 大使館職員はある国の代表であり公務員です。 NPO職員の場合、国際的に横断して活動しているNPOもありますが、どのNPOも母体となる団体があり、どこかの国に属しています。 そのため、自国の政治的判断と異なる行動を取ることができなかったり、属している国の法律を適用されるなどの特徴があります。 一方、国連職員はあくまで国連に属する人材であり、国際的に中立な立場で業務にあたることになります。

次の

憧れだけでは生きていけないフィールドで働く国連職員の覚悟

国連 職員

スプートニク日本 国連のラヴィナ・シャムダサニ代表は「マイケル・シャープ氏とサイダ・カタラン氏の殺害の模様に戦慄を覚えた」とする声明を表している。 コンゴ政府はカサイ地域で起きたシャープ、カタラン両氏の殺害映像の入手経路については明らかにしていないものの、国連への公開に踏み切った理由についてはこの殺害にコンゴ警察も軍も関与していないことを示すためと説明している。 コンゴのメンデ通信メディア相がカビラ大統領を代表して表した声明には「我々の警察および兵士らは国連職員2名の殺害に関与したとして非難されているが、これは当該ケースではない」と書かれている。 メンデ通信メディア相は、「映像は自身を語っている…。 これは反体制派勢力のカンヴィナ・ヌサプのテロリストらの犯行だ」と説明した。 コンゴ中央部で国連の職員が誘拐された事件は3月13日に明らかになった。 同月3月末、職員らとその通訳は死体で発見されていた。 ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の