長澤 まさみ コンフィデンス マン 映画。 長澤まさみ&三浦春馬のダンスシーンも! 劇場版「コンフィデンスマンJP」最新作、新場面写真16点公開 : 映画ニュース

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』7月23日に公開決定!5つの新情報も発表に!

長澤 まさみ コンフィデンス マン 映画

【ストーリー】 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世共演による痛快コメディの劇場版。 ダー子、ボクちゃん、リチャードらコンフィデンスマンが再び結集。 ダー子らは早速香港に乗り込んで、彼女のことを調べ始める。 しかし、香港でダー子は意外な人物と再会する。 その男、ジェシーはかつてダー子が身も心も奪われたというコンフィデンスマンで、今は氷姫を狙っていたのだ。 その頃、かつてダー子らが20億円を騙しとった赤星栄介が、彼らに復讐を企てていた。 【スタッフ】• 監督:田中亮• 脚本:古沢良太• 撮影:板倉陽子 【キャスト】• 長澤まさみ• 東出昌大• 小手伸也• 小日向文世• 織田梨沙 【情報】• 製作:日本• 上映時間:116分• 公開日: 2019年5月17日.

次の

コンフィデンスマンJPのレビュー・感想・評価

長澤 まさみ コンフィデンス マン 映画

映画『コンフィデンスマンJP(仮題)』の公開日が2020年5月1日に決定。 出演者の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のコメントが公開された。 古沢良太脚本のドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画版第2弾となる同作。 ドラマ版に引き続き、主人公の天才詐欺師・ダー子役を長澤まさみ、ボクちゃん役を東出昌大、リチャード役を小日向文世が演じる。 監督は田中亮が続投。 『コンフィデンスマンJP(仮題)』の撮影はマレーシアのランカウイ島で行なわれ、すでにクランクアップを迎えた。 現場は強い日差しや突然のスコールなど過酷な一面もあったとのこと。 長澤まさみは「『この人も出るの?』『あ、あの人も!』というような、バラエティに富んだ豪華なゲストが勢揃いしています。 こんな贅沢な映画、他に無いんじゃないかなと思っています。 今回は『大物を釣り上げる!』というテーマなので、それにふさわしい風景やシチュエーションが揃っています」とコメント。 東出昌大は「前作よりもスケールアップしています! 大きな会場、豪華な出演者、マレーシアじゃないと撮れないシーンがたくさんあったと思います」、小日向文世は「白い砂浜、青い海、そしてそれと対比するように、泥のように眠ってしまいそうなスタッフ!(笑) スタッフの皆さんは本当に大変だったと思います。 心からお疲れさまでした」と述懐している。 映画のあらすじやそのほかの出演者は後日発表される。 長澤まさみのコメント タイトなスケジュールの中での撮影でしたが、ドラマと映画で培ってきたチームワークと結束力で皆んな一緒に乗り切っていただいたことを、本当に感謝しています。 「この人も出るの?」「あ、あの人も!」というような、バラエティに富んだ豪華なゲストが勢揃いしています。 こんな贅沢な映画、他に無いんじゃないかなと思っています。 今回は「大物を釣り上げる!」というテーマなので、それにふさわしい風景やシチュエーションが揃っています。 とにかく、景色がどこを見ても絵になり、見ごたえがある映画になっていると思いますので、映画の完成を楽しみにしていてください。 東出昌大のコメント 前作よりもスケールアップしています! 大きな会場、豪華な出演者、マレーシアじゃないと撮れないシーンがたくさんあったと思います。 暑い中、スタッフの皆さんと素敵な仕事を一緒に出来て、大変想い出深いです。 きつかったけど、この日々を誇りに思います。 小日向文世のコメント 滅多に入れない場所を貸し切ったりなど、本当に凄い撮影の日々でした。 ランカウイ島に入った時に目に入ってきた白い砂浜、青い海、そしてそれと対比するように、泥のように眠ってしまいそうなスタッフ!(笑) スタッフの皆さんは本当に大変だったと思います。 心からお疲れさまでした。

次の

コンフィデンスマンJP

長澤 まさみ コンフィデンス マン 映画

長澤まさみ 活動休止 2020までのカウントダウンとは!? 5月27日に発表された、25日、26日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で、(31)の主演映画『コンフィデンスマンJP』が2週連続で1位を獲得したことが分かった。 同作は土日2日間で25万8000人を動員し、興行収入は累計で12億円を突破したという。 絶好調の長澤だが、ここにきて少し不穏な話も聞こえて来ているという。 「1月公開の『マスカレード・ホテル』も興収40億円の大ヒットを記録し、現在公開中の『キングダム』『コンフィデンスマンJP』の出演2作品も好調。 『コンフィデンスマンJP』は好評を受けて映画の次回作まですでに決まっているそうなんですが、別のテレビ局のドラマ担当のプロデューサーが長澤まさみに出演オファーを出したところ、断られてしまったそうなんですよ。 聞くところによると、2020年の夏以降の彼女のスケジュールが真っ白で、どうも長澤が芸能活動自体をしばらく休止させようと考えているという話まで聞こえてくるんです。 (テレビ局関係者) 長澤まさみといえば、日本の映画だけでなく海外からも出演オファーがくるほど今、大人気。 『男たちの挽歌』『フェイス/オフ』『レッドクリフ』などを手がけたジョン・ウー監督の6月7日から公開される最新作『The Crossing ザ・クロッシング』へも出演している。 それで、 東京五輪以降はしばらく活動休止となる模様だというんです。 長澤は2012年9月から4か月間、台湾に滞在していたように、もともと彼女は海外志向が強いそうです。 また、米倉涼子(43)のように海外でのミュージカルの仕事への憧れもあったといいます。 ニューヨークブロードウェイなど海外の演劇の本場で、学んでみたいという思いがあるのではないでしょうか」(前出のテレビ局関係者) 日刊大衆 より 長澤まさみ コンフィデンスマンJPも続編は! 『コンフィデンスマンJP』は2018年4月から、フジテレビの月9枠で放送されていた人気ドラマで、映画はフジテレビ開局60周年記念作品として制作された。 長澤まさみ(31)演じる「ダー子」、東出昌大(31)演じる「ボクちゃん」、小日向文世(65)演じる「リチャード」という3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)が、金融業界、医療現場、不動産などさまざまな業界を舞台に、欲望にまみれた悪人たちから金をだましとる痛快コメディ作品だ。 「映画では、香港を舞台にマフィアのパープルダイヤをめぐって、壮大なゲームが繰り広げられる、という内容です。 映画には、江口洋介(51)、竹内結子(39)、三浦春馬(29)など、人気と実力を兼ね備えた役者も多数出演しています。 今回の大ヒットで、長澤にもついに看板作品ができた、といえそうですね。 それをしっかりと確立し『長澤まさみにしかできない』と感じさせる。 フジテレビ関係者が話す。 日刊大衆 より 現在、映画が大ヒット中の『コンフィデンスマンJP』、続編も期待大だ。 スポンサーリンク 長澤まさみ 活動休止。 今年1月27日夜。 2020年いっぱいでの活動休止を発表しています。 大野は活動休止会見の中で、 「自分の嵐としての活動を一旦終え、自由に活動してみたい」 と メンバー1人1人と何度も会って、話し合いを持ち、相談しあった上で、活動休止に至ったという経緯を説明した。 大野と嵐の活動休止は世間に大きな衝撃を与え、会見翌日、1月28日の各情報番組では街中でうなだれるファンの姿が多く映された。 活動休止というと、まず嵐が記憶に新しい。 本当のところは闇です。

次の