人間 万事 塞翁が馬 意味。 「人間万事塞翁が馬」の読み方や意味&使い方を例文で解説

「人間万事塞翁が馬」の意味とは?読み方・使い方と類語も

人間 万事 塞翁が馬 意味

塞翁が馬の読み方・意味・語源・使い方 塞翁が馬の読み方 「塞翁が馬」は「さいおうがうま」と読みます。 塞翁が馬の意味 「塞翁が馬」の「塞」は、土を堤防のように盛って外敵を防ぐ「土塁」のことです。 それが転じて、国境に面した「砦 とりで 」の意味にもなります。 また「翁」は老人を意味します。 「塞翁が馬」をそのまま現代文にすると、「砦に住む老人の馬」になります。 故事成語としての「塞翁が馬」の意味は、「人の運不運や幸不幸はいつどのように変転するかわからない」ということを表し、それゆえ「目の前の運命や状況に一喜一憂するのは意味がない」と教え諭しています。 塞翁が馬の語源 「塞翁が馬」は、中国で前漢時代に編纂された思想書『淮南子(えなんじ)』に記載された以下の故事に由来しています。 むかし中国の北方のある要塞都市に、占いに通じた老人(塞翁)が、息子とともに暮らしていた。 ある日、塞翁の家で大切に飼われていた馬が遊牧民の広大な放牧地に逃げ出してしまった。 そのことを知った近隣の人々が気の毒がると、塞翁は平然として、「これが不幸かどうかはまだわからない。 むしろ吉兆かもしれないよ」と言った。 はたして馬は数ヵ月後に美しい駿馬(しゅんめ)を引き連れて帰ってきた。 失ったと思われた馬が大きな利子をつけて戻ってきたことに人々はおどろき、塞翁の元に祝いに駆けつけると、塞翁は今度は浮かぬ顔をして、「これはむしろ災いになるだろう」と予言した。 はたしてその後、馬に乗って遊んでいた塞翁の息子が落馬して足を折ってしまった。 そこで近隣の人々が気の毒がってお見舞いに行くと、塞翁はなぜか平然として、「これはむしろ吉兆になるかもしれない」と予言した。 すると翌年、塞翁の国と隣国との間に戦乱が起き、若者たちは兵役にかり出されてほとんどが戦死したが、塞翁の息子は足のけがで兵役を免れたおかげで死なずにすんだ。 「塞翁が馬」はこの故事にたとえて、「人生では幸運が厄災の原因になったり、逆に凶事が幸運を招いたりすることが多々ある」という意味を表す成語になりました。 「人間万事塞翁が馬」とは 「人間万事塞翁が馬」は、故事成語の「塞翁が馬」に、「人間万事」という語を加えたことわざです。 「人間万事(にんげんばんじ)」は「人間に起こりえるすべての禍福(運不運や幸不幸)」を意味する言葉です。 ただし「人間」を「じんかん」と読むと、意味が微妙に変わってきます。 「人間」を「じんかん」と読むのは誤読のようですが、「人間」を「じんかん」と読むと「人の住む世界」の意味に変わってきます。 そのため「人間万事塞翁が馬」を「じんかんばんじさいおうがうま」と読むと、「人間をとりまく社会や世間では、幸運が厄災の原因になったり、逆に凶事が幸運を招いたりすることが多々ある」といった意味になります。 ただ、「人間」=「人間社会・世間一般」という意味に解釈すれば、「人間」は「にんげん」でも「じんかん」でも、それほど大きな差はありません。 一般には「人間万事」は「にんげんばんじ」と読むことが多く、現代ではそれが正解とされますが、「人間万事」=「じんかんばんじ」という解釈も、決してまちがいではありません。 もしもビジネスシーンで「人間万事」を「じんかんばんじ」と読む人がいたら、「それ、まちがいでは?」と安易に否定せず、「さすが、よくご存じですね」とほめたたえてさしあげるのが良いでしょう。 君はこの一年で両親を失い、奥さんには逃げられ、勤務先は倒産し、収入もないのにソシャゲにはまって課金で破産寸前なわけだが、「人間万事塞翁が馬」だ。 あきらめるのはまだ早い。 塞翁が馬の類義語と例文 塞翁が馬の類義語としては、「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」「禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」をあげることができます。 「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」は「幸と不幸は表裏一体で、交互に訪れるものだ」という意味になります。 「禍福は糾える縄の如し」も、「禍(わざわい)と福とは、より合わせた縄のように緊密にからんでローテーションする」といった意味になります。 「塞翁が馬」の本来の意味からすると、老子の「禍福之所倚、福禍之所伏」(不運の裏には幸運が寄り添い、幸運の裏には不運がひそんでいる)という言葉が最も近いと言えますが、この言葉は日本語の故事成語になっていません。 「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」の例文 去年、僕の後輩がもらい事故で大けがをしたんだが、そのとき病院で知り合ったナースと先月、結婚したっていうのだから、まさに「禍福は糾える縄の如し」だね。 塞翁が馬の英語表現 塞翁が馬の英語表現としては、「Inscrutable are the ways of Heaven」と「Every cloud has a silver lining」のふたつが一般的です。 「Inscrutable are the ways of Heaven」は「天意ははかりがたきもの(神様のやることは人間には理解できないものだ 」という意味です。 「Every cloud has a silver lining」は有名なことわざのひとつです。 日本語に直訳すると「すべての雲に銀色の裏地がある」となりますが、この場合「liningは「裏地」ではなく、雲の輪郭が太陽の逆行を透かして光り輝くことを意味しています。 したがってこのことわざは「どんなに厚い雲にも光るところはある」=「どんなに困難な状況にも、光明はある」という意味になります。

次の

「塞翁が馬」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

人間 万事 塞翁が馬 意味

良いことと悪いことをあらわすもの 人間万事塞翁が馬とは が 良いことと悪いことが順におこる話です。 そういった意味をあらわしている英語のことわざは Joy and sorrow are today and tomorrow. (今日はよろこびは明日は悲しみ) A joyful evening may follow a sorrowful morning. (悲しみの朝には喜びの夕べがつづく) ちょっとシンプルすぎるような印象もありますが、 良いことがあっても油断したくない、 悪いことがあっても落ちこみたくない、 こういった場合にいさめたり、はげましたりするのに よいことわざですね。 どちらも人間万事塞翁が馬を 英語に訳したものとして使えるでしょう。 運命の不可思議さをあらわすもの 人間万事塞翁が馬の逸話は 良いことと悪いことが交互に起こることから このことわざには、先のことはわからないものだ、 という意味もふくまれています。 その点をあらわしている英語のことわざはこちら。 Inscrutable are the ways of Heaven. (天のやり方は不可解) Fortune is unpredictable and changeable. (運とは予測できず、変わりやすいものだ) 「天」とか「運」がでてくるあたり、 運命思考的というか、ツキとかそういったものが 関係している雰囲気がありますね。 ただ、世の中には不思議な出来事があったり、 予想もしない原因で思いもよらないことが 起こったりすることもあるでしょう。 人間万事塞翁が馬とは そういった出来事をあらわす意味もあるので それを英語にするならこれらのことわざがいいですね。 スポンサーリンク つらい時期を乗り越える意味では さいごに、ものごとの両面性、もしくは 苦しい時期の向こうにある輝かしい未来について、 あらわしている英語のことわざです。 Every cloud has a silver lining. 直訳すると 「あらゆる雲は銀の裏地をもっている」 となりますが、 「雲のむこうは光輝いている」 というような意味と考えると分かりやすいでしょう。 「silver lining(銀の裏地)」とは 雲が裏側にある太陽によって照らされて 輝くようにふちどられている様子です。 分厚い雲から太陽が姿をあらわす瞬間に 見られる光景ですね。 とても美しい光景ですので ながい受験勉強や仕事で成果がでるまでの大変なとき、 こういった景色を思い浮かべて元気をだすのに よいことわざですね。 塞翁が馬を、はげます意味でつかうなら こういった英語の訳し方もいいでしょう。 一見よく分からないことわざだからこそ こうやって考えると 人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま) は、 実にいろいろな意味のあることわざですね。 由来となる中国の故事を知らないと サッパリ意味が分かりませんが 知ればなかなか味わいのあることわざです。 どういった話が由来なのかについてはこちらをご覧ください。 先に述べた英語のことわざは どれも塞翁が馬の意味として使えるものなので どれを英訳としてでもいいのですが、 できれば状況に応じて使い分けると、より面白いですね。

次の

人間万事塞翁が馬の人間

人間 万事 塞翁が馬 意味

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年7月) 『 人間万事塞翁が丙午』(にんげんばんじさいおうがひのえうま)は、作の。 著者の母をモデルとしている。 書名は主人公ハナがに生まれたことによる。 からにかけてのの生活を、講談調で記述している点に特徴がある。 タイトルは中国の古書「」に書かれている「」のパロディ。 第85回(直木賞)受賞作品。 にによりテレビドラマ化された。 なお、本作には以下の様な特徴がある。 直木賞を取ると周囲に公言して執筆を始めた作品• 小説としては• 処女作での主要文芸賞の受賞 このような要素が重なった作品は日本の文学史を見渡しても他に無く、「超」とも称された青島の優れた才能の一端を示すエピソードとして知られる。 あらすじ [ ] 呉服問屋が並ぶ東京のにある仕出し弁当屋「弁菊」が舞台となっている。 主人公ハナは21歳のときに、人情味あふれるにぎやかな下町に嫁いだ。 そして夫の次郎とともに謙一、幸二の二人の息子を育て上げる。 また様々な事件に遭遇するが、持ち前の明るさとたくましさで乗り越えていく。 夫の次郎にが届き従軍、復員、再召集、帰還、そして戦後に旅館業を営み次郎が亡くなるまでを描く。 テレビドラマ [ ] 人間万事塞翁が丙午 ジャンル 原作 脚本 演出 、 出演者 ほか 音楽 言語 製作 プロデューサー 久世光彦、、 制作 、 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 同年 放送時間 水曜21:00 - 21:55 放送枠 放送分 55分 回数 13回 から同年までの『』で放送された。 全13回。 出演者 [ ]• スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 -• 演出 - 、• 演出補 - 、、• 記録 - 市島恵子• 技術 - 島崎孝雄• 映像 - 田中文夫、桜井茂、山崎秋夫、伊藤修、野条光一、白井昭至、石田伸夫• 照明 - 海老原靖人、浅田和男、的場謙一、三宅洋、斉藤幸一、川路淳• 音声 - 片岡博司、海老原伸行、石田滋之• デザイン - 西亥一郎• 美術制作 - 澤井義雄• タイトル文字 -• 制作補 -• 音楽 -• 演奏 -• プロデューサー - 久世光彦、、• 制作協力 -• 制作 - 、TBS 主題歌 [ ]• 「アイ・ラブ・ユウ この街」• 作詞・作曲・歌 - 三好鉄生 前番組 番組名 次番組.

次の