ヒックマン ポンプ。 【ドクターストーン】第58話「科学の波」ネタバレ確定感想&考察![→59話]

ヒックマンポンプとは

ヒックマン ポンプ

ガラス細工シリーズ2 ガラス細工シリーズ 2 ヒックマン型油拡散ポンプ 私たちをはじめ地球上の多くの生き物は空気なしでは生きられません。 しかし、実験研究において空気はむしろ邪魔物となるので、しばしば空気を排除した高度な真空状態が必要になります。 写真のガラス装置はヒックマンポンプと呼ばれ、真空ラインに組み込まれて、通常のポンプが作り出す真空状態から高度な状態に変える働きをします。 原理は、装置の下に突き出した容器に入れた油の分子をヒーターで加熱して気化させ、水平の管の中の右側に開いた円錐形のノズルから発射して空気の分子を右側に弾き飛ばし、左側の部分の空気の圧力を下げるというものです。 このような理化学用のガラス機器は、その滑らかで美しい形から機械で作られていると思われがちですが、実際は熟練したガラス技術者 glassblower の手作業によって作られています。 ちなみに、理学部には専門のガラス技術者が現在3名います。 ガラス管をバーナーで加熱して軟らかくし、息を吹き込んで膨らますと、表面張力の働きで自然に滑らかな美しい形になります。 ガラス技術者はこのようなガラスの性質に精通しており、それを巧みに利用して、機能と美を兼ね備えた複雑なガラス機器を作り上げます。 本学の最先端の研究の一端は、このように機械には真似のできない高度な技能によって支えられています。 東北大学大学院理学研究科・理学部 硝子機器開発・研修室長 飛田 博実.

次の

ヒックマンポンプ

ヒックマン ポンプ

ヒックマンポンプとは ヒックマンポンプは• 物体の空気を極限まで吸い出すための装置 です。 必要性 携帯電話の電波をあれこれ操作する重要な部品である• を作るにはとは異なり、極限の真空が必要となります。 高度な技術が必要 現実世界でもヒックマンポンプを作るには機械では不可能でガラス職人による高度な技術が必要です。 作中では村の職人のカセキが担当します。 ちなみに設計図だと3m近くあります。 (比較対象のの千空の身長は171. 4cm) これを作ってしまうカセキさんすごすぎます。 原理 作中に登場したものに一番近そうなヒックマンポンプです。 画像引用、及び参照:• 下側の容器に入れた油(水銀でも可能)を加熱する• 水平の管の中の右側に開いた円錐形のノズルから空気の分子を右側に飛ばす• すると左側の空気圧が下がり、真空になる カセキの飛び出した目の先に設置されていたのが真空管の模様 なんじゃこりゃ。 うん、困ったときは「メカ千空」に聞こう!.

次の

拡散ポンプの働きについて教えて下さい。中のオイルが蒸気になり上昇し、傘...

ヒックマン ポンプ

これはなんでも 「吸引力がケタ違いの、吸い出しポンプレベル100億」なんだそう。 何ソレ…。 前話を読み返してようやく…って感じだけど、これはタングステンを吸い出すってことで良いんだよね? これ、読者全員ついてこれてるのかな?(読者全員がググってくれれば良いんだけど、そういうのを求めるのは違うもんね…。 ) ドクターストーンはただでさえ専門用語が出てくるテーマの漫画なんだから、出来る限りシンプルな日本語で説明してくれないと混乱だけが深まりそうな気がしてならない…。 ドクターストーン58話より引用 ヒックマンポンプの設計図はこんな感じらしい! ちなみにそんなヒックマンポンプの設計図は上記のような感じ。 カセキおじいちゃんがあらゆる液体を同時に噴出しながら驚愕するほど…ってことで、相当な難易度なんだね。 で、さらには以下のカットもまぁ疑問。 ドクターストーン58話より引用 前回もやってた「任せる!」のくだり…。 何回やんねん! 前回もやってた 「任せる!」のくだりを再び繰り返す千空&カセキ。 千空は友情に対してストレートな行為を示すと 「気持ち悪い」という反応を示す人物像であることがクロムの一件で判明しているけど、上記はどんな感情でハイタッチしてるんだろうね? 「クロムほど親しくはないから気持ち悪いとは言えないし、まぁハイタッチくらいはしてやってもいいか…」とかそんな感じ? バトワンは心理考察は得意なほうだと自負してるんだけど、上記カットの千空の脳内は全くといっていいほど分からなかったし、もちろん感情移入も出来なかった…。 【スポンサーリンク】 ドイヒードイヒーうるさいゲン! あと、今回はゲンに対して 「ドイヒードイヒーうるさいなぁ…。 」という印象を持ってしまった。 ただでさえドイヒーとかゴイスーとか、引っかかる喋りをするゲンだけど、今回の連発はなかなかすごかったね…。 スンナリ読み流せる人なら良いと思うけど、これ嫌いな人は物凄く嫌いだと思うから、読者離れを呼び込むほどのアレだったような気がするなぁ…。 ドクターストーン58話より引用 ドイヒードイヒーうるさいゲン! またこのカットは千空が意地悪(?)っぽく指示を出したことを笑いに変えようとしている印象を受けるけど、バトワンにはちょっと笑うポイントがわからなかった。 (笑わせようとしているようには見えるけどね…。 ) これはどんな気持ちで読めばよかったんだろう?うーん…。 と、まぁかなりの疑問を抱いた今回の58話だけど、ちょいちょい 「やっぱ良いなぁ!」と感じる場面もあって。

次の