授乳 楽。 授乳姿勢・抱き方のコツ!赤ちゃん・ママが楽になる方法で母乳をあげよう!

【楽天市場】【送料無料】母乳育児 授乳を 授乳楽にする授乳服 ストレッチ 丸首 長袖 Tシャツ タートルネック 授乳インナー 授乳シャツ 産後 母乳育児服 小さい 大きい サイズ マタニティと授乳服のミルフェルム【ST】 キャッシュレス ポイント還元:授乳服とマタニティのミルフェルム

授乳 楽

母親も赤ちゃんもはじめのうちは悪戦苦闘? 出産から数日間しか出ない「初乳」は、赤ちゃんにとって大切な栄養分が豊富に含まれているため、「できるだけ飲ませた方がいい」と言われています。 しかし、生まれたばかりの赤ちゃんのなかには、はじめから上手に乳首をくわえられず泣き出してしまう子も珍しくありません。 乳首が陥没していたり小さかったり、反対に乳首が大きくて赤ちゃんの口にうまく含ませられず、授乳が思うように進まないこともあるのです。 ただ、何度も授乳を繰り返していくうちに抱き方のコツを掴めるようになり、赤ちゃんも乳首をうまくくわえられるようになります。 はじめのうちはうまく授乳できなくて焦ってしまうかもしれませんが、母子ともに慣れていき、落ち着いてできるようになります。 次にご紹介する抱き方と授乳の方法を参考に、自分たち親子に合った方法を模索してみてはいかがでしょうか。 VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOA 覚えておこう!主な授乳の姿勢と抱き方4つ 一般的な授乳の姿勢とちょっとしたコツをご紹介します。 横抱き 横抱きは乳房に対して赤ちゃんの顔と体を正面に向けて授乳する方法で、最もポピュラーな授乳姿勢です。 両手で赤ちゃんを包み込むようにして抱っこし、赤ちゃんの体全体を自分に向けるのがコツ。 授乳クッションがあれば赤ちゃんを抱っこするのも負担なくでき、赤ちゃんもクッションに支えられて安定感があるなかで母乳を飲めるので授乳が比較的楽です。 生後3ヶ月を過ぎ赤ちゃんの身体が大きくなってくると、授乳クッションも不要になります。 縦抱き 縦抱きは、太もものうえに赤ちゃんをまたがせて座らせるように縦に抱っこして授乳する方法です。 母親の乳首が小さい、あるいは乳首の長さが短いなど扁平乳頭のときにすることが多いポジションです。 座っていないとできない抱き方ですが、赤ちゃんを太ももに座らせているので腕や腰に負担がかからず、横抱きに比べると楽に授乳できます。 まだ首が据わらないうちはしっかりと支えてあげるように手を添え、新生児で赤ちゃんの口が乳首まで届かないときは、赤ちゃんのお尻の下にクッションやタオルを敷いて高さを調整しましょう。 フットボール抱き フットボールを片方のわきで抱えるように、赤ちゃんを小わきに抱えて授乳するスタイルです。 わきの下で赤ちゃんの体がまっすぐな状態で、首を少しだけ反らせるのがコツ。 乳房と赤ちゃんの顔の高さを合わせるため、授乳クッションを使うことが多いです。 横抱きや縦抱きで刺激されていない乳管を刺激し、母乳の分泌を促すことができます。 赤ちゃんの体がお腹に当たらないので帝王切開をした人や、双子育児をしている人 におすすめ。 添い乳 添い乳は赤ちゃんを寝かしつけるときなどに行われる授乳方法で、赤ちゃんと一緒に横たわって授乳します。 楽な姿勢で授乳でき、夜中の授乳もいちいち起き上がらずにこなすことができます。 横向きに寝転がり乳房の正面に赤ちゃんの顔が来るように、タオルなどを敷いて頭が高くなるように寝かせ、できるだけ赤ちゃんの顔に乳房を近づけ授乳します。 このとき、自分の体と赤ちゃんがぴったりと密着していることがポイント。 密着していないと赤ちゃんが乳首をうまくくわえられません。 赤ちゃんの頭を押し付けず、自分から赤ちゃんに近づくようにして授乳します。 首がしっかりしてくる生後2~3ヶ月になると楽にできるようになります。 ただ、中耳炎になりやすい赤ちゃんは耳管に母乳が流れやすいので添い乳はしないようにしましょう。 授乳のときに気をつけるポイント 赤ちゃん編 授乳のときの赤ちゃんの様子は、次の2つのことを意識してチェックしてみましょう。 赤ちゃんが乳輪全体をしっかりくわえているか 乳首だけでなく乳輪までしっかりと含ませることで、赤ちゃんが上手に母乳を飲みやすくなります。 乳首だけをくわえた状態だと乳頭が傷ついたり、母乳が出にくくなったりしてうまく飲めません。 乳房の高さと赤ちゃんの頭の高さが同じところに来るように、赤ちゃんの体全体を自分のほうへ向くような体勢をとらせると良いでしょう。 浅飲みになると乳首に裂傷ができやすくなるので、しっかり大きく含ませることが大事です。 赤ちゃんが窒息しないように注意 どの姿勢で授乳するときも、赤ちゃんの鼻が乳房でふさがれないよう注意が必要です。 特に、赤ちゃんの顔より乳房が大きく豊かな人は気をつけましょう。 縦抱きは前のめりになると赤ちゃんの鼻がふさがれてしまい、息ができなくなります。 必ず背筋を伸ばして胸を張るような姿勢を保ち、赤ちゃんが鼻で息ができるようにしましょう。 また、添い乳も同様に前のめりにならないよう、まっすぐな体勢になると赤ちゃんが鼻で息ができるようになります。 また、授乳後にそのまま赤ちゃんを寝かせる場合はしっかり入眠していることを確認してから自分も寝るようにしたほうが良いですが、授乳中に寝落ちしてしまうことはどうしてもあるでしょう。 赤ちゃんに覆いかぶさってしまうことを防ぐため、前のめりにならないように起きているときから気をつけましょう。 母親編 赤ちゃんだけでなく、自分自身にも気をつけたいポイントがあります。 猫背にならない どのような姿勢でもついつい赤ちゃんの顔を覗き込もうとする猫背になってしまいがちですが、なるべく背筋をまっすぐに伸ばしてして授乳しましょう。 猫背で授乳していると、赤ちゃんの鼻が乳房でふさがれて呼吸ができなくなる恐れがあります。 それだけでなく、特に座って授乳をする姿勢の場合は、猫背は体への負担が大きく肩こりや腰痛の原因になりかねません。 意外と知られていませんが、力学的には立っているときより座っているときのほうが腰に負担がかかります。 前かがみになるとさらに負荷がかかるため、座って授乳をする際には意識的に背筋を伸ばすよう意識してみましょう。 授乳クッションなどを活用し、赤ちゃんの位置を高くするのも良いでしょう。 両方の乳房で授乳する 人によっては左右で抱っこがしやすい方・しにくい方があるかもしれません。 ただ、片方の母乳を多く吸わせた結果、「左右で胸の大きさが違ってきた」という人も。 片方だけ吸わせていると、もう片方で目詰まりを起こし乳腺炎になる恐れもあるので、左右両方の母乳を均等に吸わせることが大切です。 例えば授乳時間が毎回20分なら、左右それぞれ10分ずつ授乳させ「両方均等にまんべんなくすること」がポイントとなります。 リラックスする 長い人生のなかで、授乳できる期間はごくわずか。 実はとても貴重な時間なのです。 新生児~授乳の時間が落ち着くまでは頻繁に授乳しなければならず疲れてしまいますが、授乳時間が安定してくる日、そして卒乳の日はいつか必ず訪れます。 それに、一生懸命に母乳を飲む赤ちゃんの姿はとっても愛おしいものです。 限られた今だけのものである授乳タイムをなるべくリラックスして過ごせるように、ハーブティーを飲んだり好きなBGMをかけたりするなどして工夫してみましょう。 授乳グッズを活用しよう 授乳はリラックスしようと思っていても、毎日何度も続けるのはやっぱり大変です。 授乳時の負担が軽くなるような授乳グッズを活用しましょう。 例えば、赤ちゃんを横抱きするときに使うアームピローは、腕に通して赤ちゃんの枕として使います。 腕の負担が和らぐだけでなく、赤ちゃんの汗を吸ってくれます。 肌触りの良いタオル生地で作られていて 吸水性の良いものや、 オーガニックコットンを使用したものもあります。 実用的なだけでなく色や形も様々なものがありますよ。 また、外出時に便利なものとしては授乳ケープなどがあります。 お気に入りの色柄のものを見つけて、母親の気分を上げるのも良いですね。 いつも同じ抱き方はNG?乳腺炎に要注意 乳腺炎は母乳や乳管の詰まりが原因で引き起こされる炎症で、しこりができたり焼けるような痛みを感じたりします。 同じ抱き方で授乳を続けていると、乳腺が刺激されるのが同じ場所ばかりで他の乳腺が刺激されずに炎症してしまうのです。 なかには、あまりの痛みに母乳育児を諦めざるを得なかったというケースも…。 乳腺炎の予防には、同じ抱き方だけでなく、時には違う抱き方で授乳して乳腺を全体的かつ均等に刺激することが大切です。 乳房が張っているときや熱を持っているときには保冷剤をタオルで包んで冷やす方法も試してみましょう。 万が一乳腺炎にかかった場合は、医師や助産師による診断を受け早期に治療することをおすすめします。 まとめ 赤ちゃんへの授乳は親子のかけがえのない時間です。 とはいえ、毎日続くと考えると少しプレッシャーになるかもしれません。 自分たちに合った授乳姿勢を見極めて、できるだけ負担を軽く、リラックスできる授乳タイムを過ごせるといいですね。

次の

【専門家監修】知ってた?授乳の正しい姿勢と抱き方のコツと注意点

授乳 楽

乳首の痛み・亀裂などの皮膚トラブル• 乳腺炎• 授乳中に空気を飲み過ぎてしまう• 母乳量が増え過ぎてしまう などのトラブルに悩むことが。 一つ一つ詳しく解説していきます。 乳首の痛み・亀裂などのトラブル 赤ちゃんが上手にラッチオンできていないと、 乳首に痛みを感じると思います。 その状態で授乳を続けてしまうと 亀裂、白斑、水泡などの皮膚トラブルを起こしてしまう可能性が。 正しくラッチオンができると乳首に痛みは感じません。 乳腺炎 上手にラッチオンできてないと、母乳の出方にムラができてしまい、おっぱいの中に残った母乳が詰まって炎症を起こすと 乳腺炎(おっぱいの強い痛み・高熱)を起こす可能性があります。 正しいラッチオンができると、おっぱいにたまった母乳をしっかり赤ちゃんが吸ってくれるので、乳腺炎を防いでくれます。 授乳中に空気を飲み過ぎてしまう ラッチオンが上手にできていないと、 隙間から一緒に空気を飲んでしまうことが。 授乳中に空気を飲み過ぎた赤ちゃんは、が多かったり、なる恐れが。 ラッチオンが上手にできると授乳中に空気を飲む量を減らせます。 げっぷのやり方を詳しく 母乳量が増え過ぎてしまう ラッチオンが上手にできないと、 赤ちゃんは母乳を効率良く飲めません。 そのため、なかなか満足せず、おっぱいを吸い続けることがあります。 この吸い続ける刺激によってしまう可能性が。 しまうとおっぱいの勢いが良くなるので、赤ちゃんにとってさらに飲みにくいおっぱいになってしまいます。 母乳量が増えた状態が続くと、による赤ちゃんのグズグズ・大泣き(たそがれ泣き・コリック)やお腹の不調(ガス溜まりや便秘)を起こす恐れもあります。 赤ちゃんが上手に飲める!正しい授乳姿勢 授乳姿勢は「横抱き」か「脇抱き」 首がすわるまでは横抱きか脇抱き(フットボール抱き)のどちらかで授乳します。 首がすわる前の赤ちゃんを縦抱きで支えるのはかなり難しく、ママに余計な力が入ってうまくいきません。 今回は横抱きでの授乳姿勢を詳しく紹介していきます。 授乳スペースを準備する 授乳をする前に…まず、落ち着いてゆっくり授乳できる場所を用意します。 ゆったり座れるソファ、または椅子に腰掛けましょう。 必要な物は、赤ちゃんの姿勢を整えるための 授乳クッション、クッション2個、バスタオル、足台です。 授乳クッションはできれば購入しましょう。 授乳中むせなくなった• 吐き戻しがなくなった• 母乳の飲み過ぎによる大泣き・お腹の不調症状がなくなった ラッチオンが上手になったおかげで、 母乳育児に自信が持てるようになりました。 そして、卒乳するまで母乳ライフを楽しみました。 卒乳した今では、娘と母乳ライフを楽しめて本当に良かったと思っています。 幸せな時間でした。 娘の変化としては、 授乳中にむせることがなくなり、あんなに多かった吐き戻しもパタリとなくなりました。 娘はも起こしていましたが、過飲症候群の症状(たそがれ泣きやお腹の不調症状)もすっかり良くなりました。 正しい授乳姿勢とラッチオンのやり方まとめ 正しい授乳姿勢とラッチオンについて詳しく紹介しました。 これまで授乳に自信を持てなかった方も、 ちょっとしたコツを身につけることで授乳に自信を持てるはず。 私は、授乳姿勢やラッチオンのやり方は、母乳外来で助産師さんに直接教えてもらいました。 お金と時間、赤ちゃんと一緒に外出する等、ちょっと手間はかかりますが、やはり直接指導を受けるとよりわかりやすいと思います。 授乳は離乳食が進むまでのほんのわずかな期間。 赤ちゃんが成長するまでの貴重な時間が幸せな時間になりますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

経験から考える楽な授乳姿勢は?授乳が楽になるコツも紹介します

授乳 楽

授乳中に手が疲れる、赤ちゃんがずり落ちる、授乳と寝かしつけでヘトヘト…そんなお悩みはありませんか。 それを解消してくれるのが、授乳チェアです。 そこでこの記事では、授乳用の椅子やチェアの必要性から、使い方や注意点、選び方までを解説していきます。 また、HugKum編集部がセレクトした、おすすめの授乳用椅子・チェアもご紹介します。 授乳用椅子・チェアの使い方や注意点とは? 授乳用の椅子やチェアは必要? 授乳専用につくられた椅子やチェアは、授乳が楽になる設計でつくられているため、持っていると大変便利なアイテムといえるでしょう。 ただし、やや割高なのがネックです。 ソファや肘掛のついた椅子と、授乳クッションなどで代用することも可能ですので、価格やお家のスペース、授乳後もそのチェアを使うかなどを考慮して、導入を検討するのをおすすめします。 授乳時の椅子の使い方・注意点 便利な授乳用椅子・チェア。 その使い方や注意点などをご紹介します。 深く腰掛け、肘置きを使う 授乳用椅子・チェアの一般的な使い方をご紹介します。 まず、赤ちゃんを横抱きして椅子に深く腰掛けます。 このとき、背もたれに腰の部分が当たるようにすると、腰痛を防げます。 そのあと、赤ちゃんの頭があるほうの肘を肘置きに乗せ、授乳しましょう。 そうすることで、赤ちゃんの頭の重さを肘掛が分散してくれ、ママの腕が疲れたり、しびれたりすることを軽減してくれますよ。 しっくりくる授乳姿勢で 授乳姿勢には、基本的な「横抱き」や、飲ませる側のおっぱいと逆の手と腕で赤ちゃんを支える「交差横抱き」、ママのお腹に赤ちゃんを乗せて授乳する「レイドバック」などがあります。 授乳チェアに座り、さまざまな授乳姿勢を試してみてください。 ママ、赤ちゃん、チェアにぴったりな姿勢を見つけることで、授乳がもっと楽になるはずです。 授乳クッションを活用する 授乳チェアがしっくりこない、授乳姿勢がうまくとれない、という場合には、クッションをプラスしてみてはいかがでしょう。 背もたれと背中の間にクッションを挟んでみたり、U字型の授乳クッションを使ったり、授乳用の腕枕を活用することで、楽な姿勢をとれる可能性もありますよ。 授乳用椅子の選び方 授乳用チェアの使い方や注意点を知ったところで、選び方にはどのようなポイントがあるのか、解説しましょう。 授乳チェアを選ぶポイントをレクチャー! 機能性 授乳椅子・チェアを選ぶ際に最も重要なのは、座り心地がよく、授乳時にママの負担を軽減できるものを選ぶことです。 それに加え、選ぶポイントで重視したいのが機能面です。 リクライニングタイプならば、背もたれの角度を用途によって変えられるのがメリットです。 また、ロッキングチェアタイプは、ゆらゆらとスイングするので、授乳後の寝かしつけにぴったり。 さらに、折りたたみ式であれば、必要のないときには収納しておけるのが良い点です。 その他、座椅子タイプは座面が低く、ママのあぐらの中で赤ちゃんをホールドできます。 座椅子タイプで背もたれがあるものは、授乳姿勢が楽にとれるのが特徴です。 それぞれメリットは異なるので、ご自身にあったものを選ぶとよいでしょう。 汎用性 授乳専用チェアは、赤ちゃんが成長し、授乳が必要なくなったあとにも使えるものを選ぶのがおすすめです。 ご自宅のインテリアにマッチするものや、ママ以外の家族も使いやすいものを選ぶと、長く快適に使えます。 レンタル 「わざわざ授乳専用のチェアを購入するのは気が引ける」、「一時的にしか使わないからもったいない」、「まずはレンタルで試してみたい」という方には、授乳チェアのレンタルを活用してみてはいかがでしょうか。 コンビウィズ 授乳用チェア エンジェルチェアNS-R1【1ヶ月レンタル】(コンビウィズ) 「エンジェルチェアNS-R1」は、授乳時の姿勢や、腕、腰などにかかる負担を軽減するための授乳専用椅子です。 名前のとおり、エンジェルの翼のように体をしっかりと優しく支えてくれます。 背もたれ部、肘あて部、座面はすべて子供がなめても安全なオリジナルウレタンレザーを使用。 シートの高さは赤ちゃんがずれ落ちないよう、膝が自然に高くなるように設定されています。 レンタル期間は1ヶ月スパン。 延長することも可能です。 3タイプの授乳用椅子おすすめ 授乳タイムを楽にしてくれる、授乳用椅子・チェアのおすすめ商品を厳選しました。 背もたれがあるもの、座椅子タイプ、ロッキングチェアタイプの、3つの授乳チェアをご紹介します。 背もたれがついた専用の椅子・チェア 背もたれがついた授乳チェアなら、体を背もたれに預けることができるので、楽な姿勢で授乳ができ、腰の負担も減らせるのがメリットです。 授乳チェア HugHug(ハグハグ)(パラマウントベッド) 「授乳チェアHugHug」は、ママの視点から生まれた授乳チェアです。 はじめての授乳でも使いやすい授乳クッション付き。 背もたれについてる授乳クッションは、授乳するときには取り外し、くぼみ部分を体に沿わせてからアームレストに乗せましょう。 すると、赤ちゃんを抱えた腕を支えてくれるので、負担を軽減できます。 また、ママと赤ちゃんのすき間を埋めることで、疲れにくい授乳姿勢をサポートします。

次の