笠間 稲荷 神社。 笠間稲荷神社東京別社

笠間稲荷神社の御朱印&御朱印帳

笠間 稲荷 神社

笠間稲荷神社東京別社|笠間藩主牧野貞直公が奉斎 笠間稲荷神社東京別社の概要 笠間稲荷神社東京別社は、中央区日本橋浜町にある神社で、日本三大稲荷のひとつ茨城県笠間稲荷神社の東京別社です。 笠間稲荷神社東京別社は、江戸時代末期に笠間藩主牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎して建立されたといいます。 紋三郎稲荷とも称されるといいます。 笠間稲荷神社東京別社の概要 社号 笠間稲荷神社 祭神 宇迦之御魂神 相殿 - 境内社 - 住所 中央区日本橋浜町2-11-6 備考 -• 笠間稲荷神社東京別社の由緒 笠間稲荷神社東京別社は、日本三大稲荷のひとつ茨城県笠間稲荷神社の東京別社です。 江戸時代末期に笠間藩主牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎して建立されたといいます。 紋三郎稲荷とも称されるといいます。 中央区神社案内による笠間稲荷神社東京別社の由緒 日本三大稲荷のひとつであります茨城県の笠間稲荷神社の東京別社は、江戸末期に時の笠間藩主である牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎、以来人々に崇敬され、紋三郎稲荷として親しまれております。 (中央区神社案内より) 東京都神社名鑑による笠間稲荷神社東京別社の由緒 この地はもと徳川五代将軍綱吉の寵臣、牧野成貞の拝領地の一部で、邸内には稲荷社が奉斎されていた。 綱吉がこの浜町邸にお成りの節は参拝している。 たまたま牧野氏は延享四年(一七四七)笠間城主となり、笠間稲荷神社を崇敬し、安政六年(一八五九)、時の城主牧野貞直、その御分霊をこの社に合祀し、崇敬の誠をつくした。 明治廃藩後は公認神社として独立した。 大正十二年九月の関東大震災には社殿を焼失したが、ただちに再建された。 昭和二十年三月の東京大空襲には、社殿全焼するの厄にあった。 (東京都神社名鑑より) 「中央区史」による笠間稲荷神社東京別社の由緒 笠間稲荷神社(日本橋久松町三九)祭神に宇迦之御魂命を祀るが、別に紋三郎稲荷とも称する。 胡桃下稲荷として有名な茨城県笠間市の笠間稲荷神霊を安政六年十一月牧野越中守が浜町の自邸内に分祀したものが当社の起立である。 明治六年十二月現在地に遷座、続いて同十一年三月官許を得て公衆の参拝を許し今日にいたった。 境内社に牧野家の臣藤井監物を祀った晴雲神社があり、又明治座内に笠間稲荷神社分霊を奉祀する。 氏子はなく、旧日本橋区を主とし、ほかに東京・横浜・市川方面に居住する約五百人の崇敬者をもって東京紋三郎講を組織している。 戦前毎月二の日に縁日が賑ったが現在この風は癈れた。 例祭は十一月十五日、ほかに初午祭・追儺祭・節分祭等の年中行事がある。 敷地坪百四坪七合五勺、建物は本殿一坪、拝殿五坪、社務所十五坪、いづれも戦後新に造営したものである。 (「中央区史」より) 「日本橋區史」による笠間稲荷神社東京別社の由緒 胡桃下稲荷神社 久松町三十九番地にあり。 祭神は倉稲魂命にして社名を一に紋三郎稲荷と稱す。 安政六年、常陸國笠間藩主牧野氏、同國笠間稲荷を勸請し、初めて濱町に祭り、明治五年今の地に移祀したるものなり。 (「日本橋區史」より) 東京名所図会による笠間稲荷神社東京別社の由緒 胡桃下稲荷神社 胡桃下稲荷神社は、久松町三十九番地に鎮座せり、又 紋三郎稲荷とも呼ぶ。 同社は、常陸國笠間の藩主従六位牧野某、安政六年、領地なる笠間の胡桃下稲荷神社の分霊を乞ふて、濱町二丁目の邸内に奉斎せしを、明治五年に及びて、現今の地に奉遷せりといへり。 無格社にして、祭神倉稲魂命。 社殿土蔵造にして安政年間創建の儘なり。 社務所及神楽殿は、明治二十九年寄進なり。 天水釜一對、手洗場、また境内に末社一棟あり。 (東京名所図会より)  笠間稲荷神社東京別社の周辺図 笠間稲荷神社東京別社 .

次の

笠間稲荷神社東京別社|中央区日本橋浜町の神社

笠間 稲荷 神社

もくじ• 概要 茨城県・の分社で、常陸笠間藩第8代藩主・牧野貞直が下屋敷内に御分霊を奉斎したことに始まる。 日本橋七福神めぐりの一社で寿老神が祀られている。 御祭神 宇迦之御魂神・寿老神 社格 旧無格社 鎮座地 最寄駅 都営地下鉄新宿線 浜町駅 都営地下鉄浅草線 人形町駅 東京メトロ日比谷線 人形町駅 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 URL 御由緒 5代将軍徳川綱吉の御側御用人・牧野成貞は1681 延宝9 年、綱吉から下屋敷として拝領した土地 現在の久松警察署前の小川橋・蛎浜橋辺から隅田川に至る21,269坪 に広大な屋敷と庭園・泉池を設け、築山には稲荷・山王・八幡を祀っていた。 1747 延享4 年に成貞の長男・牧野貞通は、京都所司代から常陸笠間に転封されると、先例にならい 茨城・笠間稲荷神社の別称 を祈願所とした。 常陸笠間藩第8代藩主・牧野貞直は1859 安政6 年、笠間稲荷の御分霊を江戸下屋敷内の現在地に合祀奉斎し、初午の日には日本橋界隈の市民に参拝を許可したという。 廃藩置県の施行後、牧野邸は本所緑町に移転し、1888 明治21 年には牧野家の依頼により笠間本社が奉祀する所となる。 1923 大正12 年9月の関東大震災で社殿を焼失し直ちに再建されたが、1945 昭和20 年3月の東京大空襲により再び被災。 同年12月に本社の援助を受け本殿を再建し仮社務所を設置、戦後の1953 昭和28 年9月に拝殿を再建するに至った。 境内紹介 警視庁久松警察署の道を挟んだ南向かい側の角地に鎮座する。 浜町駅A1出口からは西に250mほど、人形町駅A3出口から東に350mほどの距離。 日本橋七福神の毘沙門天を祀るも至近に鎮座している。 「こじんまり」の言葉が似合う小社だが、一歩境内へ歩みを進めると、しっかりと締まった空気を保つ。 境内社 殿内に木製の小祠にて寿老神社 寿老神 、石製の小祠にて牧野家の忠臣・藤江監物を祭神とする晴雲神社が祀られている。 御朱印・御朱印帳 御朱印 笠間稲荷神社東京別社と、日本橋七福神めぐり・寿老神の御朱印。 初穂料各300円。 拝殿左手の社務所にて受けられる。 御朱印帳.

次の

観光情報 : 笠間観光協会

笠間 稲荷 神社

Wikipediaからの引用 概要 笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。 旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。 別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷。 五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間300万人を超える参拝客が訪れる。 また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。 日本三大稲荷の一つとされている。 「笠間稲荷と佐白山」として茨城百景に選定されている。 東京都中央区日本橋浜町には、当時の笠間城主牧野家の下屋敷があり、その地には藩主が笠間稲荷神社より分霊を受けて建てられた笠間稲荷神社東京別社がある。 歴史 創建 創建に関する伝承は口碑によるもので、文献記録はない。 勧請元となった稲荷神社も不詳である。 社伝では、孝徳天皇御代の白雉2年(651年)、現在の地にあった胡桃樹の下に創建したものという。 笠間便覧では、白雉年間、佐白山に鎮座していた六座のうちの稲荷社を、現在の地にあった胡桃樹の下に奉遷したものという。 ただし、この伝承が記述されているのは笠間便覧のみである。 近隣に鎮座する城山稲荷神社に、旧址を佐白山上とする同旨の由緒がある。 笠間稲荷神社ウェブサイトの由緒では、当時、社地一帯は胡桃の密林であったという。 戦前の取材による茨城県神社写真帳には、「広漠とした荒野の片野の一本の胡桃樹下」であっ... アクセス 自動車 北関東自動車道友部ICから国道355号で約15分、又は笠間西ICから茨城県道64号土浦笠間線の福原バイパスと国道50号を利用し約20分(約10km)。 常磐自動車道水戸ICから国道50号で約25分。 鉄道 JR水戸線笠間駅 タクシーで約5分 徒歩約20分(約2km) JR友部駅 かさま観光周遊バス(月曜運休) 稲荷神社下車 高速バス 関東やきものライナー 笠間稲荷神社入口下車 行事 祭礼 例祭 例祭は4月9日に行われる例大祭である。 4月9日は創建の日とされている。 笠間の菊まつり 10月中旬から11月末にかけて、笠間稲荷神社を中心に開催されている。 明治23年(1890年)以来、境内で「朝顔会(朝顔展示)」を開催していたが、これを明治41年(1908年)、当時の宮司が発展させ、農園部を設置し、菊花の展示を開始した。 元は人々の心を和ませ、信仰を育むために始めたものという。 大正2年(1913年)からは全国菊花品評会が、戦後の昭和23年(1948年)からは菊人形展がそれぞれ開催されるようになった。 近年は「笠間の菊まつり」として、笠間稲荷神社初詣と並び、80万人弱の観光... 引用元情報 「」『ウィキペディア日本語版』。 この版のURL:.

次の