すずき あき え。 鈴木亜季

鈴木晶雅(すずきあきまさ)のブログ

すずき あき え

2020年4月12日 近所のドラッグストアで初めてマスクが店頭に並んでいるのを発見し、マスクを買うことができた。 5枚で598円。 トイレットペーパーもたくさん店頭に置かれていて、買い占めの混乱も一段落したのかと思う。 一方でAmazonで購入したマスク(50枚)は、突然キャンセルされてしまった。 世界で起きているマスク争奪戦の影響なのかもしれない。 緊急事態宣言を受けて、仕事もより一層在宅の機会が増え、大好きなボルダンリングもできなくなったので、運動不足を解消しようと久しぶりにランニングを始めた。 しかし、10年以上前に購入したNIKEのランニングシューズで2回走ったら、ソールが簡単に剥がれてしまい、慌ててAmazonで新しいシューズを買う羽目になった。 、ここ最近、小池都知事の言葉が変わってきたことが気になっていた。 それは「命を守る」という発言が、急に増えたからである。 3月以降の小池知事会見の発言内容を調べ、「守る」という発言を抜き出してみた(【小池都知事会見】参照)。 3月6日から4月3日の会見では「命を守る」という発言はあるものの、この言葉の意味を意識して積極的に発言したわけではない。 4月3日の会見では、この重要なメッセージを全く発してなかったからである。 しかし、4月6日の会見から、意図して「命を守る」という発言が出てくる。 外出自粛の目的と意味を、都民一人一人の視点で伝えるようになった。 それまでは感染を防ぐことは「医療現場を守る」ことが主眼で、それはもちろん大事なのだが、その根底にある「命を守る」という、最も重要なテーマであり、恐らく私たちの心に届くメッセージは抜け落ちていたと思う。 一転して「自分を守ろう」「大切な人を守ろう」と語りかけ、それが社会全体を守ることにつながるというメッセージは、都民の心に届くものではあったのではないだろうか。 世界中で指導者が、この危機に立ち向かうために言葉でメッセージを国民に市民に届けている。 小池都知事の言葉の変化に、改めて指導者の言葉の重みを感じる。 【小池都知事会見】 3月6日会見 「それによって、 医療現場を守るというか、医療現場が崩壊してしまっては、その後がさらに困難を伴いますので、そのような意味で、今回の保険適用ではありますけれども、まずはかかりつけ医のほうにご相談をしていただきたいと、ここに尽きるかと思います。 」 3月19日会見 「守る」発言なし 3月25日会見 「守る」発言なし 3月27日会見 「都民の皆様には、ご自身、そして大切な人の 命を守るための欠かせない措置だということもご理解をいただき、ぜひともご協力賜りますよう改めて申し上げます。 」「 医療は都民の皆様にとって 守るべき共通の財産でございます。 」 3月30日会見 「オーバーシュートを回避して 命を守るため、都民の皆様のご協力を改めてお願いを申し上げます。 」 4月3日会見 「守る」発言なし 4月6日会見 「そして都民の皆様の生命や健康を 守る、もちろんこれが最大の目的であります。 」「皆様 ご自身を守るためです。 そして 家族を守るため、 大切な人を守るため、そして私たちが生活するこの 社会を守るためです。 」 4月7日会見 「 皆様ご自身を守るためです。 家族を守るためです。 大切な人を守るためです。 そして、私たちが生活するこの 社会を守っていくためである、ということを改めて申し上げたいと思います。 」「都の考えている緊急事態措置の内容を必ず実現していくことが都民の 皆様の命を守ることにつながるということから、様々な具体的な内容、それから、近接県との関連もございますので、これらについて国との調整を行っているということでございます。 」「そして、その目的は何かというと、やはり、 命を守ることであると、このように当然のことながら考えます。 」「目的が何か、このことが最大のポイントになろうかと思います。 命を守ることだと思います。 」 4月10日会見 「本日は、都民の皆様の 命を守る、このことを最優先といたしまして、新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都におけます緊急事態措置をまとめましたので、ここでお知らせをさせていただきます。 」「民の命、そして健康、そして逼迫する 医療現場を守るために、この1カ月、総力を挙げて、何としてでも8割抑制を目指していきたい、目指さなければならない、そのように意を強くしております。 」「様子を見てから広げるのではなくて、最初に広げてだんだん縮めていくというのが普通の危機管理ではないかと、私はそのような考えを持っており、また、 都民の皆様の命を守るためには、そういうコンセプトこそが必要なのだということで、これまでも準備を重ねてきたわけでございます。 」「 本人と大切な人を守るためにできる5つのことを取りまとめて、九都県市としての共通メッセージとさせていただきました。 」「 皆様がご自身を守るため、そして、 家族を守るため、 大切な人を守るため、そして、 私たちが生活するこの社会を守るため、ご協力いただきたい。 」「法律の部分で対応する部分と、それから、法律ではない部分で、こちらが感染症の拡大防止に必要だと、 都民の命を守るために必要だと判断をいたしました部分を2つに、2階建てに分けてお願いをしたと、変えたところでございます。 」「東京は東京で、 都民をどうやって守っていくのか、命を守っていくのかということを考えるのが私の役目でございますし、この、国と協議の上、と後から入ってきた部分も、そこは国が全体を見て判断をされるという趣旨だからこそ、それが入ったのかなと思います。 」「ですから、大義、 都民の命を守る、そして、共感、協力金なども含めまして皆様方のご協力を募って、そして大義を、大目的を果たしていく、今日は、そのための一歩として、大きな一歩として東京都としての考え方をお示しさせていただきました。

次の

鈴木亜季

すずき あき え

略歴 [ ] 6人兄弟の三男として出生。 中学生の頃より漫画家を志す。 中学卒業後に職を転々としながら漫画を描き続け、に描き下ろしの単行本『江戸大変録』でデビュー。 の推薦によりに『』の連載「くろがね力士」で雑誌デビュー。 、、、らと同人グループ・かこう会を結成して同人活動を開始。 同会の会長になる。 1971年より『』少女マンガスクールの選考を担当。 、、、などの漫画家を育てた。 その後『』創刊時の投稿作品審査にも関わる。 から少女漫画教室を主宰。 少女漫画教室はに病気により閉校。 鈴木のアシスタント経験者には、 やアニメ演出家の など。 漫画家のは鈴木の影響を受けて、漫画を描き始めたという。 2004年11月14日に死去。 作品リスト [ ] 漫画 [ ]• 江戸大変録(1952年)• あけみものがたり(1952年)• 怪男子ハイロ(1952年)• 東海道暴れ道中(1952年)• お静ちゃん物語(1953年)• 見えない宝( 1954年12月号)• まぼろし剣士(1955年)• くろがね力士( 1955年2月号、3月号、8月号付録)• 丹下左膳(おもしろブック 1955年5月号~ 8月号)• ふえふき姫( 1955年6月号付録)• 黒船ものがたり( 1955年6月号)• にゃん太の恩がえし(幼年ブック 1955年7月号)• 織田信長( 1955年9月号付録~11月号付録)• 日輪の女王(少年少女冒険王 1955年10月号)• みみずく太郎一代記(おもしろブック 1955年10月号付録、11月号付録「傑作漫画全集」)• 漫画日本史(少年少女冒険王 1955年12月号~1956年7月号)• 伊達正宗( 1956年新年号付録)• まぼろしの馬( 1956年2月号付録)• 怪力豪弓伝(漫映出版社 1956年3月)• 宇宙人東京に現わる( 1956年3月号付録)• 流星五郎(冒険王 1956年3月号-4月号付録)• 子じか物語(なかよし 1956年4月号付録)• 妖術王子( 1956年8月号)• ピーターパン(なかよし 1956年8月号付録)• スピード名探偵(漫画王 1956年8月号~1958年)• 上杉謙信(冒険王 1956年夏休み増刊号付録)• 海蛇号事件(少年 1956年夏休み増刊号)• ひよどり探偵長(ぼくら 1956年9月増刊号)• ぎゃらむの洞窟(幼年クラブ 1956年10月号付録)• 透明ロケットX(少年 1956年秋の大増刊付録「探偵漫画ブック」)• 将棋のお駒ちゃん(日昭館書店 1956年)• 車坂一駒うち(冒険王 1956年)• ダイモス13号(少年 1957年お正月増刊「探偵ブック」)• 地底X団(少年 1957年お正月増刊号付録「探偵漫画ブック」)• あらまあ物語(なかよし 1957年6月号)• タツマキ小僧(幼年クラブ 1957年7月号付録)• 死神剣士(冒険王 1957年8月号)• 幽霊ロケット(少年 1957年夏休み大増刊「探偵ブック」)• オルゴールの秘密( 1957年夏休み増刊「歌のアルバム」)• いなずま剣士(漫画王 1957年9月号付録)• まぼろし燈台(幼年クラブ 1958年新年号付録)• 地球SOS(少年クラブ 1958年新年号付録)• 魔人X13(冒険王 1958年新年号付録)• カンキシ坑物語(少女クラブ 1958年お正月まんが増刊号)• もも子探偵長(りぼん 1958年1月号~1959年12月号)• 黒馬城(幼年クラブ 1958年3月号付録)• 虹のうず(少女クラブ 1958年4月号)• 太陽の子( 1958年5月号付録)• 白鳥鶴之介(漫画王 1958年8月号付録)• 嵐獅士丸(漫画王 1958年9月号)• ちていのぼうけん(たのしい四年生 1958年10月号付録)• 地獄城に起つ( 1958年)• 夜明けの星(小学四年生 1959年~ 1960年3月号付録)• コメットボーイ(原作:、 1959年4月号~1960年3月号)• さゆり捕物帖一ばんてがら 猫のうた(りぼん 1960年春の大増刊号)• スーパーミミ子( 1960年4月号)• 黒い炎 振袖忍者 第3集(きんらん社 1960年6月)• 独眼竜参上(少年ブック 1960年9月号付録~12月号)• 死の河( 1960年10月号)• Zの世界( 1961年4月号~ 5月号付録)• 死の家(少年ブック 1962年正月増刊号)• 13号アパート( 1963年2月号)• 山小屋の話(小学五年生 1963年4月号) エッセイ [ ]• 『マンガの神様! 追憶手塚治虫先生』- 1995年 その他 [ ]• 『少女まんが入門 - 初歩からプロになるまで』- 1979年• 『少女まんがの描き方専科 - あなたもプロになれる』- 1981年• 『少女まんが入門(続)』- 1984年• 『少女まんが家入門 特訓ドリル』- 1986年 出典 [ ]• 日外アソシエーツ編集部編『漫画家・アニメ作家人名事典』日外アソシエーツ、1997年、p. 225• 鈴木光明『マンガの神様! 追想の手塚治虫先生』白泉社、1995年、pp. 42-47• 追想の手塚治虫先生』白泉社、1995年。 カバーの著者紹介より。 鈴木 1995 、p. 231• 鈴木 1995 、p. 鈴木 1995 、p. 142• 更級修一郎聞き手・構成「歴史の忘却と捏造に抗して 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』という挑戦 安彦良和」『』2007年9月号、p. 113•

次の

鈴木晶雅(すずきあきまさ)のブログ

すずき あき え

還暦祝い・長寿祝い 還暦祝いとは数え年で61歳の長寿のお祝いです。 歴史をさかのぼると、短命だった奈良時代の頃には40歳から10年毎に長寿を祝っていたと言われています。 干支(十二支)でできる60通りの組み合わせ、六十干支が一巡し、61年目に誕生年の暦に戻るころから還暦と呼ばれるようになりました。 ちなみに長寿の祝いとは、還暦祝いが数え61才、古希の祝い 数え70才、喜寿の祝い 数え77才 、傘寿の祝い 数え80才 、米寿の祝い 数え88才、卒寿の祝 い 数え90才 、白寿の祝い 数え99才、紀寿の祝い、 数え100才 です。 平均寿命が延びた現在では、祝い方が多少変わってきているようです。 60歳ぐらいではまだまだ働き盛りで、現役で活躍している人も多いので、70歳の古希から長寿のお祝いをするほうが自然のようです。 還暦祝い以外の長寿のお祝いは、昔から数え年での誕生日に祝うものでしたが、最近では満年齢で祝う人も増えているようです。 また、古希以上の長寿祝いで祝宴を催す場合には、本人の健康状態を考慮し、誕生日かそれ以前の都合の良い日に、なるべく自宅でお祝いするようにします。 レストランや料亭に招待する場合には、かならず本人の希望を確認しましょう。 祝宴に招待された場合は、お金を包んでいく場合がありますが、贈り物をする場合は、遅くてもお祝いの日の前日までに届けるようにしましょう。 還暦祝いのしきたり 還暦は61年目に誕生した年に戻る、つまり赤ちゃんに戻るという意味があること、また男性の厄年の1つでもあるので魔よけの色として赤を贈るという意味から赤いちゃんちゃんこで還暦をお祝いする習慣が作られたようです。 しかし、赤いちゃんちゃんこはその場限りのもので、実用性にはかなり乏しい為、実際の贈り物には「赤」にちなんだ、衣類や装飾品、食品などが選ばれることが多いようです。 (写真だけ赤いちゃんちゃんこを着て撮影しよう、というイベントもありますね。 しかし、周囲の気持ちを有り難く思っても、赤いちゃんちゃんこを着ることに抵抗を感じる方は案外多いと思います。 なるべくご本人の気持ちを尊重して計画なさった方がよいでしょう。 ) また、平均寿命が伸びている現代では、還暦祝いはまだまだ本人に長寿、老人という気持ちも薄い為、長生きを祝いというよりも、ますます健康でいられるように、仕事の一区切りも兼ねていれば、第2の人生のスタートを祝ってあげるという意味でいつもより賑やかで派手めの誕生祝をしてあげることも多いようです。 主役は本人ですので、場所や食事内容、贈り物など、還暦を迎えた本人の意思を尊重してあげることが大切だと思います。 還暦祝の贈り物・プレゼント 先に述べた通り、ご本人が喜ぶ品で、赤いものを選ぶのも一つのアイディアです。 結局は還暦祝いだから、とこだわるよりも、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが、楽しみになるのではないでしょうか。 品物を還暦祝いに贈る場合、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれるでしょう。 またこれまでの人生の歴史を振り返り、様々な時代の写真を選んでアルバムを作ってプレゼントするのもとても喜ばれる還暦祝いの一つです。 写真を持ち込むことで簡単に写真集やアルバムを作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してもいいですね。 形式にこだわるより、還暦を迎えた方の気持ちを尊重し、喜んでもらえるものを選ぶのが還暦祝いの贈り物、プレゼント選びのポイントです。 還暦の祝宴に招待されたら 還暦祝の会に招待され、お祝いを包んでいく場合表書きは「長寿御祝」 「寿福」「祝還暦」等とします。 還暦祝い当日に参加せずに、品物を贈る場合、遅くても還暦祝いの会前日迄には届けるようにするのが礼儀です。 生まれた干支に戻るということから本卦帰りともいわれます。 再び赤ちゃんに戻るという意味から赤いちゃんちゃんこなどを贈る習わしがありましたが、最近ではこれにこだわる必要はないでしょう。 ただ赤は忌よけとしての意味がありますので、赤があしらわれた衣類などを贈るのも良いかもしれません。 還暦では盛大な祝宴というより、子供や孫などごく親しい間柄の人々が集まって、 誕生日をにぎやかに祝ってあげるくらいで良いでしょう。 そろそろ現役を引退ということで、本人が感謝の気持ちを込めておもてなししたり、親しい人々が集まってお祝いの席を設けてあげたりすればよいでしょう。 「喜」の草書体「」が七十七に見えることからこの名がついています。 これから先は本人の健康状態によって左右される可能性も出てくるため、ごく内輪でお祝いするのが望ましいでしょう。 「傘」の略字「」が八十に見えるとこからこの名がついています。 「米」の字をばらばらにすると八十八と見えることからこの名がついています。 「卒」の略字「卆」が九十に見えることからこの名がついています。 「百」の文字から「一」をとると「白」になることからこの名がついています。 お子様のお誕生から初節句までのお祝い 出産祝い 赤ちゃんが誕生したら、肉親はもちろん仲人さんや親しい友人には20日以内に知らせます。 ふつうの知人・友人には年賀状で知らせることも多いようです。 出産祝いをいただいたらお返しに内祝いを、と考えますが、実は内祝いとはお返しではなく本来自分たちで祝う「自祝い」のこと。 お七夜 「お七夜」とは、誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いです。 生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式でもあります。 昔はたくさんの人を招いて祝ったものですが、いまは内輪で祝うのがふつうです。 名づけ親になっていただいた方は、お七夜のお祝いにも必ずご招待を。 帯明き おびやあき・おびあき・あびやき 出産後は母親は体調を崩しやすいのでゆっくり体をやすめて養生をします。 出産後20日 男の子の場合。 女の子は21日 経つと普通の生活にもどりますよという区切りに、赤ちゃんのお披露目し祝福をするという新潟特有の行事があります。 おびやあきが終わると、赤ちゃんの父親方が孫祝いを行います。 お宮参り お宮参りとは、子どもが生まれて神社に参拝し、健康と長寿を祈る行事です。 男の子は生後31日目、女の子は32日目に行うのが通例ですが、地方によって7日目から100日目までとさまざま。 あまり日にちにはこだわらず、赤ちゃんを優先し、気候や天気のおだやかな日、きげんのよい時間帯を選びましょう。 お宮参りは、赤ちゃんの両親、父方の祖母の3人で行います。 神社では、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、その後に両親が従って参拝します。 お賽銭をあげて鈴を鳴らし、参拝するだけでもいいですし、社務所におはらいを申し込み、初穂料を払うやり方もあります。 お食い初め 百日祝い 赤ちゃんに生まれて初めてごはんを食べさせる儀式が「お食い初め」です。 このお祝いは、その子が一生食べ物に困らないようにという願いの込められた内祝いでもあるのです。 お祝いの時期は、地方によってまちまちですが、ちょうど離乳食が始まる生後100日目あたりに行うことが多いようです。 お食い初めは、赤ちゃんのために食膳を整え、実際に食べさせるまねをして祝います。 これは歯が生えるほどに成長したことを喜び、子どものいっそうの成長を願う儀式です。 お食い初めには、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」を用意します。 鯛など尾頭(おかしら)つきの魚、赤飯・焚き物(おめでたい昆布などの煮物)・香の物(季節や郷土の名産などを漬け込んだ漬物)・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにと吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにと歯固め石などの献立が一般的なようです。 初節句 誕生後初めての節句のお祝いが「初節句」です。 男児は5月5日の「端午の節句」、女児は3月3日の「桃の節句 ひなまつり 」に祝いますが、生後1~2カ月で節句の時期がきてしまうような場合には、翌年の節句に行うのが通例のようです。 初節句は子どもの成長を喜び、将来の健康と幸せを祈るお祝いです。 「端午の節句」には武者人形、よろいかぶとを飾り、こいのぼりをあげ、かしわもちやちまきなどを用意します。

次の